935件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 各務原市議会 平成31年第 1回定例会−03月13日-04号 授業中の立ち歩き、学校内外のいじめ問題、登校は過去最高水準となっている、発達障がいの子もふえている等の課題に直面して対応する負担と労力は深刻です。  対応するための子どもと触れ合う時間、親とじっくり話す時間をとることが難しくなっています。人間的触れ合いを土台に営まれ、保護者との風通しのいいかかわり方が、教育の幅、中身を豊かにします。 もっと読む
2019-03-12 各務原市議会 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号 まず第1に、登校児童生徒の最善の利益を最優先に考える支援について。  登校を理由に30日以上学校を欠席した小・中学生は全国で12万人を超えると言われています。各務原市の登校児童生徒数は、平成29年度、小学生50人、中学生139人、合計189人、3年連続で増加をしています。   もっと読む
2019-03-11 各務原市議会 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号 夜間中学は、登校等のためにほとんど学校に通えないまま、学校の教育的配慮により中学を卒業したいわゆる形式卒業者に学び直す機会を提供していくことも期待されています。  また、国の子どもの貧困対策大綱においても、その設置促進が盛り込まれるなど、政府としては、全都道府県に少なくとも1つの夜間中学の設置を目指しています。   もっと読む
2018-12-12 各務原市議会 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号 本市では、市民一人一人が互いの人権を尊重し、人間としての尊厳を持って暮らすことができる共生のまちづくりを基本理念とした各務原市人権施策推進指針に基づき、子どもが心身ともに健やかに成長できるよう、その人権を尊重する意識啓発や児童虐待の防止、あるいはいじめや登校などへの対応等、取り組みを既に実施しております。子どもの権利条例については、現在のところ検討はしておりません。以上です。 もっと読む
2018-12-11 高山市議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−02号 これまで全国的にいじめが原因で自殺するなどの事案が発生しており、後を絶たない、自殺までいかなくても、それが原因で心身に深い傷を負い、体調を壊してしまうケースや登校に至るケースも少なくありません。   もっと読む
2018-09-28 各務原市議会 平成30年第 3回定例会−09月28日-04号 「平成29年度から始まった教育センター「すてっぷ」での相談事業で、どんな内容が相談として行われたか」との問いに、「保護者からは登校のこと、お子様の発達のこと、家族、親子関係、あとは学校に対する苦情といったようなこと、友人関係のことが相談として上がってきた」との答弁。  「外国籍市民のための生活支援事業の内訳」との問いに、「多くが国際交流員3人の人件費である」との答弁。   もっと読む
2018-09-20 各務原市議会 平成30年 9月20日経済教育常任委員会−09月20日-01号 適応指導推進費1612万2000円は、登校児童生徒に対して指導員や相談員を配置し、適応指導や学習支援を行う適応相談事業やあすなろ相談室事業などを実施しております。  決算認定資料105ページになります。  教育センター事業3594万4000円は、昨年7月に開所しました教育センター「すてっぷ」の運営に係る経費でございます。 もっと読む
2018-09-18 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号 それから、先ほども部長さんのほうからもちょっとお話がありましたが、中学校での登校からひきこもりに移行するケースも多いという言葉がありました。私も中学校に勤めていたときに、登校の子たちのことに携わることも何回かありました。そうして、卒業はしていくわけですけれども、卒業してしまうと学校とのつながりというのはどうしても薄れます。 もっと読む
2018-09-13 各務原市議会 平成30年第 3回定例会−09月13日-03号 学級崩壊があるクラスがあったり、登校の児童がたくさんいたりとか、発達障がいの子たちとのかかわり方で悩んでいる学校とか、いろんな課題がそれぞれにあるんですよ。それが本当に見えているのかなということが全く見えてこない。そうした記録を私は残すべきであると思います。  また、目的ですね。 もっと読む
2018-09-12 各務原市議会 平成30年第 3回定例会−09月12日-02号 印象に残っていることをお聞きすると、大河内君の事件があり、いじめ問題について討論会をやったことや、登校になっていた子に対して、本人の立場に立たないと心が通わないと、子どもたちの心に寄り添う現場の経験を話されました。  村上鐘治氏は、人権擁護委員については、重い仕事なのでこれから勉強をさせていただくと切り出され、いじめや体罰など、敏感に受けとめることの大切さを話されました。 もっと読む
2018-09-06 恵那市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月 6日) ○医療福祉部長(可知高弘君) 平成28年度に寄り添い型学習支援事業がスタートしまして、市としても生活困窮世帯の子ども、ひとり親世帯の子ども、登校の子どもを紹介するなど必要な事業と認識し、連携を図ってきたところであります。   もっと読む
2018-09-04 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-目次            すべきではないか       (2) 防災ラジオの導入について          ア 導入のメリットについて          イ 導入への課題と対策について       (3) 平成30年7月豪雨災害の被災者への住宅提供について          ア 一時避難家族への市営住宅等の住宅提供の状況は          イ 災害時の住宅提供に民間アパートの借上げの推進を      2 いじめ防止・登校対策 もっと読む
2018-06-26 多治見市議会 平成30年  6月 議会運営委員会-06月26日−01号 ◆山口真由美委員 今回、厚生環境教育常任委員会でテーマを募集したときに、とてもたくさんテーマが集まり、その中で、例えば、登校や児童虐待であるとか、子どもの困難に対して大人はどんなことができるのかということが含まれる内容が多数であったため、今回はあえて広くしてみた。対話集会に関しては、ピックアップしてテーマをつくろうと思っている。 もっと読む
2018-06-21 多治見市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月21日−04号 あるNPO団体の調査によると、生まれつき茶色い髪を黒く染めるように言われて登校になった事例、これは損害賠償請求で訴えられていますし、下着の色を指定して学校でチェックするなど、人権を軽視したり健康に影響を及ぼすような校則が存在するようです。多治見市では、このような規則が存在する学校は一つもないと思っていますので、現状についてお伺いしたいと思います。   もっと読む
2018-06-14 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号 次に、2の登校についてお聞きします。  ことしの2月に登校の件で市民の方から相談をいただきました。 もっと読む
2018-06-14 恵那市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月14日) 支援体制構築に向け、小中学校の現場では、全ての児童生徒を対象に登校やいじめ、服装、身だしなみといった状況を詳細に記録するスクリーニングシートを導入し、課題のある児童生徒が見つかれば、校長や担任をはじめとする現場の教員と、区役所に新たに設置する専門職員で会議を立ち上げ、支援策を検討するそうです。 もっと読む
2018-03-19 高山市議会 平成30年 予算決算特別委員会-03月19日−02号 ◆谷村昭次委員 今の説明の中で気になるのは、いわゆる特別支援学級におみえになるお子さんの支援はかなり手厚く個別になってきているんですが、要は通常学級というか、通常学校に行ける、いわゆる登校等々を始めとする生徒さんたちへのフォローは保健相談員が多くやってみえて、平成28年、29年とふやしてきた中で、そちらの、特に中学校の落ち込みは18人から4人に減らすということ、小学校に至っては49人から32人ということで もっと読む
2018-03-16 各務原市議会 平成30年 3月16日経済教育常任委員会−03月16日-01号 適応指導推進費1483万8000円は、登校の児童生徒に対して適応支援や学習支援を行うあすなろ教室運営事業や、学びの教室運営事業に係る経費でございます。  教育センター事業費3505万2000円は、教育センター「すてっぷ」の教育相談事業や教職員研修事業などのセンター運営に係る経費でございます。   もっと読む
2018-03-15 多治見市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月15日−03号 これは、登校などで参加できない子もいると聞いておりますので、そういうことも含めてどう評価をされているのか。  2つ目、新聞報道では、低所得者の7割が塾通いや習い事を我慢する、家計を助けるために進路を変更する、子どもの貧困対策に取り組んでいるあすのばという組織が、給付金を利用した保護者と子ども対象のアンケート結果をこのように公表をしております。 もっと読む
2018-03-14 各務原市議会 平成30年第 1回定例会−03月14日-04号 登校や生きづらさを抱えた子どもたちがふえないためにはどうしたらいいのかを考えたときに、幼児期の保育の重要性を感じました。  登校の児童生徒が毎年12万人以上と、文科省の調査でも発表されています。各務原市の登校は、平成27年度、小学校37人、中学校128人、合計165人、平成28年度、小学校49人、中学校133人、合計182人となっています。   もっと読む