206件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岐阜市議会 2019-09-07 令和元年第4回(9月)定例会(第7日目) 本文

教育者であるなら、学校給食無償化の理念は理解するが、財政部との協議、努力が必要ほどの答弁をされるべきと指摘されると、慌て、教育扶助、就学援助制度を答弁追加、他方、岐南町下呂等の自治体の努力に目を向けようとしない。  小学生の命が奪われたブロック塀倒壊、通学路の地震対策では、総点検と改善に最も積極的であるべき教育委員会が、その初動体制を指摘される事態である。  

岐阜市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

中日新聞によれば、岐南町は無料ですし、例えば、下呂が打ち出した中学生の給食費半額公費負担は、岐阜市での金額は約2億8,900万円です。  以前教育長は裕福な家庭も無償は問題と答弁されました。では、教科書の無償制度歴史文部省見解にはどう考えるかです。  昭和37年から実施されている教科書の無償制度があります。私が小学校のころ、教科書は有料でした。

大垣市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 2019-06-10

総務省のホームページによりますと、岐阜県内の状況は2020年度までに導入予定のところが東濃、下呂飛騨市、海津市以外はほとんど導入予定ということであります。本市も導入予定となっておりますが、2020年度まで1年もありませんが、その進捗状況をお聞かせください。  3点目、死亡後の手続専用窓口の設置についてお伺いします。  質問の前に本市の取り組みを一つ御紹介させていただきます。  

岐阜市議会 2019-06-06 令和元年第3回(6月)定例会(第6日目) 本文

現在、子どもに係る均等割の保険料を減免する地方自治体子育て支援を進める立場から、岐阜県下呂を含む25市町に広がっております。その上で、請願では、岐阜市においても18歳以下の子どもの均等割をやめること及び減免制度の創設を求めており、願意は妥当です。  厚生委員会では不採択でしたが、採択を主張するものです。  次に、請願第6号小・中学校の給食費の保護者負担を求める請願についてです。  

岐阜市議会 2019-06-01 令和元年第3回(6月)定例会(第1日目) 本文

3月7日付のしんぶん │ │赤旗は、今年度減免を実施予定の自治体を含めて「独自の制度 25自治体」と報じ、 │ │岐阜県下では下呂、近隣では一宮市岐阜市と同規模の自治体では旭川市福山市な │ │どが含まれている。                               

恵那市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第3号 3月13日)

県内では、現在のところ、下呂さんのみが、平成29年4月から、18歳未満の第3子以降の子どもの均等割を全額免除しております。恵那市において、18歳未満の子どもの減免に要する費用は、試算したところですが、全ての子どもの均等割を減免した場合、これが2,796万円かかります。3人以上の子どもの均等割を減免した場合、これが376万円と試算しております。  

大垣市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 2019-03-11

県内では、多治見市、土岐市、各務原市、可児市、瑞穂市、下呂です。海津市は、本年1月1日から育休退園を見直し、継続入園を希望する方は育休退園をしなくてもよい制度にされました。三重県津市でも、平成28年4月から既に保育園を利用している子供保護者育児休業を取得した場合には、子供年齢にかかわらず、保護者希望に応じて保育園の継続利用ができるようにしました。中津川市も見直しをされています。

岐阜市議会 2019-03-06 平成31年第1回(3月)定例会(第6日目) 本文

全国で無償化や多子減免など一部補助などの助成も広がっている中、県内においては、岐南町揖斐川町、下呂など11市町において無償化や一部助成が行われています。請願では、子どもファーストを掲げる岐阜市においても、市内小中学校における学校給食の無償化または一部助成を求めています。  以上4件の請願について委員長報告は不採択でありましたが、改めてこの本会議において採択をお願いするものであります。  

岐阜市議会 2019-03-02 平成31年第1回(3月)定例会(第2日目) 本文

岐阜県では、下呂中学校の給食費用半額負担を実行いたしました。2018年・ことし、今年度ですね、通常1人当たり年間6万円かかる給食費の半分を負担するということで、実施されています。財源は、子育て応援基金を当てるということで下呂は行っています。ちなみに、岐阜市の中学校給食費の半額は2億8,000万円ほどです。

中津川市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月21日−04号

まず1点目ですが、県内各市の助成状況はどうですかという質疑に対しまして、県内21市のうち拡大をしている市は修繕の3年の周期をなくしている市が可児市、瑞穂市、関市の3市、助成割合を9割にしている市が、岐阜市大垣市高山市、山県市、下呂各務原市の6市ですという答弁でございました。  

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

各務原市公共交通網は、市内を東西に貫き並走するJRと名鉄で、岐阜市名古屋市などの都会、下呂高山市などの中山間地域、そして富山市とつながっています。そして、市内ではふれあいバスと民間バス路線でJRや名鉄の駅と接続しています。  ふれあいバスの路線は、ルートとダイヤを見直したことにより利用者もふえると同時に、定期的な市民との意見交換により多くの市民から評価をされています。  

恵那市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号12月 7日)

なお、来年度の譲与額の県下での見込み額といたしましては、譲与額が一番多いのが郡上市の8,500万円で、次いで高山市の7,100万円、下呂が5,800万円、中津川市が3,700万円で次いで恵那市となっており、県下では5番目の見込み額となっております。以上でございます。 ○議長(後藤康司君) 柘植 羌君。

中津川市議会 2018-11-28 平成30年 12月 定例会(第5回)-11月28日−01号

また、岐阜県は県独自の観光戦略として、スペインサラマンカでの地歌舞伎公演も実施しており、この全ての日程に中津川市加子母歌舞伎保存会が、下呂、瑞浪市のそれぞれの歌舞伎保存会とともに参加をしたものであります。  なお、フランスでの公演につきましては私が同行し、スペインでの公演には大井副市長が同行させていただいたものであります。