1393件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2023-06-14 06月14日-03号

そこで、1つ目の質問でございますが、公共施設の現況及び将来の見通しとして、今後40年間での必要となる費用試算額、これは公共建築、道路、橋梁、上下水道等含めてをお願いいたしたいと思います。 ○議長勝彰君) 総務部長渡邉 卓君。 ◎総務部長渡邉卓君) 平成28年11月に中津川公共施設等総合管理計画というものを策定しておりまして、その中で更新費用試算をしてございます。 

高山市議会 2021-09-27 09月27日-05号

次に、議第68号 高山手数料条例の一部を改正する条例については、建築エネルギー消費性能向上に関する法律及び地方公共団体手数料標準に関する政令改正に伴い改正するもので、委員からは特段の質疑もなく、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。 以上で総務環境委員会報告を終わります。 ○議長橋本正彦君) 総務環境委員長報告は終わりました。 

関市議会 2020-10-08 10月08日-16号

モニュメントとは、記念碑記念建築、歴史的なオブジェなどを意味し、ある事件や思想、人物などを記念し、讃えたり、永久に残すことを目的とする有形の作品のことを指します。記憶に残るように、形にして後世に伝えるためです。日本のモニュメントには、戦争に関するものも多く、終戦記念碑戦没者追悼碑などが目立ちます。原爆ドームやひめゆりの塔が代表的です。

高山市議会 2020-09-12 09月12日-03号

また、平成24年度からは、市産材を使い、飛騨のすぐれた技術を持つ大工が市外に建築する住宅への補助を追加し、さらに、平成28年度からは、中津川市との連携事業中京圏都市部をターゲットとして、東農ヒノキ飛騨の杉を組み合わせた住宅等にも補助しており、当初から昨年度までの実績は1,025棟の建築に対し、市産材1万4,000立米を使用しました。

土岐市議会 2020-09-09 09月09日-03号

また、建設時より50年以上経過している施設は、建てかえの時期が近いので大規模改修は行わないというようなことが述べられており、公共施設等の将来における更新費用試算ということでは、公共建築インフラ資産を合わせた今後40年間の維持管理費合計は約2,208億6,000万、年平均では55億2,000万、これが掲載されております。 

関市議会 2020-06-14 06月14日-09号

また、CLTパネル工法では、これらの優位性から建築木造化の幅を広げたり、大型施設中層ビルなどの新たな用途での木材需要を拡大できる可能性を秘めているというふうに思います。  関市においては、平成28年度からCLT地方創生を実現する市長連合に加盟し、CLTについての情報収集などを行っており、機会を捉えて有効な情報を発信しているところでございます。  

高山市議会 2020-06-13 06月13日-02号

総務部長清水孝司君登壇〕 ◎総務部長清水孝司君) 伝統文化や伝統的な建築も含めてということだと思いますが、伝統文化をどうやって守っていくのか、そのための職員体制をどうするべきなのかというようなお尋ねであったわけですけれども、職員体制をどうするのかというのは、それぞれの仕事の段取り、どんなふうに取り組むのか、いつまでに取り組むのか、どんなレベルで取り組むのかというようなさまざまな仕事の内容を精査

多治見市議会 2020-03-23 03月23日-05号

これに対して、建築エネルギー消費性能認定についての実績はない。ただ、同じ趣旨であるが、低炭素建築認定については、平成31年度1件であるとの答弁がありました。 次に、議第11号 多治見市農業委員会委員定数に関する条例の一部を改正するについては、農業委員会定数が18人から17人になるが、そもそも18人がどうだったのか、17人ならどうなのかという議論がなされているのか。

瑞浪市議会 2020-03-23 令和 2年第1回定例会(第6号 3月23日)

瑞浪国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について  日程第11 議第11号 瑞浪介護保険条例の一部を改正する条例制定について  日程第12 議第12号 瑞浪監査委員条例の一部を改正する条例制定について  日程第13 議第13号 瑞浪市における再生可能エネルギー発電設備の設置と自然環境等            の保全との調和に関する条例制定について  日程第14 議第14号 瑞浪土地開発事業及び特殊建築

高山市議会 2020-03-19 03月19日-05号

議第5号 高山手数料条例の一部を改正する条例については、建築エネルギー消費性能向上に関する法律等改正に伴い改正するもので、審査においては、法改正の背景といった論点からの質疑に対し、省エネ性能に優れた住宅を増やしていきたいという国の考えから、現行法評価方法に簡易な方法が加えられたとの答弁が、また、専門的知識必要性といった論点からの質疑に対し、法改正に伴い、国や建築士関係団体等で様々な講習会

大垣市議会 2020-03-17 令和2年第1回定例会(第3日) 本文 2020-03-17

道路橋りょう費通学路安全対策事業において事業年度内完了が見込めないため、翌年度に繰り越すものであり、土木費河川水路費2,400万円の減額は、事業費確定に伴い、排水機場改修事業1,400万円、排水機場等維持管理適正化事業1,000万円をそれぞれ減額するものであり、都市計画費9,530万円の減額は、補助件数等確定に伴い、木造住宅耐震改修工事費補助金1,642万6,000円、要安全確認計画記載建築耐震診断費補助金

大垣市議会 2020-03-13 令和2年教育福祉委員会 本文 2020-03-13

主な歳出としては節12委託料ですが、小野小学校屋内運動場の改築に向けた準備に600万円、有資格者による点検を行うため、建築点検委託料に880万円、建築設備点検委託料ほかに510万円を計上しております。節14工事請負費ですが、受水槽更新工事に2,680万円、下水道への切替え工事2校分で1,860万円などを計上しており、学校施設環境改善に取り組んでまいります。

羽島市議会 2020-03-12 03月12日-04号

計画は、平成28年3月に策定され、本市公共建築インフラ資産更新に係る今後40年間の費用として、およそ1,800億円かかるとの試算が示されています。 その後、平成30年3月には学校施設長寿命化計画の策定により、学校施設更新に係る財政負担の軽減と平準化維持管理コストの縮減が図られ、従前の計画にて試算されていた学校施設更新費用438億円は、262億円と圧縮されました。