623件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

恵那市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4号 3月20日)

予防接種事業費の説明で、出生数が減少したため減額したと聞いたが、減額分を高齢者のインフルエンザ等の負担に充てる考えはないかとの質疑には、出生数の減少と予防接種の接種率が悪かったため、前年度実績により予算を減額している。子どもの予防接種補助だけでなく、高齢者にも助成はしているとの答弁がありました。  

各務原市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-02号

家畜伝染病について、過去、鳥インフルエンザ、口蹄疫と記憶に新しく、私たちの地域の畜産規模は決して大きいとは言えませんが、大切な地域の特産品であり、安全・安心の食を担う日本の農畜産業、守っていかなければならない、守りたい産業の1つでもあります。突然、突発的に被害を拡大させる家畜伝染病に対し、国・県との連携が求められる中、市における防疫体制及び対応につき、以下3点質問させていただきます。  

瑞浪市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4号 3月 8日)

これは、昨年市内で実施しました岐阜県高病原性鳥インフルエンザ防疫演習により、岐阜県と本市の危機管理体制が構築され、連携が機能していたものと考えております。  今後は、感染経路の解明、農場の施設改善点などの詳細について、国の拡大豚コレラ疫学調査チームによる検証結果に応じた対策を講じて、農場の早期再開と瑞浪ボーノポークの復活を支援していきたいと考えております。  

可児市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019-03-06

その計画の段階で、インフルエンザによる学級閉鎖とか、警報による臨時休業など計画に立てることのできない時数減少にも対応できるように、余裕を持たせた時数を確保しています。また、余裕のある時数確保のために夏休みを短くするのではなく、必要に応じて6時間授業の日をふやすことなどで対応をしていきたいと思っています。                  

各務原市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-03号

まず、子どものインフルエンザ助成制度の実施についてであります。  毎年冬になりますとインフルエンザが流行し、ことしも既に流行の兆しが出てきています。インフルエンザは国内で毎年1000万人が感染する病気とされています。特に子どもたちは保育園や学校という集団で生活しており、感染すると拡大しやすく、保育所や小・中学校の学級閉鎖が広がります。  

瑞浪市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

師走に入りまして、いよいよ冬将軍がやってきたというようなことで、大変厳しい寒さですが、皆さんもインフルエンザ等にかからないように、しっかり自分の体のケアをしていただいて、議会に臨んでいただきましたらありがたいというふうに思います。  どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、ただ今から本日の会議を開きます。  本日の日程は、お手元に配付してあります議事日程のとおりでございます。    

岐阜市議会 2018-11-03 平成30年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文

一方、鳥インフルエンザの感染が疑われるような死亡した野鳥を発見した場合につきましては、環境省の対応技術マニュアルに沿って、その野鳥の種類や死亡個体数などに応じて県へ通報する手順となっており、現在は市民からの通報などに対し、主に自然共生部で対応しているところです。  

関市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会会議録-09月14日−14号

これは大雨、暴風等の警報やインフルエンザの感染により休業日が増加をしております。このことに対しまして、授業時間の確保を目的としたものでございます。今年度既に気象状況、警報等の影響で、既に4.5日学校が休校になっております。このため、別に新たな休業日を設定するために夏休みを短縮するということは難しい、このように判断しているわけでございます。   

各務原市議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会−09月13日-03号

◆17番(波多野こうめ君) ちょっと時間がなくなってまいりましたが、先に4番目の子どものインフルエンザのワクチンの助成をということにつきましてはちょっと質問に入れないという状況になりまして、答弁を準備されておられたと思いますが、大変申しわけございませんが、また次回へということでよろしくお願いをいたします。  それでは、各務山の開発について再質問を行います。  

中津川市議会 2018-06-13 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月13日−02号

◆2番(森益基君) それでは、昨年とことしとインフルエンザが猛威をふるい、多くの患者さんを坂下病院でも受け入れられました。前述の手続、今申し上げた手続をした場合には、こうした患者さんは受け入れられないということでしょうか。確認のため、お伺いをいたします。 ○議長(大堀寿延君) 病院事業部長・千村泰史君。

各務原市議会 2018-03-20 平成30年 3月20日総務常任委員会−03月20日-01号

◆委員(池戸一成君) ちょっと違う点で、これまでインフルエンザなど突発的に給付費が増加した年度に関しては、これまでは繰越金を使って、議会で補正を上げてというような取り扱いだったと思うんですけど、県単位化になって、それはどのように変わりますか。 ◎医療保険課長(小島卓君) 保険給付費は、全額県からの繰入金で賄われることになるので、市として財源を確保する必要はなくなります。

瑞浪市議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第4号 3月13日)

最近は、陽気がめっきりよくなりましたが、インフルエンザがやや下火になったかなと喜んでおるところに、今度は花粉症でお悩みの方が多いと思います。自然の力にはなかなか勝てませんが、健康には十分留意して、活動していただきたいと思います。  それでは、ただ今から本日の会議を開きます。  本日の日程は、お手元に配付してあります議事日程のとおりでございます。    

土岐市議会 2018-03-08 平成30年第1回 定例会-03月08日−03号

この1月には、初めてインフルエンザというものにかかりました。これまで予防注射はしたことがなく、大きな風邪を引くこともなかったものですから、ついたかをくくっておりました。食欲が出て何を食べてもおいしいと感じたときは、健康のありがたみをつくづく感じました。きょうは、私たちの健康と関係のある大事な土岐市立総合病院について質問をいたします。