24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

岐阜市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

│ │ 更に、平成15年7月に岐阜県が公表した「岐阜県東海地震被害想│ │定調査」に基づき、地震動、液状化による木造建物倒壊率が高いと予│ │測される5地域を選定し、第三次整備計画(平成21年~25年)と│ │して、5基の設置計画を樹立したが、平成19年度に岐阜市が実施し│ │た「岐阜市地震被害想定調査」を基に未整備地域を考慮し、これまで│ │の策定基準による整備地域とを総合的に比較したところ、若干

各務原市議会 2018-11-08 平成30年11月 8日新庁舎建設調査特別委員会−11月08日-01号

もう一つが、長周期地震動に対する冗長性を持たせるというものでございます。長周期地震動というのは、いわゆる南海トラフ大地震のように、揺れが長時間にわたって続くもので、阪神大震災は一遍にどんと来て、数秒で揺れはおさまるんですが、南海トラフ大地震のようなものは、恐らく2分ぐらい揺れが続くだろうというふうに想定しております。  

各務原市議会 2017-10-25 平成29年10月25日新庁舎建設調査特別委員会-10月25日-01号

耐震性能については、建築基法で定められた震度5弱程度のまれに発生する地震動震度6強程度の極めてまれに発生する地震動に加え、新庁舎への影響が大きいと想定される震度6弱程度が想定される南海トラフ地震養老─桑名─四日市断層地震に対して構造体に損傷が生じないことはもちろん、設備配管の破損、天井の落下、家具や什器の転倒を生じないようにすることで建物としての機能維持が図れる継続利用が可能な計画といたします

恵那市議会 2016-09-26 平成28年第4回定例会(第2号 9月26日)

政府地震調査委員会が2016版全国地震動予想地図を公表したことから、このデータをどう生かすかということが今あります。  そこで、市内の地域データをまずお聞きします。 ○議長(堀 光明君) 市長公室危機管理チーム政策推進監・平林剛寿君。 ○市長公室危機管理チーム政策推進監(平林剛寿君) それでは、地震動予測のデータに関するご質問にお答えいたします。  

可児市議会 2016-06-15 平成28年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2016-06-15

昨日の板津議員紹介をされました全国地震動予測地図は、今後30年間に震度6弱以上の地震が発生する確率を示したものです。阪神・淡路大震災を教訓に生まれまして、2014年度版、前回版については2011年の東日本大震災から、また首都直下型地震を見直した結果として、幾つか補正されています。その当時から、可児市は地震規模の高い6%から26%発生確率にありました。  

岐阜市議会 2012-11-05 平成24年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

地震動による被害の大きい地震として、関東大震災や記憶に新しい平成7年に発生した阪神・淡路大震災が挙げられますが、これらの地震では建物倒壊や地震後に発生した火災により多くの方が亡くなられており、倒壊した建物や家具等の下敷きになり、助けを求めているとき、火災により命を失われた方もみえることを想像すると身震いいたします。

大垣市議会 2012-09-13 平成24年建設環境委員会 本文 2012-09-13

今後の予定でございますが、地震災害対策につきましては、9月から10月に地震動及び液状化予測を行い、その結果を踏まえ、12月に人的被害や建物被害等の算出を行ってまいります。風水害土砂災害対策でございますが、9月に風水害土砂災害が発生するおそれのある地区の把握を行い、10月に想定浸水深に基づく建物被害や避難者数の算出を行ってまいります。

可児市議会 2012-09-11 平成24年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2012-09-11

まず最初の小項目の御質問でございますが、上下水道施設等の地震対策の一定の基準でございますけれども、水道施設につきましては、配水池等や送水管、配水本管の基幹施設は、レベル地震動阪神・淡路大震災クラス、震度6程度以上に、その他の配水支管におきましては、レベル地震動震度5強程度に対して、それぞれ損傷や修復が軽微で機能に重大な影響を及ぼさない性能という基準となってございます。  

大垣市議会 2012-03-15 平成24年建設環境委員会 本文 2012-03-15

被害想定を的確に行うための資料収集、その資料をもとに、地震につきましては地震動、液状化危険度の予測を、風水害土砂災害については浸水区域や土砂災害危険度を把握します。その予測をもとに人的な被害や建物などの被害について被害量を予測します。これらの結果から、災害発生から応急対策、復旧対策などのシナリオを時系列で作成いたしまして、地域防災計画の見直しに反映していきたいと考えております。

各務原市議会 2012-03-13 平成24年第 1回定例会−03月13日-03号

厚生労働省は、東日本大震災における初期段階の水道施設の被災・復旧状況を整理するとともに、今後の地震対策に向けて課題及び対処方針を検討することを目的として、学識経験者や水道関係者から成る19名の調査団を構成し、東日本大震災の発生から約2カ月後の同年5月8日から11日までの4日間、特に地震動津波による水道施設の被害が顕著な宮城県岩手県及び福島県の7水道事業体に対し、現地の水道施設等の被災・復旧状況の

大垣市議会 2011-09-12 平成23年第3回定例会(第2日) 本文 2011-09-12

今回、県におきまして、東海、東南海、南海の3連動地震地震動や液状化危険度などについて改めて調査を行うこととしておりますので、この調査結果を踏まえ、本市の地域防災計画の見直しを進めるため、洪水地震などに対する地域危険度や防災力を診断する防災アセスメント調査を予定しております。新しいハザードマップの作成につきましては、これらの調査結果をもとに進めてまいります。

可児市議会 2011-09-08 平成23年第6回定例会(第3日) 本文 開催日:2011-09-08

上水道管の耐震化につきましては、平成7年、阪神・淡路大震災の被害を受けまして、水道施設耐震指針が改定されており、平成10年以降に布設されました管路は、震度6程度以上の阪神・淡路大震災クラスの地震、レベル地震動でございますが、これに対しましても水道基幹施設と同様に基幹管路の被害が軽微で、その機能に重大な影響を及ぼさないような設計がなされております。  

可児市議会 2011-06-03 平成23年第3回定例会(第3日) 本文 開催日:2011-06-03

上水道下水道耐震性につきましては、平成7年の兵庫県南部地震阪神・淡路大震災ですが、これを受けまして、平成9年に地震対策指針が改定され、平成10年以降に新設された管路施設では、陸地近傍に発生する大規模なプレート境界地震直下型地震による地震動、これをレベル地震動としておりますが、つまり震度6程度以上の阪神・淡路大震災クラスに対しても、基幹施設、基幹管路につきまして、被害が軽微で、機能に重大な影響

岐阜市議会 2007-03-02 平成19年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2007-03-02

震源に近い市北東部、地盤が弱い南西部では、地震動は比較的強く、     また、一部の地盤が特に弱い区域では、強い地震動が予想される。   (イ)内陸直下型地震      ・ 阿寺(あてら)断層系※        震源域が、市域から約50~70km離れているが、想定地震規模       がM7.5と大きいため、市内の震度は5弱から5強となり、かなり       の影響を受ける。        

  • 1
  • 2