運営者 Bitlet 姉妹サービス
2556件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 瑞浪市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月21日) この全てのつけを、我々の子供、孫世代に多大な負担を強いることは明白であり、将来の消費税は20%、30%にせざるを得ない、そういう時代が来ると言われております。  大局から判断して、権利ばかりを主張することなく、我慢、遠慮することも人生においては大切なことだと考えております。 もっと読む
2018-11-06 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第6日目) 本文 平成30年12月13日 提 出           提出者            岐阜市議会 厚生委員長   大   野   一   生            ───────────────────       幼児教育・保育の無償化の確実かつ安定した運用を求める意見書  政府は子育て世代の負担軽減に向けて、待機児童問題の解消とともに、幼児教育・保育 の無償化を実施する方針を閣議決定した。 もっと読む
2018-11-05 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文 今後も引き続き、福祉や保健の機能の拡充のみならず、高齢者や子育て世代を中心に対面サービスを重視したぬくもりのある事務所を目指し、一層地域の住民サービス向上に努めてまいります。    〔「議長、35番」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(信田朝次君) 35番、服部勝弘君。     もっと読む
2018-11-04 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文 今の高齢者世代の多くは日本人が一家に1台車を持つようになって、急速に車社会が進んだ時代を過ごしてきました。今後、運転免許を持っている高齢者はふえ続け、運転免許を持つ75歳以上の人は年に20万人のペースでふえると予想されています。岐阜市でも、2017年で65歳以上で運転免許を保有している人の数は6万4,681人。 もっと読む
2018-09-18 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号 私も、関市の人口増加を図るためには、子育て世代の若年層の移住定住者を増やすことが不可欠であるというふうに考えます。そして、彼らの心をつかむ大きな要因としては、やはり子育て支援であったり、子どもを産みやすい環境づくりに積極的に取り組むことが重要であるというふうにも思っています。    もっと読む
2018-09-13 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月13日−13号 今や団塊の世代が70歳代になり、多くの高齢者が平均寿命などといった死亡する可能性の高い年齢に達し、死亡、そして人口は減少していく多死社会に入ったと言われており、看取りの場所とか、火葬場の不足とか、今後、いろいろな課題が出てくるとは思いますが、気になる点、2点を質問させていただきます。   まず、(1)ですが、総合斎苑わかくさの通夜・告別式の開始時刻の変更についてであります。    もっと読む
2018-09-11 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月11日) 今回の高額療養費の改正は、高齢者と若者の世代間の公平を図るため、70歳以上の高齢者のうち負担能力のある方に負担をお願いするものでございます。  改正点は3点あります。1つ目は、厚生労働省作成のモデルケースで、これまで「年収約370万円以上」とされていた「現役並み」の区分が3つに分けられました。2つ目は、「現役並み」のうち、収入が多い方について、自己負担限度額が引き上げられております。   もっと読む
2018-09-10 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月10日) 後に言われました、子ども・子育て支援事業計画のアンケートをしっかりととって、子育て世代からの生の声をそこで吸い上げることが必要ではないかと感じております。  次の要旨に移ります。先ほど来、順番に聞いてまいりましたところ、中心市街地で保育施設は抽選で希望のところに行けなかったというようなお子さんも見えました。そういったところで、保育施設をつくる必要はないのかを伺ってまいりたいと思います。 もっと読む
2018-09-07 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月07日−02号 次に、異世代交流の取り組みについてでございます。  認定こども園と高齢者施設の併設について。  今後のこども園の計画についてでございますが、これについては西尾議員、小関議員が質問をされておりますので同じお答えになるのかもしれませんが、今後少し進捗したのかどうか確認をさせてください。  西部こども園の整備後は泉地区での整備を進める予定だということでございます。 もっと読む
2018-09-04 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-目次 ……………………………………………………………… 152    4番 栗山 守君……………………………………………………………………………… 152      1 子どもを産み育てやすい環境づくりと食物アレルギー対応について       (1) 乳幼児、幼稚園・保育園児、小中学生の各段階における今年度の具           体的な子育て支援の内容と保護者の反応について       (2) 子育て世代 もっと読む
2018-08-28 関市議会 平成30年  8月 観光振興に関する調査特別委員会-08月28日−01号 ◎観光課長(今井田和也君)   子育て世代のお母様方はお見えになられます。 ○委員長(西部雅之君)   幅委員、どうぞ。 もっと読む
2018-06-27 中津川市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月27日−04号 とりわけ複合施設の機能については、にぎわい創出の拠点として、また若者、子育て世代のニーズに応えるものとして、市議会を初め市民の声をしっかりと受けとめた形の中で検討を進めてまいります。  一方で、重要となりますのは各地域における活力でございます。地域の持つ特色ある文化、風土のよさを生かした中で、地域の活性化につなげてまいりたいと思います。   もっと読む
2018-06-22 可児市議会 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2018-06-22 今回の模擬選挙では、「戻ってきたい可児」をテーマに、子育て世代に優しい可児、働く人を応援する可児、地域でお年寄りを支える可児という視点で、高校生が3グループに分かれてマニフェストを作成し、可児市役所入庁3年目の若手職員が立候補者となり、模擬選挙を行いました。 もっと読む
2018-06-19 羽島市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−03号 しかし、羽島市チャレンジデー大使の当市出身の辻本達規さんのご協力もあって、世代別でも非常に盛り上がりました。  以上でございます。 ○議長(山田紘治君) 6番 南谷佳寛君。 ◆6番(南谷佳寛君) まちなかの賑わいと2019年のふじまつり・竹鼻まつりについて、2回目の質問をいたします。   もっと読む
2018-06-18 羽島市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月18日−02号 厚生労働省におきましては、団塊の世代が75歳以上となられる2025年を見据え、27年1月に認知症施策推進総合戦略、通称新オレンジプランが策定され、認知症の方々に優しい地域づくりに向けた施策を推進されているところでございます。   もっと読む
2018-06-15 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月15日−10号 しかしながら、関市の統一地方選挙においては、毎回投票率が下がっており、中でも若い世代の投票率は非常に低い状態です。先日、選挙管理委員会開催の折にも、委員長さんから、今後投票率を上げる施策を考えていきたいという旨の挨拶がありました。   そこで、(1)の来年度の選挙に向けて、投票率向上のための何か新しい取り組みはあるのかをお聞かせいただきたいと思います。 もっと読む
2018-06-14 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月14日−09号 例えば、今全面的に打ち出されております子育て世代の移住定住促進。手厚く、市長を先頭にこういった制度がつくられました。これは、子育て世代、それから移住定住という視点から空き家を利用したものや、空き家の利活用という視点から見るのとは若干違ってくる。    もっと読む
2018-06-14 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号 世代間交流の場の確保として、ボランティアでの指導の方を依頼して管理をお願いしたらどうでしょうか。卓球場については、勝ち負けではなく、適度な運動と捉えて、和気あいあいに楽しんでいるグループの方々が公民館施設等で利用されているのを見受けます。今後、65歳以上の介護保険料も引き上がると考えられます。保険料を抑えるためにも、体を動かして元気に過ごしていただきたいと思います。 もっと読む
2018-06-13 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月13日−02号 あるボランティア団体の協議会の代表は、若い世代の参加も呼びかけているが、仕事をしながら活動できる人は限られていると話されております。  また、各加盟団体からは、人手が足りず、どうすれば継続できるかというような相談も後を絶たず、活動を縮小する例も出てきているとの記事を目にいたしました。  土岐市内でも、ありがたいことですが、下校時のボランティア活動を行っていただいている団体があります。 もっと読む
2018-06-13 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月13日−08号 さらに今年度から、2023年度には団塊世代が後期高齢者となる2025年度以降を見据えた体制の最終整備がなされることになっています。   そこで、前回の代表質問の答弁から3年経過しています。構築に向け、進展しているのか確認させていただきます。    もっと読む