1390件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瑞浪市議会 2021-06-28 令和 3年第2回定例会(第5号 6月28日)

令和2年度中に行うことができないので、繰り越して、2億円を繰越明許とするという提案だったんですけれども、そのことは全会一致議会は承認をして、市長もそのことはご承知のとおりだと思っています。  それをたった5日たった後、5日後に、それを専決処分議会決定として違うこと、特に大きい問題は、2億円の繰越予算を2,600万円に変えてしまう。こういう決定がされた。これが事実であるわけですね。  

瑞浪市議会 2021-06-24 令和 3年第2回定例会(第4号 6月24日)

先ほど、医療的ケア児やその家族への支援の動きのところでちょっとお話ししました、今国会への支援を強化する法案提出が、今月10日の参議院厚生労働委員会にて全会一致可決、翌11日の参議院本会議で可決・成立いたしたところでございます。  成立した支援法は、学校幼児園保育所設置者に対し、看護師保育士などを配置することや、国・自治体へ適切な対応を取ることを責務とすることなどが明記されております。  

多治見市議会 2021-06-17 06月17日-03号

〔19番 井上あけみ君登壇〕 ◆19番(井上あけみ君) 教育機会確保法は、正式名では義務教育の段階における普通教育に相当する教育機会確保等に関する法律ということで、2016年に全会一致議員立法として成立をしました。そういう中で、学校以外の教育機会を確保する施策を国と自治体責務として、必要な財政支援に努めるようにするというようなことも書かれております。 

瑞浪市議会 2021-03-19 令和 3年第1回定例会(第5号 3月19日)

あれは新聞によると、全会一致委員賛成で通ったということを、場所まで決まったということになっていますけども、あれでいいかどうかということが問われているんですね。  市長は先ほど、公募委員がこれからはいろんな行政の中で必要やということを言われましたけども、あの中に公募委員はいないわけですよ。市議会の代表として行ってますけども、公募委員じゃないです。行政が選んだ審議会やったね。  

関市議会 2021-03-18 03月18日-06号

そして、採決の結果、議案第7号、議案第8号、議案第13号の3件は、いずれも賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決し、議案第9号、議案第10号、議案第17号の所管部分議案第18号の所管部分議案第30号の所管部分の5件は、いずれも全会一致原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上で総務厚生委員会審査結果の報告を終わります。    

岐阜市議会 2021-03-06 令和3年第1回(3月)定例会(第6日目) 本文

質疑では、近年の電力需要について尋ねられたほか、個人による売電単価の違いを尋ねられたのでありますが、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第9号議案令和3年度岐阜市食肉地方卸売市場事業特別会計予算については、異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  

関市議会 2021-03-03 03月03日-05号

関市議会では、2017年9月議会核兵器禁止条約への参加に向けた取組を求める意見書議会全会一致可決されました。これは核兵器のない平和な世界を希求する関市議会の総意が反映されたものと思います。また、こういった署名は全国の自治体でも500を超えました。国民の多数意見は明白であります。  また、関市では平成6年3月25日に平和都市宣言を採択しております。

岐阜市議会 2021-03-01 令和3年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

同総会において、後期高齢者の患者一部負担割合引上げについて、慎重な対応を求める決議が全会一致で採択されています。  高齢者の多くが年金収入だけで暮らしていて、年を重ねることで医者にかかることが多くなることから、窓口負担が2倍になれば、新型コロナウイルス感染症により受診控えが起きている中、さらなる追い打ちをかけることになります。  

大垣市議会 2020-12-15 令和2年第4回定例会(第3日) 本文 2020-12-15

議第87号から議第89号の財産の取得については、ICT機器を活用した小中学校学習環境を整備するため、タブレット充電保管庫一式を1億4,850万円で、大型テレビ一式を5,598万8,900円で、国史跡である美濃国分寺跡保護と活用を図るため、国史跡指定地等を2億7,017万4,470円でそれぞれ取得するものであり、議第88号については賛成多数で、議第87号及び議第89号の両議案については全会一致