15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

可児市議会 2019-09-04 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-09-04

別表第15項、第16項は、日本工業規格の名称を日本産業規格に改める。  別表備考第8項、第9項は、複数建築物の連携による建築物エネルギー消費性能向上計画の認定申請手数料については、当該計画に係る1の建築物ごとに算出した額を合計した額とする旨を規定するなどでございます。  施行日は、建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律施行日。

可児市議会 2019-08-21 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 開催日:2019-08-21

改正内容は、第3条において、日本工業規格の名称を日本産業規格に改めるものでございます。施行日は公布の日でございます。  続きまして、資料番号1、議案書39ページをお願いいたします。あわせまして資料番号11、提出議案説明書は5ページをお願いします。  議案第57号 可児市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。  

各務原市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日総務常任委員会−06月25日-01号

この条例は、工業標準化法の一部が改正され、日本工業規格、いわゆるJIS規格日本産業規格に改められたことに伴い、関係規定を整備するものでございます。  条例におきまして、A3の用紙を定義するために、日本工業規格を引用しており、その部分を日本産業規格に改めます。  この条例は、令和元年7月1日から施行いたします。  説明は以上でございます。 ○委員長(大竹大輔君) 以上で説明は終わりました。  

大垣市議会 2010-03-12 平成22年建設環境委員会 本文 2010-03-12

まず、1)の分担金の算定基準となります排水人口につきましては、日本工業規格建築物の用途別によるし尿浄化槽の処理対象人員算定基準により算定し、公平性を保つように規定しております。2)の分担金の納付回数及び納期の規定につきましては、条例で徴収年数は5年とし、規則で整備が完了した翌年より1年を4期に区分して、5年で合計20回の分割納付と規定して、1回当たりの納付額の軽減を図っております。

各務原市議会 2005-12-08 平成17年第 7回定例会−12月08日-03号

この標識は、平成8年度から12年度にかけて設置しておりますが、このたび表示マークが日本工業規格に指定されたことや、経年劣化により更新する必要があると考えております。議員御提案の電柱つけ標識も含め、設置場所、設置方法、景観、費用対効果など総合的に検討し、今後設置してまいりたいと考えております。以上でございます。   (「議長、再質問」と呼ぶ者あり) ○議長(小島軍司君) 9番 吉岡健君。

各務原市議会 2004-09-22 平成16年第 3回定例会-09月22日-03号

この新たなホームページにおきましては、経済産業省がこの6月に規定をしました日本工業規格、いわゆるJIS規格の「高齢者障害者に配慮したホームページのあり方」に沿って、さらに使いやすいホームページを作成してまいります。以上でございます。 ○議長末松誠栄君) 健康福祉部長 熊崎敏雄君。   

岐阜市議会 1999-12-08 平成11年第5回定例会(第4日目) 本文 開催日:1999-12-08

4点目の、シックハウス問題、シロアリ防除処理、防腐剤対策等の情報提供等についてでございますが、新建材から発生するホルムアルデヒド揮発性有機化合物などにより、近年社会問題化しているもので、その発生源の合板については日本農林規格で、ボード類は日本工業規格で、それぞれホルムアルデヒドの放散量の品質表示がなされ、有害物質の発生の少ない建材等が開発されてきたところであります。

土岐市議会 1999-03-09 平成11年第1回 定例会-03月09日−02号

土岐市が発注いたします建築工事は、建設大臣官房長の営繕部監修の建築工事標準仕様書及び日本工業規格、こういったものに基づきまして設計をする設計図書類に基づいております。この建築工事標準仕様書は、官庁の営繕工事使用する材料、工法、試験等の仕様の標準化を行いまして、官庁施設建築工事契約の際の一般的な仕様書として国及び各自治体が採用しておるものでございます。

岐阜市議会 1987-03-23 昭和62年第1回定例会(第7日目) 本文 開催日:1987-03-23

また、提出された資料関係については、六十一年に網代小学校にメラミン食器試行導入に踏み切る以前での検討経緯として、昭和五十七年から各種食器の検討に入り、重量、容積、保温、材質等の調査を初め、多治見市陶器試験場でのセラミックス食器調査、メラミン食器の消毒効果テスト、学校薬剤師会の指導調査、さらには他都市の実施状況調査、安全確認等を経て、日本工業規格製であるメラミン食器が取り扱いやすく、施設設備の改善を伴

岐阜市議会 1987-03-12 昭和62年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:1987-03-12

かねて本議場においてもたびたび学校給食食器の改善を図る旨の発言がなされてきたところでありますが、その改善を図ろうとして新年度に三千三百万円の食器改善費が計上され、二カ年計画で小中学校の給食食器アルミ食器から日本工業規格、いわゆるJIS製品のメラミン食器に切りかえようとのことであります。

  • 1