248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-09-11 令和 元年第 3回定例会-09月11日-02号

しかし、私は、3月定例会の服部部長からの答弁にあった常設のマーケット日和という言葉に強く共感しました。限られた敷地の中で、しかも天気・気候に左右される公園という舞台において、がむしゃらに収益だけを求める施設だけでなく、マーケット日和のように、いろいろな人が雑多に入り込み、人と人のつながりを大切に感じる場所。

岐阜市議会 2019-09-03 令和元年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

臨時に開かれた岐阜市PTA連合会の会合で教育長がおっしゃった、いじめを克服するという言葉には、多くのPTA役員の皆さんも共感していました。市長への質問と重なりますが、今回の事案を受けとめ、教育長として、今後どのようにしていじめを克服していくのか、お考えをお聞かせください。  2点目、9月に入り夏休みはもう終わりました。

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

和田直也君登壇〕 ◯21番(和田直也君) 旧徹明小の中期的活用策の支援の場、共感するところは多いと思いますので、今答弁されましたけど、どのような地域連携を指すのかというのは、非常にこれ、地元にとって重要なことでありますので、来週ちょうど開かれます地域説明会の場において、ぜひ

各務原市議会 2019-03-13 平成31年第 1回定例会−03月13日-04号

先生方の忙しさを何とかしなければという状況は、労働条件としても緊急課題であり、子どもたちの教育条件としても極めて深刻でせっぱ詰まった問題と捉えられており、学校職場で共感共有できる課題ではないかと思います。さまざまな機会に現職の教職員の先生や退職された先生方からのお話を聞く中で、その思いを強くしています。

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

これらの予算は、現場の声を的確に反映した措置であり、子育て支援の核となる保育行政の確保にスピード感を持って対応されたものと強く共感しております。浅野市長の新年度予算で掲げられた全世代型バランス予算代表格であると感じております。  子育てしやすい環境の整備、保育行政の拡充は、子育て世代の安心と将来を担う子どもたちの健やかな育ちにつながる大切な事業です。  そこで、以下3点質問いたします。  

岐阜市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

このため、市民の皆様に本市の魅力を理解し共感していただけるよう、全庁挙げて、伝える、伝わるシティプロモーションに力を注いでまいります。  さらに、市外に向けましては、定住・交流人口の増加に向け、ターゲットを絞った効果的なプロモーションを展開してまいります。また、こうした取り組みの結果、市外の方々から本市が高い評価を受けることで、市民の皆様のシビックプライドが一層高まるものと考えております。  

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

各務原市にかかわり、共感し、貢献する。かかわったことでふるさととなり、段階を経て、いずれは移住につながるかもしれません。関係人口地域にかかわり、交流すること、あるいは主体的にかかわることでまちの活性化にもつながるでしょう。関係人口による新たなまちの活力づくりを推進するためには、第1に、各務原に愛着を持ち、地域にかかわりたい地域外の人材地域づくりへの参画が欠かせません。

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

介護者同士で交流してつらさを分かち合ったりする、こうしたほんの少しの時間で共感や気持ちの交流ができて、自分一人じゃなかったという仲間へのリスペクトや思いやりで、失いかけていた自分を取り戻すということにつながっているという例もふえています。  こんなささやかなゆとりを持てる時間的、物理的支えによって、自分が自分を取り戻せて、また家に帰って介護にちょっと前向きになれる元気は出るという支えです。  

瑞浪市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

働くには、やはり日中一時預かりのような施設が欲しいということで、最近はもう普通に瑞浪市内でもあるようになりましたけれども、そういった発達障害のある子どもを持つ親に対して、共感的なサポートが行える「ペアレントメンター」の周知啓発を進めてはどうかについて伺うわけですが、この「ペアレント」というのは親御さんのことですね。「メンター」というのは相談者と言いますか、そういう意味になります。  

大垣市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 2018-12-10

この劇的な増加の鍵は、同町に本部を置くNPO法人ピースウィンズ・ジャパン、PWJ、大西代表理事の活動が広く共感を呼んでいることです。PWJは、犬の保護、譲渡活動、ピースワンコ・ジャパン事業を進め、2014年4月から広島県内で殺処分対象となった全ての犬の引き取りを開始。11年度に犬、猫の殺処分で全国ワーストを記録した広島県は、2014年4月から9月まで犬の殺処分ゼロを実現しています。

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

後日、実はこういうマニフェストも出ているんだよということで、後でいただきましたけれど、「対話と共感による市民中心のまちづくり」というパンフレットをいただきましたが、この14ページに、市民との対話推進というのがありましたけれど、もっともっとそういうことを今度の選挙のときでも打ち出していただければよかったのにと思うわけです。

可児市議会 2018-11-29 平成30年第5回定例会(第1日) 本文 開催日:2018-11-29

私は市長就任以来、公正・公平、そして市民の皆様との対話と共感のまちづくりをモットーとして、貴重な税金に支えられた財政基盤のもと、4つの重点方針「高齢者の安気づくり」「子育て世代の安心づくり」「地域経済の元気づくり」「まちの安全づくり」を進め、「住みごこち一番・可児~安心、元気、楽しいまち~」の実現に邁進してまいりました。その結果、各事業におきましては一定の成果を上げることができました。  

岐阜市議会 2018-11-04 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

おかげさまですっかり元気に復帰しておりますけれども、本議場におみえの皆さんにも入院経験をお持ちの方がいらっしゃれば共感いただけるものかと思いますが、そもそも入院という期間は、人生において結構大きなイベントでありまして、まず保険に傷がつくと、また、各方面に御心配をおかけし、いただいた御厚情に対するエネルギーもまた求められるところであります。