205件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中津川市議会 2020-03-10 03月10日-03号

ちなみに、福岡市は毎月1日が、岡山真庭市も毎月1日を防火の日としております。そして、久留米広域消防本部としましては、久留米市、大川市などの広域消防団は毎月9日を防火の日としております。これらは全て消防職員消防団員だけではなく、市民一人一人の意識改革意識向上ということで設定がされているようですので、ぜひ実現に向けて検討していっていただきたいと思います。 つきましては、次に④番に行きます。 

大垣市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-09-09

そのほか、岡山美作市や美咲町、福岡県のうきは市など、全国補助による普及促進が広がりを見せています。この中で、例えば美作市の補助制度では、補助対象者は、1、市内に住所を有する満65歳以上の方、2、車検証に記載された使用者、3、免許証保有者、4、市税の滞納のない方、補助金額装置本体と取りつけの費用の3分の2以内で、上限は10万円としています。  

可児市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2019-09-05

昨日のテレビを見られた方も大変心配されていると思いますが、時間雨量120ミリが7時15分時点であったとか、岡山新見市は今ずたずたになっておりましたけれども、ああいう線状降雨帯並びに台風、さらにはさまざまな要因によって、総じて温暖化と言ってしまえば一言ですけれども、大変な想定外の大雨、猛烈な雨が日本国中あちこちで起きている。

大垣市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 2019-06-10

18年の西日本豪雨では、東京都が被災した岡山倉敷市にフィンランド製液体ミルクを2,100個提供、8月には愛媛県の宇和島、八幡浜両市に計540個が提供されました。こうした事例を受けて、既に液体ミルク備蓄方針を明らかにしている自治体が出てまいりました。東京都文京区は、乳児やその母親らを受け入れる避難所備蓄品として、全国に先駆けて国産の液体ミルクを導入する方針を発表。

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

事実、昨年7月に洪水被害に遭った岡山倉敷真備町でも、その2年前にハザードマップがつくられました。地図上で真備の大部分は被害想定地域である紫色に塗られており、洪水が起きた場合、浸水する可能性が高いことを示していました。そして、その紫色地域は実際に豪雨で浸水した地域とほぼ重なりますが、残念なことに真備住民にこのハザードマップは周知されていなかったということです。  

岐阜市議会 2019-06-02 令和元年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

それ以外にも、福岡うきは市、岡山美作市などでは、高齢者対象にして、後づけの急発進防止装置への補助制度が創設されています。その上で、岐阜市においても安全対策として、後づけの急発進防止装置への補助制度をぜひとも創設すべきと思いますが、市長の見解を求めます。  次に、国民健康保険制度について、市民生活部長に2点お尋ねします。  

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

きのうの質問ではトイレもおくれているなというのを実感いたしましたけれども、西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山倉敷真備町の避難所では4カ月間ほど毎日同じ種類のパンとおにぎりが出されたといいます。時々ボランティアの人が炊き出しで温かいものを提供していたということです。  それから、TKBのBはベッドです。避難所では、段ボールベッドなど簡易的なベッドが一部で使われ始めています。

羽島市議会 2019-03-07 03月07日-03号

自治体採用 逆風に挑む」ということで、全国事例の中で、岡山と当羽島市の試みが広く日本経済新聞で紹介をされました。羽島独自対策不要PR、これは何を意味するかといいますと、従来型の公務員試験を、その内容を一般教養試験に衣がえをするという、岡山羽島市が先行した事例が数倍にも及ぶ応募者の方の増加につながった。

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

熊本地震発災時には、フィンランドから救援物資として液体ミルクが届けられ、西日本豪雨災害では、東京都より海外からの緊急輸入体制の協定を生かして、岡山愛媛県に提供されたと聞いています。  大規模災害時に想定される課題として上げられるのが、要配慮者食品不足乳児用ミルクアレルギー食食事制限対応食などです。

各務原市議会 2018-09-12 平成30年第 3回定例会−09月12日-02号

都道府県別人口10万人当たりの搬送人数は、岡山が74.94人と最多で、続いて岐阜県67.13人、京都府66.08人、奈良県65.31人の順でした。搬送者のうち65歳以上の高齢者は48.1%を占めました。各務原市では、7月中に97人が搬送され、人口10万人に換算すると65.55人になります。  報告の中で気になるのが、搬送される半数近くが高齢者で、発生場所が住居であることです。

羽島市議会 2018-09-07 09月07日-02号

甚大な被害が出た岡山倉敷真備地区浸水地域は、市が作成した洪水土砂災害ハザードマップ想定とほぼ重なっておりました。専門家は改めて重要性を認識し、災害時には一人一人が当事者意識を持って行動をとる必要があると指摘しております。 一方、広島県福山市では、ハザードマップで指定していなかった農業用ため池が決壊し、死者が出るなどの被害発生、既存のマップを再点検する必要性も浮き彫りになっております。 

恵那市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第2号 9月 6日)

西日本豪雨で、改めて見直されているのは、ハザードマップ重要性であるんですけども、甚大な被害が出た岡山倉敷市の真備地区浸水地域は、市が作成した洪水土砂災害想定とほぼ重なっていたと言われております。  災害時にはひとりひとりが当事者意識を持って行動をとる必要があり、住民は、居住地危険度を確認し、備えなければなりません。  

可児市議会 2018-08-30 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-08-30

今回の豪雨被災地でございます下呂市、それから岡山倉敷市、愛媛県の西予市等の複数の被災地において、防災無線は強い雨音で聞き取れないと、こういったことが被災者の声として報道で公表されておりました。防災行政無線では、非常時、特に豪雨時には確実な情報伝達が行えないということが立証されたということでございます。

土岐市議会 2018-08-28 08月28日-01号

7月の前半は、豪雨広島県、岡山、愛媛県などで甚大な被害をもたらし、後半は、猛暑により、埼玉県熊谷市で観測史上最高気温を記録するなど、全国各地最高気温を更新し、熱中症で搬送された患者が過去最高となりました。これらにより亡くなられた方々に対し、心から哀悼の意を表するとともに、災害に遭われた方々に対しまして、心よりお見舞いを申し上げます。 

多治見市議会 2018-06-21 06月21日-04号

岡山がこの福祉関係に係る、子ども食堂だけではなくて、今高齢者サロン等もたくさん開いております。そういった中で簡単な食事等も提供するところもありますので、福祉等に関する衛生面等の要綱を作成をして行っております。今現在では、保健所における許可というのがバザー申請で、1回につき 2,000円を払っております。 

羽島市議会 2018-06-18 06月18日-02号

既に導入している岡山では、導入した小中学校の教員のアンケート調査では、9割の人がスクールサポートスタッフ配置によって負担軽減につながっていると回答しているとのことであります。 このスクールサポートスタッフ配置事業は、実は昨年公明党岐阜本部女性局古田肇岐阜県知事に予算要望し、岐阜県として平成30年度に新規で導入されたところであります。