44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大垣市議会 2018-03-16 平成30年経済産業委員会 本文 2018-03-16

続きまして、特産物プロモーション事業につきましては、先ほども御説明しました委託料の部分と補助金の部分と二つの組み立てになっておりまして、委託料につきましては、これは、どちらかというと旧大垣地域、墨俣地域の平坦地域で栽培しております地域振興作物とか、あと、ナシとか、イチゴとか、花とか、そういった栽培をしております。

大垣市議会 2010-09-13 平成22年第3回定例会(第2日) 本文 2010-09-13

市独自の農業施策といたしましては、農薬化学肥料を低減したナシやレンゲ米等、安全・安心な農産物の栽培を推進しております。また、集落営農組織認定農業者といった意欲ある農業の担い手を育成するため、機械の導入や麦、大豆の作付拡大、農地の利用権設定に対する支援などを行っており、今後も継続的に経営の安定が図られるよう努めてまいります。  

大垣市議会 2008-09-12 平成20年文教厚生委員会 本文 2008-09-12

4の農作物被害状況につきましては、水稲の冠水11haは上石津地域及び杭瀬川河川敷の冠水被害、大豆の冠水1haは大谷川右岸、荒川町の転作田、ナシの冠水0.1haは杭瀬川河川敷、また畜産飼料被害37haは揖斐川及び杭瀬川河川敷でのそれぞれ冠水被害でございます。5の避難状況につきましては、勤労者総合福祉センターなど開設いたしました4ヵ所で合計44人となっております。

大垣市議会 2008-09-12 平成20年企画総務委員会 本文 2008-09-12

4の農作物被害状況につきましては、水稲の冠水11haは上石津地域及び杭瀬川河川敷の冠水被害で、大豆の冠水1haは大谷川右岸の荒川町の転作田のもので、ナシの冠水0.1haは杭瀬川河川敷での、畜産飼料被害37haは揖斐川及び杭瀬川河川敷でのそれぞれの冠水被害でございます。  5の避難状況につきましては、勤労者総合福祉センターなど開設いたしました4ヵ所で合計44人となっております。

大垣市議会 2008-09-11 平成20年建設環境委員会 本文 2008-09-11

ナシ、冠水0.1ha、これは杭瀬川河川敷での被害でございます。畜産飼料被害、イタリアンライグラス37ha、これは杭瀬川、揖斐川河川敷での被害でございます。  5、避難状況でございますが、勤労者福祉センターに22人、静里小学校0人、時山生活改善センター6人、上石津農村環境改善サブセンター16人の計44人でございます。

大垣市議会 2008-09-09 平成20年第3回定例会(第3日) 本文 2008-09-09

ちなみに、今までに投入したものは、スイカが2個分、卵の殻が70個、バナナの皮が40本ほど、そのほかメロンナシリンゴにグレープフルーツなど果物の皮、そして野菜などもたくさん入っています。また、魚の頭や内臓、骨などさまざまな生ごみが投入されています。それにもかかわらずあまり臭くなく、中身もそんなにふえていないのが不思議です。生ごみを分解してくれるのです。

大垣市議会 2008-06-12 平成20年経済産業委員会 本文 2008-06-12

大垣市で該当するのが曽根町4丁目の平野井川東のナシ畑4.4haで、図の中で大垣市と表示してございます右側部分、ここは受益面積全体の3.8%に当たります。最南端の大垣市津村町地内に排水機場がございまして、黄色の丸が既設の排水機場の位置で、赤丸が建設予定地でございます。3の事業費は、約12億円でございます。

大垣市議会 2008-03-10 平成20年第1回定例会(第2日) 本文 2008-03-10

農作物では、県が認証する農薬化学肥料を削減したぎふクリーン農業を推進しており、現在、レンゲ米、ナシ等、24件が登録されております。このぎふクリーン農業への登録は3年ごとに更新することとし、更新には残留農薬検査が義務づけられてまいりましたので、検査費用の一部を補助し、ぎふクリーン農業の登録を推進してまいります。

岐阜市議会 2007-03-13 平成19年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2007-03-13

このようなことが起きてまいりますが、特にですねえ、県の農林技術センターあたりでは、カキナシ稲作もみんな網がかぶせてありまするけれども、一般の我々の農家では、とてもそれだけはできない。費用の面からもとてもできないと、手間の点からもできないというようなことを思うわけでありまするが、さらに、それにつけ加えてですね、近年は野獣対策に頭を悩めている農家が非常に多いと。

各務原市議会 2006-06-20 平成18年第 2回定例会−06月20日-03号

ここで非常に重要なことは、一律の基準値の設定により、同じ農薬でも作物ごとに基準値は異なり、中国産のホウレンソウから検出されて問題となった殺虫剤クロルピリホスだと、ホウレンソウやゴボウカキは一律0.01ppm、各務原特産のナシは0.5ppm、コマツナやミカンは1ppm、アスパラガスは5ppm、お茶は10ppmと、作物により異なります。

各務原市議会 2006-03-13 平成18年第 1回定例会−03月13日-02号

ナシの木の下で冠を直していると、それを見た知らない人はナシを取っているのではないかと疑いを持つと、人から疑惑を持たれるような言動をしてはならないよということでした。私は、その忠告を守ってきたつもりでございます。最も重要なことは、みずから積極的に情報公開するとともに、経緯・経過等も含め、説明責任を果たすことに尽きると思います。特に議会の答弁などは、説明責任を果たす最高の場であります。

岐阜市議会 2004-03-15 平成16年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2004-03-15

例えば、イチゴ、ミカン、バナナは簡単に皮をむいて口に入れることができますが、カキナシリンゴなどを食べるときには、ナイフや包丁を使わないと皮をむいて食べることができません。以前鉛筆を削るのに、ほとんどの子供がナイフを使えないので、先生の指導のもとナイフを使って鉛筆を削る練習をしているということを聞いたことがあります。

岐阜市議会 2003-09-17 平成15年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2003-09-17

その被害予想額につきましては総額で約3億9,500万円となり、被害率が最も大きい作物は枝豆の30%、ブドウの28%、ナシの23%で、この3品目の合計被害予想額だけで総額の83%を占める結果となりました。また、水稲につきましては農水省発表による岐阜県の生育概況ではやや不良となっておりますが、調査結果では早植え栽培米が4%、普通植え栽培米が2%の減収見込みとなりました。