200件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

瑞浪市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会(第3号 6月 7日)

ヨーロッパアメリカオーストラリア旅行会社や各種団体を60社、国内からも60社、計120社をお招きして、ゴルフによるインバウンドの誘客を目的として開催されます。この試みには、スポーツ庁も大きくかかわっているとのことでした。  現在、スポーツ庁では、スポーツツーリズムの「モデル事業」を検討されているとのことです。

可児市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-03-06

一方、可児市はオーストラリアレッドランド市と交流をしています。このオーストラリアは、御存じだと思うんですが、乾燥大陸なので非常に環境に厳しい。自分の家の庭の木も勝手に切っちゃいかんのですね、これは。枝を切るのすら許可が要ると、そういう国のまちと今は国際交流をしているということで、これは私が議員になるちょっと前の話で恐縮なんですが、シドニー日本人の小さな子供に髪の毛が茶色の子が結構いるんですね。

大垣市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 2018-09-10

地震と何かホテルラッシュだそうで、オーストラリアからどんどんホテル進出が来てると。もうあっと言う間にこの地震とか災害があったので、鉄の値段が大きく上がっていきます。ということは、エアコンの値段も上がってくるんですよ。  それと、これだけ大きく全国区で国が補助金を出すかもしれないということで申請をどんどん出されているわけですよ。

可児市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-06-07

確実に計画どおり進むことを祈念したいと思いますが、ちょっと最初に触れました国際交流ということ、ちょっと目新しいかと思うんですが、神野学園そのものは非常に国際視野の広い学校でございまして、可児市も今、オーストラリアレッドランド市と、中学生、高校生が行っておりますが、その方面での連携といいますか、そのようなことはお考えでしょうか。

大垣市議会 2018-03-20 平成30年企画総務委員会 本文 2018-03-20

19負担金補助及び交付金4,537万2,000円につきまして、国際交流協会運営補助金2,775万1,000円は職員5人の人件費などに対する運営補助金で、国際交流協会事業補助金1,750万円は、オーストラリア・グレンアイラ市への小中学生派遣事業補助金277万2,000円、ドイツ・シュツットガルト市への中学生派遣事業補助金283万円、アメリカ・ビーバートン市、ユージーン市への高校生派遣事業補助金290万円及

可児市議会 2017-12-21 平成29年第5回定例会(第4日) 本文 開催日:2017-12-21

この組織は、2007年に核兵器廃絶を目指して、わずか数名の若者が声を上げてオーストラリアで設立されましたNGOの連合体でございます。現在では世界100カ国の約470団体で構成されており、とりわけ日本被爆者との連携が活動を大きく前進させたと言われています。いわば草の根の地道な活動から、国連という公的な場で参加国の6割を超える条約採択へとつながってきたものです。

大垣市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2日) 本文 2017-12-11

公園野球場では、2014年には、日本中国オーストラリア代表3チームによる国際女子ソフトボール大会(OGAKI CUP)が、また、翌年2015年には、日本アメリカオーストラリア台湾代表4チームによる国際女子ソフトボール大会(JAPAN CUP)が開催されるなど、大会運営ノウハウは着々と蓄積されてきていると思います。

岐阜市議会 2017-09-03 平成29年第4回(9月)定例会(第3日目) 本文

どのようなことかと申しますと、数カ月前に、その社長さんの経営されるホテルに4人のオーストラリア人の家族の方が4日間宿泊されたそうです。普通は1日、長くても2日というお客さんが多い中で、4日間宿泊されたということに興味を持たれ、お話を聞かれたそうです。そうしましたら、岐阜を拠点に日帰りで行けるいろんなところを訪問したと。

土岐市議会 2017-06-13 平成29年第3回 定例会-06月13日−03号

また、フランスでは100近くのフードバンク団体があり、カナダイギリスオーストラリアなど多くの国で活動をしております。  日本では、2000年以降に設立し始めたんですが、海外に比べるとまだまだ十分に認知されていない状況です。食品ロス問題を訴えるに当たり、廃棄量の削減だけを推進するのではなく、フードバンクなどの社会貢献活動や企業努力など、さまざまな力を結集して取り組む必要性を感じます。  

可児市議会 2017-02-24 平成29年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2017-02-24

さらに、子供たちのコミュニケーション能力の向上等のため、中学生、高校生をオーストラリアレッドランド市に派遣する事業を引き続き行います。  これらの事業を行うためには、ボランティアの皆さんとの連携が不可欠となりますので、ぜひとも一層の御協力をお願いいたします。  次に、魅力と元気をつくる取り組みについてです。  

可児市議会 2016-09-07 平成28年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2016-09-07

2項目めのオーストラリアレッドランド市としての交流事業につきましては、ぜひ市長の総合的な見解もお伺いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  では、まず1項目めです。リニア中央新幹線の当市走行部分についての現状進展状況と今後の対応というテーマです。  御承知のようにリニア中央新幹線は、今から約11年後、2027年に名古屋東京間286キロ区間で開業する計画です。

可児市議会 2016-09-06 平成28年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2016-09-06

可児市の場合では、教育及び文化における相互協力に関する協定締結しておりますオーストラリアレッドランド市から来日する大会関係者がいるならば、今後、可能性として考えられますが、現在、ホストタウンとして登録している自治体は、姉妹都市としての交流や相互自治体歴史的な背景など何らかのつながりがありますので、可児市がホストタウンへの登録をするのは難しい状況であると考えております。

大垣市議会 2016-03-17 平成28年企画総務委員会 本文 2016-03-17

19負担金補助及び交付金4,179万5,000円につきまして、国際交流協会運営補助金2,546万4,000円は職員5人の人件費などに対する運営補助金で、国際交流協会事業補助金1,621万円は、オーストラリア・グレンアイラ市への小中学生派遣事業補助金267万7,000円、ドイツ・シュツットガルト市への中学生派遣事業補助金269万2,000円、新たにフレンドリーシティー交流を始めたアメリカ・ビーバートン

可児市議会 2016-03-08 平成28年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2016-03-08

また、3年ほど前からオーストラリアとの交流を少しずつ進めていただいておりましたけれども、以前オーストラリアからお見えになったときには今の川合議長のところにもお世話になったようで、酒井議員のところもお世話になったようでございますけれども、実際また向こうからいろんな方が見えたときのこちらの受け入れ体制というのはどのように今構築されてきているのかなといったことを1番目はお伺いしたいというふうに思います。

羽島市議会 2015-12-22 平成27年 12月 定例会(第5回)-12月22日−06号

その枠外でのアメリカオーストラリアからの主食用米の無関税輸入枠7万8,400トンの設定や、セーフガード緊急輸入制限措置の将来的撤廃などの要求に日本政府は屈しております。 これは、安倍政権が自動車製薬などの多国籍企業の利益を優先して、国民安全健康農業を犠牲にしていると言えます。

大垣市議会 2015-12-14 平成27年第4回定例会(第2日) 本文 2015-12-14

女性の働きやすさ指標、スウェーデンノルウェーフィンランドアメリカカナダオーストラリアフランスといった国は合計特殊出生率も、一時的にはどの国も下がりましたが、現在は回復に向かっているというのは、女性の働きやすさ、男性の育児参画と比例をしており、夫の育児休暇が義務づけされ、男性の育児参加政策的に進められております。  

可児市議会 2015-12-08 平成27年第6回定例会(第2日) 本文 開催日:2015-12-08

可児工業高校では、可児市産業フェアに参加地域との交流を図ったり、また当市の紹介により、オーストラリアレッドランド市のクリーブランド高校と姉妹校提携を結び、インターネットを利用した中継交流により相互のふるさとのよさを交換したりしております。可児高校では、議会主導でございますが、地域課題解決型キャリア教育を実施するなどの取り組みが推進されているところであります。  

可児市議会 2015-12-01 平成27年第6回定例会(第1日) 本文 開催日:2015-12-01

平成27年11月19日には、オーストラリアレッドランド市との間で、教育及び文化における総合協力に関する協定締結いたしました。また、外国の市長として初めてレッドランド市議会でスピーチを行い、可児市の紹介やPRなどを行いました。レッドランド市は、美しい海や貴重な動物に恵まれた自然あふれる地であると同時に、経済発展が急速に進みつつある地であります。