運営者 Bitlet 姉妹サービス
1145件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-05 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文 そういう中をわざわざリスクをしょってやることではないのではないかと思いますが、いかがでしょうか。  2つ目、公用車の管理のあり方についてであります。  市の公用の車の駐車場は、新庁舎が完成しても外部に分散の状況という問題についてであります。率直に申し上げて、私どももチェックを怠っていたことを反省の上でお尋ねいたします。  公用車による事故について調べてみました。近年の数です。 もっと読む
2018-11-04 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文 その後、畜産センター公園の今後のあり方につきましても、家畜伝染病のリスクや施設の老朽化などを考慮し、検討してまいりたいと考えております。  御質問の3点目、指定管理者に関する点でございます。  今月3日に開催されました岐阜市豚コレラ防疫対策本部会議において、検証チームによる中間報告がなされたところであります。 もっと読む
2018-10-02 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-10月02日−16号 また、臨時財政対策債の発行については、現在、基金運用の状況が好調であることから、発行の抑制を続けるのではなく、リスクも念頭に置きながら臨機応変に最大限の有効活用を行うべきであるという委員会としての意見の一致を見ました。   以上で、総務厚生委員会の審査結果の報告を終わります。     (降  壇) ○議長(山藤鉦彦君)    次に、文教経済委員長、お願いいたします。    もっと読む
2018-09-18 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月18日−15号 また、私が委員会で、NTTビルの1階を借りて飲食施設としたらどうかということが、それは考えていないということでしたが、費用対効果、またリスクの面からもどちらがよいのかも含めて、今後の計画をお聞かせください。 ○副議長(鷲見勇君)    横山産業経済部長、どうぞ。 ◎産業経済部長(横山伸治君)    お答えいたします。    もっと読む
2018-09-13 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月13日−13号 堤防が高いほど、大洪水で溢水したときには、想像以上の洪水の広がりなど、水害のリスクも大きくなると思われますので、大変難しいかもしれませんが、ぜひとも関係機関に強く要望し、実現していただきたいと思います。市の考え方をお尋ねいたします。    もっと読む
2018-09-11 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月11日) 今回の自然由来の重金属を含む発生土(要対策土)を仮置きする場合の環境への影響を遮断する対策についてでございますが、1つ目には地下水経由による摂取のリスク及び、2つ目に直接摂取によるリスクを遮断する必要がございます。JR東海の作業計画(案)は、これらのリスクを遮断できるよう、仮置き場は遮水シートを挟んだ底盤コンクリートの二重構造とし、耐候性シートで要対策土全体を覆うという計画が示されております。   もっと読む
2018-09-10 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月10日−03号 ◆1番(小関篤司君) 普通の会社であったら、やっぱり経営統合というときに、そういうことは絶対やらないと思っていて、また違うのかもわかりませんけど、ちょっとここら辺はもうちょっと、次の最後のリスクのところでちょっと深められたらいいなと思うんですが。   もっと読む
2018-09-10 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月10日) 検査をしてリスク因子が見つからなかった場合は、何もしなくても次回の妊娠で出産できる可能性が高いわけですから、そのことをしっかりと伝えなければなりません。  平成24年1月からは、ヘパリン在宅自己注射が保険適応となり、1日2回外来通院していた患者の負担減につながっているように、徐々に不育症の理解・支援も広がってきております。   もっと読む
2018-09-07 土岐市議会 平成30年第4回 定例会-09月07日−02号 市民の命、財産を守るために、そのリスクを軽減できる感震ブレーカーの普及、啓発をお願いしたいのですが、設置に関する補助金のお考えなどはありませんでしょうか、伺います。 ○議長(加藤辰亥君) 総務部長 水野龍雄君。 もっと読む
2018-09-04 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-目次 ………………………………………… 60      1 平成30年7月豪雨災害について       (1) 関市の豪雨災害の総括は       (2) 実効性のある避難対策、情報提供の推進について          ア ハザードマップの作成、改定は          イ 水位計、基準水位がない地域での避難情報は          ウ 避難情報伝達手段に課題はないか          エ 住民への災害リスク もっと読む
2018-06-25 関市議会 平成30年  6月 観光振興に関する調査特別委員会-06月25日−01号 いろいろなリスクがあるので公募型プロポーザル方式にされたと思うんですけれども、逆に言うと、私も昨日の質問で言ったNTTの建物ありますよね。 もっと読む
2018-06-19 羽島市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−03号 このCM方式とは、工事の発注者を補助するコンストラクションマネージャーが、技術的な中立性を保ちつつ、発注者の側に立って設計や工事発注方式の検討、スケジュール、コスト、品質、リスク管理などのマネジメント業務の全部または一部を担うもので、一言で申し上げますと、発注者と受注者の間に事業全般を統括管理するスペシャリストを配置するといったものであります。   もっと読む
2018-06-14 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号 目的といたしましては、主に内蔵脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目をし、健診によって保健指導対象者を抽出して、対象者の持つリスクの数に応じた保健指導を行うことで、その要因となっている生活習慣を改善し、生活習慣病予防を行うことです。 もっと読む
2018-06-13 中津川市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月13日−02号 そういうことの一つの理由に、慎重な検討が必要であるというふうにご答弁をなさいましたが、ブランドの意義、飛騨牛ブランド確立の意義、飛騨牛ブランド推進の意義からすると、ブランド化の意義や補助事業の目的に照らして言えば ―― 私の思う補助事業の目的ですよ ―― 照らして言えば、そういうリスクがあるからこそ市の協力が必要ではないかと。   もっと読む
2018-06-07 可児市議会 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-06-07 ちょっと今の第2質問に対する再質問ですが、レッドゾーン、イエローゾーン、ハザードマップの地域等、そういうリスクの高いところに対しては、雨降りの増大の流れに対応して、当然第1段階から第2段階に上がった場合については、そういう対応をされると思います。   もっと読む
2018-03-20 各務原市議会 平成30年 3月20日総務常任委員会−03月20日-01号 国は、この構造的な課題を解決するために、財政運営が不安定になるリスクの高い小規模保険者である町や村も安定した財政運営が行えるよう、都道府県を単位にして財政運営を行うことにより、持続可能な医療保険制度の確立を図ることといたしました。  そのため、国は財政の安定化を図ることと被保険者の負担を軽減するため、新たに3400億円の公費を投入しております。 もっと読む
2018-03-20 関市議会 平成30年第1回定例会会議録-03月20日−05号 企業は立地条件、用地費、災害等に対するリスク、労働力の確保など、さまざまな条件を考慮して、長期的視野に立って総合的観点から事業所を設置します。固定資産税に水道料金を追加して、奨励金を新設すれば企業誘致が進むということはないと思われます。   さらに、公的財源の使い方として、これが適切なのかという問題があります。多くの新設、増設したりできる事業者は、それだけ好調な事業者であって、成功者であります。 もっと読む
2018-03-15 関市議会 平成30年  3月 新年度予算特別委員会-03月15日−04号 そういった意味で、今、長屋委員が言われたように、リスクはどこにも見当たらない。あえてリスクがあるとするならば、ぜひとも気づかせていただきたい。  もともとは利息を稼ぐために基金をつくるというものは、鶏と卵と一緒で、残ったものを有効にするなら、その基金運用で利息を稼ぐことが何が悪いかという話。  財政規律を保ちながら臨時財政対策債を抑えた。 もっと読む
2018-03-15 各務原市議会 平成30年 3月15日民生消防常任委員会−03月15日-01号 そちらの人数につきましては、現在の実人数よりもちょっと多く、これはリスクを回避するためにも多目に見ていたところがございます。それよりも現在は少し低いという形になっております。 ◆副委員長(坂澤博光君) 主な事業15ページのヤング健診ですが、受診者の推移と、がん予防の啓発なんかはこのヤング健診の場でやっていますか。 もっと読む
2018-03-13 瑞浪市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月13日) ○7番(榛葉利広君)  要するに、返していただくというリスクがあるので、今のところ考えていないという答弁でございました。  それと、県制度の福祉資金を使って借りていただきたいという話でございます。  ただ、これは文部科学省からの通知文でありますが、今般成立した平成29年度予算においては、「新入学児童生徒学用品費等」をはじめ、予算単価等の一部見直しを行いました。 もっと読む