554件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瑞浪市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3号 9月19日)

コンクリート材料や鉄を使用しても、40年、50年たてば耐用年数が過ぎ、インフラが老朽化して、2012年12月の中央自動車道笹子トンネル天井版崩落事故は、今も覚えている方も多いのではないかと思います。  インフラの老朽化への対策としては、2013年11月にインフラ老朽化対策の「インフラ長寿命化基本計画」が策定されました。  

大垣市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-09-09

一般的にブロック塀と言われる塀は、主に鉄筋が入る補強コンクリートロックづくりを言います。そして、コンクリートブロック塀には、地震の発生時に倒壊するおそれのあるものが多いと言われております。通路に面したブロック塀等が倒壊すると、直接の被害だけでなく通路が塞がれ、災害時の避難を妨げることにもつながります。生け垣やフェンス等、耐震対策が必要となります。

岐阜市議会 2019-09-05 令和元年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

昨年6月の議会最終日の25日、大阪府北部の地震災害で大きな問題となったコンクリートブロック塀対策について、早急な対策を、改善を求めて申し入れを行いました。  申し入れの内容は、ブロック塀の調査報告が平成30年6月22日に岐阜市教育委員会から岐阜市議会議員各位になされました。しかしながら、報告と同時にあるべき改善方針が明示されていませんでした。

可児市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019-06-05

2014年12月12日に総務企画委員会の資料4で配られた、この写真がそうなんですけど、本当に200メートルを超えるような大きなアーチ橋ができていたり、これは先ほど私が言った奥磯林道の鉄とコンクリートの塊がずどーんと林道の頭の上をかすめ通るようにして通っていきます。そういうことが、景観だけではなく、まさにこの歴史的な価値を持つ地域存在にとってはふつり合いで、なかなか納得できるものではありません。

岐阜市議会 2019-06-05 令和元年第3回(6月)定例会(第5日目) 本文

そういってちょっと隣のぞけば洗濯もん干してあって、おはようって声かけられる、下町の人情が育つのが私は長屋形式だと思ってますが、そういう生活を50年やってきた方が、あのコンクリートの塊の4階から5階のアパートの密室に入るということに抵抗を感じても不思議でないと私は思います。アパート形式の住まいへの住みかえに不安を抱いて当然だと思います。  さらに、そのアパート形式の住まいも、大変古いんです。

岐阜市議会 2019-03-01 平成31年第1回(3月)定例会(第1日目) 本文

(b)各種承諾図書、工事記録写真等の請負人提出書類        鋼管杭の外周モルタル・中詰コンクリートをセメントミルクへ変更する図       書が提出され、承諾されている。        写真管理は、「岐阜県建設工事施工管理基準」に基づき計画され、撮影さ       れている。   

瑞浪市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号12月11日)

なお、先ほど南側に拡幅するとしたらどのようにするかというご質問もありましたので、既存の水路の上にコンクリート製の張り出しなどを設置して拡幅ができないかなというふうに考えております。  以上であります。 ○議長(熊澤清和君)  4番 大久保京子君。 ○4番(大久保京子君)  ありがとうございました。結局、拡幅して、不足分1.5メートルということになるんで、南側にということで。

各務原市議会 2018-11-08 平成30年11月 8日新庁舎建設調査特別委員会−11月08日-01号

必要以上に掘って、コンクリートを張らなくちゃいけないということになります。かなりのコスト増にはなってくると思っています。 ○委員長(岡部秀夫君) そのほか、よろしいですか。   (挙手する者なし) ○委員長(岡部秀夫君) 本件は説明のとおり確認いたします。  続いて、新庁舎建設工事発注方式について、執行部の説明を求めます。

各務原市議会 2018-09-12 平成30年第 3回定例会−09月12日-02号

さらに、近年、公共事業や民間事業での資材の使用は、採土した材料からコンクリート殻などの再生資材への転換が図られており、採土材料の利用機会が減少傾向であり、今後、各務山の採土が著しく進捗することは期待できない状況です。  こうした背景のもと、作成した基本構想につきましては、事業化されました1工区約15.6ヘクタールに続く2工区以降につきましては、事業の実現性を検証いたしました。

岐阜市議会 2018-09-05 平成30年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文

昨日、松原徳和議員も触れてみえましたが、学校施設におけるコンクリートブロック塀問題です。この2つの事例に共通する点は、ともに命にかかわる問題を内包していることです。不適格なコンクリートブロック塀存在すること、過労死につながる長時間労働を許容する労使協定が結ばれていること、これらの報告を聞いて、私たち議員は、はい、そうですかと認めることができるのでしょうか。  

岐阜市議会 2018-09-04 平成30年第4回(9月)定例会(第4日目) 本文

無所属クラブは、6月議会最終日の25日に、学校施設におけるコンクリートブロック塀の調査報告等に係る早急改善要望を柴橋市長に提出。市長は同月29日に対策ブロック塀撤去費用補助制度新設を発表されました。柴橋市長の迅速な対応に、改めて高く評価をするところです。  その後、北海道震度7の地震が発生しました。近年大規模災害がふえております。  そこで、以下、都市建設部長に伺います。  

岐阜市議会 2018-09-03 平成30年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

〔私語する者あり〕 それによりますと、岐阜城は、去る9月10日、11日の両日にコンクリートのコア抜き、すなわち劣化状況調査を行い──これ、サンプルをとったわけですね、──10月の末までに耐震診断、その後、12月に耐震評価委員会が開かれ、平成31年1月には報告書の修正、仕上げを行い、3月20日ごろに全ての作業が完了する予定だそうです。