58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

羽島市議会 2021-03-12 03月12日-03号

◆10番(南谷佳寛君) 近年の異常気象による豪雨に対する対応対策は本当に難しいものだと思われますが、まちなかを巡る用水路側溝堆積除去など、小さなことから実施していただいて、内水氾濫を少しでも防いでいただけるようお願いいたします。 安心・安全なまちづくりについての最後の質問になります。 先日、足近町で人身事故がありました。

岐阜市議会 2020-11-05 令和2年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

続いて、2点目の、課題についての見解でございますが、このごみ屋敷と呼ばれる状況居住者高齢化認知症の進行、身体の障がい、そして、議員御紹介のセルフネグレクトなどによるごみ適正処理に対する意識の低下が主な原因と考えられ、占有者などと円滑なコミュニケーションを図れなかったり、大量の堆積有価物と主張されることでごみとしての対応が困難となり、指導に行き詰まることがございます。  

岐阜市議会 2020-06-05 令和2年第3回(6月)定例会(第5日目) 本文

まずは側溝堆積がないか、排水断面や勾配に不良箇所はないか、また、放流先排水路状況などの調査を行っております。その上で、例えば、グレーチング蓋への取替えや、排水経路を増やすための道路横断管設置狭窄箇所の改修などの検討を行っております。  また、放流先排水路流下能力が不足している場合には、排水路の新設や改良を検討いたすことになります。

中津川市議会 2019-06-13 06月13日-02号

4月5日から4月7日の間、トンネル内から土砂崩落部空洞充填を実施したものの、緩み範囲土砂堆積まで広がり、地上部崩落に至ったというものです。 今後の対策としまして、復旧完了後の掘削に当たっては、地山状況掘削面ごとに適切に評価し、不安定な地山の場合は掘削断面形状を見直し坑内計測の頻度を上げるなど、慎重な施工管理を徹底する。

関市議会 2018-09-18 09月18日-15号

◆2番(波多野源司君)   それでは、次に9番ですが、今回、この災害を受けて津保川全面改良が必要ではないかについてお伺いいたしますが、冒頭でも申し上げましたように、今回、上之保の災害地域は、今まで何回も何回も要望を繰り返した地域、河床が上がり、川に堆積がたまり、樹木が生え、昔と比べると河川が半分ぐらいになっている地域がたくさんございます。  

瑞浪市議会 2018-02-26 平成30年第1回定例会(第2号 2月26日)

衛生センター管理経費は、今年度末で閉鎖いたします衛生センター堆積処理業務及び解体設計の委託料などとなります。  合併浄化槽設置推進事業は、53基分の合併処理浄化槽設置補助となります。  汚水共同処理施設管理経費は、今年度末で閉鎖します衛生センターにかわり、新たにし尿処理業務浄化センターで行う経費となります。  続きまして、少し飛びまして54ページをお願いします。  

関市議会 2017-12-13 12月13日-19号

こうした堆積が堆積する前に除去ができないか、お尋ねいたします。 ○議長三輪正善君)   永田経済部長、どうぞ。 ◎経済部長永田千春君)   集中豪雨とかゲリラ豪雨、近年増える傾向にございまして、農地等への被害の防止対策といたしましては、河川の増水時の農業用水取水口早期閉鎖水路土砂が堆積している箇所水路通水断面を確保するための土砂撤去を実施しておるところでございます。  

羽島市議会 2017-09-12 09月12日-02号

また、業者により適切に堆積等の撤去及び清掃を実施しております。 以上でございます。 ○議長近藤伸二君) 10番 安田孝司君。 ◆10番(安田孝司君) 防火水槽につきまして、もう一つお聞きをいたします。 防火水槽は、通常では無蓋防火水槽、要するにふたがない、もしくは有蓋貯水槽であるというふうに思いますけれども、いわゆるタンクに水をためておいて、必要なときにそれをくみ出すというものであります。

岐阜市議会 2017-09-04 平成29年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

具体には、県が管理する砂防河川にかかる橋梁の下に、流木流下を考慮した高さや幅があるかなどの構造的な確認損傷状況、さらには橋梁に影響する河川内の堆積有無など、状況を調査し、橋梁点検台帳を作成し、定期的な管理を行ってまいります。  流木対策には、砂防堰堤などの砂防施設整備に加え、治山施設整備流木発生源となる森林の整備、保全も重要であると考えているところであります。  

瑞浪市議会 2017-08-29 平成29年第4回定例会(第1号 8月29日)

ただ、まだまだこれからの対応が難しい部分がございまして、まだ土岐川の手前の畑のところにはたくさんの堆積がいまだに堆積されておりますし、また、工場から中央自動車道まで下りてくる斜面にも残っておる、そして、原料が保管してあった場所にもまだたくさんの原料が残っておるというような状況でございますので、いつまた大きな雨が降ったときに残っている原料が、また、斜面に残っておる原料が流れ出すかわからないという危険

関市議会 2015-10-06 10月06日-14号

◆14番(幅永典君)   ふだん車を運転しながら、橋を渡ったり、堤防等を走る機会が何回もあるわけでございますけれども、特に津保川に関しまして、雑木がかなり生えていたり、そしてまた、アシが非常に広い範囲で生い茂っているということで、これが大雨によって水位が高くなって、そして、氾濫をするような状況になったときに、特に下流部において、そうした流れてくる堆積ということも心配ということを私は常日ごろ思っているわけでございます

多治見市議会 2015-09-17 09月17日-03号

池に堆積が生じていることはないのでしょうか。 次に、路線価はいつどのように設定されるのかお伺いします。 使用収益が発生している場合は、平成28年1月で評価ということでしたが、土地評価については路線価が必要になります。いつ設定されますでしょう。県の不動産取得税の関係で価格が必要になると考えていますが、対応できるのでしょうか。 次に、自治組織の議論はなされているのでしょうか。 

羽島市議会 2015-09-11 09月11日-04号

幹線水路及び豪雨等により、道路冠水箇所については、職員の現地パトロールにより、堆積等の確認を行っております。その他の市道側溝については、自治会からの側溝清掃要望を受け、現地堆積確認を行っております。 以上でございます。 ○議長糟谷玲子君) 6番 南谷佳寛さん。 ◆6番(南谷佳寛君) それでは、(仮称)竹鼻コミュニティセンター防災拠点についての2回目の質問を行います。 

多治見市議会 2012-06-22 06月22日-04号

昨日も申し上げましたけれども、現在は広域処理が要請されてる瓦れきの数は約 250万トンと言われてございまして、当初受け入れを検討しておりました木くず等可燃物処理は思いのほか進んでいるということでございまして、土砂等が混じる可燃性混合物でありますとか、畳、堆積等の焼却処理が難しい瓦れき、つまり不燃物ですね、そういったものが多く残っているということでございまして、この処理課題となってございますし