1542件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高山市議会 2033-09-11 09月11日-02号

教育委員会皆様並びに教職員の皆様には、私も中学生と小学生の娘が通学しておりまして、また、日ごろより郷土学習による故郷を知り故郷を愛する学びにも力を注いでいただき、PTAや地域との連携、コミュニティスクールとしての、子どもたち地域で育て守る、その取り組みにも推進されておりまして、少子化という現状はあれど、明るく素直な子どもたちそして自発的な挨拶がしっかりできる子どもたち、人への思いやりを持った

中津川市議会 2028-08-29 08月29日-01号

今後につきましては、公立私立役割分担を踏まえつつ、全ての子どもたちがひとしく幼児教育保育を受けられる環境を確保するため、私立には、特色ある方針に基づく幼児教育、未満児を中心とした保育を、公立は、支援を必要とする児童や周辺部幼児教育保育を担うといった将来を担う人材が育つまちを実現していくために、市内幼児教育施設の配置を見直し、適正な集団規模受け入れ体制を確保していくことが急務である。

中津川市議会 2024-06-13 06月13日-02号

そして、さらに先ほど言った避難訓練のときでも、これだと脱げずに避難訓練ができて、走ることもできるという現状だと思いますので、ぜひこういう形の靴に子どもたちの成長も考えて変えていっていただきたいということを今回一番の大きな質問でありますので、ぜひ市を挙げて、長い間学校にいる子どもたちのことを考えお願いをしたいと要望をしておきたいと思います。 7番目の質問です。

中津川市議会 2023-06-14 06月14日-03号

幼保間で職員の交流もしてきていると聞きますが、初めてのこども園ということで、特に現在、年中、年少のお子さんの保護者の方にとっては、子どもたち環境が大きく変わる中、今までの坂本幼稚園坂本保育園でお世話になって、子どもたち状況をよく知ってくれている顔見知りの先生が新しいこども園に見えるかどうかなど、先生体制についても大きな関心事となっています。 

中津川市議会 2022-09-10 09月10日-03号

そういう意味でも、この保育園子どもたち、幼稚園子どもたち給食費というのは取り組みやすい部分ですが、いかがでしょうか。 ○議長(勝彰君) 教育委員会事務局長小関智幸君。 ◎教育委員会事務局長小関智幸君) 木下議員のご質問にもお答えいたしましたが、給食費無料化につきましては、市単独財政負担が発生することや学校給食とのバランスを考慮して、現時点では考えておりません。

中津川市議会 2020-12-23 12月23日-04号

あわせて、市民皆様文化活動を支えております文化会館耐震改修事業阿木地域活動中心となります阿木交流センターの建設、交流学びとにぎわいの拠点施設となるべく、中心市街地活性化拠点整備事業、そして子どもたちが快適な環境で学べるよう、市内公立保育園幼稚園小学校中学校阿木高校エアコン設置を完成させるなど、さまざまな事業を実施してまいりました。 

関市議会 2020-12-11 12月11日-20号

さきにも述べましたが、私たちの大切な宝であります子どもたちを見守るのは、行政のみならず、学校保護者地域、企業などを含めた大人の重大な責任であります。子どもたちが決して重大な被害に遭わないよう、万全を期して対応していただきますことを切にお願いをいたしまして、4番の質問を終わりといたします。  以上、4点につきまして、市当局の見解並びに市長さんのお考えをお聞かせください。

中津川市議会 2020-12-09 12月09日-02号

また、子どもたちが勝手に変なサイトに入っていかないようにブロックしていくのも今後重要だと思いますので、多少子どもたちもインターネットを使った中でパソコン等使えるといいのかなというふうに思いますので、またその辺、いろいろと検討していただきたいというふうに思います。 7番目の質問です。 

関市議会 2020-10-09 10月09日-17号

学校教育におきましては、これからも競技スポーツの持つ、選手だけでなく見る者にも深い感動と勇気を与えるという、こういう競技スポーツの持つ特性と誰もが生涯にわたって親しみ、楽しむことのできる生涯スポーツのすばらしさを子どもたちに体験させ、スポーツの持つチャンピオンスポーツ側面と生涯スポーツ側面バランスよく教えていきたいと、このように思っております。  以上です。

関市議会 2020-10-08 10月08日-16号

そのとき答弁をいただいておりますけれども、今回は、次回について検証という意味質問させていただきたいと思いますが、現在図書館に導入されています情報管理システムを利用して、市民、とりわけ子どもたちの将来のために記憶と記録を残すサービスが提供できないかという意味で、これが実現できるならば素敵なことではないかという思いから、読書通帳の導入について考えを伺いたいと思います。  

関市議会 2020-10-07 10月07日-15号

未来を創る子どもたちを育てると、そして、関市の文化市民誇りにするとうたってあります。幾つか政策が提案をされておりますけれども、中でも地域文化や魅力を発信する拠点整備助成制度の創設というのがあります。  尾関市長の1期目の政策として、市内全域地域委員会を設立し、地域が自立的、自発的に課題解決をする仕組みができ上がりました。

関市議会 2020-09-26 09月26日-14号

子どもたちが将来、大いに活躍していくためにも、STEAM教育は重要であり、また市役所自体も変わっていかなければなりません。  令和という新しい時代においても、「日本一しあわせなまち」の実現を合言葉に、市民皆様との協働により、誰もが誇りと愛着を持っていただけるようなまちを創っていきたいとの思いで、これから4年間の市政運営において次の6つの分野において施策を実行していきたいと考えます。  

高山市議会 2020-09-12 09月12日-03号

伸びてはいない、減少はしていますけれども支援をする方はいるということで、私は支援をする子どもたち家庭が依然と多くあるのではないかと考えております。表面上はごく普通の問題もない家庭思いがちでありますけれども、家庭内では大変なところも存在しているのではないかと思っております。 

土岐市議会 2020-09-09 09月09日-03号

それで、前回の9月6日のときの回答もございましたように、やはり教室が狭くなれば、広く使う形の教室も広げるという形もおっしゃっていただいておりますので、父兄にとっては、まさに子どもたちを預けて安心な状況になるのかなと、そのように思っておりますので、ひとつよろしくお願いいたします。 次に、イの不登校について。