2059件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岐阜市議会 2019-09-07 令和元年第4回(9月)定例会(第7日目) 本文

次に、健康部関連では、7月に発覚したがん検診結果の誤通知について、再発防止策を尋ねられたところ、当局からは入力ミスを防止するため、今年度は委託検診機関から送付された受診票の写しを送付していること、来年度以降については、検診結果の電子データでの受領や、受診票の複写式への変更などの検討を行っているとの答弁がされたのであります。  

岐阜市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

少し典型的な用途事例を挙げるとすると、音声データをテキストデータに変換する音声認識、手書き文字をテキストデータに変換するAI─OCR、端末上の操作をそのままコピーして再現、自動化するRPA、ホームページに掲載する文書を外国語に翻訳する自動翻訳、住民等からの問い合わせに自動で回答するチャットボット、特定健診のタイプ別受診勧奨通知結婚のマッチングなどのマッチング、人の流れや交通量予測、河川の水位予想など

岐阜市議会 2019-09-04 令和元年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

この報告書は2025年・令和7年度を目標に世界最先端の教育環境の実現をうたっており、そのために先端技術効果的活用として、遠隔教育教育ビッグデータ、ICT環境整備、これはSINET、サイエンス・インフォメーション・ネットワークの活用を主として、大きく3つのカテゴリーに分けられており、そのタイムスケジュールが組まれております。

岐阜市議会 2019-09-03 令和元年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

こうした背景を受け、国土交通省では、ことしの3月から4月にかけて、関係する省庁と連携し、新技術、官民データをまちづくりに取り入れ、持続可能で分野横断的な取り組みを目指し、都市地域の課題に係る解決策、いわゆるソリューションシステムを実装する事業として、全国の自治体及び民間事業者を構成員とする協議会に対し、スマートシティモデル事業への参加を公募。  

各務原市議会 2019-06-28 令和 元年第 1回定例会−06月28日-04号

今後も母子手帳を見せていただくか、国で統一されたデータを全国的に入力し情報連携することで、より正しい、より多いデータの連携ができるということになる」との答弁。  質疑を終結し、討論を許したところ、討論はなく、採決の結果、賛成全員で議第1号は原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、議第2号を議題とし、提出者の説明の後、委員の質疑を許したところ、若干の質疑がありました。  

各務原市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日民生常任委員会−06月24日-01号

ただ、今回情報連携ができるということになりましたので、国のほうで統一されたそういったデータを全国的に入力、情報連携することができるようになりましたので、今後につきましては、母子健康手帳は見せていただきますけれども、より正しい、より多いデータの連携ができるということになります。以上です。 ○委員長(岩田紀正君) ほか質疑はありませんか。   

各務原市議会 2019-06-19 令和 元年第 1回定例会-06月19日-03号

警察庁交通局がまとめた平成29年交通事故統計データによると、交通事故の半数以上が交差点部で発生しており、そのうち車両同士による事故が約9割を占めております。これまで交通量の多い交差点では右折待ち車両によって発生した渋滞や追突、無理なすれ違いなどによる事故危険を解消するため、右折レーンを新たに設置する交差点改良を実施しております。  

各務原市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-02号

オンライン入力での台帳登録やエクセルからのデータ転記などの定型作業など、RPAを活用した業務の効率化が自治体にも広がってきております。例えば、時間外勤務の集計や報告作業など、大量の確認が伴う定常業務や国からの統計調査業務にRPAを適用して、人手と時間を要する入力、集計、メール送信、資料作成などを自動化し、作業時間の大幅削減、作業負担の軽減、ミスの防止効果などが実証されております。

大垣市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2日) 本文 2019-06-10

また、商品データをQRコードに変換して印字し、お客様のアプリで読み取ってもらえれば全ての機器の操作をお客様御自身に行っていただくことも可能です。導入費用が比較的安価に抑えられ、使い方によっては無人店舗でも運用可能なQRコード決済は、人手不足の解消や遅々として進まないキャッシュレス社会への移行の起爆剤として高い関心を集めております。

瑞浪市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会(第3号 6月 7日)

また、これらの事業を行う際には、エビデンスに裏づけされた情報の提供や、個人の検査データを用いて保健指導を実施しているところでございます。  今後、市としましては、妊娠期・乳幼児期・学童期・青年期など、ライフステージにかかわる部署、主に職員ということになりますが、情報共有し、女性の健康課題を共通認識するとともに、市民に向けてわかりやすく情報発信をしてまいりたいと考えております。  

瑞浪市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第2号 6月 6日)

加えて、アンケート結果についても、定住者と移住者とで分けて分析されると、より次の制度設計について参考になるデータになると思いますので、ご一考いただければ幸いです。  と言いますのも、定住希望の方と移住希望の方とでは、支援ニーズというのは当然異なるものだと私は思っております。定住を促す支援策と移住を促す支援策とで制度を分けたほうが、より有効制度になるのではないかなと個人的には感じております。  

可児市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019-06-05

特にどしゃ降りの後については、ぴっとデータが。だから、カドミウムもさまざまなものが出てくるということについては、現実です。だから、人間がやることですので、可能な限り、99%詰めていったつもりなんだけど、想定を超えていろんなことが起きるので、可能な限りこういう汚染土壌を野積みする、そこに後追いで対策をとっていくというやり方では、環境は本当に守れるのか。

恵那市議会 2019-06-03 令和元年第2回定例会(第1号 6月 3日)

恵那市にも大変関心のあることで、不明土地・家屋、これについて岐阜県または恵那市での総件数、わかる範囲のデータで結構ですけども、わかればお願いします。  それから、発生をする理由、多い順、どういうものが多いのか、それについてお伺いいたします。  3つ目、不明土地の解決を求める理由、なぜ不明土地を整理しなきゃならんのか、これらについて多い順に教えてください。  

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

また、本市とソフトバンク株式会社及び株式会社トヨタオートモールクリエイトが連携し、新技術や官民データをまちづくりに取り入れ、地域の課題に係るソリューションシステムを実装するスマートシティに取り組むこととしております。  次に、メルカリ、メルペイとの協定締結についてでございます。  

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

市内の犯罪被害者が、今、どのような現状かとの質疑には、恵那市では、犯罪被害に係る相談は29年度以降のデータではない。県内では、岐阜犯罪被害者支援センターが行っている支援活動において、平成29年度の相談件数は333件、殺人、傷害致死、暴行、傷害等の被害報告件数が488件となっているとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全会一致で議第2号は原案のとおり可決すべきものと決しました。