3343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高山市議会 2033-09-11 09月11日-02号

市民生活を保障する地域公共交通網充実について、近年特に問題になっているのは、6月定例会榎議員一般質問の中にもございました、高齢運転者による交通事故免許返納の問題でございます。 警察庁の発表によりますと、平成30年の交通死亡事故人口10万人当たりで見ると、75歳以上は8.2件、80歳以上は11.1件で、いずれも増加し、それぞれ75歳未満の3.4件の約2倍から3倍となっております。 

中津川市議会 2024-06-13 06月13日-02号

山口トンネル崩落事故についてですが、4月7日に起こった崩落事故について、鉄道運輸機構原因対策を報道発表しました。中津川市に説明があったと思いますが、その内容報告してください。 ○議長勝彰君) リニア都市政策部長木村研一君。 ◎リニア都市政策部長木村研一君) 鉄道運輸機構からは推定原因対策等について説明がありました。 

中津川市議会 2023-06-14 06月14日-03号

歩道に信号待ちしていた歩行者が、突然突っ込んできた自動車にはねられる悲惨な事故が後を絶ちません。また、先日は、川崎ではバス待ちをしておる子ども不審者に刺された、そういう事件も起こっております。そのことをなくすために、質問ですが、1つは通学路通学時の安全確保のための対策はどのようにされているか、お伺いをいたします。 ○議長勝彰君) 教育委員会事務局長小関智幸君。

中津川市議会 2022-09-10 09月10日-03号

また、高齢者運転による事故ニュースで流れるたびに、中津川市の公共交通機関の状態を考えると、簡単に運転免許を返上してくださいとも言えないなという話もよく聞きます。2018年6月策定、2019年6月改定の中津川地域公共交通網形成計画でもさまざまな対策が記されていますが、観光客以外の高齢者対策は、どうも困難な状況のようです。 

関市議会 2021-06-25 06月25日-11号

提言は、日米地位協定を抜本的に見直し、航空法環境法令などの国内法を原則として米軍にも適用させること、訓練ルート訓練が行われる時期について速やかに事前情報提供を必ず行うこと、米軍人等による事件事故に対し具体的かつ実効的な防止策を提示すること、航空機騒音規制措置について周辺住民の実質的な負担軽減が図られること等を内容としている。  

関市議会 2020-12-23 12月23日-23号

以上7件の損害賠償について報告をさせていただきましたが、事故原因となった市道の穴、側溝につきましては、既に補修を終えております。  今後はより一層の注意義務をもって、パトロール等による道路等維持管理交通事故防止徹底指導に努めてまいりますので、よろしくお願いをいたします。  続きまして、5,000万円以上の工事請負契約につきまして報告をさせていただきます。  

関市議会 2020-12-13 12月13日-22号

もしこの機器を今後導入されることになった場合、市の支援についてですが、他市でも既に実施されているのですが、国の補正予算保育対策総合支援事業費補助金のメニューのうち、保育所における事故防止推進事業対象商品となっているもので、こちらを活用したいと考えております。ただ、令和元年度につきましては募集期間が既に終了ということで、令和2年度以降についての実施はまだ不明という状況でございます。

関市議会 2020-12-12 12月12日-21号

運転免許証返納が進まない理由として考えられますことは、高齢者は長年、運転をしてこられているわけですので、ニュースなどを見て、交通事故防止のために返納したほうがいいと理解はされても、自分はまだ大丈夫だと自身運転技術を過信しておられることがあるのではないかと考えます。そんな高齢者自身が、まだまだ返納したくないという気持ちは大変理解できるところでございます。  

関市議会 2020-12-11 12月11日-20号

しかしながら、事件事故に巻き込まれないためにも、一刻も早く発見するためあらゆる対策を講じていかなければなりません。  そこで(3)ですが、こうした対策を講じていくために、今後の課題となっていることがありましたらお聞かせください。また、具体的な対策などお考えがありましたら御紹介いただきたいと思います。  

土岐市議会 2020-12-10 12月10日-03号

さて、近年、高齢者運転による交通事故が多発しております。特に、とうとい命を奪う危険運転はテレビや新聞等で大きく取り上げられ、その多くは高齢ドライバーによるものであります。ことしの4月には、東京池袋で親子がはねられて亡くなられ、ちょうど通告書を出してからも、群馬県、関越自動車道においては高速道路を逆走するなど、大変痛ましい事故が相次いでおります。 

中津川市議会 2020-12-10 12月10日-03号

近年、高齢者による大きな事故が問題となっております。75歳以上の高齢ドライバーによる事故発生割合は高まっており、中でもアクセルブレーキの踏み間違いによる事故が多く発生をしております。アクセルブレーキの踏み間違いは、自分が思った方向とは反対に車が進んでしまい、反射的に間違って踏んだアクセルペダルをさらに踏み込んでしまい、さらに事故が大きくなっているようでございます。

土岐市議会 2020-12-09 12月09日-02号

まず第1には、消防庶務課職員さんが公務のため運転する自動車ということですが、これは例えば救急の発生した事故なのか、それともどういう公務だったのかが1点目。 そして2点目、追突事故なのか、側面とか前から当たった、そういう衝突事故なのか、そのことについて教えてください。 3つ目です。この事故の規模ですね、どの程度の事故だったのか。 

高山市議会 2020-12-09 12月09日-02号

また、今ほどの施設の説明等も踏まえてですが、突発事故等のトラブルが発生した場合、現場の復旧を最優先するとともに状況説明等対応を基本としているところですけれども、今後は必要に応じて復旧の見通しを周知したりといったような対応充実というものも図ってまいります。 ○副議長渡辺甚一君) 質問時間が終了しましたので、以上をもって、谷村議員質問を終わります。 次に、岩垣議員。   

土岐市議会 2020-11-28 11月28日-01号

専第16号 損害賠償の額を定めることについては、平成30年12月20日、土岐市土岐津町高山交差点付近において、職員公務のため運転する自動車が前方で停止した相手方自動車へ衝突し、当該相手方及び当該車両を損傷させた事故に対する損害賠償の額を162万2,469円に定めようとするものでございまして、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定に基づき議会に報告し、その

関市議会 2020-10-25 10月25日-18号

以上、4件の損害賠償について報告させていただきましたが、事故原因となった市道の穴につきましては、既に補修を終えております。今後はより一層の注意義務を持ってパトロール等による道路維持管理交通事故防止徹底指導に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。  続きまして、5,000万円以上の工事請負契約につきまして御報告をさせていただきます。  

関市議会 2020-10-08 10月08日-16号

認知症の方が起こす可能性がある事故は、上記の鉄道事故だけでなく、火災や交通事故、障害事件等、多く考えられます。このような事態を考えると、保険制度や公的な支援・援助、事故救済制度の検討が必要と言われております。市が契約者となる個人賠償責任保険に加入することで、日常生活における偶然な事故家族等損害賠償を負った場合などに保険金の支払いを受けることができる制度であります。

関市議会 2020-10-07 10月07日-15号

次に、(4)の安全運転装置購入助成についてのア、対象者と要件、助成金額についてですが、近年、高齢者ドライバーペダルの踏み間違い事故や暴走事故が増加し、社会的な問題となっております。  経済産業省では、高齢運転者などによる交通事故対策の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を備えた車、すなわち安全運転サポートカー、これはサポカーと呼ばれておりますが、その普及啓発に取り組んでいます。