332件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多治見市議会 2018-03-22 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−05号

9月議会の中で、まず住民投票の賛否が、賛成の過半数を超えることが一つの目安であると説明させていただきました。これは、議員からの質問に答えたことだと思っていますが、そのときに、前提として、春日井市が御当地ナンバーを導入するに当たり、春日井市の選択肢が賛成か反対かの2つ、そういった形のアンケートを実施したという話を前提にさせていただいた。  

多治見市議会 2018-03-02 平成30年  3月 総務常任委員会-03月02日−01号

◆渡辺泰三委員 3市1町の合併のときもそうだったが、行政とか商工会議所とかが一生懸命やって合併に走ったけれど、結局、住民投票で否決されたわけである。今回も行政商工会議所が先走っている、住民をおろそかにしていると見られている。ツイッターに、住民投票をやれという意見も載っていた。 ○委員長(若尾敏之) 堂々めぐりのような感もしてきましたので、特に発言をしたいという方。

各務原市議会 2017-09-22 平成29年 9月22日総務常任委員会−09月22日-01号

14目直接請求審査費、決算額113万9000円につきましては、平成28年10月25日に提出された市役所耐震補強か建てかえかを選択する住民投票条例の制定を求める直接請求に係る署名審査に要した経費でございます。 ◎企画政策課長(平工泰聡君) 続きまして、事項別明細書は72、73ページをごらんください。  

多治見市議会 2017-09-22 平成29年  9月 総務常任委員会-09月22日−01号

◎企画防災課長(柚木崎宏) 住民投票とは違い、何パーセント以下が無効ということはない。回収率を上げるように頑張るが、一定の回収率の中の賛同者数を参考の数値として見ていく。 ◆森厚委員 先程、西美濃の話をしたが、東美濃と対照に西美濃が上がったほうが、全国に向けてわかりやすい。

可児市議会 2017-08-10 平成29年第3回臨時会(第1日) 本文 開催日:2017-08-10

それは民主主義の多数決の最後の方法として、民主主義ですから多数決、それで決まったことを進めていくということにはなりますけれども、それ以外の部分では熟議をしてこそ住民投票にかわる議会がある意味合いがあると思っておりますので、いろんな市民の意見、そして団体の意見、いろんな方々の意見を、皆さん方が見て、聞いてきたことを議会の中でぶつけていただくと。

各務原市議会 2017-06-21 平成29年 6月21日総務常任委員会−06月21日-01号

多くの自治体では、情報共有市民参加協働などの自治の基本原則、自治を担う市民首長行政等のそれぞれの役割と責任情報公開、計画、審議会等への市民参加住民投票など、自治を推進する制度について定めています。  自治基本条例は、住民自治に基づく自治体運営の基本原則を定めた自治体憲法とも言われるものです。

岐阜市議会 2017-06-02 平成29年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

民営化の進んだドイツでは、民営化後の料金の値上がりにより住民監査請求が起こされ、住民投票により再び公営化された事例もあるようです。  いずれにしましても、住民生活の根幹とも言える水道事業は、安全、安心、安定を何より第一優先に考えていく必要があると思います。  そこで、上下水道事業部長に2点お尋ねします。  

各務原市議会 2017-03-30 平成29年第 1回定例会−03月30日-04号

「市議会議員選挙では住民投票条例に反対した議員も多く当選しており、それこそが民意と考えるが、どうか」との質疑に、「この3月定例会で議論をすべきと思っている」との答弁。  「市長選挙の結果によって市民意思確認は可能と思うが、なぜ費用をかけて住民投票を行おうとするのか」との質疑に、「9000人を超える市民住民投票を認めてほしいと署名した。その民意はしっかりと酌み取るべきだと思う」との答弁。  

各務原市議会 2017-03-28 平成29年 3月28日総務常任委員会−03月28日-01号

昨年、市役所の建てかえの住民投票を求める署名活動が行われて、9000人を超える方が署名をしました。現在進んでいる市役所建てかけ計画に疑問を持ち、耐震補強か建てかえかは住民投票で決めさせてほしいと市民が声を上げました。  昨年の12月議会で市長が住民投票条例案を提案し、その中で市長は、今回の住民投票請求議会制民主主義にのっとった本事業の取り組みと矛盾をするとして住民投票は必要ないと否定をしました。

各務原市議会 2017-03-08 平成29年第 1回定例会−03月08日-01号

日程第28.議第22号 電子情報処理による戸籍事務委託に関する協議 日程第29.議第23号 市道路線の廃止及び認定(市道川2272号線) 日程第30.議第24号 各務原市副市長の選任 日程第31.議第25号 各務原市監査委員の選任 日程第32.議第26号 各務原市公平委員会委員の選任 日程第33.議第27号 人権擁護委員候補者の推薦 日程第34.市議第2号 市役所耐震補強か建て替えかを選択する住民投票条例

大垣市議会 2017-01-30 平成29年第1回臨時会 目次 2017-01-30

  6    ・岡 田 章 治 氏    ・繁 澤 多 美 氏  議案の委員会付託(議第1号) …………………………………………………………… 10  委員長報告   企画総務委員長 ………………………………………………………………………… 10  討論   18番 岡 田 まさあき 君 ………………………………………………………… 11    ・ 議第1号 市役所耐震補強し、新築の延期を求める住民投票条例

大垣市議会 2017-01-30 平成29年第1回臨時会〔資料〕 2017-01-30

2 議案付託一覧表(平成29年第1回臨時会・1月30日付託) ┌─────┬──────────────────────────┬──────┐ │議案番号 │         件      名         │付託委員会 │ ├─────┼──────────────────────────┼──────┤ │議第 1号│市役所耐震補強し、新築の延期を求める住民投票条例

大垣市議会 2017-01-30 平成29年第1回臨時会(第1日) 本文 2017-01-30

これにより私は、市役所耐震補強し、新築の延期を求める住民投票条例を制定する必要はないものと考えております。  以上が議第1号、住民投票条例制定請求に関する私の意見でございますが、新庁舎建設という大垣市にとりまして重要な事業を、これまでと同様に、議員の皆様を初め市民の皆様との協議を行い、御理解を得ながら進めてまいる所存でございます。

各務原市議会 2016-12-22 平成28年第 4回定例会−12月22日-04号

第2条では、市民意思を明らかにするため住民投票を行うとありますが、投票率が低い場合、その投票結果を住民の意思と言えるのかとの疑問があります。第8条の住民投票運動は公職選挙法の対象とならないため、市議選と同一の日程で行われると住民投票運動と市議選が錯綜し、住民投票運動に名をかりた選挙運動が行われるおそれがあります。また、耐震補強は将来世代への負担の先送りでしかなく、責任ある選択ではないと思います。

各務原市議会 2016-10-07 平成28年第 3回定例会−10月07日-04号

次に、議第99号を議題とし、提出者の説明の後、委員に質疑を許したところ、「直接請求にかかわる費用として、今後の予定も全部含めると幾らか」との問いに、「住民投票が実施されるとの想定で他の選挙と同時に実施の場合は、投票事務、開票事務経費は、おおよそ700万円、単独で実施の場合は2600万円との試算をしている」との答弁。  

各務原市議会 2016-10-04 平成28年10月 4日総務常任委員会−10月04日-01号

2款総務費、4項選挙費、14目直接請求審査費、補正額239万円につきましては、庁舎の建てかえか耐震補強かを問う住民投票条例の制定に係る直接請求の審査を行うため、必要な事務経費を補正計上しております。  以上、議第99号 平成28年度各務原市一般会計補正予算(第3号)の御説明をいたしました。 ○委員長(水野盛俊君) 以上で説明は終わりました。  これより委員の質疑を許します。  

各務原市議会 2016-09-27 平成28年第 3回定例会−09月27日-03号

9月20日から市役所耐震補強か建てかえかを問う住民投票を実現する署名活動が行われています。私もこの活動に参加する中で、市役所建てかえは多くの予算が必要になるので、今の庁舎を耐震補強して、費用を抑えて使い続けるべきだという多くの市民の声が聞こえてきます。市役所の建てかえについては多くの市民の方が強い疑問を感じていますので、耐震補強案について、議論の原点に戻って再度考えてみたいと思います。