運営者 Bitlet 姉妹サービス
232件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 岐阜市議会 平成30年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文 中央教育審議が昨年12月22日に公表した学校における働き方改革に関する総合的な方策についての中間まとめでは、給食費の徴収管理は、基本的には学校、教師の本来的な業務でなく学校以外が担うべき業務であり、地方公共団体が担っていくべきと位置づけております。   もっと読む
2018-06-01 岐阜市議会 平成30年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文 道徳が教科化されるに当たっては、平成26年2月、文部科学大臣から中央教育審議に諮問され審議された内容がもとになっています。 もっと読む
2018-03-01 岐阜市議会 平成30年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文 その後、文科省では昨年8月29日、中央教育審議初等中等教育分科会の学校における働き方改革特別部会において、教職員の長時間勤務の実態は看過できない状況として、今できることは直ちに行うことを全ての教育関係者に呼びかけるとともに、国においても早急に支援を求めるため、1、校長及び教育委員会は学校において勤務時間を意識した働き方を進めること、2、全ての教育関係者が学校、教職員の業務改善の取り組みを強く推進していくこと もっと読む
2017-12-21 高山市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月21日−資料 それについての見解と意欲は 2.学校と教員の多忙解消について  ①文部科学省が示した平成30年度からの教職員増員方針による市への効果をどう予想しているか  ②中央教育審議特別部会が教員の業務について調査し示した対応案について、市の現時点での受けとめと感想は  ③市の単独予算で教職員の増員を図れないか  ④教育を地方創生の柱の一つとして位置づける考え方について市の見解は 3.多世代の同居・近居を進めていく もっと読む
2017-12-14 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月14日-03号 文部科学省においては、平成17年7月、中央教育審議・健やかな体を育む教育の在り方に関する専門部会が、性教育について、子どもたちは社会的責任を十分にとれない存在であり、性感染症を防ぐ観点からも、子どもたちの性行為については適切でないという基本的スタンスに立って指導内容を検討していくべきである。また、安易に具体的な避妊方法の指導等に走るべきではない。 もっと読む
2017-12-14 各務原市議会 平成29年第 5回定例会−12月14日-03号 文部科学省においては、平成17年7月、中央教育審議・健やかな体を育む教育の在り方に関する専門部会が、性教育について、子どもたちは社会的責任を十分にとれない存在であり、性感染症を防ぐ観点からも、子どもたちの性行為については適切でないという基本的スタンスに立って指導内容を検討していくべきである。また、安易に具体的な避妊方法の指導等に走るべきではない。 もっと読む
2017-09-08 可児市議会 平成29年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2017-09-08 さらに、文部科学省の諮問機関である中央教育審議の特別部会でも、学校における働き方改革に係る緊急提言が8月29日に取りまとめられたところであります。   もっと読む
2017-09-07 可児市議会 平成29年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-09-07 そこで、中央教育審議は、平成27年12月の「チーム学校」答申で、外部スタッフも単独で指導や引率ができるようにする部活動指導員の創設を提言、これを受けて文部科学省は省令を改正し、4月から学校に置けるようにしたものであります。   もっと読む
2017-06-16 各務原市議会 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号 今、企業でも働き方改革についての議論が活発になっていますが、国は、教員の、特に部活動の顧問の負担をどのように改革するのかについて、中央教育審議のチーム学校答申において、外部指導者も単独で指導や引率ができるようにする部活動指導員の創設を提言し、これを受けて文科省は省令を改正、この4月から部活動指導員を置けるようにしました。 もっと読む
2017-06-16 各務原市議会 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号 今、企業でも働き方改革についての議論が活発になっていますが、国は、教員の、特に部活動の顧問の負担をどのように改革するのかについて、中央教育審議のチーム学校答申において、外部指導者も単独で指導や引率ができるようにする部活動指導員の創設を提言し、これを受けて文科省は省令を改正、この4月から部活動指導員を置けるようにしました。 もっと読む
2017-06-16 各務原市議会 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号 今、企業でも働き方改革についての議論が活発になっていますが、国は、教員の、特に部活動の顧問の負担をどのように改革するのかについて、中央教育審議のチーム学校答申において、外部指導者も単独で指導や引率ができるようにする部活動指導員の創設を提言し、これを受けて文科省は省令を改正、この4月から部活動指導員を置けるようにしました。 もっと読む
2017-06-15 瑞浪市議会 平成29年第3回定例会(第3号 6月15日) それでは、要旨ウ、中央教育審議答申を受けて、地域に期待することは何かということですけども、中央教育審議の中で、地域とともにある学校への転換ということで、非常に地域学校協働活動ということ、それから、コミュニティスクールをつくるということに対して興味があるわけでありますが、その辺で地域としてはいろんな形で協力ができるということは感じるわけでありますけども、どういうことを教育委員会としてこの先、まだ答申 もっと読む
2017-03-01 岐阜市議会 平成29年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文 さらに平成28年12月21日付の中央教育審議の答申において、将来どのような職業につくとしても時代を超えて普遍的に求められるプログラミング的思考などを育むプログラミング教育の実施を子どもたちの生活や教科等の学習と関連づけつつ、発達の段階に応じて位置づけていくことが求められると示されていると聞いております。   もっと読む
2016-09-13 羽島市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月13日−03号 最近のメディアは、次期学習指導要領の審議のまとめの素案を中央教育審議が明らかにしたということを報道しています。その報道では、学び方としてアクティブ・ラーニングが打ち出されました。対話的な学び、深い学び、主体的な学びであり、児童・生徒にとってはより能動的な学習になります。 もっと読む
2016-09-12 羽島市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月12日−02号 次に、3点目のアクティブ・ラーニングの次期取り入れに向けての件ですが、新聞記事より文部科学省中央教育審議は次期学習指導要領で小学校英語の教科化など、学ぶ内容の充実だけではなく、全教科でアクティブ・ラーニングを取り入れられることが柱のようです。 もっと読む
2016-09-08 高山市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月08日−03号 〔教育委員会事務局長井口智人君登壇〕 ◎教育委員会事務局長(井口智人君) 文部科学省の中央教育審議では、平成23年1月にキャリア教育で育成すべき力は基礎的汎用的能力であると示されました。  基礎的、汎用的能力とは、身につけた力を活用してさまざまな問題を解決していく能力のことでございます。   もっと読む
2016-09-08 高山市議会 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月08日−03号 〔教育委員会事務局長井口智人君登壇〕 ◎教育委員会事務局長(井口智人君) 文部科学省の中央教育審議では、平成23年1月にキャリア教育で育成すべき力は基礎的汎用的能力であると示されました。  基礎的、汎用的能力とは、身につけた力を活用してさまざまな問題を解決していく能力のことでございます。   もっと読む
2016-03-08 可児市議会 平成28年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2016-03-08 昨年末に中央教育審議が出した答申に、専門知識を持つ人や地域の人たちと協力するチーム学校について、部活動を支援する部活動指導員の制度化について盛り込まれておりました。全国的に見ても、教員の負担を減らそうと、部活動に外部から指導員を招く学校がふえ、現在、中学校の場合は約3万人とも言われております。 もっと読む
2016-03-01 岐阜市議会 平成28年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文 おととし、当時の下村文部科学大臣から中央教育審議に対して、小中高の学習指導要領の見直しを要請された諮問の中に、アクティブラーニングという言葉が使われました。「何を学ぶか」から「いかに学ぶか」に教育のあり方が変わろうとしています。  そこで、教育長にお伺いをいたします。   もっと読む
2015-09-08 高山市議会 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月08日−02号 中央教育審議の中でも、学校に必要な職員というような位置づけをされてみえます。  富山市は、富山型という独自なシステムをつくって、学校にカウンセリング指導員というのをさらに加えて対応してみえて、富山市の場合は100%各校に配置してみえるシステムでございます。   もっと読む