10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

可児市議会 2016-09-06 平成28年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2016-09-06

御当地プレートに初めて取り組んだのは2007年の愛媛県松山市で、司馬遼太郎の「」のまちづくりにちなんで雲の形とし、地名表記も「松山市」から「道後・松山市」に変更し、地域ブランドの道後温泉を活用したものとなっています。  また、御殿場市の富士山型は、御当地ナンバーの縁を生かして、静岡県6と山梨県市町村で共通して使用されています。  

岐阜市議会 2015-09-03 平成27年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

余談でありますが、そのプロデューサーはあの「」を制作した方でありました。  そして、そこで、目標としている2019年の秋は、NHK大阪の制作になるとの情報をいただき、去る9月の11日に、今度は渡辺 要議員、そして、公明党の西垣議員、そして、信田議員、私の4名がNHK大阪に赴き、橋本市、岐阜市、計8名で制作部長にお会いし、陳情した次第であります。  

多治見市議会 2012-06-22 平成24年  6月 定例会(第4回)-06月22日−04号

その言葉で「破断界」という言葉がありますが、破れる、断つ、普通の世界の界、破断界、私は司馬遼太郎さんの「」で知ったわけですが、物が圧力に耐える限界に来たときに突然壊れるという、そういう限界をあらわすもので、今の川南地区はそんな状況に近づいているだろうと、銀座では、秋葉様、津島様を本土神社にお返しするというように、商業集積どころか、コミュニティーまで失われようと実はしています。  

各務原市議会 2010-09-16 平成22年第 3回定例会−09月16日-03号

この「」を見るまではいいのですが、その後に自前の目的がない。大きな世界観とは無縁の日本人がそこにいる。最近の政治指導者と言われる方々は、洞察力や大局観に欠け、将来ビジョンも描けないでいるわけであります。  しかし、この劣性遺伝子も教育のありようによっては、優性遺伝子に変える可能性もあるはずであります。  質問に入ります。  

各務原市議会 2010-09-15 平成22年第 3回定例会−09月15日-02号

この140年間に2つのいわばの時代を経て今日があると、こう私は概観をいたします。  1つは、明治時代という約40年の時代、実にたくましいですね。それから戦後1945年、太平洋戦争が終わってからのざっと40年から45年、同じように実にたくましいですね。、つまり将来のグランドデザインを掲げてたくましくやってきたと。人々も、政治も、行政も、そういう実感を受けているわけでございます。

中津川市議会 2009-12-08 平成21年 12月 定例会(第8回)-12月08日−02号

◆17番(鈴木雅彦君) この原稿を書きながら私はの1回目を見ていました。あのときに秋山真之がこういうことを言われておったんです。英国紳士は、置きかえます。日本の政治の中で首長たるもの、私は思います、常に弱者に優しく、そして誠意を持って、法にのっとって行政を運営すべきだと思います。そして、そういう教えを請うた後輩の山本五十六あたりが言います。

岐阜市議会 2006-09-13 平成18年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2006-09-13

例えば、松山市における「」のまちづくりは、「天気晴朗なれど波高し」の電文の作者として知られております明治松山市出身の偉人・秋山真之と、その兄・秋山好古や歌人・正岡子規などを主人公とする司馬遼太郎氏の小説「」をシンボルといたしまして、夢や希望、目標を持って生き生きと前向きに活動していくことのすばらしさを訴えながら、まちおこし、地域の活性化を図る施策であるのはよく知られているところであります

岐阜市議会 2005-12-06 平成17年第5回定例会(第3日目) 本文 開催日:2005-12-06

松山市では「」まちづくり債、これは記念館を整備していこうという事業であります。そのほかにも小中学校の建てかえ事業、図書館建設事業など、さまざまな目的に対するミニ公募債が発行されてきているようであります。多くはふるさとを愛する住民の理解が得られやすい対象が選ばれているようであります。  

岐阜市議会 2003-12-09 平成15年第5回定例会(第3日目) 本文 開催日:2003-12-09

〔私語する者あり〕 聞くところによりますと、その関係もあってか、再来年の平成17年のNHK大河ドラマは司馬遼太郎氏の「」だそうであります。司馬氏によれば、明治という時代は周辺のアジア諸国すべてが欧米列強植民地にあって、独立国として欧米諸国に伍する一流国になるんだという国家目標、つまりを目指して政府国民文字どおり国家建設に心血を注いだ時代であります。

  • 1