134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-09-27 令和 元年第 3回定例会−09月27日-04号

集客には人気店が必要だという声もあったり、トイレや子どもを遊ばせる場所の要望、ペット同伴はどうするのかという課題も見えて、収益性に問題が考えられ反対」との討論。  討論を終結し、採決を行ったところ、賛成多数で議第27号を原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、議第28号を議題とし、提出者の説明の後、質疑を許したところ、若干の質疑がありました。  

各務原市議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日建設水道常任委員会−09月20日-01号

市は、このような条件下でも一定のニーズがあったと、確認できたということで、この事業を推進しようというふうで判断していますけれども、やはり見ていますと、集客には人気店が必要だという声もあったり、それから今、トイレや子どもを遊ばせる場所の要望があったり、ペット同伴の場合はどうするかという問題も見えて、収益性に問題があるように考えます。  

岐阜市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

読本の改訂に当たっては、紙面のバランスなどに配慮しつつ、女性や子育て世代ペットを飼われている方など、さまざまな視点からの防災対策についても可能な限り掲載できるよう検討してまいります。  次に2点目の、市民参画部と連携した女性の視点の防災減災をテーマとした出前講座の開設についてお答えします。  

各務原市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-02号

その他、例えば常備薬をお持ちの方、アレルギーをお持ちの方、ペットを飼っている方などなど、やはり各自で最低限の備蓄を備えていただきたいと思っております。  備蓄品の一般的な原則は、御家庭での備蓄は最低限3日、市町村備蓄は最大避難者数の1日分、それ以上については他地域からの支援物資などで対応をすること、これが原則と言われています。  

可児市議会 2019-06-04 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-06-04

どんな介護を受けたいか、残されたペットをどうしたいか、空き家になると心配だ、ごみをどうしようか、農地をどうしようか。自分の気持ちを言う前に認知症等を発症して、自分の気持ちを決められないままという方もあります。不幸にして、お子さんの目が悪くなって、自分は年を重ねている、子供の将来が心配だという方もいます。

岐阜市議会 2019-03-03 平成31年第1回(3月)定例会(第3日目) 本文

現在は、女性や体が不自由な方への配慮を初め、ペットへの対応などさまざまな案件にも対応できるものとなっており、機会を捉えて自主防災組織を初め、地域の住民の皆様に周知しているところでございます。また、昨年の台風21号、24号の反省点から、わかりやすい避難所開設の初動マニュアルを作成し、初動時の注意事項なども周知しているところでございます。  

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

当日の役割として、受け付けとペット同行避難の啓発、展示パネルの説明役をいたしました。帷子地区として、大変多くの人が避難訓練参加してもらうことができました。今回の避難訓練参加した経験を踏まえ、以下の点について本市の見解をお伺いいたします。  本市の避難所は、ペット同行避難が可能となっています。

岐阜市議会 2018-11-04 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

本市において、残骨灰とは、火葬収骨後に遺族の方々が引き取られずに残った焼骨やペットなどの動物の骨、燃え残った医療器材などを合わせて残骨灰として扱っております。御遺体火葬については、人としての尊厳を尊重して丁寧に扱っており、残骨灰の処理においても同様の考え方で対応をしているところであります。  

各務原市議会 2018-03-13 平成30年第 1回定例会−03月13日-03号

しかし、本市の避難者カードでは、要配慮者、ペットの記載、あるいは外国語表記、こういったものには対応していないことから、避難者カードとしてはまだまだ不十分であるというふうに思います。避難所での生活を円滑に行うために必要な項目として追加し、避難者カードの充実を図ってはどうかというのが今回の質問の趣旨でございます。  

各務原市議会 2018-03-12 平成30年第 1回定例会-03月12日-02号

ペットを飼っている御家庭も少なくありません。それぞれの家庭環境に合った備蓄品を考えたときには、やはり各御家庭で備えるのが大原則であると考えます。  行政が全て賄うことができない事実を、改めてはっきりと市民の皆さんにお伝えするべきだし、仮に災害が発生したときの避難所がどんなきれいごとを言っても快適であるはずがない現実を知っていただかなくてはなりません。

大垣市議会 2017-09-15 平成29年建設環境委員会 本文 2017-09-15

また、青い枠の部分が各活動班で、避難スペースの配置や避難名簿の作成、各種情報の管理を行う総務班、食料物資の必要数の把握、管理等を行う食料物資班、トイレの確保やペット連れ避難者、要配慮者への対応等を担う衛生班で構成し、最低限必要な三つの班でできるだけコンパクトな体制としております。

各務原市議会 2017-07-19 平成29年 7月19日新庁舎建設調査特別委員会−07月19日-01号

◎管財課長(加藤雅人君) 環境政策課につきましては、ごみ、リサイクルペットに関することなど、市民の生活に密接に関連した業務を取り扱っている点を踏まえまして、新庁舎2階の市民窓口フロアに配置するとともに、部局連携を考慮した組織を今後検討してまいりたいと考えております。 ○委員長(川瀬勝秀君) 次に9番目に移りたいと思います。

各務原市議会 2017-06-16 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号

ほかにも、本市もよそごとではないペット同行避難についてですが、熊本地震で、ペット同行避難で断られ、相談600件が寄せられ、ペット連れのため避難所にいづらく、車中泊など不便な生活を強いられるなど課題となりました。  避難は人命優先が大原則ですが、環境省は、被災者の心のケアと動物愛護の観点からペットの同行避難を推奨しており、避難所仮設住宅ペットを受け入れるよう平成25年に自治体通知しました。

岐阜市議会 2017-06-03 平成29年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

名古屋城で話題のお堀の外来種の問題等もやはり飼えなくなったペットに関する問題が指摘されております。人の命は言うまでもないのですが、動物の命を守ることもまた自治体行政の大切なお仕事です。日々いただく御相談、御要望でありますが、毎年5月や6月は動物に関する相談の多い季節です。これは、特に都市衛生動物愛護、両面からのアプローチが求められるテーマであります。  

瑞浪市議会 2016-12-12 平成28年第5回定例会(第2号12月12日)

そこで、要旨オですが、癒しを求める高齢者ペットトラブルを解決するための課題はどのようかについて、経済次長にお伺いいたします。 ○議長(熊谷隆男君)  経済次長 小栗英雄君。 ○経済次長(小栗英雄君)  それでは、要旨オ、癒しを求める高齢者ペットトラブルを解決するための課題はどのようかについてお答えいたします。