38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

各務原市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-02号

攻撃型戦闘機で、敵のレーダーに写らないステルス性の特徴を持ち、攻撃のために相手の重要な地域に忍び込むことができる。敵国に侵入するための攻撃兵器です。日本防衛のどこにこれが必要だというのでしょうか。専守防衛ならステルス性能なんて必要ない。これを147機も購入するのは国民の納得は到底得られないというのは、自衛隊の空将補だった方の指摘でございます。  

可児市議会 2018-09-27 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 開催日:2018-09-27

こうした核基地に向かうであろう北朝鮮ミサイルというものがあると想定をし、その北朝鮮ミサイルを、日本の税金で購入をする高性能レーダーシステム、いわゆる地上イージスを使って、この飛んでいくであろうミサイルを撃破する、そのための体制を日本の国土に配置をすると、国はこういう予算方針で事を進めております。

大垣市議会 2018-06-11 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 2018-06-11

黒澤式アセスメントの特徴は、調査票の点数をレーダーチャートにすることにより、子供の状態をわかりやすく目に見える形にしていることです。また、特殊な知識や専門性を必要とせず客観的な把握が可能で、赤ちゃんから成人までのアセスメントがあり時間的変化を見ることができます。ポイントとして、このアセスメントは本人の発達障がいを診断するものではないということです。

可児市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-06-07

大雨警報など発令後、担当職員が参集をいたしますが、雨雲レーダー等による気象情報河川の水位状況により、災害の発生の危険度が高まる前の段階で警戒態勢への移行が見込まれる場合には、総務部長、建設部長を初め、防災安全職員建設部全職員広報課、総務課、管財検査課、地域振興課、それから避難所となります各連絡所担当の職員が参集する体制を新たに設けまして、これにつきましては地域防災計画を見直ししたところでございます

土岐市議会 2017-12-08 平成29年第5回 定例会-12月08日−03号

黒澤式アセスメントの特徴は、調査票の点数をレーダーチャートにすることにより、子供の状態をわかりやすく目に見える形にしていることです。また、特殊な知識や専門性を必要とせず、客観的な把握が可能で、赤ちゃんから成人までのアセスメントがあり、時間的変化を見ることができます。  ポイントとして、このアセスメントは、本人の発達障害を診断するものではないということです。

可児市議会 2017-09-07 平成29年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2017-09-07

今回、この反省を踏まえ、大雨警報後に雨雲レーダーなどを注視することなどして、災害発生の危険度が高まる前段階で参集を指示するということで見直しをしました。  あわせまして、「すぐメールかに」で発信された情報が一覧できるサイトを新たにホームページに開設いたしまして、「すぐメールかに」の情報がリアルタイムで確認できるように見直したところでございます。  

岐阜市議会 2017-09-04 平成29年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

また、本市の近郊に目を移すと、7月14日に愛知県犬山市小牧市付近で、レーダー解析によると1時間に約120ミリの記録的な大雨が降り、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨として、気象庁から記録的短時間大雨情報が出され、警戒が呼びかけられる中、各所で床上・床下浸水や、道路冠水、さらには河川の氾濫などに見舞われました。  

各務原市議会 2017-03-21 平成29年第 1回定例会−03月21日-02号

施設管理者は、その日の空模様や天気予報などに注意を払い、悪天候が予想されるときには、雨雲レーダーなどで状況を把握、雷音や雷光を確認した場合は、場内を回って、利用者に直ちに競技などを中止し、管理棟などの構造物や車の中に避難するよう呼びかける体制をとり、安全確保に努めております。  

中津川市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月12日−03号

仮に市民窓口サービスの向上ということをもし取り組むとしたら、レーダーチャート、要はクモの巣グラフみたいなもので職員の対応、待ち時間、手続の仕方など、そういったことを見える化することによって今後の改善につながるんではないかなあと思いまして、民間ではそういうことをいつもやっているということです。  

岐阜市議会 2015-09-04 平成27年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

その中において、スマートフォン等で利用できます防災に関するアプリといたしましては、避難勧告などの避難情報緊急地震速報、また、雨雲レーダーの閲覧や避難所の位置情報など、さまざまなものが提供をされています。  そこで、本市の状況でございますが、本市では平成24年度にヤフー株式会社災害に係る情報発信等に関する協定締結をいたしました。

可児市議会 2014-09-10 平成26年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2014-09-10

雷・雨対策といたしましては、スタジアムの管理人がインターネットで雨雲レーダーをチェックし、利用者に状況を通知するなど注意喚起を行い対応しております。  また、利用者、観客の方々も含め、各自で早目の対応をお願いしたいというふうには考えております。  次に、暑さ対策でございます。  

恵那市議会 2014-06-23 平成26年第2回定例会(第2号 6月23日)

このカルテは、施設面積と市有地、借地別などの土地データ建築年度、取得金額、耐用年数、再調達価格等の建物データ、そして直営施設か、指定管理施設なのかの分類、年間稼動日数と年間利用者数、施設収入と維持管理経費、運営経費の支出金額などの項目から構成されて、それをもとに建物老朽度をはじめとする8つの指標のレーダーチャートから、施設有効性を点数化できる仕組みを今考えておるところでございます。  

恵那市議会 2014-03-17 平成26年第1回定例会(第3号 3月17日)

具体的に、土岐川とか藤川の例を挙げられましたが、そういった雨量計が設置されていない地区につきましては、国土交通省のホームページでXバンドMPレーダーという、これの雨量情報がありますので、こういったものを参考にしながら、さらには先ほど申しました土壌雨量指数、こういったものも発表されますので、こういったものを判断基準避難勧告、あるいは支持の判断をしていきたいと思います。  

恵那市議会 2013-09-18 平成25年第3回定例会(第2号 9月18日)

総務部長(小嶋初夫君) いろんな避難の場合がありますけど、大雨のことを例にしてちょっと申し上げますと、この大雨によります例えば堤防破壊とか、あるいは堤防を越える越水による氾濫というのがありますが、こういったものに対する避難勧告、あるいは避難指示というのは、基本的には雨量でありますとか気象レーダーなど、気象予測や河川巡視、こういった情報を総合的に判断して発表するというのが第一ということでございます。

各務原市議会 2011-09-09 平成23年第 5回定例会−09月09日-03号

また、雨雲の状況をレーダーで観測し、大まかな雨量をほぼリアルタイムで確認できる国土交通省のホームページもあります。これらのホームページはどなたでも閲覧することができることから、これらの情報へ市のホームページからアクセスしやすくするなど、市民の方が情報を得られやすい環境の整備を行いますので、ぜひ自主的に情報を収集され、早目早目の対応をしていただきたいと考えております。

各務原市議会 2010-12-09 平成22年第 4回定例会-12月09日-03号

また、今、岐阜県とか、気象台情報をとおっしゃいましたが、国土交通省中部整備局では、安城市一宮市、それから鈴鹿市の3カ所で、高精度のレーダーを設置してインターネットで配信しているというのは御存じだと思いますが、そういう意味で、市だけじゃなくて、そういう情報を、インターネットを持っていらっしゃる方、普及率が高いので、市民にもアナウンスするような形で防災に対して知らしめる、情報をあらわすということが必要

恵那市議会 2010-09-15 平成22年第3回定例会(第3号 9月15日)

まず、近年多発する局地的集中豪雨、これをゲリラ豪雨と言わせていただきますが、突然思わぬ地点に時間雨量30ミリを超す雨が降り出し、時にはレーダー解析で80ミリ、100ミリ以上降ったとよく報道されます。頻発するゲリラ豪雨について、防災面からどう受けとめてみえますか、お伺いします。 ○副議長(堀 誠君) 総務部長・荻山清和君。

  • 1
  • 2