113件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岐阜市議会 2020-03-01 令和2年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

【意見25】  19.ぎふ サイエンス・キャンプ   (1) 概要      児童主体性や多様性、協働性、創造を高め、より科学へ     の興味・関心を高めるため、仲間と対話しながらピタゴラ装置     の製作やサイエンスショーなどの科学体験を行う3日間のプロ     グラムを実施する。   

岐阜市議会 2019-09-01 令和元年第4回(9月)定例会(第1日目) 本文

ぎふっ子 こどもひろば] (H30年度 新規)  岐阜市の子どもたちの創造や発想力を育み、次代を生き抜くために必要なスキルを身につけ てもらうことを目的に、ものづくりとプログラミングに特化した体験学習イベントを開催しました。地域 の方々や市内外の大学企業等の協力のもと、2日間で5,000人もの来場者を受け入れました。

瑞浪市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第4号12月21日)

議第70号 瑞浪市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について、及び、議第73号 瑞浪市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について、主な質疑では、専門職大学とは具体的にどのような大学かとの問いに対し、高度な実践力と創造を有する人材育成目的とした大学である。

岐阜市議会 2018-11-02 平成30年第5回(11月)定例会(第2日目) 本文

具体的には、遊びを通じた体力の育成目的としたアクティブエリアには、大型遊具やクライミングウオール、ダンススペースなどを、また、遊びを通じた創造、感性の育成目的としたクリエーティブエリアには、芸術遊びやものづくりなどのスペースを、また、遊びを通じた人とかかわる力の育成目的としたベビーエリアには、ボールプールやごっこ遊びができるスペースなどを、さらに、子育て家庭の不安や負担を軽減するサポートエリア

岐阜市議会 2018-09-01 平成30年第4回(9月)定例会(第1日目) 本文

│ │見│                                                 │ ├─┼─────────────────────────────────────────────────┤ │ │ 本事業は、多様な人と協働し、連続したものづくり体験や科学体験を通して、主体性・多様性・協働   │ │ │性や創造を養い、科学技術イノベーションを推進し、科学技術立国を支える

岐阜市議会 2018-03-01 平成30年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

さらに、本の貸し出しなどの従来の枠組みに加え、子どもの表現力や創造向上につながる子ども司書養成講座や、個人の蔵書を地域共有するみんなのライブラリー及び市民主体的に事業運営にかかわるぎふライブラリークラブに対する支援を継続するなど、本を介して人とまちをつなぐ次世代図書館を目指してまいります。  

各務原市議会 2017-09-13 平成29年第 3回定例会-09月13日-02号

知恵と工夫でどんどん広がる遊びの世界には、コミュニケーション力、想像(創造交渉力、そして責任を負うということ、あらゆる生きる力を育む要素が含まれています。  そんな経験ができる遊び場が失われつつある中、子どもが自由に遊べる遊び場保障するのは地域の大人の責任と考え、「自分の責任自由に遊ぶ」をモットーに掲げたプレーパークが全国各地で広がっています。

岐阜市議会 2017-09-01 平成29年第4回(9月)定例会(第1日目) 本文

: └…………………………………………………………………………………………………………┘ [ぎふサイエンス・キャンプ](H28新規)  主体性・多様性・協働性や創造を高め、より科学への興味・関心を高めるため、仲間と対話し ながらピタゴラ装置の製作やサイエンスショーなどの科学体験を行う3日間のプログラムです。  

各務原市議会 2017-06-15 平成29年第 2回定例会-06月15日-02号

学校においては、子どもたちの実態や発達段階、独自の特色ある歩みなどを踏まえて、学校生活の中で対話やディスカッション、身体表現、合唱等、多様な活動を効率的に取り入れ、子どもたちの表現力や創造コミュニケーション能力を養うことにも努めております。  また、今年度も多くの学校文化芸術団体による演劇会や演奏会が予定をされております。

各務原市議会 2017-03-21 平成29年第 1回定例会−03月21日-02号

改定案では、1つとして企画力・創造を持つ職員、2つとして対話を大切にし、市民と連携してまちづくりを進められる資質を備えた職員、3つとしてみずから学び続ける職員を求められる職員像として掲げております。  その中の職員の企画力・創造を高めるための機会として、本市では職員から直接市長に事業を提案できる「あさけんクエスト」という制度を設けております。

各務原市議会 2016-09-27 平成28年第 3回定例会−09月27日-03号

国際化に対応した人材育成に当たっては、語学力のみならず、新たな価値を生み出せる創造、みずからの意見や考えの発信力、主体的な行動力などを養うことも欠かせません。  学校地域での教育とあわせ、姉妹友好都市という枠組みにとらわれず、多様な分野における国際交流の機会を生かして、さまざまな能力を養い、地域日本、世界、それぞれの舞台で活躍できる人材を育んでまいります。

岐阜市議会 2016-09-05 平成28年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

施設の内容につきましては、ゼロ歳から5歳までの就学前の児童とその保護者を主な対象としまして、遊びを通じて健康な心身を育むためのアスレチック的な遊具やキッズスタジオなどの体力増進等に役立つスペース、遊びを通じて豊かな創造や感性を育むための芸術遊びやものづくりなどのスペース、遊びを通じて社会性や自主性を育むためのごっこ遊びや木育などのスペース、さらに、子育て中の保護者育児不安や負担を軽減するため、子育

岐阜市議会 2016-03-04 平成28年第1回(3月)定例会(第4日目) 本文

具体的には、ゼロ歳から5歳までの就学前の児童とその保護者を主な対象とし、遊びを通じた体力の育成支援としまして、アスレチック的な遊具やキッズスタジオなどのスペース、遊びを通じた創造、感性の育成支援としまして、芸術遊びやものづくりなどのスペース、遊びを通じた人とかかわる力の育成支援としまして、ごっこ遊びや木育などのスペース、さらに、子育て中の保護者育児不安や負担を軽減するため、子育て相談、子育て情報