運営者 Bitlet 姉妹サービス
1091件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-01 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第3日目) 本文 本市においても、こうした災害の発生が一層懸念される中、市内の建設業者は、道路、河川、上下水道など、公共施設の耐震化や適切な更新などの防災・減災のための社会インフラの整備のみならず、災害時の応急対応の際にもなくてはならない存在であり、こうした観点からも、市内の建設業者への期待と役割は一段と高まっていると考えられます。   もっと読む
2018-11-01 岐阜市議会 平成30年第5回(11月)定例会(第2日目) 本文 そのため、東海環状自動車道の全線開通を見据え、時を置かずして本市の魅力をより高めることが必要であり、ハード面では、東海環状自動車道の整備効果を最大限高めるため、インターチェンジへの市内移動の時間短縮に寄与するアクセス道路や広域連携に資する市内幹線道路、また、来園者の増加に向けた岐阜ファミリーパークなどのインフラ整備、ソフト面では、現在、山上石垣の発掘調査を実施しております歴史ロマンあふれる岐阜城や、 もっと読む
2018-10-02 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-10月02日−16号 また、住民の生活インフラと雇用を守っています中小・小規模事業者の減少で、人口減少が進むなか、自治体の存続までもが危ぶまれています。   経済産業省の発表では、このまま中小・小規模事業者の減少が続けば2025年までに国内総生産22兆円、雇用を650万人失うとしています。    もっと読む
2018-09-14 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月14日−14号 そして、検証結果を生かす施策についてでございますけれども、この先、いつ発生するかわからない大災害に備えて、さらなる防災減災の対策を講じるためにも、今回の検証結果を地域防災計画の見直しに反映させて、避難情報の発令や、避難所のあり方も含めた避難対策、インフラなどの災害復旧対応、被災者支援、生活支援のほか、ハード面、ソフト面を含めた今後の防災対策などに生かしてまいりたいと考えております。    もっと読む
2018-09-13 関市議会 平成30年第3回定例会会議録-09月13日−13号 2つ目に、復旧対応、復興対応の検証で、市内全体の被害状況を整理し、インフラの復旧状況、災害ごみの対応、災害ボランティアの対応、住宅再建への支援や生活支援、義援金の対応などについて検証をいたします。   3つ目に、今後に向けた防災対策の検証で、これはハード、ソフト両面の災害復興の推進に向けた検証でございます。 もっと読む
2018-09-11 瑞浪市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月11日) 要件としては、瑞浪市に望まれることがやっぱり教育なんだろうということで、今、市長が言われたように、瑞浪市民の気質とか環境、インフラに関して安全性を担保できる意味でも、教育環境は非常に整えやすいし、整っているんじゃないかなということも思います。  市長にお願いするとともに、教育長にもお願いしたいところでありますので、よろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-09-01 岐阜市議会 平成30年第4回(9月)定例会(第2日目) 本文 こうした中、地方を取り巻く環境といたしましても、このままさらなる人口減少、少子・高齢化が進んでいくと、地域経済を縮小させ、地域社会の担い手不足が進行し、さらには、社会インフラなどの維持更新が困難になるなど、さまざまな課題が顕在化してまいります。また、税収の大きな伸びが期待できない一方で、国と同様に社会保障関係経費は増加を続けており、地方財政は依然として大変厳しい状況に置かれています。 もっと読む
2018-09-01 岐阜市議会 平成30年第4回(9月)定例会(第5日目) 本文 1点目、岐阜市の水インフラの現状をお聞かせください。  2点目、耐震化及び受援計画を含めた安定供給に向けた取り組みについてお聞かせください。  次に、医療機関との連携による虐待防止対策についてお尋ねをいたします。  千葉県柏市では、乳幼児を持つ母親らに精神疾患があり育児の不安を訴えている場合、市医師会を通して産科、小児科、精神科に対し、市にその情報提供をするよう要請をしております。   もっと読む
2018-06-27 中津川市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月27日−04号 市民の生命、身体の安全を第一に、当市におきましても引き続き住宅や交通、生活インフラの耐震化、学校施設の適正管理に取り組むとともに、市の防災対策に資するための情報収集にも努めてまいります。  5月26日には、ハガティ駐日アメリカ大使が馬籠宿を来訪されました。中津川市には、自然や歴史的背景などすばらしいものがたくさんあると評価をいただいたところでございます。 もっと読む
2018-06-19 羽島市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月19日−03号 公共施設等総合管理計画におきましては、庁舎、学校施設、コミュニティ施設などの公共建築物と、道路、橋梁、上下水道などのインフラ資産について、40年間の公共施設等における将来の更新費用が試算されています。公共建築物とインフラ資産合わせますと、40年間でおよそ1,800億円もの費用が必要となる試算となっており、年間平均にしますと約45億円を要することとなります。   もっと読む
2018-06-14 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月14日−09号 このようなことから、中心市街地及びその周辺において、歩道の段差改良などのインフラ整備や公共交通の充実など、高齢者が暮らしやすい環境を整備することがさらに重要になってくると考えております。   以上でございます。 ○副議長(鷲見勇君)    5番 桜井幸三君、どうぞ。 ◆5番(桜井幸三君)    ありがとうございました。    もっと読む
2018-06-14 土岐市議会 平成30年第3回 定例会-06月14日−03号 財産区は地主ですけれども、市が当然インフラ整備もするわけなんで、その辺は市から聞くべきでなかったかと思いますけれども、今そういう説明ですけれども、そうしたら、多分次の説明もあれですけれども、その理由というものは財産区さんから聞いてみえるのか、延期になった理由をお聞かせいただきたいんですけれども。 ○議長(加藤辰亥君) 経済環境部長 下原孝一君。 もっと読む
2018-06-13 関市議会 平成30年第2回定例会会議録-06月13日−08号 また、省エネルギーの推進といたしましては、電気自動車用インフラの整備に取り組み、市内の道の駅3施設に急速充電器3基、普通充電器1基の計4基を整備済みでございます。さらに、本年度は庁舎敷地内に、来庁者に御利用いただく急速充電器1基の設置と公用の電気自動車を1台購入する予定でございます。    もっと読む
2018-06-13 中津川市議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月13日−02号 ◎生活環境部長(坪井透君) まだ概算でございますけれども、場所にもよるわけでございますが、19億円から20億円、これはインフラであります道路を含まず、それぐらいかかるかなということで想定をしておるところでございます。 ○議長(大堀寿延君) 7番・牛田敬一君。 もっと読む
2018-06-07 可児市議会 平成30年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2018-06-07 それと同時に、高度成長期に整備されたインフラ施設が更新の時期を迎えているものの、財政が厳しい状況ではなかなか手が回りません。また、都市郊外では、わずかな世帯が住む地区のために、年間数千万円あるいは数億円といったインフラ整備予算が使われていることもありますが、財政難の中で現在の都市の姿をこのまま将来も維持していくことは、多くの市町村にとって困難な状況と言えます。 もっと読む
2018-06-01 岐阜市議会 平成30年第3回(6月)定例会(第1日目) 本文 急激な人口減少、少子・高齢化の進展は、地域経済を縮小させ、財政状況の悪化を招くことが懸念されるとともに、地域社会の担い手不足が進行し、さらには、社会インフラ等の維持更新が困難になることが想定されるなど、さまざまな課題が顕在化してまいります。   もっと読む
2018-06-01 岐阜市議会 平成30年第3回(6月)定例会(第2日目) 本文 また、今月7日には土木学会が、南海トラフ巨大地震による経済的被害が1,400兆円を超えるという推計とともに、公共インフラや建物の耐震化を初めとする事前対策の重要性を訴える提言を公表いたしました。  国難ともいえる大規模災害が迫る中、新庁舎は新たな災害対応拠点として本市の防災対策の中枢を担う施設であり、多くの市民の皆様が一刻も早い完成を待ち望んでおります。   もっと読む
2018-06-01 岐阜市議会 平成30年第3回(6月)定例会(第5日目) 本文 昨日発生をいたしました最大震度6弱の大阪府北部を震源とした地震は、関西地域の鉄道網を麻痺させ、道路インフラなどにも多くの被害をもたらすとともに、水道やガスなどのライフラインが断絶されるなど、多くの市民の生活に影響を及ぼしました。  これまでに4名が亡くなられ、約350名が負傷し、現在も800名を超える方々が避難生活を余儀なくされております。 もっと読む
2018-03-28 土岐市議会 平成30年第1回 定例会-03月28日−04号 コミュニティ・スクール推進事業について質疑がなされ、執行部から、各学校に学校運営協議会を設置し、地域の方々や保護者の皆さんに主体的に学校経営に参画していただき、教育活動の応援をお願いするもので、平成30年度は妻木小学校と肥田中学校で先進的に取り組み、今後、市内全小・中学校で進めていく計画である旨の答弁があり、続いて、学校管理費の施設長寿命化計画について内容はとの質疑がなされ、執行部から、国が策定したインフラ もっと読む
2018-03-26 各務原市議会 平成30年第 1回定例会−03月26日-05号 加えて、市債を活用し、レバレッジ効果を働かせ、適切な時期にインフラ整備を行うことにより、利用者である市民の効用が高まり、経済活動の活性化につなげるものである」との賛成討論がありました。  討論を終結し、採決を行ったところ、賛成全員で議第1号中、当委員会に所管する事項は原案のとおり可決すべきものと決しました。   もっと読む