1241件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-06-19 令和 元年第 1回定例会-06月19日-03号

2020年の東京五輪・パラリンピックの開催を契機とした共生社会の実現に向け、昨年5月に高齢者、障がい者等の移動等の円滑化に関する改正バリアフリー法が成立いたしました。この改正法では、駅や公共施設だけでなく、両者をつなぐ歩道への点字ブロック敷設など、移動の連続性が確保される点ではなく面としての一体的なバリアフリー化を推進するものです。  

岐阜市議会 2019-06-05 令和元年第3回(6月)定例会(第5日目) 本文

お風呂やトイレなどのバリアフリー化、耐震補強長寿命化とともに、住みかえを提供して、ここに住んでくださいという住宅について、バリアフリーとゆとりを持たせるような住宅リフォームを私は、やって、どうぞここに移ってくださいという丁寧な姿勢が必要ではないかと思いますが、これは、住みかえの対象者のみならず、将来も空き部屋で放ってくよりは、リフォームをして多くの皆さんに住んでいただけることにもつながる可能性もあると

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

平成12年度から平成29年度にかけて市内の自治会連合会単位で危険箇所の現地点検を行い、舗装や防護柵などの修繕を行うヒヤリハッと・バリアフリー点検整備事業を実施してまいりました。  また、平成16年度からは警察庁などが指定した歩行者や自転車事故件数が多い5地区において、地元住民と協働して、人を優先した安全で快適な道づくりを進めるゆとり・やすらぎ道空間事業を実施しております。  

各務原市議会 2019-03-26 平成31年第 1回定例会−03月26日-05号

「市道蘇南53号線道路改良事業費の今後の整備計画は」との質疑に、「バリアフリー化を進めるということであり、高齢化社会の到来に向けて安全で快適な歩行面の確保をしていくために、必要な措置を市民の皆さんと話し合って決定していきたい」との答弁。  「市道蘇北390号線ほか2道路改良事業では、31年度はどのあたりまで進捗になるか」との質疑に、「用地の取得と工事に着手したいと考えている。

各務原市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日建設水道常任委員会-03月19日-01号

市道蘇南53号線道路改良事業費は、六軒駅につながる蘇原中央通りのうち、蘇原沢上町3丁目から1丁目に至る区間において、歩道のバリアフリー化を進める工事でございます。  緊急対策踏切改良事業費は、踏切前後の道路に歩道がある市内4カ所の踏切において、踏切拡幅を行う事業で、蘇原六軒町2丁目のJR三柿野踏切で歩道を新設するための概略設計に係る費用でございます。  

大垣市議会 2019-03-14 平成31年建設環境委員会 本文 2019-03-14

主な増額理由でございますが、バリアフリー整備事業及び揖斐川橋修復整備事業における工事請負費の増によるものでございます。財源内訳でございますが、国県支出金が9,889万5,000円、地方債が9,980万円、その他1億2,010万円は道路占用料で、一般財源は4億6,090万5,000円でございます。次の178ページをお願いいたします。

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

今後の通学路の整備については、蘇原中央通りや蘇原中学校北の市道蘇北396号線など、歩道のバリアフリー化や新たに歩道を整備して、安全性と快適性を高める計画となっております。  通学児童安全確保は重要であるため、自治会保護者の皆様の御意見、御要望をお聞きしながら通学路の歩道整備を推進するとともに、引き続き生活道路での安全対策もあわせて進めてまいります。  

各務原市議会 2019-02-25 平成31年第 1回定例会−02月25日-01号

県支出金については、名鉄新那加駅バリアフリー施設改善事業の県補助分を計上するなど、対前年度当初比14.4%増の34億2463万2000円を計上しております。  市債につきましては、臨時財政対策債のほか、クリーンセンター基幹的設備改良事業に係る一般廃棄物処理事業債などの活用により、対前年度当初比39.9%増の33億3210万円を計上しております。  

各務原市議会 2018-12-21 平成30年第 4回定例会−12月21日-04号

債務負担行為小学校バリアフリートイレの改修と、小学校中学校避難所トイレ改修の概要は」との問いに、「小学校バリアフリートイレの改修事業としては、那加第三小学校、緑苑小学校、蘇原第二小学校の来客用のトイレ、小学校避難所トイレ改修事業としては、那加第三小学校、川島小学校、緑苑小学校体育館のトイレ、中学校避難所トイレ改修事業としては、緑陽中学校体育館のトイレであり、いずれも設計業務である」との

各務原市議会 2018-12-18 平成30年12月18日経済教育常任委員会−12月18日-01号

第3表債務負担行為補正は、平成30年度以降にわたって債務を負担することができる事項を追加して定めようとするもので、当委員会が所管する事項は、7行目になりますけれども、勤労会館運営管理事業、1つ下の8行目の産業振興施設運営管理事業、下から2行目から次ページの事業になりますが、小学校受変電設備整備事業、小学校バリアフリートイレ改修事業、小学校避難所トイレ改修事業、中学校受変電設備整備事業、中学校避難所トイレ

各務原市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会-12月12日-02号

◎企画総務部長(鷲主英二君) ひょっとしたら杉山議員の御認識として、都市計画事業というものは何か新たにつくるというようなイメージをお持ちかもしれませんが、実はそうではなくて、既に平成27年に国土交通省のほうから運用指針というものが出ておりまして、ちょっと簡単に読み上げますと、都市計画施設の整備にはバリアフリーや老朽化対策耐震補強などを実施することも含まれるというようなことで進んでおりますので、ですから

岐阜市議会 2018-11-04 平成30年第5回(11月)定例会(第4日目) 本文

しかし、残念ながらこの改正法案では地方バリアフリー施策は不確かなものしかなく、建物関係の改善策もほとんど先送りにされたようであります。2000年に施行された交通バリアフリー法により、都市部においては公共交通機関バリアフリー化は確かに進みましたが、地方において乗降客が3,000人未満の駅の整備率は20.8%しかなく、国会審議の中でもその改善の取り組みが強く求められているのを耳にいたしました。

岐阜市議会 2018-11-03 平成30年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

初めに、JR岐阜駅におけるバリアフリー対策についてお尋ねをいたします。  一昨年の6月、9月、そして昨年の6月議会と3回にわたりまして質問をさせていただきましたJR岐阜駅におけるバリアフリーへの対応について再度お尋ねしたいと思います。これまでにもお尋ねをしておりますので、既に御承知の方もいらっしゃるとは思いますが、改めてJR岐阜駅のバリアフリーの状況について振り返ってみます。  

岐阜市議会 2018-11-02 平成30年第5回(11月)定例会(第2日目) 本文

3番目に、バリアフリー化への取り組みについてです。  11月15日発行の広報ぎふには、新庁舎のバリアフリー化への取り組みが紹介されています。  案内では18階全てに男女トイレのほか、多目的利用ができるトイレが設置されます。乳幼児のおむつ交換台や子ども連れにも使いやすい空間です。オストメイト用の汚物流し台が設置されます。