360件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

可児市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2020-03-10

本市では、今年度から高齢者孤立防止事業として、75歳以上の市内在住者の全員を会員として一軒一軒回って、令和元年10月から回っていただいていると思いますが、そうした訪問等で、高齢者の方から様々な御意見が寄せられたのではないかと思いますけれども、そうした御意見等、どのような御意見があったかお聞きしてもよろしいでしょうか。

大垣市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2日) 本文 2020-03-09

また、インターネットを介して災害対策本部避難所などを結んだタイムリーな双方向の情報共有ができ、自立型庁舎が孤立型庁舎とならないように環境整備することが重要だというふうに考えます。  以上のことを踏まえ、二つ目の質問をさせていただきます。  大垣市の考える電子市役所災害対策本部には、そのような機能はあるのでしょうか。情報収集の方法や情報発信の方法をお聞かせください。  

岐阜市議会 2020-03-05 令和2年第1回(3月)定例会(第5日目) 本文

その一方で、超高齢社会核家族化の進展に伴い、独り暮らし高齢者の増加による社会孤立をはじめ、福祉健康など、様々な分野にまたがる課題が複雑化、顕在化しています。そして、市民の方から御相談をいただく中で、個人家族が抱えている課題は複数の分野にまたがるものが多く、複雑化していると実感いたします。  

岐阜市議会 2020-03-04 令和2年第1回(3月)定例会(第4日目) 本文

大切なことは、多胎児家庭への具体的な育児の支援により、母親の孤立を避けることではないかと考えます。どのような支援をされるのか、教えてください。  2点目、多胎児家庭の母親と子どもが孤立することなく社会に出るためのきっかけづくりをお手伝いするために、今後の支援の拡大、拡充を考えていただきたいと思います。その御所見をお聞かせください。  

各務原市議会 2020-03-03 令和 2年第 1回定例会−03月03日-02号

しかし、その一方で人口減少や少子高齢化の進展、地域コミュニティーの希薄化によって団体活動の停滞、担い手不足、高齢者への負担増、地域の中での孤立、ひきこもりなどといった課題の顕在化もまた進んでおります。  地域の課題解決のためには、地域の中で顔の見える関係をつくっていくこと、人や団体などが有機的につながっていくことが今後ますます必要になっていくというふうに痛感をしております。

岐阜市議会 2020-03-03 令和2年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文

私は、政策基本方針の1つに、子どもファーストを掲げ、独り親家庭貧困家庭等を地域の中で孤立させることなく、子どもの命と安全を守るための施策に取り組んでおります。  平成30年7月には、妊娠期から出産直後の母子への支援を強化するため、母子健康包括支援センターを各市民健康センター内に開設をいたしました。  

岐阜市議会 2020-03-02 令和2年第1回(3月)定例会(第2日目) 本文

さらには、ひきこもりに悩む家族孤立防止を図るため、グループミーティングの実施や、相談窓口等を周知するための情報発信に取り組む、ひきこもり対策事業を実施するなど、課題を抱えた市民の皆様に対しまして、それぞれの課題に応じて、しっかりと寄り添った支援を行ってまいります。  次に、将来ビジョンについてでありますが、今回の予算編成では、SDGsの達成を目指した予算編成を行っております。

岐阜市議会 2020-03-01 令和2年第1回(3月)定例会 目次

  堀田信夫議員 …………………………………………………………………………  413    ・ 組織・機構改革    ・ 岐阜市公契約条例    ・ 岐阜市中央卸売市場業務条例の改正    ・ 新庁舎建設   高橋和江議員 …………………………………………………………………………  426    ・ ワンストップ窓口及びおくやみコーナー設置に向けた取組    ・ 空き家対策    ・ 生活困窮世帯孤立防止

恵那市議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第3号12月19日)

しかし、恵那市のような中山間地域では、大規模災害には孤立地域ができやすいと言われております。孤立地域との連絡情報収集の対策は、そして、振興事務所での情報収集、これを災害対策本部への伝達等の方法、少人数体制での振興事務所の緊急時の対応、体制についてお聞きします。 ○議長(後藤康司君) 総務部長・安藤克典君。

大垣市議会 2019-12-12 令和元年教育福祉委員会 本文 2019-12-12

あと、その次、日常生活における孤立感です。お母さんたちの孤立感です。私も、このアンケート、実は昨年うちにも届きましたのでやりましたので、孤立感については、私は全く感じないというところに印をつけましたので、これも見ていただくと、孤立感を強く感じるというのが3.2%、やや感じるというのが26.8%。これは非常に大きい数だと思うんです。合わせると幾つになりますかね。

可児市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第3日) 本文 開催日:2019-12-04

また、さきの議長会が主催した議員研修会で、名古屋大学の福和伸夫教授が必ず来る巨大地震への備えと電源消失や長期孤立化する家庭地域対策の問題、あるいはスーパー台風等による浸水・水害への構えを地域で構築するということが大事なんだよということを言われました。単に、自助を強調するだけでは、もう済みません。

岐阜市議会 2019-11-05 令和元年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

また、周囲の偏見などから、家族自体が孤立感や不安感を抱いている場合も少なくありません。  そのため、ひきこもりの方を抱える御家族も支援が必要な状況にあります。御家族同士が集まり、同じ体験を語ることは、悩んでいるのは自分たちだけではないこと、同じ問題をそれぞれに乗り越えてきた家族がいることを知ることで安心したり、勇気づけられたりし、孤立感や不安感を軽減することにつながります。  

岐阜市議会 2019-11-03 令和元年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

また、高齢者、障がい者の方は避難ができずに孤立し、必要な支援が受けられていない状況も見られます。  こうした東日本大震災での教訓を踏まえ、国は平成25年に災害対策基本法の改正を行い、市町村に対し避難行動要支援者名簿の作成を義務づけ、名簿を活用した避難支援がされるように明記しました。  

岐阜市議会 2019-11-02 令和元年第5回(11月)定例会(第2日目) 本文

議員御案内のとおり、犯罪被害者の方々は十分な支援を受けられず、孤立を余儀なくされるおそれがあることから、国は平成16年12月に犯罪被害者等基本法を制定し、被害者の方々への支援を総合的に推進することといたしました。これにあわせ、地方公共団体においても支援条例の制定や支援金の支給、総合的対応窓口の設置などが進められているところであります。  

瑞浪市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4号 9月20日)

家庭内でのトラブルが発生したり、地域との接点が希薄なことによって家族だけで問題を抱え込み、行政医療機関などの支援を受けられないまま孤立するなど、いろいろな悩みに苦しんでいる家庭があります。  2015年に生活困窮者自立支援法が施行されたことで、中高年のひきこもりへの支援窓口が整いましたが、その支援に結びつける一歩をどう見つけるかが大きな課題となっております。  

各務原市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-03号

虐待、DVをゼロに、妊娠・子育て家庭で親も子も孤立化させない寄り添いと連携の支援体制について、本市の現状と対策、取り組みをお聞きいたします。3月議会でも取り上げましたが、引き続きよろしくお願いします。  2018年3月、目黒区の「パパ、ママ、もうおねがい、ゆるしてください」と書いた結愛ちゃん5歳の虐待死。ことし1月、千葉県野田市の心愛ちゃん10歳が、食事も与えられず放置され死亡