運営者 Bitlet 姉妹サービス
5248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-05 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文 また、これ以外にさらに郊外の三輪地区などですと、さらにこれ以上の交通費がかかるわけでありますが、1つの手続をするのにこういった莫大な交通費がかかるし、半日もかかるということになりかねません。  こうしたことから、郊外に住んでおられる多くの住民の皆さんから、役所に係る事務手続について、地域の事務所で処理できるよう、業務の拡充をしてほしい、そういう声が私どもに多く寄せられているところであります。 もっと読む
2018-11-04 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文 また、方県・網代地区は代替バス路線として、公共交通は市内唯一コミュニティバスしかないという状況であり、この点でほかの地域とは大きく異なっていますが、市全体としてコミュニティバスありきではなく、周辺部の交通手段の確保と暮らしを支える新たな交通システムをつくる必要があると考えます。免許を返納しても暮らしていけると高齢者に確信してもらえるようにする。 もっと読む
2018-10-02 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-10月02日−16号 事故の原因であります市道の穴につきましては、すでに補修を終えておりますが、今後はこうしたことが起こらないよう、引き続き道路パトロール等を実施しながら、点検に努めてまいりますとともに、消防車の運転につきましても、より一層の注意をもって交通事故防止の徹底指導に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。    もっと読む
2018-10-01 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第4号10月 1日) 議第56号 市道路線の認定について、主な質疑では、地権者に対して説明会は行ったのかとの問いに対し、国土交通省と瑞浪市で地元に対し説明会を行ったとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-18 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号 水難事故防止につきましては、体育の授業のときだけでなく平素から、雨降りのときや大雨の後など、その都度、各担任は帰りの会等で、登下校時に増水した用水・河川に絶対に近づかないことを、交通事故防止指導とともに行っております。    もっと読む
2018-09-14 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月14日−14号 ブロック塀の診断費用は、公的な資格でありますブロック塀診断士に依頼した場合、高さが1.2メートル未満で幅が10メートル以上の塀の場合ですと、大体2万円程度、高さが1.2メートルを超えた場合ですと3万円程度かかるようでございますし、さらに交通費が3,000円程度必要な場合もあるようでございます。    もっと読む
2018-09-13 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月13日−13号 これが交通の利便性を向上させるとともに、市街地の活性化に役に立つだろうということが長年にわたって言われてきましたが、いよいよその効果を確かめるときに差しかかったというふうに、私は受けとめております。   まだ、その効果も確かめない段階で、何をどう調査せないかんのかというのがよく理解できないわけですね。その可能性調査の狙い、必要性という点で、いま少し御説明をいただければと思います。 もっと読む
2018-09-11 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月11日) 要旨アでは企業誘致の状況をお話ししましたが、そのほかにも、中学校の統合やそれに伴う新たな学校建設、市内全公立園での幼保合同保育の実施や幼児園の改修、デマンド交通を初めとした公共交通の充実などにも取り組んでまいりました。  本市の魅力である豊かな自然と都市の利便性が調和した心豊かに暮らせるまち「愛あるまち“瑞浪”」を目指し事業を進めてまいりました。 もっと読む
2018-09-10 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月10日−03号 道路の維持管理における除草につきましては、雑草の繁茂による道路交通の安全確保、それから通行車両からの視認性の確保、景観の確保やよい環境の確保等の重要なことであると考えております。   もっと読む
2018-09-10 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月10日) 次に多くのご意見をいただいているのが、公共交通の分野です。特に高齢者の移動手段の確保について、多くの方からご意見をいただいております。これにつきましては、地域公共交通を再編しまして、平成28年度から日吉、大湫、明世町の一部にデマンド型交通を運行することができました。平成29年度からは、釜戸地区の運行を拡充しております。 もっと読む
2018-09-07 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月07日−02号 地元に住んでおられる方が行って市職員として働きかけていただくことにより、各種交通機関や道路状況に左右されず迅速に行動ができると思っております。  また、すぐにはこのような制度はつくれないかと思いますが、すぐに駆けつけられることのできる市の職員に、緊急時に担当を集中的に配置できるような何らかの対策が必要だと考えております。   もっと読む
2018-09-04 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-目次 また、台帳の整備はどうか       (3) 中濃地区交通安全協会による保守点検は      4 災害ボランティアについて       (1) 市内及び市外からのボランティア参加状況は       (2) 何世帯に派遣されたか。 もっと読む
2018-08-29 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第1号 8月29日) 国土交通省において、国道19号瑞浪恵那道路の関連で整備される工事車両進入路を工事完了後も残し、近隣住民の利便性を高めるため、市道西半入道・西定線として認定するものであります。  続きまして、議第57号 市道路線の廃止について、議第58号 市道路線の認定については、関連いたしますので一括してご説明申し上げます。  議案集の9ページ、10ページ、議案資料の8ページ、9ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-08-28 関市議会 平成30年  8月 観光振興に関する調査特別委員会-08月28日−01号 関市への来訪者の交通手段は、約85%が自家用車、レンタカーでの来訪でございますので、公共交通機関を利用する人はわずかで、駐車台数を減らしてまで回廊内にバス停を設置するメリットは小さいと考えられますので、国道418号沿いに現計画のとおり整備をしてまいりたいと思います。  また、移動手段としましては、刃物ミュージアム回廊と関シティターミナルや、関駅の間でレンタサイクルでの対応を考えております。 もっと読む
2018-06-27 中津川市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月27日−04号 地方自治体は、子育て支援策の充実と保育人材の確保、高齢化が進行する中での医療、介護などの社会保障への対応、地域交通の維持など、果たす役割が拡大する中で、人口減少対策を含む地方版総合戦略の実行や大規模災害を想定した防災・減災事業の実施など、新たな政策課題に直面しています。   もっと読む
2018-06-25 関市議会 平成30年  6月 観光振興に関する調査特別委員会-06月25日−01号 続きまして、刃物会館前のバス停は動かすのか、乗りおりしやすく沿道を修正するのか、タクシーが乗せやすくするところは要らないのか、観光バス以外で見えるお客さんの受け入れ態勢など動線計画で考慮していく必要があるのではないか、につきましては、実施設計の中で動線計画も含めて設計を進め、あわせて、バス会社等関係機関との協議・調整を行い、今定例会で後藤議員の一般質問における市長の答弁にもございましたが、交通の要所 もっと読む
2018-06-25 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月25日−11号 年度関市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)  第9 議案第63号 平成30年度関市下水道特別会計補正予算(第1号)  第10 議案第64号 平成30年度関市食肉センター事業特別会計補正予算(第1号)  第11 議案第65号 平成30年度関市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)  第12 議案第66号 平成30年度関市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)  第13 市議第3号 精神障がい者に対する公共交通機関 もっと読む
2018-06-20 関市議会 平成30年  6月 建設環境委員会-06月20日−01号 13ページの最上段、2款総務費、1項総務管理費、11目総合交通対策費のうち11節需用費、細節は修繕料でございますが、この補正額につきまして御説明を申し上げます。  この補正額※1,100万円につきましては、板取地域の自主運行バスの車体洗浄を行っております板取リサイクルセンターへの給水を確保するための修繕でございます。   もっと読む
2018-06-19 羽島市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−03号 心のバリアフリーにつきましては、差別や偏見をなくし、障がい者の気持ちに寄り添ってサポートしようというものでありまして、関連する施策は文部科学省、厚生労働省、国土交通省などにまたがっております。 もっと読む
2018-06-18 羽島市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月18日−02号 その他、防災施設といたしましては、国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所により竹鼻町駒塚地先において、災害対応車両による資機材の搬入により迅速な復旧が可能となるよう、木曽川右岸堤防と名神高速道路をつなぐ緊急開口部が30年3月に設置されたところでございます。このような緊急開口部は全国的にも珍しい施設であり、5月には国、ネクスコ中日本、陸上自衛隊による合同訓練が開催されました。   もっと読む