2371件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

5割軽減、2割軽減の対象世帯は全体の何%かとの質疑には、平成30年度で5割が1,182世帯、2割が895世帯で、加入世帯の3割ほどになるとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全会一致で議第8号は原案のとおり可決すべきものと決しました。  

各務原市議会 2019-03-13 平成31年第 1回定例会−03月13日-04号

自治会加入の世帯の減員、減っている世帯数、それから少子高齢化の波は顕著で、そうした情勢に伴って地域公民館の活用頻度も縮小していく傾向にあることは否めないんです。自治会の会費に建てかえ資金として上乗せする額も、会費の値上げは賛同を得られないものもありまして、現実ではなかなか進みません。

恵那市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第3号 3月13日)

恵那市の国保の加入者数、それから、国保料が高いという声が大きいです。協会けんぽと、せめて同じにしてほしいという声もあります。国保と協会けんぽとの大きな違い、特徴をどう認識していますか、お願いします。 ○議長(後藤康司君) 市民サービス部長・松村和佳君。

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

しかし、今回は自治会加入という部分、この入り口の部分に絞って、本市の状況を伺いたいというふうに思います。  また、自治会加入促進については、自治会加入促進条例を制定する自治体もふえております。県内でも羽島市が平成30年3月26日施行で羽島市自治会への加入及び参加を促進する条例をつくりました。

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

国保に加入する高齢者や自営業者は、所得の低い人が多く加入をされています。中小企業の労働者が多く加入する協会けんぽの保険料と比較をすると、所得400万円で4人家族の国保料は41万4000円です。協会けんぽは19万8200円ですから、国保は協会けんぽの2.1倍になります。加入する保険が違うだけでこんなにも差があるわけです。国保は低所得者が多く加入しています。保険料をなぜ引き下げないのか伺います。

可児市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-03-06

ツーリズム東美濃協議会につきましては、商工会議所や中部経済連合会などで組織されておりまして、行政は加入していないため、取り組みの有無や内容については把握しておりません。  なお、ひがしみの歴史街道協議会では、当市が事務局を務める「ひがしみのの山城」推進部会の連携イベントにおいて、明智光秀や明智城を素材の一部とした活用を提案していく予定でございます。以上です。                  

恵那市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1号 2月22日)

歳入でございますが、1款1項1目受益者分担金は、各処理区の加入分担金の頭出しで、2款1項使用料は処理区ごとの使用料を、2項手数料は排水設備の検査手数料を計上し、3款1項1目の一般会計繰入金は1億6,647万円を計上しております。4款繰越金と5款諸収入は説明を省略いたします。  132ページをお願いいたします。歳出でございます。  

恵那市議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第5号12月25日)

次に、議第95号・恵那市水道事業給水条例の一部改正については、加入分担金を統一するなど、所要の改正をするため、条例を定めるものです。  それでは、審査の過程におきまして、議論をされました主な事項について申し上げます。  加入分担金の格差解消は、かねてより要望してきたことであるが、13ミリから20ミリへ変更しようとすると差額が7万円となる。

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

しかし、少子高齢化と核家族化の進展等により、地域課題への取り組み方が変わり、地域におけるつながりも希薄となる傾向で、自治会加入率も低下しています。さらに市民意識や価値観、地域の課題なども複雑化、多様化している状況で、支え合いと笑顔あふれる思いやりのまちづくり、住みなれた地域で防犯や安全の確保を支援し、安心に暮らせる住みやすいまちづくりが重要となってまいります。  

恵那市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号12月 7日)

○建設部次長(平林剛寿君) 定住に向けた住環境の整備及び住宅地確保に向けた施策の一環として、先ほど申し上げました開発支援策の検討のほかに、水道事業加入分担金の統一化や農振除外基準の見直しも進めてまいりました。  

中津川市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月07日−02号

住民登録している人数及び国民健康保険への加入者数についてお伺います。 ○議長(大堀寿延君) 健康福祉部長・小縣智彰君。 ◎健康福祉部長(小縣智彰君) 平成30年10月時点での外国人住民登録者数は1,459人で、国民保険の加入者数は264人です。 ○議長(大堀寿延君) 10番・勝  彰君。 ◆10番(勝彰君) こうした現状から、次の質問に入ります。  

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

「すぐメールかに」の加入者は、11月末時点で、災害メールでございますが、9,964人、ことしに入ってから1,857人増加をしております。今後、さらに加入していただけるように取り組んでまいります。  2つ目でございますが、災害時における危険箇所を日ごろから知っていただくため、各自治会による「わが家のハザードマップ」の作成、更新を推進していくことでございます。

恵那市議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会(第2号11月29日)

議第95号・恵那市水道事業給水条例の一部改正は、水道事業加入分担金を統一するなど所要の改正を行うものです。  議第96号・恵那市中山道広重美術館条例の一部改正は、中山道広重美術館の撮影等料金の見直しなど所要の改正を行うものです。  

各務原市議会 2018-11-29 平成30年第 4回定例会-11月29日-01号

1、意見書の処理結果報告について  さきの定例会において議決されました精神障がい者に対する公共交通機関の運賃割引制度の適用を求める意見書、厚生年金への地方議会議員の加入を求める意見書につきましては、それぞれお手元に配付いたしました報告書のとおり衆参両院議長、並びに各関係行政長宛てに送付いたしました。  以上で報告を終わります。         

岐阜市議会 2018-11-05 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文

地域の事務所は、地域の窓口として印鑑証明や住民票、税証明の発行のほか、国民健康保険の加入、喪失の手続、要介護申請の受け付け、さらに他部署の業務の取り次ぎを行うなど、市民の皆様の利便性の向上に努めております。  こうした事務所の機能につきましては、本市が平成27年3月に策定した岐阜市都市内分権推進構想において、本格的な少子・高齢化社会に対応した今後の方向性を示しております。  

岐阜市議会 2018-11-04 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

一方、人口減少や少子・高齢化による地域活動の担い手不足の深刻化、あるいは自治会加入率の低下といった地域におけるさまざまな課題が顕在化するなど、地域コミュニティーが本来持っている機能の低下が懸念される状況にあります。  そうしたことから、今回、地域社会の状況の変化を踏まえた地域コミュニティー施策の推進のため、条例の見直しを住民自治推進審議会へ諮問し、審議を重ねてきたところであります。