396件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

恵那市議会 2020-03-23 令和 2年第1回定例会(第5号 3月23日)

「たべる」では、新たにバロー恵那店にオープンキッチンを設け、食の情報発信基地としての活用や、食を通じ健康づくり農産物地産、生産者の所得向上に向けた取り組みなど。「くらす」では、主要市道等の道路整備、リニアまちづくり基盤計画に基づく基盤整備の推進、高齢者福祉施設の大規模改修、市内恵那病院職員宿舎建設保育士確保に向けた保育教諭修学資金貸付事業など。

可児市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2020-03-09

178 ◯市民部長(杉山 修君) 住宅や事業所の屋根太陽光パネルを設置することや、あるいは地産、ごみの減量などを心がけていただくことで温室効果ガスの削減効果があり、できる範囲で実施していただいていると考えています。  例えば、ごみ排出量は、平成23年度と平成30年度を比較しますと約4.6%減少しています。

岐阜市議会 2020-03-01 令和2年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

あわせて、包括連携協定に基づくカラフルタウン岐阜におけるPRイベントなどにより、地産の継続を図るとともに、地産外商の強化として、首都圏の有名店を誘致したイチゴ「濃姫」の加工品の期間限定イベントや首都圏での「ぎふベジ」PRイベントの開催により、認知度向上に努めてまいります。  

恵那市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会(第1号 2月26日)

「たべる」については、恵那市たべる推進協議会からの提案や恵那たべるプロジェクトの事業に基づき、食を通じ、健康づくり農産物地産、生産者の所得向上に向け取り組んでまいります。注目されている発酵食品に目を向け、料理教室の開催やレシピの募集、健幸フェスタでのPRとともに、本市の特産品である栗やトマトを使った新しい加工品の研究や商品開発なども行ってまいります。  

岐阜市議会 2019-11-04 令和元年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

最後に、学校給食における真の地産という観点であります。  地産っていうのは御案内のとおりでありまして、この辺でとれたものを自分らで消費もあわせてしていこうという、その言葉のとおりなんですけれど、どんな状況かということを、ちょっと資料をいただきましたけれど、すばらしいなと思ったのは、まず学校の給食、平均すると週3回以上御飯を食べてみえるということですね。

岐阜市議会 2019-11-03 令和元年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

都市農業による、景観維持、交流の創出、教育食育地産環境保全、防災といった多面的機能や魅力の発信が宣言されたとのことでした。  市街化区域の農地は、そういった新鮮な農作物の供給災害時の防災空間確保、良好な景観、国土環境の保全という都市農業振興基本計画で述べている農地の役割、これをですね、広く市民に御理解をいただく取り組みをどんどん進めることが大事だというふうに思います。  

岐阜市議会 2019-11-01 令和元年第5回(11月)定例会 目次

………………………………………………… 1723    ・ 岐阜市観光予算    ・ 気候非常事態への取り組み    ・ 研修校など岐阜市教育現場の実態    ・ 子どもに寄り添った不登校特例校の開設   道家康生議員 ………………………………………………………………………… 1736    ・ 柳ケ瀬へのWi-Fi環境の整備    ・ 本市における旅費の考え方    ・ 学校給食における真の地産

各務原市議会 2019-09-19 令和 元年 9月19日経済教育常任委員会−09月19日-01号

地域農産物消費拡大総合対策費についてですけれども、学校給食地産推進事業についてですけれど、ここには県内産の農産物を使うということなんですけれども、具体的に何を補助対象にしているのか教えてください。 ◎農政課長(小林由孝君) お米、水産物野菜米粉等、そういったものでございます。 ◆委員(波多野こうめ君) 麦については。小麦粉ですね。 ◎農政課長(小林由孝君) 小麦粉も対象です。

岐阜市議会 2019-09-04 令和元年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

先日、あるテレビ番組で、地産消費量が増加することは農産物の流通距離を減らすことになり、ひいては二酸化炭素の削減につながり、環境問題の改善にもつながることだと論じられていました。多様な観点から地産という考え方を子どもたちに学ばせることも大事だというふうに思います。  今月4日の岐阜新聞に「災害備え おにぎり作り」という見出しで記事が掲載されていました。

岐阜市議会 2019-09-01 令和元年第4回(9月)定例会 目次

岐阜市公教育検討会議    ・ 文部科学省の「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」    ・ インボイス制度の導入   箕輪光顕議員 ………………………………………………………………………… 1252    ・ 岐阜市農業振興策     ・ 優良農地を維持していくための施策     ・ 今後の農業振興策    ・ 学校における食育活動の取り組み     ・ 食育基本法を踏まえた食育活動の展開     ・ 地産

恵那市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第2号 6月20日)

自治体に採用された隊員は、農林水産業の支援や特産品の開発、PR、地産の活動などに取り組んでいます。  2009年度の制度創設から丸10年がたちました。スタートした年度は、わずか31自治体で89人でしたが、政権が復帰し、地方創生が政権の最重要課題の一つに位置づけられると、隊員数は飛躍的に増加しました。2018年度には全国1,061自治体で5,359人の隊員が活躍しています。

岐阜市議会 2019-06-02 令和元年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

一方、国が平成28年に策定した第3次食育推進基本計画では、「食の循環や環境意識した食育の推進」が今後5年間に取り組むべき重点課題の1つに位置づけられ、また、岐阜県平成29年3月に策定した第3次計画では、「食の循環や環境に配慮した食農教育地産の推進」が基本方針の1つとされました。  

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

地産推進事業費のえないっぱい給食事業で、新たに年3回全小中学校で実施する食育教育の詳細はとの質疑には、これまでも毎月1回地産を推奨した給食の献立を行っていたが、新たに419万4,000円の予算で、年3回地域野菜果物使用して、子どもたちの心にしみるような給食を提供していきたい。詳細は、校長会、教頭会、栄養教諭と相談し、食育教育として成果が出るよう取り組みたいとの答弁がありました。  

大垣市議会 2019-03-19 平成31年企画総務委員会 本文 2019-03-19

地図を見ていただいて、フラットなところで、隣へ行くのもすぐ車で行けて、そしてなおかつ民間のほのりんプラザ等もございますが、調理施設があったりして、民間のそういったことも充実していたりという都心部とは違って、さらに、なぜ旧4町に1個ずつあったかというと、当時は農村で食塩が非常に取り過ぎで、まず食改さんが食塩を減らすという食事を徹底して指導していこうということで、極めて調理室の重要性が高くて、その次に地産