各務原市議会 > 2019-06-24 >
令和 元年 6月24日民生常任委員会−06月24日-01号
令和 元年 6月24日経済教育常任委員会−06月24日-01号

ツイート シェア
  1. 各務原市議会 2019-06-24
    令和 元年 6月24日経済教育常任委員会−06月24日-01号


    取得元: 各務原市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-05
    令和 元年 6月24日経済教育常任委員会−06月24日-01号令和 元年 6月24日経済教育常任委員会              経済教育常任委員会記録                  令和元年6月24日(月曜日)午後1時30分開議                              議事堂第3委員会室 【付託事項】 1.議第 7号 各務原市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例 2.議第10号 工事請負契約締結(伊木の森再整備(広場造成他)工事) 〇出席委員(6名)                    委員長    坂 澤 博 光  君                    副委員長   津 田 忠 孝  君                    委 員    波多野 こうめ  君                    委 員    横 山 富士雄  君                    委 員    足 立 孝 夫  君                    委 員    川 瀬 勝 秀  君 〇傍聴議員(18名)                    1 番    古 川 明 美  君
                       2 番    水 野 岳 男  君                    3 番    黒 田 昌 弘  君                    4 番    塚 原   甫  君                    5 番    小 島 博 彦  君                    6 番    指 宿 真 弓  君                    7 番    杉 山 元 則  君                    8 番    永 冶 明 子  君                    9 番    五十川 玲 子  君                   10 番    大 竹 大 輔  君                   11 番    岩 田 紀 正  君                   13 番    瀬 川 利 生  君                   14 番    仙 石 浅 善  君                   15 番    水 野 盛 俊  君                   19 番    吉 岡   健  君                   20 番    川 嶋 一 生  君                   21 番    池 戸 一 成  君                   22 番    岡 部 秀 夫  君 〇説明のため出席した者の職氏名               副市長         磯 谷   均  君               副市長         小 鍋 泰 弘  君               企画総務部長      植 田 恭 史  君               次長兼企画政策課長   大 矢   貢  君               財政課長        倉 持 庸 二  君               契約経理課長      杉 岡 エリカ  君               産業活力部長      中 野 浩 之  君               次長兼商工振興課長航空宇宙博物館運営推進室               長事務取扱)      前 田 直 宏  君               会計管理者       尾 関   浩  君               教育長         加 藤 壽 志  君               教育委員会事務局長   横 山 直 樹  君               次長総務課長     永 井   聡  君               スポーツ課長      飯 沼 利 行  君               監査委員事務局長兼選挙管理委員会事務局長兼公               平委員会書記長兼固定資産評価審査委員会書記                           苅 谷 直 文  君 〇職務のため出席した事務局職員               議会事務局長      村 井 清 孝               総務課長        奥 村 真 里               総務課主幹       河 瀬 憲 政               主任主査兼議事調査係長 五 島 竜 一               主任書記        阿 部 起 也               主任書記        横 田 直 也               書 記         河 手 美 季         ─────────────────────────── (開会) 午後1時30分 ○委員長(坂澤博光君) ただいまから経済教育常任委員会を開会いたします。  今期定例会に審査の付託を受けました各案件について、議案付託表に基づき順次審査願います。  発言は、委員長の許可を得て、一問一答形式により順序よく発言願います。  なお、最初に申し上げておきますが、質疑をする際は、資料のページを示してから発言ください。また、発言は簡潔明瞭に願います。  初めに、議第7号を議題といたします。  提出者の説明を求めます。 ◎次長総務課長(永井聡君) それでは、議案書は28ページから29ページをごらんください。新旧対照表につきましては、38ページをお願いいたします。  議第7号 各務原市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてでございます。  今回の改正は、放課後児童支援員の資格について、従来、放課後児童支援員になろうとする者が修了すべき研修は都道府県知事が行うこととされていたところ、厚生労働省省令の一部が改正されたことに伴い、地方自治法第252条の19第1項に規定する指定都市、いわゆる政令指定都市のことですが、その長も当該研修を実施できることとなったため、指定都市の長が行う研修を修了した者も放課後児童支援員になることができるよう改めるものでございます。  なお、この条例公布の日から施行いたします。  以上で説明を終わります。 ○委員長(坂澤博光君) 以上で説明は終わりました。  これより委員の質疑を許します。  質疑はありませんか。 ◆委員(波多野こうめ君) 改正の目的は何でしょうか。改正する理由です。 ◎次長総務課長(永井聡君) 特に都市部においては、支援員の不足ということが近年叫ばれておりましたので、それについて国のほうで対応したものと考えられます。 ◆委員(波多野こうめ君) 指導員不足というのがあちこちで言われていて、今、どんどんこういう規制緩和がされていっているわけですけれども、何よりも優先しなければならないのは、子どもの安全・安心であったり、質の向上であると思いますが、その点についてはいかがでしょうか。 ◎次長総務課長(永井聡君) 各務原市の放課後児童クラブにつきましては、現状の水準を維持していこうと考えております。 ○委員長(坂澤博光君) ほかにありませんか。   (挙手する者なし) ○委員長(坂澤博光君) これをもって質疑を終結いたします。  これより討論を許します。  討論はありませんか。 ◆委員(波多野こうめ君) 反対討論します。  放課後児童支援員は、受講要件を満たす者であって、都道府県知事が行う研修を修了した者でなければならないを、今度は政令指定都市の長が行う研修を修了した者を加え、規制緩和をする条例改正です。放課後児童支援員認定資格研修は、放課後児童支援員に係る都道府県認定資格研修ガイドラインに基づいて、全国一律の研修内容を課すことで、放課後児童クラブの水準を全国的に向上させることが目的です。しかし、実際に行われている認定資格研修の講義内容には大きなばらつきがあります。中には、放課後児童クラブ運営指針の内容を十分に踏まえていないもの、あるいは放課後児童健全育成事業、学童保育のことをほとんど理解していない講師によって講義が行われているものも少なくないことが受講者のアンケート調査から明らかになりました。ですから、日本学童保育学会は、放課後児童支援員認定資格研修の質的向上に関する意見書を上げています。今でも、一定の水準が担保されていない現状があるのに、さらに指定都市の長にまで広げることは、質的向上が保障されないおそれがあり、規制を緩和すべきではありません。よって、この条例改正に反対いたします。 ○委員長(坂澤博光君) ほかにありませんか。   (「なし」との声あり) ○委員長(坂澤博光君) これをもって討論を終結いたします。  これより採決を行います。  おはかりいたします。議第7号を原案のとおり可決すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。   (賛成者挙手) ○委員長(坂澤博光君) 挙手多数であります。よって、議第7号は原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、議第10号を議題といたします。  提出者の説明を求めます。 ◎次長兼商工振興課長航空宇宙博物館運営推進室長事務取扱](前田直宏君) 次に、追加議案書の1ページから2ページをごらんください。  議第10号 工事請負契約締結についてでございます。  伊木の森の再整備(広場造成他)工事の請負契約でございます。  5月30日に一般競争入札を実施しました結果に基づきまして、本工事請負契約は、契約金額1億6940万円、契約の相手方は大雄・大誠特定建設工事共同企業体と契約締結しようとするものでございます。  なお、入札参加者は全部で4共同企業体がありまして、落札率は97.82%となっております。  以上で説明を終わります。 ○委員長(坂澤博光君) 以上で説明は終わりました。  これより委員の質疑を許します。  質疑はありませんか。 ◆副委員長(津田忠孝君) この工事概要を教えてください。 ◎次長兼商工振興課長航空宇宙博物館運営推進室長事務取扱](前田直宏君) 事業概要は大きく4つありまして、広場施設撤去工と広場の整備工と休憩棟の改修工と、最後は給水汚水電気の設備工となります。今年度中に整備を終える予定でおります。 ◆委員(波多野こうめ君) この入札は、価格以外の要素を入れた総合評価方式でやられたのか、通常の価格競争なのかどちらですか。 ◎契約経理課長(杉岡エリカ君) こちらは、価格の通常の一般競争入札で行いました。 ◆委員(波多野こうめ君) その理由は何ですか。 ◎契約経理課長(杉岡エリカ君) 今回は、工期の関係もございますので、総合評価方式にて行いますと、さらに時間がかかるということになりますので、今回は通常の一般競争入札ということでさせていただきました。 ◆委員(波多野こうめ君) 今回も高い落札率ということで、95%以上は極めて談合の疑いが強いなどと位置づけられている報告もありますけれども、そういった点については、どのように検討されて出されてきたのでしょうか。 ◎契約経理課長(杉岡エリカ君) こちらは一般競争入札で、条件つきではございますが、公募型、そして予定価格は事後公表とさせていただいておりますので、そういった点が談合防止策になっていると考えております。 ○委員長(坂澤博光君) ほかいいですか。   (挙手する者なし)
    ○委員長(坂澤博光君) これをもって質疑を終結いたします。  これより討論を許します。  討論はありませんか。   (挙手する者なし) ○委員長(坂澤博光君) これをもって討論を終結いたします。  これより採決を行います。  おはかりいたします。議第10号を原案のとおり同意すべきものに賛成の委員の挙手を求めます。   (賛成者挙手) ○委員長(坂澤博光君) 挙手全員であります。よって、議第10号は原案のとおり同意すべきものと決しました。  以上で当委員会に付託された案件は全部議了いたしました。  おはかりいたします。委員会報告書並びに委員長報告の作成はどのように取り扱いますか。   (「正・副委員長一任」との声あり) ○委員長(坂澤博光君) 正・副委員長一任との声がありましたので、委員会報告書並びに委員長報告の作成はそのように取り扱います。  以上で経済教育常任委員会閉会いたします。 (閉会) 午後1時40分         ───────────────────────────  この記録は正当であることを認める。            経済教育常任委員会委員長  坂 澤 博 光...