瑞浪市議会 > 2021-06-10 >
令和 3年第2回定例会(第2号 6月10日)

  • "������"(/)
ツイート シェア
  1. 瑞浪市議会 2021-06-10
    令和 3年第2回定例会(第2号 6月10日)


    取得元: 瑞浪市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-16
    令和 3年第2回定例会(第2号 6月10日) 令和3年6月10日 第2回瑞浪市議会定例会会議録(第2号)   議 事 日 程 (第1号) 令和3年6月10日(木曜日)午前9時 開議  日程第1 会議録署名議員指名  日程第2 報告に対する質疑             報第11号 令和年度瑞浪一般会計繰越明許費繰越計算書の                  報告について  日程第3 承第 2号 専決処分承認について(令和年度専第16号 令和年度瑞             浪市一般会計補正予算(第15号))  日程第4 承第 3号 専決処分承認について(令和年度専第17号 瑞浪税条例             等の一部を改正する条例制定について)  日程第5 承第 4号 専決処分承認について(令和年度専第18号 瑞浪都市計             画税条例の一部を改正する条例制定について)  日程第6 議第 42号 瑞浪税条例の一部を改正する条例制定について  日程第7 議第 43号 瑞浪介護保険条例の一部を改正する条例制定について  日程第8 議第 44号 瑞浪国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について
     日程第9 議第 45号 瑞浪日吉スポーツ施設設置及び管理に関する条例の一部を             改正する条例制定について  日程第10 議第 48号 訴え提起について  日程第11 議第 50号 訴え提起について  日程第12 議第 49号 市道路線認定について  日程第13 議第 51号 財産取得について  日程第14 請願第2号 「日本政府核兵器禁止条約参加調印批准を求める意見             書」提出を求める請願書   ================================================================ 議 事 日 程 (第2号)  日程第1 議第54号 令和年度浪市一般会計補正予算(第4号)   ================================================================ 本日の会議に付した事件  第1 会議録署名議員指名  第2 報告に対する質疑           報第11号 令和年度瑞浪一般会計繰越明許費繰越計算書報告                について  第3 承第 2号 専決処分承認について(令和年度専第16号 令和年度瑞浪市           一般会計補正予算(第15号))  第4 承第 3号 専決処分承認について(令和年度専第17号 瑞浪税条例等の           一部を改正する条例制定について)  第5 承第 4号 専決処分承認について(令和年度専第18号 瑞浪都市計画税           条例の一部を改正する条例制定について)  第6 議第 42号 瑞浪税条例の一部を改正する条例制定について  第7 議第 43号 瑞浪介護保険条例の一部を改正する条例制定について  第8 議第 44号 瑞浪国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について  第9 議第 45号 瑞浪日吉スポーツ施設設置及び管理に関する条例の一部を改正           する条例制定について  第10 議第 48号 訴え提起について  第11 議第 50号 訴え提起について  第12 議第 49号 市道路線認定について  第13 議第 51号 財産取得について  第14 請願第2号 「日本政府核兵器禁止条約参加調印批准を求める意見書」           提出を求める請願書  第15 議第 54号 令和年度浪市一般会計補正予算(第4号)   ================================================================ 出席議員(16名)        1番  奥 村 一 仁          2番  山 下 千 尋        3番  棚 町   潤          4番  柴 田 幸一郎        5番  三輪田 幸 泰          6番  辻   正 之        7番  樋 田 翔 太          8番  渡 邉 康 弘        9番  大久保 京 子          10番  小木曽 光佐子        11番  成 瀬 徳 夫          12番  榛 葉 利 広        13番  熊 谷 隆 男          14番  加 藤 輔 之        15番  舘 林 辰 郎          16番  柴 田 増 三   ================================================================ 欠席議員なし)   ================================================================ 説明のため出席した者の職、氏名 市長            水 野 光 二     副市長         勝   康 弘 理事            石 田 智 久     総務部長        正 村 和 英 まちづくり推進部長     小木曽 昌 弘     民生部長        正 木 英 二 民生部次長         藤 本 敏 子     経済部長        鈴 木 創 造 経済部次長         山 内 雅 彦     建設部長        金 森   悟 会計管理者         小 川 恭 司     消防長         足 立 博 隆 総務課長          近 藤 正 史     秘書課長        加 納 宏 樹 教育委員会事務局長     酒 井 浩 二     教育委員会事務局次長  薄 井 義 彦 企画政策課長        加 藤   昇     税務課長        大 山 雅 喜 市民課長          加 藤 百合子     市民協働課長      加 藤 博 史 生活安全課長        工 藤 雄 一     社会福祉課長      兼 松 美 昭 高齢福祉課長        豊 﨑   忍     保険年金課長      加 藤 真由子 健康づくり課長       和 田 美 鈴     農林課長        市 原   憲 農林課主幹         水 野 義 康     家畜診療所長      棚 橋 武 己 商工課長          三 浦 正二郎     クリーンセンター所長  工 藤 嘉 高 土木課長          渡 辺 芳 夫     都市計画課長      安 藤 洋 一 上下水道課長        中 村 恵 嗣     教育総務課長      林   恵 治 社会教育課長        奥 谷 ひとみ     スポーツ文化課長    和 田 光 浩 選挙管理委員会書記長補佐  足 立 寛 聡     消防総務課長      森 本 英 樹 警防課長          宮 地 政 司     予防課長        小 栗 晴 紀 消防署長          伊 藤 功 人   ================================================================ 職務のため出席した事務局職員 議会事務局長  梅 村 修 司     議会事務局総務課長                              羽 柴 千 世 書    記  隅 田 一 弘     書     記  井 上 紗友美   ================================================================                                    午前9時00分 開議議長加藤輔之君)  おはようございます。  本会議2日目ということで、よろしくお願いいたします。  前回は東濃中部病院事務組合議会議員を5人選びました。その後、少し打合せがしてあります。6月14日には両市の議員10名が集まって、事前打合せをします。それから、6月22日には、第1回臨時会が開かれます。  今、土岐、瑞浪の両市民にとっても、また、両議会にとっても非常に注目されておる動きであります。この中での6月議会であるということを申し上げたいと思います。  また、同時にネット中継でしっかりと発信されておりますので、市民の皆さん、同議員もしっかり見ておられるということを申し述べたいと思います。  それから、また、新しいコロナ対策も、ちょっと今、全県的には下火になってきたような雰囲気もありますが、引き続き緊張して議員として対応していただくということをお願い申し上げて、話を終わります。  それでは、ただ今から本日の会議を開きます。  本日の日程は、お手元に配付してあります議事日程のとおりでございます。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  初めに、日程第1、会議録署名議員指名を行います。  本日の会議録署名議員は、議長において9番 大久保京子君と、11番 成瀬徳夫君の2名を指名いたします。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  次に、日程第2、報告に対する質疑、報第11号 令和年度瑞浪一般会計繰越明許費繰越計算書報告についてを議題といたします。  質疑通告があります。  4番 柴田幸一郎君。 ○4番(柴田幸一郎君)  おはようございます。ただ今、議題になっています報第11号 令和年度瑞浪一般会計繰越明許費繰越計算書報告についてでご質問いたします。  諸般の報告16ページ、17ページです。  要旨ア要旨イ建設部長にお聞きいたします。
     令和年度繰越理由に、1つ目令和年度新型コロナウイルス感染症対策事業が多かった。国県繰越したために瑞浪市もその影響を受けて繰越しせざるを得ないこと。  2つ目コロナによって工場が一時閉鎖になり、機器・材料の納入が遅れたことと思われます。  建設工事は、コンクリート・鉄筋・機材など多くの材料を使用するため、工期の延期が考えられます。しかし、「材料を必要としない事業」の工期が遅れる理由はどのようでしょうか。  17ページ、上から3段目の「瑞浪残土処分場調査事業」についてです。  令和年度の当初予算では、建設部新規事業として丁寧な説明を受けました。本事業の概要は、今までの受入れ残土土質は硬岩のみでした。今度の受入れ残土は硬岩を含む様々な土砂も受け入れる。土質変更による、排水を初めとする影響調査測量調査地質調査斜面安定計算などが必要であることを納得しました。  しかし、本事業コロナ影響で遅らせる理由はないと考えています。どのような理由事業を遅らせているのでしょうか。  要旨アになります。瑞浪残土処分場調査事業繰越理由はどのようか。建設部長、お願いいたします。 ○議長加藤輔之君)  建設部長 金森 悟君。 ○建設部長金森 悟君)  おはようございます。それでは、報第11号 令和年度瑞浪一般会計繰越明許費繰越計算書報告について、要旨ア瑞浪残土処分場調査事業繰越理由はどのようかについてお答えします。  この調査事業は、今年度瑞浪超深地層研究所からの残土受入れが終了する日吉半原地内の「瑞浪残土処分場」について、受入れ可能残余があるため、市内から発生する公共残土などに搬入土砂変更検討するものです。  処分場は、地滑り危険箇所を含む砂防指定地で、盛土高も15メートルを超えるため、土質工学に精通した学識経験者として大学教授地元関係者行政関係者などで組織する「瑞浪半原公共残土処分場地滑り検討委員会」を設置し、盛土形状などの再検討を行うこととしています。  令和2年5月に建設コンサルタントへ委託して調査検討を開始したところ、学識経験者から、盛土形状を適切に検討するため、調査ボーリング抗内の地下水位観測期間令和2年10月から令和3年9月までの1年間行うよう意見をいただきました。このようなことから、年度内完了が見込めなくなり、令和年度調査事業を繰り越したものであります。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長加藤輔之君)  4番 柴田幸一郎君。 ○4番(柴田幸一郎君)  残土処分場調査は、学識経験者大学の先生によるアドバイスによって、より精度の高い調査をする必要があることが分かりました。  一般的に残土処分場は、運搬・敷きならし・転圧などの整地事業です。つまり、「材料を必要としない事業」です。コロナ影響はないと考えます。  しかし、残土処分場調査事業によって、ほかの事業影響を与えたと考えられるものがあります。16ページ、下から2段目の「瑞浪残土処分場管理経費」です。この事業まで遅れる理由はどのようでしょうか。  要旨イになります。瑞浪残土処分場管理経費繰越理由はどのようか。建設部長、お願いいたします。 ○議長加藤輔之君)  建設部長 金森 悟君。 ○建設部長金森 悟君)  それでは、要旨イ瑞浪残土処分場管理経費繰越理由はどのようかについてお答えします。  この残土処分場管理経費は、要旨ア答弁した日吉半原地内の瑞浪残土処分場管理経費で、超深地層研究所から搬出される残土について、残土処分場内での受入れ工事施設管理委託料光熱水費などです。  年度内受入れ完了を目指していましたが、令和2年7月の豪雨災害により、超深地層研究所から残土処分場への唯一の運搬経路であります市道半原宿洞線が通行不能となりました。直ちに災害復旧工事を進め、7月下旬までに暫定的に普通車の通行ができるようになりました。しかし、残土運搬する大型車両災害復旧工事が完成する令和3年3月まで通行できませんでした。このため年度内残土受入れができなくなったため、令和年度管理経費を繰り越したものであります。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長加藤輔之君)  ほかに質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕  ほかに発言もないようですので、質疑を終結します。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  次に、日程第3、承第2号 専決処分承認について(令和年度専第16号 令和年度浪市一般会計補正予算(第15号))を議題といたします。  質疑通告があります。  15番 舘林辰郎君。 ○15番(舘林辰郎君)  それでは、ただ今、議題となっています専決処分承認について質問をいたします。  この提案総務部長が行われましたけども、今、この衛生費の問題は非常に世間でも一番話題になっているワクチン接種の問題でありますので、民生部次長答弁をお願いしたいと思いますけども、私はそういうふうに答弁をお願いいたします。  そこで、問題の質問要旨ですけども、衛生費ワクチン接種に関して、繰越明許を今回の専決処分で行われています。  このワクチン接種については、私の覚えでは1月26日に国が予算を組んで、それから、各自治体にその予算申請があったと思いますけども、そういう経過の中で、このワクチン接種については、本市は3月の第1回定例会補正予算提案がされておるわけです。これを3月24日に私たちが決定したわけでございます。  そして、その5日後、3月29日に専決処分をして、あのときに繰越予算は、年度末ということもあって、2億円を繰越すということで議会承認したわけですけども、今も大変、ワクチン接種でいろいろ混乱をしていますけども、まあ、やむを得んと。年度内接種なんかできひんもんで、翌年に繰り越されて執行されてもいいと思っていたわけです。  しかし、それで、今日の状況を見ても、大変混乱をしているわけですけども、その経過について、今度の専決処分で外されている、減額をされてきたわけです。1億6,844万4,000円が今度の専決処分減額されているわけです。  この経過については全くあれは決めてないし、議会は第1回定例会で2億円繰り越されてもいいですという決定をしたわけですね。それが、5日後に専決される。  私のいろんな思いですけども、既に1月26日に国が予算を出すと、ワクチン接種について予算を出すということを決めておったわけですけども、それを受けて、市は交付金の申告をされたと思います。  それで、我々は真剣になってそれを議論して、3月24日には「いいですよ」と。「繰り越されても仕方ないですよ」ということでやったわけですけども、それが5日後に変更される。  この経過について、今回の補正予算提案されています。あと、どうするかという。既にワクチン接種が始まったわけですから、事業はどんどんやられていってるわけですけども、議会がを決めたものを5日後に変更する。そのことについて、全く何の連絡もなしにやられたということについて、私は一つ疑問があります。  今回の予算提案についても、補正予算でそのことが提案されていますけども、その状況についても、例えば、この専決処分について出されています2,603万6,000円の繰越しをするということが出ているわけです。残りの552万円はどこへ行ったかということも分からないわけです。  今日の本会議の中でその経過について、繰越すことと、それから、実際に市は国に対して交付金申請をしたかどうかということも疑わしいわけです。そういうこともありますので、その辺の経過ははっきりさせていきたいと思います。  ワクチン接種は非常に順調に行っとるということで、昨日もこのような報告がありました。高齢者は33%が第1回目の接種が終わったと報告を受けて、これは結構ですけども、予算を決めた議会、それから、それ以後、専決をした市長の責任というものはどうなるかということについて、私は非常に疑問を持っています。  その辺の詳しい経過について答弁をお願いしたいと思います。 ○議長加藤輔之君)  民生部次長 藤本敏子君。 ○民生部次長藤本敏子君)  おはようございます。それでは、承第2号 専決処分承認について(令和年度専第16号 令和年度浪市一般会計補正予算(第15号))、要旨ア衛生費ワクチン接種事業に関し、繰越明許費補正に至った経緯はどのようかについてお答えします。  新型コロナウイルスワクチン接種事業につきましては、3月中の市民へのワクチン接種開始を見込んで、令和3年1月26日、補正予算(第12号)において全額国費財源とする2億円の歳入歳出予算と、その全額繰越明許費として専決処分いたしました。  しかしながら、ワクチンの供給が遅れ、年度内の執行ができず次年度対応とするため、令和3年3月29日の補正予算(第15号)において、当該年度予算減額と合わせ、繰越明許費についての補正専決処分したものであります。  事業財源となる国庫支出金ワクチン接種対策費国庫負担金交付申請を3月中に行うのか、次年度予算に送られるのかにより市の予算対応も変わりますが、結果として次年度予算とするという判断が3月末までできなかったため、議会閉会後での専決処分となってしまいました。  補正予算(第15号)の繰越明許費補正の内容につきましては、補正前の2億円から2,603万6,000円に変更しておりますが、ワクチン接種対策費国庫負担金財源とする事業費全額1億6,844万4,000円の減額と、ワクチン接種体制確保事業費補助金財源とする事業3,155万6,000円から事前準備のために要する552万円を除いた額2,603万6,000円を繰越明許費としております。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長加藤輔之君)  15番 舘林辰郎君。 ○15番(舘林辰郎君)  今の答弁の中で、私の質問について全く答えてないことがあるわけですけども、それは、僕は3月24日の市議会では決定をしたと。繰り越してもいいですよと。2億円ですよ。繰り越してもいいですよと決定したにもかかわらず、今の答弁やと、新年度予算にするかどうか迷ったということを言われたので、どちらにするかは分からなんだもんでやったと言うけども。  では、一体全体、前の補正予算の段階で国に対して負担金申請をしたかどうかが問題です。しとらんのに、だから、しとらんからきっと迷ったと思うわけやね。そこで明らかになったわけですけども、これは我々にはそういう予算を決めたけども、3月いっぱいには申請ができなんだと。  だから、そういうことですか。3月いっぱいにはできなんだもんで、29日に専決でやっちゃったと、そういうことですか。やらなんだということをはっきりさせたいと思いますけども。 ○議長加藤輔之君)  民生部次長 藤本敏子君。 ○民生部次長藤本敏子君)  令和年度中には交付申請は行いませんでした。  以上です。 ○議長加藤輔之君)  そのほか、質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕  ほかに発言もないようですので、質疑を終結します。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  次に、日程第4、承第3号 専決処分承認について(令和年度専第17号 瑞浪税条例等の一部を改正する条例制定について)、及び日程第5、承第4号 専決処分承認について(令和年度専第18号 瑞浪都市計画税条例の一部を改正する条例制定について)の2議案一括議題といたします。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕  別段発言もないようですので、質疑を終結いたします。  ただ今、議題となっています2議案については、委員会付託を省略したいと思います。  これにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  異議なしと認めます。  したがって、本2議案委員会付託を省略することに決しました。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  次に、日程第6、議第42号 瑞浪税条例の一部を改正する条例制定についてから、日程第11、議第50号 訴え提起についてまでの6議案一括議題とします。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕  別段発言もないようですので、質疑を終結します。  ただ今、議題となっております6議案については、お手元に配付してあります審査付託表のとおり、総務民生文教委員会へ付託いたします。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  次に、日程第12、議第49号 市道路線認定について、及び日程第13、議第51号 財産取得についての2議案一括議題といたします。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕
     別段発言もないようですので、質疑を終結します。  ただ今、議題となっております2議案につきましては、お手元に配付してあります審査付託表のとおり、経済建設委員会へ付託いたします。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  次に、日程第14、請願第2号 「日本政府核兵器禁止条約参加調印批准を求める意見書提出を求める請願書議題といたします。  質疑はありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕  別段発言もないようですので、質疑を終結いたします。  ただ今、議題となっております請願第2号については、お手元に配付してあります審査付託表のとおり、総務民生文教委員会へ付託いたします。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  ここで、お諮りします。  本定例会休会中に、市長提出議案1件を受理いたしました。  この際、これを日程に追加し、議題といたします。  これにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  異議なしと認めます。  したがって、議事日程(第2号)を追加議題といたします。  議事日程(第2号)を配付させます。             〔事務局職員 追加議事日程配付〕  配付漏れはありませんか。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕  配付漏れなしと認めます。  議案が追加されたことにより、会期中の会議等につきましては、お手元に配付してあります会期日程表に基づいて開催しますので、よろしくお願いします。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  それでは、議事日程(第2号)、日程第1、議第54号 令和年度浪市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。  本議案については、議案の朗読を省略し、直ちに提案理由説明を求めます。  総務部長 正村和英君。 ○総務部長(正村和英君)  おはようございます。それでは、追加で上程させていただきます予算案件、議第54号 令和年度浪市一般会計補正予算(第4号)につきまして説明いたします。  これは、県の補助金を受けまして、新型コロナウイルスワクチン接種の加速化を図るもの、及び先の大雨によります災害復旧に係る予算を計上するものでございます。  追加の議案集1ページと、別冊の令和年度補正予算説明一般会計補正予算(第4号)をお願いいたします。  初めに、議案集1ページをご覧ください。  第1条では、既定の歳入歳出予算に3,880万円を追加し、予算の総額を160億4,720万円とするものでございます。  第2項の補正の款・項の区分と金額は、2ページの第1表、歳入歳出予算補正のとおりで、補正後の額などを項の区分でまとめております。この後、別冊の補正予算説明書で説明させていただきます。  第2条は、地方債の補正で、3ページの第2表、地方債補正のとおり、現年土木施設補助災害復旧事業を追加するものでございます。  それでは、別冊の補正予算説明一般会計補正予算(第4号)の3ページをご覧ください。  項の区分ごとに説明いたします。  初めに、歳入です。15款 国庫支出金、1項 国庫負担金2,001万円の増額は、現年土木施設災害復旧費負担金です。  次の2項 国庫補助金440万円の増額は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金となります。  16款 県支出金、2項 県補助金440万円の増額は、ワクチン接種加速化支援事業補助金です。  その下から4ページにかけましての19款 繰入金、1項 基金繰入金9万円の増額は、この補正予算にかかる一般財源として財政調整基金からの繰入金を計上いたしております。  22款、1項 市債990万円の増額は、現年土木施設補助災害復旧事業債でございます。  続いて、歳出を説明いたします。  5ページをお願いいたします。  4款 衛生費、1項 保健衛生費を880万円増額する補正は、新型コロナウイルスワクチン接種加速化支援事業に係るものです。  次の11款 災害復旧費、2項 土木施設災害復旧費を3,000万円増額する補正は、現年土木施設補助災害復旧事業に係るものでございます。  以上で、議第54号 令和年度浪市一般会計補正予算(第4号)の説明といたします。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長加藤輔之君)  ご苦労様でした。  ただ今、議題となっています議第54号 令和年度浪市一般会計補正予算(第4号)につきましては、お手元に配付してあります審査付託表のとおり、予算決算委員会へ付託いたします。    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------議長加藤輔之君)  以上で、本日の日程は全て終了しました。  ここでお諮りします。  明日11日から22日までの12日間は、本会議を休会にしたいと思います。  これにご異議ありませんか。              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕  異議なしと認めます。  したがって、明日11日から22日までの12日間は、本会議を休会といたします。  なお、休会中に各常任委員会を開催し、付託議案の審査をお願いいたします。  また、23日午前9時から本会議を再開しますので、定刻までに参集願います。  本日は、これをもって散会といたします。  ご苦労様でした。                                   午前9時30分 散会    地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。 議     長     加 藤 輔 之 署 名 議 員     大久保 京 子 署 名 議 員     成 瀬 徳 夫...