160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

各務原市議会 2019-06-18 令和 元年第 1回定例会-06月18日-02号

自治会要望や道路交差点改良などのタイミングで、ガードパイプやガードレールの設置を行っていますが、今回の大津の事故のような事故を二度と発生させないと、早期に対応していただけるこの各務原市を大変誇りに思います。  そこで、改めて新聞等で公表された内容について3点お伺いいたします。  1点目、大津市事故を受けて本市はどのように調査を行ったのか。  2点目、これらの調査により把握した課題は。  

瑞浪市議会 2019-06-06 令和元年第3回定例会(第2号 6月 6日)

テレビ番組では、専門家の方々が「たられば調」で実験・検証を行っていたときに言っていたことで気になったことは、一つ「車両が最新のブレーキアシスト仕様であったら」、一つ「交差点に適切にガードレール等の構造物の設置があったら」と、いろいろ申しておりました。  事故の教訓と言ってしまいますと、まことに事務的なんですが、省みることはとても大切なことだと思います。  

岐阜市議会 2019-06-03 令和元年第3回(6月)定例会(第3日目) 本文

その内容を見ますと、まず1つ目に、通学路や園児の移動経路等の安全確保として安全点検の実施、2つ目に、点検結果を受け危険箇所と判断された場合におけるガードレール標識等の適切な整備、3つ目に、ゾーン30の整備加速と未就学児が活動する地域であることをドライバーに知らせる(仮称)キッズゾーンの新設、4つ目に、関係機関の連携の構築、5つ目に、それらの政策実現に向けた財政措置とあります。  

岐阜市議会 2019-06-02 令和元年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文

今後、岐阜市として、国、岐阜県、県警など道路管理者と協議をした上で、防護柵、ガードレールが必要かの判断をし、設置を進めるとしています。  今回の緊急点検については、小学校保育所などに対して、あくまでも信号のある交差点ということになっています。確かに信号が設置されている交差点については一定の交通量があり、危険な箇所としての点検は必要と考えます。

各務原市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会−03月12日-03号

この道路は将来的に通過車両の増加が懸念されたため、鵜沼南町7丁目地内では道路を狭くする狭窄部の設置を社会実験により行いましたが、地元の合意を得られず、部分的なガードレールの設置と路肩への反射板の設置対策を行いました。  また、鵜沼山崎町8丁目地内では、小学校に伺い、保護者の方々から直接御要望をお聞きし、通行帯となる路肩を広くとり、カラー化する対策を行いました。  

可児市議会 2018-12-04 平成30年第5回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-12-04

以前、歩道にはガードレールがなかったのですが、ガードレールがつきました。こちらも周遊コースとして安全に通行できるようになったと思っております。  中濃大橋から鳩吹山方面へ、これも堤防の上を歩いていくような形になります。距離もほどほどありまして、見晴らしもよく、舗装もなされましたので、サイクリングなどをすると大変気持ちいい場所になるのかなあというふうに思っております。  

可児市議会 2018-08-30 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-08-30

ガードレールに沿って緑地帯がございますので、奥にまた扉があります。緑地帯を含めて草刈りや枝の伐採をしている現状であります。歴代の先輩方からこの管理を引き継いでおり、どこまでを管理したらいいのかは考えずに無我夢中で、善意でかなりの面積の草を刈って、景観をきれいにしてくれております。  

各務原市議会 2017-12-13 平成29年第 5回定例会−12月13日-02号

早期に横断歩道の設置とガードレールを設置した歩道等整備が必要と考えます。  そこでお伺いいたします。那加メーンロードの歩道等整備促進計画の進捗状況はどうなっていますか。  次に、飛行場通りの整備の考えをお伺いします。  過去の2006都市計画マスタープランでは、市役所前メーンロードから国道21号までの道路を、1つ、都心ルネサンス地区整備方針は拡幅整備でありました。

各務原市議会 2017-06-16 平成29年第 2回定例会−06月16日-03号

このような状況の中、地元からの要望に基づき、通学児童を含めた歩行者の安全確保と通過交通速度抑制を図るため、桜木町地内では2車線道路を1車線に絞り、路肩にガードレールやカラーポールを設置しました。またこれ以外にも、自治会要望に基づき、岐阜県公安委員会に対して交通規制の要望を行い、現在この道路制限速度30キロメートルと大型車の進入禁止の規制を行っております。  

土岐市議会 2016-12-07 平成28年第5回 定例会-12月07日−02号

そういった中で、子供ルールを守って登下校しているところで大人がルール違反をしたことによって引き起こされた、そういったとんでもない事故だったと思いますが、ルールやモラルを守らせることは当然やっていかなくてはいけないと思いますが、やはりそういった被害を生み出さないように、ガードレールの整備など、事前対策をソフト・ハード両面で行っていくことが大事だと考えています。  

岐阜市議会 2016-09-06 平成28年第4回(9月)定例会(第6日目) 本文

臨時に表示する葬儀案内看板の掲出であっても、道路交通安全を妨げること、信号機、 電柱ガードレール街路樹などに表示・設置することは禁じられており、道路法道路 交通法においても規制されている。  よって、岐阜市議会は、市民共有財産である良好な景観を守り、安全で安心なまちづ くりを推進するために、葬儀会場各社が葬儀案内看板を掲出する場合には、関係法令を遵 守し、適正に掲出するよう求める。  

恵那市議会 2015-12-14 平成27年第5回定例会(第2号12月14日)

ちょうど津島神社という神社がありますが、その左岸のとこには、高校生の通学路にもなってますけども、危険な箇所が非常に多くて、ガードレールがないところがあります。なくて、例えば、夕方、今、暗くなる時期ですので、車の関係なんかでガードレールがないところにころころっと落ちてしまったと。そのところに、普通は斜めに行くんですけど、下に生活用水の障害物があって、そこにコンクリートのどんとした桝があるわけです。

岐阜市議会 2015-06-04 平成27年第3回(6月)定例会(第4日目) 本文

通学路の安全対策につきましては、過去に京都府亀岡市を初めとしまして全国的に登下校中の児童との交通事故が連続して発生しましたことから、本市としましても、従来のガードレールやカーブミラーの設置などの安全対策に加えまして、平成24年度より新たに「みんなでまもロード整備事業」を開始しております。  

各務原市議会 2015-03-11 平成27年第 1回定例会-03月11日-02号

1.幅員が広い道、構造上可能な道路において、ガードレールや横断防止柵、植栽等を設置して、歩道と車道を分離することができたところは。  2.地下道等の児童等に対する犯罪発生の危険性が高い道路において、防犯カメラ、防犯ベル、赤色灯、緊急通報装置等の防犯システムを設置したところは。  3.信号機や横断歩道等の必要な設備が設置できるよう環境整備に努めたところは。  

可児市議会 2014-12-04 平成26年第6回定例会(第2日) 本文 開催日:2014-12-04

そこで第1点の質問ですけれども、昨年度における地区要望で提出された市道の面整備、いわゆるガードレールをつけてくれとか、そういう話じゃなくて、改良とか補修でございますけれども、それに関する要望件数と要望に対する実施件数をお聞かせいただきたいと思います。また、実施した場合の判断基準もあわせてお願いしたいと思います。  

恵那市議会 2014-03-17 平成26年第1回定例会(第3号 3月17日)

つけて、完成したそのすぐ後に横滑りで縁石に乗り上げ、反転してガードレールで止まったと。なければ田んぼまで落ちていたと。大きい事故につながっていると思いますけども、過信をやっぱりするわけです。ここは散布機があるで大丈夫だろうと。地元の人はわりかしわかっているんですが、やっぱり通勤などで使われる方なんかは、信用してガッときちゃうということで、事故なんかも2回ありました。  

土岐市議会 2013-12-06 平成25年第5回 定例会-12月06日−03号

とりわけ道路環境について、カーブミラー、ガードレール、歩道の整備、道路標識の設置など、特に最近はドライバーや歩行者に注意喚起を促す道路のカラー舗装がなされております。  最近、「ゾーン30」という交通安全上の対策を知りました。新たな生活道路対策として平成23年の日から取り組みを開始し、平成28年末までに全国で約3,000カ所を整備することを目標としているようであります。

可児市議会 2013-09-11 平成25年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2013-09-11

水害から既に3年、一度もこの地域での住民説明がない一方で、実はこれまで使えていた可児市の道路が1カ所、ガードレールでとめられております。これは、もうじきそこに道路を新しく新設するということが本決まりになりそうだということで、そうしているとのことでありますが、たまたまそこを使う住民もおったりしまして、住民の声には十分かみ合っていない状況がある。