16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

瑞浪市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第2号 6月 6日)

そんなたわいのないことにワクワクしていた、そんな素朴な少年時代でした。  今の子どもたちも素朴な気持ちを持ってくれていると思います。  子どもたちに安全・安心な環境知識を与えることも、私たち大人の責任だと思います。  先ほど紹介いたしました新聞の記事の中にもありましたように、何事においても「取り組みが形骸化していないかを確認する」ことを怠ることがないように、よろしくお願いいたします。  

各務原市議会 2016-03-10 平成28年第 1回定例会−03月10日-03号

私の友人のパイロットは、少年時代航空機のエンジンランを体験したことがパイロットになろうと思ったきっかけだったそうです。  本市は、平成26年度から実施している寺子屋事業の発展型として、また航空機産業人材の発掘や育成を進め、市内事業者の活性化に寄与するために、小中学生を対象としたものづくり体験教室を計画しています。  

大垣市議会 2015-09-14 平成27年第3回定例会(第2日) 本文 2015-09-14

また、グラウンドの外では、次のチームの皆さんが輪になって声をかけ合って準備運動をしたり、他のチームの皆さんがそれぞれ友人とともにフェンス越しに立って声援を送ったり、少年時代に戻って当時のプレーのことなどを楽しそうに話しておられました。私はその姿を見て、競技スポーツの観戦とはまた違う感動が込み上げてまいりました。生涯健康というのはこういう姿なんだなと直感いたしました。

岐阜市議会 2013-03-04 平成25年第1回(3月)定例会(第4日目) 本文

また、三重塔建設場所を選んだのは少年時代に米屋町付近に住んだ岐阜市ゆかりの日本画家川合玉堂氏と言われており、その古風で調和のとれた意匠は金華山の自然と調和し、歴史景観を形成していることから、平成17年には国の登録有形文化財に登録されております。  このように著名な建築家や画家によって創造された三重塔の由来は、全国に発信できるものであり、積極的に活用してまいりたいと考えております。  

各務原市議会 2010-06-22 平成22年第 2回定例会−06月22日-03号

昨年12月議会の際に、吉岡議員代表質問を受けられ御答弁されました市長も、みずからの少年時代の出来事を話される中で、声を詰まらせたことを覚えております。声を詰まらせた理由は市長本人の中でしかわかりませんが、衝撃的な出来事であったことはだれしもわかったのではないでしょうか。また、その市長の姿を拝見し、瞬時に重なり思い出したことがありました。私ごとで大変恐縮なのですが、高校2年のお正月の出来事でした。

各務原市議会 2010-03-11 平成22年第 1回定例会−03月11日-02号

私の少年時代はそうでした。そのイギリスというモデルは、あれもこれもやり過ぎて、大きな政府をつくってしまって、物すごい財政赤字。それが社会に伝搬いたしまして、イギリスがおかしくなった。私は、そのころとその後の県会議員のときと両方行ったことがありますが、全然違う。汽車や公共輸送機関はまともに来たことがないし、まちやロンドンはごみだらけでしたし、そのくらいおかしくなった。  

各務原市議会 2009-12-09 平成21年第 6回定例会−12月09日-02号

今よりもっと貧しい時代、今ほど社会保障が整備されていない時代がありました、私の少年時代でございますが。最近ふと、大したものじゃありませんが、当時の日記をずっと見ていますと、子ども時代に私は岐阜市に住んでおったんですが、マンホールがあって、そこの中に人が住んでいたんです。「ルンペン」という言葉もございました。

岐阜市議会 2008-09-11 平成20年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2008-09-11

岐阜市は、映画少年時代」で日本アカデミー賞最優秀作品賞・監督賞を受賞された篠田正浩監督、「ハチ公物語」、「遠き落日」などの代表作のほか、人間と自然、平和に視点を向け、徳山村を舞台につくり上げた「ふるさと」や「郡上一揆」など岐阜が舞台となった作品を手がけた神山征二郎監督、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞の「がんばっていきまっしょい」やさだまさし原作の映画「解夏」などが代表作の磯村一路監督など、著名な

恵那市議会 2000-12-19 平成12年第5回定例会(第3号12月19日)

これは昔といいますか、私たちの少年時代青年時代まではし尿、人糞というのは最高の肥料だったわけで、塩が非常に入っていますが、全然問題にならんと。また、重金属云々という問題はありますが、これがたくさん出るようであったなら、大体食糧としてチェックされるというものでありますし、事実数十年前は食料品に添加物としていろいろな有毒性のものが入っておった。しかし、現在ではほとんど除去されております。

各務原市議会 2000-12-07 平成12年第 5回定例会−12月07日-02号

県下の知名度第一位は、やはり観光高山市、ことしの秋はノーベル化学賞授賞者 白川英樹博士少年時代を過ごされ、高山市の名が全国に知れ渡り、また県都岐阜市観光のメーン長良川の鵜飼、また伝統の観光スポットであり、またシドニーオリンピック高橋尚子選手の出身地で一躍花を添えました。関ケ原合戦四百年のことし、大垣市はNHK大河ドラマの相乗効果にて観光収入アップ、市名の高揚に貢献されております。

岐阜市議会 1991-09-12 平成3年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:1991-09-12

青年社会参加活動を活性化するためには、少年時代からの積極的活動が継続していかなければなりません。そのためには青年会館がみずからの館であるということを少年たちにわかりやすくすること、また、学校週五日制、すなわち週休二日制の活動拠点として行政における環境整備を行うことにあります。

岐阜市議会 1991-06-19 平成3年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:1991-06-19

また学校五日制、すなわち週休二日制に向けて少年たちのための機能を充実し、少年時代から一貫してこの施設になじみ、利用してくれるよう青年会館の名称を青少年会館と少の文字を入れてはどうかというところを検討しておるところでございます。発達過程にある青少年の特徴に配慮しつつ、新しい時代の生涯学習施設としてのあり方について一層研究してまいりたいと存じております。  

岐阜市議会 1990-06-20 平成2年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:1990-06-20

私は少年時代この長良橋から上流十二キロ地点で育った私でございますだけに、いろいろと過去を見てみますと、今の鵜飼というか鵜船というものが、ちょうど小瀬の鵜飼との境、そこまで上って、綱で引いて上り、そうした形の鵜というものを見ております。そういった関係で非常に私たちの言葉から言いますと、瀬といいますか、その瀬を下るときのすさまじい姿、こういったものは昔であったために見えた。

  • 1