176件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大垣市議会 2019-09-17 令和元年総務環境委員会 本文 2019-09-17

それからイベント列車について毎回要望しているんですが、今回、確かに東急鉄道の車両を入れられたんですが、やっぱり皆さんおっしゃるのは、イベント列車にトイレがないということで、そのあたりの対策をやはり今後、いろいろ考えていかれる中で、例えば、大津なんかの京福電鉄なんかでも、ビール列車を走らせたり、いろんな各事業をやっていらっしゃるので、そういったときにイベント列車の中にトイレがないというのは致命的になると

各務原市議会 2018-12-19 平成30年12月19日建設水道常任委員会−12月19日-01号

その後、JR側が詳細設計を行いまして工事を発注したことによる入札差金が生じたということと、あとは工事実施に伴う施工料であったり、列車見張り員などの保安関係の費用など、出来高に応じて精査を行ったことが減額の主な理由となっております。以上です。 ○委員長(大竹大輔君) これをもって質疑を終結いたします。  これより討論を許します。  討論はありませんか。   

大垣市議会 2018-12-13 平成30年建設環境委員会 本文 2018-12-13

45 ◯委員外議員(岡田まさあき君)  養老鉄道についてでございますけれども、9月議会のときに今回の予算に出ている東急の車両を入れる中で、今回はトイレ等のイベント列車はまだ考えていないということでしたけれども、今後はどうかという点が1点と、それから沿線市町の中で神戸町、揖斐川町、最近どんどん駐車場を整備して利用を図っているということとか、特に神戸町さんなんかは無料の駐車場をふやされたり

岐阜市議会 2018-11-03 平成30年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

この結果、列車が走っている駅での工事であるため、既存構造物の改修や駅施設の移設、利用者の安全確保など、慎重に検討すべき技術的課題があることがわかってきたと伺っております。  今後の予定としましては、JR東海からは、今年度と来年度の2年にわたり詳細設計を実施した上、エレベーターなどの整備工事は2020年度に着手し、2024年度に完了する計画であると伺っております。  

大垣市議会 2017-09-15 平成29年建設環境委員会 本文 2017-09-15

定期外と通学定期の利用者が増加しておりますが、定期外については、薬膳列車への誘客や行楽シーズンが天候に恵まれたことによる養老公園などへの集客の増加、また、通学定期につきましては、海津市中学校統合による生徒の利用増加が主な要因でございます。10の決算状況でございます。(A)の営業収入は利用客の増加により10億400万円で、前年度と比較して2,700万円の増収となっております。

岐阜市議会 2017-09-04 平成29年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

高架事業により車が自由に走り回って、列車は上を走っていくけれども、車が通過してまちのにぎわいが薄れていく可能性があります。  高架事業とセットにして、まちづくりをどうやって考えているか、都市建設部長の見解をお尋ねします。  最後に、子どもの貧困対策について子ども未来部長にお尋ねします。  ことし6月27日、厚生労働省が最新の貧困率、相対的貧困率を発表しました。

岐阜市議会 2017-09-03 平成29年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

皆さんの記憶にも残っているかもしれませんが、平成19年、愛知県大府市認知症の91歳の男性が徘回中に列車にはねられて死亡した事故をめぐり、鉄道会社から介護をしていたその家族損害賠償を求められるケースもありました。こうした事態に至る前に未然に防ぐことが大切ですが、徘回する高齢者は、ぱっと見では認知症とわかりづらいところがあります。  

大垣市議会 2016-12-16 平成28年建設環境委員会 本文 2016-12-16

1のアンケート調査は、養老線の利用状況や沿線住民の公共交通に対するニーズなどを把握するために実施したもので、2の利用実態調査は、養老線の各駅別の利用実態を把握するため、始発から終電まで各列車、各駅の乗降人員の調査と、大垣駅の改札口とJR連絡口で通過者を調べたものでございます。次のページをお願いいたします。  こちらは、アンケート調査のうち、沿線住民アンケートの結果でございます。

大垣市議会 2016-12-16 平成28年経済産業委員会 本文 2016-12-16

1のアンケート調査は、養老線の利用状況や沿線住民の公共交通に対するニーズなどを把握するために実施したもので、2の利用実態調査は、昨年度も行いましたが、養老線の各駅別の利用実態を把握するため、始発から終電まで各列車、各駅の乗降人員を調査したものと、あと大垣駅の改札口とJR連絡口での通過者を調べたものでございます。次のページをお願いいたします。  沿線住民アンケートの結果でございます。

各務原市議会 2016-09-26 平成28年第 3回定例会−09月26日-02号

次に、鉄道駅との連絡ですが、鉄道を挟んで北側地区のふれあいタクシー利用地域は名鉄羽場駅まで連絡できていますが、羽場駅は普通列車のみの停車で、本数も少なく、待合の時間も長くなります。そこで、新たにJR各務ケ原駅の北側に連絡することができれば、JRを利用できることと、そこから徒歩で国道を渡れば名電各務原駅に行くことができ、急行列車や快速列車に連絡できることで待ち時間も少なくなってきます。  

大垣市議会 2016-09-16 平成28年建設環境委員会 本文 2016-09-16

定期外につきましては、県などが行いました企画列車を割引したふるさと旅行券の販売など、利用促進策の成果であると考えられております。次に、10の決算状況でございますが、(A)の欄の営業収入は利用客の増加により1億6,200万円で、平成26年度に比べ1,000万円の増収となりました。(B)欄の営業費用は2億3,200万円で、400万円の節減でございます。

大垣市議会 2016-09-16 平成28年経済産業委員会 本文 2016-09-16

定期外につきましては、県が行いました企画列車を割引したふるさと利用券の販売などがございまして、利用促進策の効果が考えられます。10の決算状況でございますが、(A)欄、営業収入は9億7,700万円で、前年度と比較して2,200万円の増収となりました。(B)欄の営業費用は19億100万円で、対前年でございますが8,700万円の削減となっております。

大垣市議会 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第2日) 本文 2016-09-12

余談ですが、私が乗車した車両は3両編成でしたが、先頭の車両はイベント列車の張り紙がしてありました。当日は桑名発大垣行きの薬膳列車の運行日で、大垣から桑名へ向かう70分余りでその準備をしていることがわかり、今のはやりとはいえ、養老鉄道の経営努力の一端を垣間見ました。  養老鉄道養老線の特徴から、以前講演で聞いた松尾芭蕉の文化流通ネットワークの話を思い出しました。

岐阜市議会 2016-09-05 平成28年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

デザインを手がけたのは、クルーズトレイン「ななつ星in九州」や、最近では、長良川鉄道観光列車「ながら」でもおなじみの、日本代表するデザイナー、水戸岡鋭治さんで、バスデザインするのは、今回の岐阜市連節バスが初めてのことだそうです。都市政策の中にもデザインセンスが大変重要視される今日において、大変楽しみに、また、期待をする一人であります。