1221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

恵那市議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第3号12月19日)

もう一つは、行政学校教育課などと協力、連携ができないだろうかと、そういったことです。  では、お尋ねしますが、この団体の活動内容について、学校のほうで不登校認知されている児童生徒さんの保護者の方へチラシなど情報提供をすることをしていただいておりますでしょうか。 ○議長(後藤康司君) 副教育長・安藤一博君。

大垣市議会 2019-12-13 令和元年総務環境委員会 本文 2019-12-13

2の条例改正の概要でございますが、(1)の部の名称変更につきましては、一つ目に、市民サービスのさらなる向上と市民の推進を図るため「かがやきライフ推進部」を「市民活動部」に、二つ目に、市民健康づくりの取り組みのさらなる推進を図るため「福祉部」を「健康福祉部」に、三つ目に、将来を担う子供たちが主役となる次世代を見据え、子育て日本一のまちの取り組みのさらなる充実を図るため「子育て支援部」を「こども未来部

各務原市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-03号

向こう三軒両隣が当たり前であった昭和、「地域で子どもを育てる」がごく普通に機能していた時代から、現代は多様な主体とので取り組む時代となりました。子どもたちの幸せ実感を掲げる各務原市において、「地域で子どもを育てる」の実践における教育の目指す姿についても伺います。  そこで、以下4点につき質問いたします。  

大垣市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 2019-12-09

そして、災害に強くて安全で安心して暮らせるまちの実現を目指し、自助、共助、公助を防災基本理念として、市民、事業者と行政し、浸水の防止や雨水流出抑制に努めるべきと考えます。  かつての河川は川幅が狭く、大雨が降ると氾濫がしばしば発生していました。そのため、人々は河川沿いを避けて高台や盛り土をして住宅を建てるなど、みずから工夫して水害から身を守っていました。

可児市議会 2019-12-03 令和元年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-12-03

次に6点目、運動部活動の在り方に関する総合的なガイドラインでは、学校の取り組みだけではなく、総合型地域スポーツクラブ等との連携や地域スポーツ指導者、施設の活用など、地域社会全体が連携・した取り組みも望まれます。その際には、学校地域関係者が相互に情報提供し、理解しつつ取り組むことが望まれますとあります。

関市議会 2019-12-02 12月02日-19号

      21番   小 森 敬 直 君        22番   猿 渡 直 樹 君      23番   石 原 教 雅 君欠席議員(なし)説明のため出席した者 市     長    尾 関 健 治 君    副  市  長    山 下 清 司 君 教  育  長    吉 田 康 雄 君    市 長 公 室 長    井 上 敬 一 君 財 務 部 長    平 川 恭 介 君    推進部長

岐阜市議会 2019-11-04 令和元年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

人生100年時代と言われる今日、市民市民参画に関する事業構築がますます重要になってきます。岐阜市に暮らす私たちがリタイアしてからのセカンドステージをよりスマートに生きるために、それぞれが持つ能力、経験、意欲を本市の貴重な財産として持ち寄る場の提供、いわゆるシニア層の人材バンクの構築について改めて確認をさせていただきたいと思います。  

岐阜市議会 2019-11-03 令和元年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

議員御指摘の会計年度任用職員制度による人件費の増加も含め、行政運営に必要不可欠な経費が十分に確保できるよう、民間にできることは民間に任せるという行政と民間の適切な役割分担やの考え方に基づき、業務の民間委託やPPP、PFIの導入を初めとした、より効率的で効果的な事業実施に努めることで財政規律を堅持してまいりたいと考えております。  

瑞浪市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第5号 9月25日)

         小 倉 秀 亀 総務課長          正 木 英 二     秘書課長        近 藤 正 史 教育長           平 林 道 博     教育委員会事務局長   南 波   昇 教育委員会事務局次長    工 藤 仁 士     企画政策課長      梅 村 修 司 税務課長          小 川 恭 司     市民課長        和 田 真奈美 市民課長

恵那市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第2号 9月24日)

昨年、12回目を迎えました「えな環境フェア」でも、市民企業行政でごみ減量、再資源化の啓発を行っているところでございます。  今後は、雑紙の分別回収につなげるため、「資源ごみ回収拠点」を山岡及び上矢作地域を先行地として準備を進めておりまして、10月には廃棄物減量等推進審議会で意見を聴取し、ことし中に設置をしていきたいと考えておるところでございます。

瑞浪市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4号 9月20日)

         小 倉 秀 亀 総務課長          正 木 英 二     秘書課長        近 藤 正 史 教育長           平 林 道 博     教育委員会事務局長   南 波   昇 教育委員会事務局次長    工 藤 仁 士     企画政策課長      梅 村 修 司 税務課長          小 川 恭 司     市民課長        和 田 真奈美 市民課長

瑞浪市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3号 9月19日)

そうした事態を避けるためにも、民間事業者や市民とのを進め、地域一丸となって課題に対応できる体制を整えておく必要があるように思われます。  今回は、この「」をいかに推進していくかということをテーマに、民間事業者とのを「指定管理者制度」という枠で、一般市民とのを「まちづくり活動における」という枠を設け、それぞれ質問してまいりたいと思います。よろしくお願いします。