1632件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

可児市議会 2019-09-30 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019-09-30

ウランを燃やし再稼働を進めれば、そして原発による電力供給に依存をすればするほど、核の廃棄物、高濃度廃棄物の問題がたまりたまってまいります。  国は、原発で燃やした使用済み核燃料を再利用して、このたまりたまってきた核のごみを再生処理する、いわゆる再利用するプルサーマル計画を提起し、これを行ってきたところでありますが、この点でも随所で破綻が広がっております。

恵那市議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会(第3号 9月25日)

市民雇用消費供給を担う市内事業者においては、売上減少、後継者不足などで、将来の展望もなかなか開けない状況にある事業者が多いと聞きます。特に中小零細事業者、個人商店は地域への依存度が高く、今後ますます厳しい環境に置かれることが予想されます。  それを踏まえ、今回は市内の中小零細事業者の振興を促すための行政としてどのような取り組みができるかお聞きをしたいと思っています。

恵那市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第2号 9月24日)

地震台風による災害での電力供給の圧迫等を受け、電力消費に対する市民意識の高まる中、引き続き、家庭や事業所における省エネルギー行動を推進してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○副議長(町野道明君) 近藤純二君。 ○5番(近藤純二君) 建物や設備等の省エネ化、再生可能エネルギー導入促進がありますけども、このような促進活動を行っていますか。お答えください。

瑞浪市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4号 9月20日)

病床の適正化、また、急性期病床等の供給過剰というか、そういったような部分から検討されてきたというようなことでした。  それでは、要旨イに移りますけれども、今まで、こうした検討会をなされたわけですけれども、検討会で決定されたことはどのようなことか。民生部長にお伺いいたします。 ○議長(熊谷隆男君)  民生部長 加藤誠二君。

各務原市議会 2019-09-19 令和 元年 9月19日経済教育常任委員会−09月19日-01号

学校給食を円滑に供給するため、必要額を補正するものでございます。  同じく7項保健体育費、6目体育施設費、補正額4280万4000円につきましては、歳入のところで少し触れましたが、川島スポーツ公園再整備事業において社会整備総合交付金が当初の見込みよりふえたことや、工事に係る諸経費の高騰もあって増額補正するものでございます。  引き続き、債務負担行為補正について御説明をします。  

各務原市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日民生常任委員会−09月18日-01号

3款民生費、2項高齢福祉費、1目高齢者福祉費、補正額749万9000円は、自力で避難することが困難な方が多く入所されている高齢者施設において、停電時においても継続的に電源供給が行える非常用自家発電設備を整備する介護事業者に対し、補助金を交付するものでございます。 ◎次長兼税務課長(森田起宇君) 続きまして、20ページ、21ページをごらんください。  

各務原市議会 2019-09-12 令和 元年第 3回定例会−09月12日-03号

また、そのほかに岐阜県住宅供給公社、あるいは民間事業者に協力を得て、昨年度より相談会やセミナーを開催するなど、空き家等をまちの財産として有効活用していただくためのセミナー等政策として行っております。ちなみに、相談会等については、昨年度、ことしもやっておりますが、できるだけ空き家等の対象が多いような地域を対象に行ったりしております。  

大垣市議会 2019-09-11 令和元年決算委員会 本文 2019-09-11

公設地方卸売市場事業会計につきましては、西濃2市4郡の拠点市場として、地域住民への生鮮食料品の安定供給に努めました。234ページをお願いします。  公共下水道事業会計につきましては、平成30年度は16.5haの汚水管渠整備を行った結果、整備面積は3,488.0ha、処理区域内人口は13万9,904人、普及率は89.8%となっております。236ページをお願いします。

大垣市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会 目次 2019-09-02

 不 破 光 司 君 …………………………………………………………… 62    ・ 都市公園の適切な管理と整備について    ・ ドライブレコーダーの設置にかかる補助制度の新設について    ・ 2020年東京オリンピック事前合宿誘致について    6番 空   英 明 君 …………………………………………………………… 70    ・ 国民健康保険保険者としての役割について    ・ 電力供給契約

恵那市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第4号 6月28日)

過疎地域は、我が国の国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、都市に対する食料、水、エネルギー供給、国土、自然、環境の保全、癒やしの場の提供、災害の防止、森林による地球温暖化の防止などに多大な貢献をしている。過疎地域が果たしているこのような多面的・公益的機能は、国民共有財産であり、それは、過疎地域の住民によって支えられてきたものである。  

各務原市議会 2019-06-19 令和 元年第 1回定例会-06月19日-03号

地方では、人材育成、都会への食料供給森林河川など貴重な自然環境を維持しており、地方が疲弊すると都会の繁栄も成り立たなくなります。ふるさと納税は、自分の生活を支えてくれている自然の恵みへの感謝、育ててくれた人々への恩返しにつながります。  そして、3つ目は自治体間競争があります。  納税を受けたい全国各地の地方公共団体は、その魅力をアピールする必要性が出てきます。

各務原市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-02号

防災備蓄倉庫は、避難所となる小・中学校備蓄倉庫を補うもので、災害時に各避難所避難者数等に応じて数量を調整して物資供給する役割があります。さらに、避難所供給後のあいたスペースを活用し、いわゆるプッシュ型支援等で受け取る支援物資地域内輸送拠点にする計画です。  また、コンテナタイプの備蓄倉庫には、避難者用の備蓄食料等を中心に備蓄を行います。  

大垣市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 2019-06-10

大垣の豊かな地下水を継続して供給してきた最も決定的な鍵は、雨となって振り注ぐ水のショックを和らげ、一旦吸収し、静かに地下の水脈に送る森とその土壌にあります。地下水とは、文字どおりの地下からやってきた水では決してありません。本市の発展を支えたという豊かな地下水の源は、実は揖斐川水系の本流、支流、そしてまた、その源流の森に降り、土壌にためられたその水にあります。