関市議会 > 2020-09-26 >
09月26日-14号

ツイート シェア
  1. 関市議会 2020-09-26
    09月26日-14号


    取得元: 関市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-23
    令和元年第3回定例会会議録議事日程 令和元年9月26日(木曜日)午前10時 開  議 第1 会議録署名議員の指名 第2 会期の決定 第3 市長所信表明 第4 議案第68号 関市印鑑条例の一部改正について 第5 議案第69号 関市特定非営利活動促進法施行条例の廃止について 第6 議案第70号 関市職員の給与に関する条例の一部改正について 第7 議案第71号 関市職員の旅費に関する条例の一部改正について 第8 議案第72号 関市職員の退職手当に関する条例の一部改正について 第9 議案第73号 関市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正につい          て 第10 議案第74号 関市介護給付費準備基金条例の制定について 第11 議案第75号 関市森林環境譲与税基金条例の制定について 第12 議案第76号 関市手数料徴収条例の一部改正について 第13 議案第77号 関市総合福祉会館条例の一部改正について 第14 議案第78号 関市老人福祉センター条例の一部改正について 第15 議案第79号 関市福祉センター条例の制定について 第16 議案第80号 関市分担金徴収条例の一部改正について 第17 議案第81号 関市ふれあいセンター条例の一部改正について 第18 議案第82号 関市水道事業給水条例の一部改正について 第19 議案第83号 中濃地域農業共済事務組合の解散に関する協議について 第20 議案第84号 中濃地域農業共済事務組合の解散に伴う財産処分に関する協議について 第21 議案第85号 中濃地域農業共済事務組合規約の変更に関する協議について 第22 議案第86号 関市農業共済事業の実施に関する条例の廃止について 第23 議案第87号 関市過疎地域自立促進計画の変更について 第24 議案第88号 市道路線の廃止について 第25 議案第89号 市道路線の認定について 第26 議案第90号 令和元年度関市一般会計補正予算(第5号) 第27 議案第91号 令和元年度関市国民健康保険特別会計補正予算(第1号) 第28 議案第92号 令和元年度関市下水道特別会計補正予算(第1号) 第29 議案第93号 令和元年度関市財産区特別会計補正予算(第1号) 第30 議案第94号 令和元年度関市食肉センター事業特別会計補正予算(第1号) 第31 議案第95号 令和元年度関市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号) 第32 議案第96号 令和元年度関市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 第33 議案第97号 令和元年度関市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) 第34 認定第1号 平成30年度関市一般会計歳入歳出決算の認定について 第35 認定第2号 平成30年度関市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について 第36 認定第3号 平成30年度関市下水道特別会計歳入歳出決算の認定について 第37 認定第4号 平成30年度関市財産区特別会計歳入歳出決算の認定について 第38 認定第5号 平成30年度関市中小企業従業員退職金共済事業特別会計歳入歳出決算の認          定について 第39 認定第6号 平成30年度関市食肉センター事業特別会計歳入歳出決算の認定について 第40 認定第7号 平成30年度関市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について 第41 認定第8号 平成30年度関市公設地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算の認定につい          て 第42 認定第9号 平成30年度関市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について 第43 認定第10号 平成30年度関市有線放送事業特別会計歳入歳出決算の認定について 第44 認定第11号 平成30年度関市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について 第45 認定第12号 平成30年度関市水道事業会計決算の認定について 第46 報告第6号 平成30年度決算に基づく関市健全化判断比率の報告について 第47 報告第7号 平成30年度決算に基づく関市資金不足比率の報告について 第48 報告第8号 平成30年度決算に基づく関市財政運営判断指標の報告について 第49 諮問第11号 関市公平委員会の委員の選任について 第50 諮問第12号 関市固定資産評価審査委員会の委員の選任について 第51 諮問第13号 人権擁護委員の推薦について 第52 選 第4号 岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙本日の会議に付した事件  1 議事日程第1から第52まで出席議員(22名)      1番   長 尾 一 郎 君        2番   池 村 真一郎 君      3番   林   裕 之 君        4番   武 藤 記 子 君      5番   浅 野 典 之 君        6番   田 中   巧 君      7番   後 藤 信 一 君        8番   渡 辺 英 人 君      9番   波多野 源 司 君        11番   村 山 景 一 君      12番   三 輪 正 善 君        13番   足 立 将 裕 君      14番   幅   永 典 君        15番   市 川 隆 也 君      16番   太 田 博 勝 君        17番   長 屋 和 伸 君      18番   栗 山   守 君        19番   土 屋 雅 義 君      20番   松 田 文 男 君        21番   小 森 敬 直 君      22番   猿 渡 直 樹 君        23番   石 原 教 雅 君欠席議員(1名)      10番   鷲 見   勇 君説明のため出席した者 市     長    尾 関 健 治 君    副  市  長    中 村   繁 君 教  育  長    吉 田 康 雄 君    市 長 公 室 長    井 上 敬 一 君 財 務 部 長    平 川 恭 介 君    協働推進部長     西 部 成 敏 君 健康福祉部長     後 藤 達 也 君    市民環境部長     市 原 克 美 君 産業経済部長     横 山 伸 治 君    基盤整備部長     後 藤 浩 孝 君 基盤整備部参事    大 西   勉 君    会 計 管 理 者    西 部   靖 君 教育委員会事務局長  北 瀬 美 幸 君出席した事務局職員 局     長    西 部 延 則      次長         長 屋 浩 幸 課 長 補 佐    伊 藤 敦 子      主事         渡 辺   淳     午前10時00分 開会 ◎局長(西部延則君)   御起立をお願いいたします。  ただいまから開会式を行います。  初めに、関市民憲章を唱和いたしますので、よろしくお願いいたします。  関市民憲章。  わたくしたちは 自然に恵まれた 伝統ある 刃物のまちの 市民であることに 誇りと責任を持ち 感謝の心で 郷土を住み良くするために みんなで力をあわせます  育てよう こころ豊かなまちづくり  鍛えよう からだ丈夫なまちづくり  伸ばそう 希望あふれるまちづくり  最初に、議長から御挨拶をいただきます。    (議長 村山景一君登壇) ○議長(村山景一君)   開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。  本日、令和元年関市議会第3回定例会が招集されましたところ、議員各位の御参集を得て、ここに開会の運びとなりました。  また、このたびの関市長選挙において、尾関市長が3期目の御当選をされました。心からお祝いを申し上げます。  尾関市長には、2期8年の経験を生かされまして、「日本一しあわせなまち」の実現のため、引き続き先導的役割を果たしていただきますよう御期待申し上げます。  本定例会に提出されます各案件は、条例の制定や平成30年度決算の認定を初め、いずれも重要な案件であります。議会に課された役割を十分に果たし、市民の声を市政に反映できますよう、市政の諸課題も含め、活発に御議論、御審議いただきますことをお願い申し上げます。  議員各位並びに執行部の皆様には、議事が円滑に運営できますよう御協力をお願いいたしまして、開会の御挨拶といたします。  よろしくお願いいたします。    (降  壇) ◎局長(西部延則君)   続きまして、市長から御挨拶をいただきます。    (市長 尾関健治君登壇) ◎市長(尾関健治君)   それでは、改めましておはようございます。  開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。  本日は、令和元年関市議会第3回定例会の開催をお願いいたしましたところ、議員の皆様には御出席をいただき、まことにありがとうございます。  このたびの関市長選挙におきまして、議員の皆様を初め市民の皆様の御信任を賜り、引き続き関市長として重責を担わせていただくことになりました。  今、この場に立ちまして、改めてその責任の重さに身の引き締まる思いをいたしております。これからも関市のさらなる発展のため、市民の皆様の期待と負託に応えられるよう、全力で取り組んでまいる所存です。  今議会は、私にとって再任後の初めての議会となります。3期目に当たっての市政に臨む所信の一端と施策の対応について、後ほど申し述べさせていただきます。  さて、今議会に提案いたしました案件につきましては、条例の制定及び一部改正、補正予算、平成30年度決算の認定、人事案件など重要な案件ばかりでございます。  議員の皆様方には慎重なる御審議を賜りますようにお願い申し上げまして、開会の御挨拶とさせていただきます。  どうぞよろしくお願いいたします。    (降  壇) ◎局長(西部延則君)   これをもちまして開会式を終わります。  御着席ください。    (議長 村山景一君議長席に着席) ○議長(村山景一君)   これより令和元年第3回定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第77条の規定により、私から指名いたします。  18番 栗山守君、19番 土屋雅義君のお二人にお願いいたします。  日程第2、会期の決定を議題といたします。  今定例会の会期等は、あらかじめ議会運営委員会で御協議いただいておりますので、その協議結果につきまして、委員長より御報告をお願いいたします。  15番 市川隆也君、どうぞ。    (15番 市川隆也君登壇) ◆15番(市川隆也君)   皆様、おはようございます。  御指名をいただきましたので、議会運営委員会の協議結果の報告をさせていただきます。  去る9月19日、全委員出席の上、委員会を開催し、今定例会の会期及び議事運営等について協議いたしました。  その結果、会期につきましては、本日9月26日から10月25日までの30日間といたします。  そこで日程でございますが、本日の本会議第1日目は、議事日程順序に従いまして逐次上程し、諮問第11号、諮問第12号、諮問第13号及び選第4号の人事案件は、上程の後、即決といたします。その他の議案については、提案説明のみといたします。  27日から10月6日までの10日間は休会とし、7日の本会議第2日目は議案質疑を行い、その後、即決、または所管の各常任委員会に付託といたします。その後、代表質問、一般質問を行います。  8日、9日は本会議第3日目、第4日目で、一般質問を行います。  10日から24日までの15日間は休会とし、10日、11日は文教経済委員会を、16日、17日は建設環境委員会を、18日、21日は総務厚生委員会をそれぞれ開催し、付託案件の委員会審査をお願いいたします。  25日の本会議第5日目は、委員会付託案件の委員長報告、質疑、討論、採決、閉会といたします。  また、代表質問、一般質問の要旨通告は27日の正午まで、議案質疑の通告は30日の正午までといたします。  代表質問の順序は多数会派からとし、同数の場合は抽せんといたします。  なお、一般質問の順序は抽せんとし、議案質疑は通告順といたします。  議員提出の議案等につきましては、23日の正午までに提出願います。  以上で議会運営委員会の協議結果の報告を終わります。    (降  壇) ○議長(村山景一君)   御苦労さまでした。  会期等については、ただいまの報告どおり決定することに御異議ございませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  よって、会期等は委員長の報告どおり決定いたしました。  日程第3、市長所信表明を行います。  尾関市長、どうぞ。    (市長 尾関健治君登壇) ◎市長(尾関健治君)   本日、令和元年関市議会第3回定例会におきまして、こうして発言のお許しをいただきましたことに感謝申し上げます。  私は、このたびの関市長選挙におきまして、議員の皆様を初め市民の皆様から御信任を賜り、引き続き市長としての重責を担わせていただくことになりました。市民の皆様の期待に応えるべく、これまで以上に関市のため、市民の皆様のため、全力で市政運営に取り組んでいく決意です。それでは、私の市政に対する所信の一端を述べさせていただきます。  平成23年9月の初当選以来、これまで8年間にわたり関市長として市政運営に携わってまいりました。市民の皆様に幸せを実感していただけるよう政策を推進してきましたが、特に地域委員会まちづくり市民会議など、市民の皆様との協働という観点に力を入れたまちづくりを展開してきました。しかしながら、平成30年7月に発生した豪雨災害では津保川が氾濫し、上之保、武儀、富野地域を中心に甚大な被害を受けました。発災以来、一日も早い復旧、復興を目指して全力を挙げて取り組んでまいりましたが、被災された皆様が元通りの生活に戻るためにはまだまだ時間がかかります。この災害を教訓として、自助・共助・公助という視点で、ソフト・ハード両面からの防災・減災対策を最重要課題として、引き続き力を注がなくてはなりません。  時代は平成から令和へと変わり、私達を取り巻く社会環境も変化しています。特にICT(情報通信技術)分野の革新は目覚ましく、最先端技術を活かしたさまざまなサービスによって人々の生活はより便利に、より快適になっていきます。子どもたちが将来、大いに活躍していくためにも、STEAM教育は重要であり、また市役所自体も変わっていかなければなりません。  令和という新しい時代においても、「日本一しあわせなまち」の実現を合言葉に、市民の皆様との協働により、誰もが誇りと愛着を持っていただけるようなまちを創っていきたいとの思いで、これから4年間の市政運営において次の6つの分野において施策を実行していきたいと考えます。  1つ目の分野は「防災・減災」です。平成30年7月豪雨災害を教訓として、地震、水害への備えを万全にしてまいりたいと考えます。具体的には、市内の全地域において災害避難カードを作成していきます。また、防災基本条例の制定を進め、それぞれの地域において住民が中心となって地区防災計画を策定することを支援いたします。このほか、避難所の環境整備や避難所運営訓練の実施、また企業や団体などの防災対策への支援を行っていきます。あわせて、河川改修などハード事業も着実に推進してまいります。  2つ目の分野は「産業」です。地域内でお金を回し、産業と雇用に活力を与えるため、次の取り組みを行います。本市の産業、文化、観光情報の発信拠点となる刃物ミュージアム回廊の整備を進め、来年度の完成を目指します。また、新たな工場適地を市内に創出し、優良企業の工場やサテライトオフィスなどの誘致を促進します。地域経済の好循環を狙い、市内の店舗などのキャッシュレス化を支援するなど、キャッシュレスシティの推進を図ります。また、市街地中心部においてにぎわい横丁を整備し、チャレンジショップなどを展開していきます。このほか、民間企業に対してはデザイン的な視点によるブランド戦略の支援や観光産品の開発支援などを展開していきます。  3つ目の分野は「行政サービス」の刷新です。ICTを活用して行政サービスをより簡単で便利に変えていきます。具体的な取り組みとして、市役所の窓口や公共施設での料金の支払いをキャッシュレス化したり、ICTやAI(人工知能)を活用して市役所の事務の効率化を図ったりするなど、スマート市役所の実現を目指します。また、スマホアプリを活用した新たな市民サービスの提供や、市からの情報発信などを積極的に行います。このほか、大学研究機関との連携により自動運転技術を活用したスマートモビリティの実証運行などを行い、公共交通における社会課題の解決につなげていきたいと考えます。  4つ目の分野は「福祉」です。これまで手が差し伸べられていなかった方々への支援を充実してまいります。例えば、療育の必要な子どもたちを取り巻く課題として、保育園期から小学校期、そして中学校期へと成長していく段階で支援が分断されてしまう傾向にありましたが、これらをつなぐ一貫した療育の支援や保護者への支援の体制を確立してまいりたいと考えます。また、妊産婦の支援や産後ケア事業などの充実を図るとともに、LINEを活用した子育て情報の発信などを充実していきます。また、独居の高齢者や引きこもり状態にある方への支援なども検討してまいります。そして、社会的な課題となっています高齢者の交通事故への対策として、運転免許返納促進サポート事業や、急発進などを防ぐ安全運転装備の購入助成なども実施していきます。  5つ目の分野は「教育・文化」です。未来を創る子どもたちを育み、本市の文化や伝統を市民の誇りとして感じられるような政策を展開します。具体的には、開館して20年を経過した関市立図書館を改装し、市民の皆様が快適に、そして心地よく御利用いただけるような施設にリニューアルしてまいります。また、子どもたちが将来、世界に羽ばたき活躍できるようSTEAM教育を推進するとともに、ICT教育の環境を充実してまいります。ほかにも、地域が持つ文化や魅力を発信する拠点施設を地域の力で整備するための助成制度を創設します。  6つ目の分野は「協働」です。多様な人が連携して活躍できるまちを創ります。来年は関市制が施行されて70年という節目の年を迎えますが、これを記念して市民参加の記念事業を行います。現在、70の記念事業を企画中であり、市民の皆様のアイデアなども取り入れて魅力的な事業を行ってまいりたいと考えています。また、東京オリンピック・パラリンピックの開催年でもありますので、オリンピアンを招聘して講演会やスポーツイベントなども企画したいと考えています。本市はコートジボワールのホストタウンでありますので、オリンピック開催に当たっては万全の態勢でお迎えし、市民や子どもたちとの交流なども企画してまいります。  このほか、老朽化していました関市民球場の大規模改修や、劣化してきた市道や危険な通学路などを3か年で集中整備する計画を策定、実施していきます。あわせて市内の基幹インフラであります都市計画道路の整備や、優良な住宅地を供給するため土地区画整理事業を推進してまいります。また、最近の社会情勢を反映して、自由なスタイルで働くことができるコワーキングスペースを整備したり、高校や大学、研究機関、民間企業などとの連携を強化するなど、新たな取り組みを展開していきたいと考えます。  以上が、これから3期目となります私の市政運営に対する考え方であります。今後とも、市民の皆様の声をお聞きしながら、本市のさらなる発展のため全力を尽くしてまいる所存です。  引き続き市民の皆様、そして議員各位の御支援と御協力を賜りますことをお願い申し上げまして、私の市政運営に際しての所信の一端の表明とさせていただきます。    (降  壇) ○議長(村山景一君)   それでは、これより議案の審議に入ります。  日程第4、議案第68号から日程第48、報告第8号までの45件を一括議題といたします。  これら45件は、直ちに当局の説明を求めます。  尾関市長、どうぞ。    (市長 尾関健治君登壇) ◎市長(尾関健治君)   それでは、今定例会に提案いたします諸議案につきまして、順次御説明申し上げます。  議案書の1ページをお願いします。  議案第68号、関市印鑑条例の一部改正につきましては、住民基本台帳法施行令等の一部改正に伴う印鑑登録証明事務処理要領の一部改正に伴い、旧氏に関する規定を整備する改正等を行うもので、規則で定める日からの施行です。  3ページをお願いします。  議案第69号、関市特定非営利活動促進法施行条例の廃止につきましては、特定非営利活動促進法に基づき、特定非営利活動法人に関する事務の根拠を県の条例に移行させるため、条例を廃止するもので、公布の日からの施行です。  5ページをお願いします。  議案第70号、関市職員の給与に関する条例の一部改正、7ページからの議案第71号、関市職員の旅費に関する条例の一部改正、9ページからの議案第72号、関市職員の退職手当に関する条例の一部改正、11ページからの議案第73号、関市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正につきましては、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化を図るための地方公務員法の一部改正に伴い、成年被後見人等に関する規定を削る改正等を行うもので、それぞれ令和元年12月14日からの施行です。  13ページをお願いします。  議案第74号、関市介護給付費準備基金条例の制定につきましては、関市介護給付費準備基金を再整備し、同基金の管理及び処分について必要な事項を規定するため、新たに条例を制定するもので、公布の日からの施行です。  16ページをお願いします。  議案第75号、関市森林環境譲与税基金条例の制定につきましては、関市森林環境譲与税基金を設置し、同基金の管理及び処分について必要な事項を規定するため、新たに条例を制定するもので、公布の日からの施行です。  18ページをお願いします。  議案第76号、関市手数料徴収条例の一部改正につきましては、工業標準化法の一部改正に伴い、条例中の字句について、「日本工業規格」を「日本産業規格」に改める改正を行うもので、公布の日からの施行です。  20ページをお願いします。  議案第77号、関市総合福祉会館条例の一部改正につきましては、関市総合福祉会館に関市中央第1地域包括支援センターを設置するため、同センターに関する規定を加える改正を行うもので、令和2年4月1日からの施行です。  22ページをお願いします。  議案第78号、関市老人福祉センター条例の一部改正につきましては、関市武芸川老人福祉センター及び関市武儀老人福祉センターを廃止するため、これらのセンターに関する規定を削る改正を行うもので、令和2年4月1日からの施行です。  24ページをお願いします。  議案第79号、関市福祉センター条例の制定につきましては、関市武芸川福祉センター及び関市武儀福祉センターを設置するため、新たに条例を制定するもので、令和2年4月1日からの施行です。  31ページをお願いします。  議案第80号、関市分担金徴収条例の一部改正につきましては、ライフライン保全事業に係る分担金を徴収する規定を加える改正を行うもので、公布の日からの施行です。  33ページをお願いします。  議案第81号、関市ふれあいセンター条例の一部改正につきましては、関市板取ふれあいセンターを設置するため、同センターの名称及び位置並びに使用料に関する規定を加える改正を行うもので、規則で定める日からの施行です。  36ページをお願いします。  議案第82号、関市水道事業給水条例の一部改正につきましては、水道法の一部改正による指定給水装置工事事業者の指定の更新制の導入に伴い、当該指定の更新に係る手数料を定める改正を行うもので、公布の日からの施行です。  38ページをお願いします。  議案第83号、中濃地域農業共済事務組合の解散に関する協議、40ページからの議案第84号、中濃地域農業共済事務組合の解散に伴う財産処分に関する協議、42ページからの議案第85号、中濃地域農業共済事務組合規約の変更に関する協議、45ページからの議案第86号、関市農業共済事業の実施に関する条例の廃止につきましては、県全域を対象とする岐阜県農業共済組合を新たに設立するため、中濃地域農業共済事務組合の解散及び財産処分をし、それに伴う組合規約の変更及び条例の廃止を行うもので、組合の解散の期日は令和2年3月31日、組合規約の変更は、岐阜県知事の許可があった日から、条例の廃止は令和2年4月1日からの施行です。  47ページをお願いします。  議案第87号、関市過疎地域自立促進計画の変更につきましては、林道整備、橋りょう補修、校舎改修、集会施設耐震補強及び体育施設整備に係る新規事業を追加し、並びに集会施設耐震補強に係る事業の一部を変更するため、当該計画を変更するものです。  55ページをお願いします。  議案第88号、市道路線の廃止につきましては、市道1路線について廃止するもの、57ページの議案第89号、市道路線の認定につきましては、市道1路線について認定するものです。  続きまして、一般会計及び特別会計の補正予算について御説明申し上げます。  補正予算書の1ページをお願いします。  議案第90号、令和元年度関市一般会計補正予算(第5号)です。第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ8億462万2,000円を追加し、予算の総額を406億818万9,000円とするものです。  第2条は債務負担行為の補正、第3条は地方債の補正です。  6ページをお願いします。  第2表債務負担行為補正の追加では、関駅西口駅前広場駐車場管理機器借上料ほか7件につきまして、記載の期間、限度額によりまして債務負担行為を設定するものです。  7ページをお願いします。  第3表地方債補正の変更では、県単林道改良事業などについて、記載のとおり限度額を変更するもので、起債の方法、利率、償還の方法につきましては従前のとおりです。  10ページをお願いします。  歳入の1款市税の3項軽自動車税では、2目環境性能割を追加し、組み替えるもの。  12款分担金及び負担金の1項分担金では500万円の補正増で、諸収入からライフライン保全事業分担金を組み替えるものです。  14款国庫支出金の1項国庫負担金では7,672万円の補正増で、生活保護費国庫負担金などによるもの、2項国庫補助金では4,875万1,000円の補正増で、プレミアム付商品券事業国庫補助金などによるものです。  11ページをお願いします。  15款県支出金の1項県負担金では377万6,000円の補正増で障害者自立支援給付費県負担金などによるもの、2項県補助金では6,518万6,000円の補正増で、地域密着型サービス等整備助成事業費等県補助金などによるものです。  12ページをお願いします。  18款繰入金の1項基金繰入金では2億5,495万9,000円の補正減で、財政調整基金繰入金によるものです。  19款繰越金では6億593万8,000円の補正増、20款諸収入の5項雑入では1億6,081万円の補正増で、プレミアム付商品券売上代金などによるものです。  13ページをお願いします。  21款市債では7,840万円の補正増で、道路新設改良事業などによるものです。  22款環境性能割交付金は、1,500万円の補正増です。  14ページをお願いします。  歳出の2款総務費の1項総務管理費では1億8,903万円の補正増で、プレミアム付商品券事業などによるもの、2項徴税費では48万7,000円の補正増で、市県民税申告受付時の番号発券機借上料によるもの、3項戸籍住民基本台帳費では391万1,000円の補正増で、印鑑登録システム改修によるものです。  15ページをお願いします。  3款民生費の1項社会福祉費では4,920万円の補正増で、福祉医療費県補助金過年度精算金などによるもの、2項高齢福祉費では5,618万4,000円の補正増で、老人福祉施設整備費補助金などによるもの、3項児童福祉費では1,265万1,000円の補正増で、武儀やまゆり保育園屋根改修工事などによるものです。  16ページをお願いします。  4項生活保護費では9,543万8,000円の補正増で、生活保護医療扶助費などによるもの、5項災害救助費では30万円の補正増で、災害見舞金によるものです。  4款衛生費の1項保健衛生費では1,447万4,000円の補正増で、国民健康保険特別会計直診勘定への繰出金などによるものです。  17ページをお願いします。  2項清掃費では330万円の補正増で、し尿処理施設修繕によるものです。  5款農林水産業費の1項農業費では1,609万9,000円の補正増で、鳥獣害防止対策事業補助金などによるもの、2項林業費では1,460万円の補正増で、県単林道改良工事などによるもの、3項農地費では6,143万2,000円の補正増で、用水路修繕などによるものです。  18ページをお願いします。  6款商工費では500万円の補正増で、小瀬鮎ノ瀬の里事務所改修工事などによるもの。  7款土木費の2項道路橋りょう費では5,141万円の補正増で、橋りょう撤去設計業務委託などによるものです。  19ページをお願いします。  4項の都市計画費では2,232万2,000円の補正増で、下水道特別会計繰出金などによるもの。  8款消防費では385万6,000円の補正増で、洪水ハザードマップ作成業務委託などによるものです。  20ページをお願いします。  9款教育費の1項教育総務費では78万6,000円の補正増で、外国人児童生徒等教育相談員賃金などによるもの、2項小学校費では4,597万5,000円の補正増で、富野小学校屋内運動場防水改修工事などによるもの、3項中学校費では2,257万円の補正増で、桜ヶ丘中学校及び小金田中学校テニスコート整備工事などによるものです。  21ページをお願いします。  4項高等学校費では549万6,000円の補正増で、非常勤講師報酬などによるもの、5項社会教育費では4,569万6,000円の補正増で、旭ヶ丘ふれあいセンター空調設備改修工事などによるもの、6項保健体育費では130万5,000円の補正増で、市民球場改修実施設計業務委託によるものです。  22ページをお願いします。  10款災害復旧費の1項農林水産施設災害復旧費では8,310万円の補正増で、農業施設災害復旧業務委託などによるものです。  以上で一般会計の補正予算の説明を終わります。  続きまして、27ページをお願いします。  議案第91号、令和元年度関市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)です。  第1条は歳入歳出予算の補正で、第1項では事業勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ7,114万円を追加し、予算の総額を101億1,264万円とするもの、第2項では直診勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ1,535万5,000円追加し、予算の総額を4億455万5,000円とするものです。  32ページをお願いします。  事業勘定の歳入の8款繰入金では3,846万5,000円の補正減、9款繰越金では1億960万5,000円の補正増です。  33ページをお願いします。  歳出の3款事業費納付金では、財源変更によるもの。  5款諸支出金では7,114万円の補正増で、保険給付費等交付金償還金などによるものです。  36ページをお願いします。  直診勘定の歳入の1款国民健康保険診療所収入の4項繰入金では1,070万1,000円の補正増で、一般会計繰入金によるもの、5項繰越金では465万4,000円の補正増です。  37ページをお願いします。  歳出の1款国民健康保険診療所運営費の2項医業費では1,535万5,000円の補正増で、電子カルテシステム購入によるものです。  39ページをお願いします。  議案第92号、令和元年度関市下水道特別会計補正予算(第1号)です。  第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ4,054万1,000円を追加し、予算の総額を24億3,194万1,000円とするものです。  第2条は債務負担行為の補正、第3条は地方債の補正です。  41ページをお願いします。  第2表債務負担行為補正の追加では、浄化センターろ過装置整備事業につきまして、記載の期間、限度額によりまして債務負担行為を設定するものです。  42ページをお願いします。  第3表地方債補正の変更では、下水道事業について記載のとおり限度額を変更するもので、起債の方法、利率、償還の方法につきましては従前のとおりです。  45ページをお願いします。  歳入の1款下水道事業収入の5項繰入金では1,513万6,000円の補正増で、一般会計繰入金によるもの、6項繰越金では850万5,000円の補正増、8項市債では1,690万円の補正増です。  46ページをお願いします。  歳出の1款下水道事業費の1項下水道施設費では1,200万円の補正増で、浄化センター汚泥乾燥焼却設備消石灰添加装置設置工事などによるもの、2項下水道管理費では1,559万1,000円の補正増で、浄化センターろ過装置修繕などによるもの。  2款特環下水道事業費の1項特環下水道施設費では605万円の補正増で、武芸川浄化センター施設整備工事などによるものです。  47ページをお願いします。  2項特環下水道管理費では690万円の補正増で、上之保浄化センター洗浄給水ユニット修繕などによるものです。  51ページをお願いします。  議案第93号、令和元年度財産区特別会計補正予算(第1号)です。  第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ214万7,000円を追加し、予算の総額を794万7,000円とするものです。  56ページ及び57ページをお願いします。  歳入では、各財産区の繰越金を補正増するものです。  58ページをお願いします。  歳出では、歳入の各財産区の繰越金をそれぞれ積み立てるものなどです。  59ページをお願いします。  議案第94号、令和元年度関市食肉センター事業特別会計補正予算(第1号)です。  第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ221万4,000円を追加し、予算の総額を9,571万4,000円とするものです。  63ページをお願いします。  歳入の1款食肉センター事業収入の3項繰入金では221万4,000円の補正増で、一般会計繰入金によるものです。  64ページをお願いします。  歳出の1款食肉センター事業費の1項食肉センター管理費では221万4,000円の補正増で、設備修繕などによるものです。  65ページをお願いします。  議案第95号、令和元年度関市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)です。  第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ810万円を追加し、予算の総額を10億9,340万円とするものです。  第2条は地方債の補正です。  67ページをお願いします。  第2表地方債補正の変更では、農業集落排水事業について、記載のとおり限度額を変更するもので、起債の方法、利率、償還の方法につきましては従前のとおりです。  70ページをお願いします。  歳入の1款農業集落排水事業収入の4項繰入金では560万円の補正増で、一般会計繰入金によるもの。7項市債は250万円の補正増です。  71ページをお願いします。  歳出の1款農業集落排水事業費の1項農業集落排水施設費では280万円の補正増で、武儀中之保地区処理場施設整備工事などによるもの、2項農業集落排水管理費では530万円の補正増で、板取中央処理場設備修繕などによるものです。  73ページをお願いします。  議案第96号、令和元年度関市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)です。  第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億7,312万円を追加し、予算の総額を79億4,162万円とするものです。  77ページをお願いします。  歳入の1款介護保険事業収入の4項支払基金交付金では202万8,000円の補正減で、地域支援事業支援交付金などによるもの、7項繰入金では115万8,000円の補正増で、一般会計繰入金によるもの、8項繰越金では3億7,399万円の補正増です。  78ページをお願いします。  歳出の1款介護保険給付事業費の3項地域支援事業費では財源変更によるもの、4項基金積立金では1億8,156万円の補正増で、介護給付費準備基金積立金によるもの、5項諸支出金では1億9,156万円の補正増で、国庫支出金等返還金などによるものです。  79ページをお願いします。  議案第97号、令和元年度関市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)です。  第1条は歳入歳出予算の補正で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1,093万5,000円を追加し、予算の総額を10億293万5,000円とするものです。  83ページをお願いします。  歳入の1款後期高齢者医療事業収入の1項保険料では992万2,000円の補正増で、4項繰入金では362万5,000円の補正減で、事務費繰入金などによるもの、5項繰越金では463万8,000円の補正増です。  84ページをお願いします。  歳出の1款後期高齢者医療事業費の1項総務費では財源変更によるもの、2項納付金では1,093万5,000円の補正増で、岐阜県後期高齢者医療広域連合負担金によるものです。  以上で一般会計、特別会計の補正予算の説明を終わります。  続きまして、認定第1号から第12号までの平成30年度一般会計、特別会計の歳入歳出決算の認定及び平成30年度水道事業会計決算の認定について御説明申し上げます。  議案書の62ページをお願いします。  認定第1号、平成30年度関市一般会計歳入歳出決算の認定についてから72ページの認定第11号、平成30年度関市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてまでにつきましては、地方自治法第233条第3項の規定により、また、73ページの認定第12号、平成30年度関市水道事業会計決算の認定についてにつきましては、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定に付するものです。  なお、説明する際は、1万円未満を四捨五入した金額を用いますので、御了承願います。  それでは、主要な施策の成果等説明書の御準備をお願いします。  3ページをお願いします。  最初に、一般会計の歳入歳出決算です。  平成30年度における一般会計の歳入及び歳出の決算規模は、歳入が423億4,703万円、歳出が392億1,058万円、歳入歳出差引額は31億3,645万円で、繰越明許費による翌年度へ繰り越すべき財源の5億7,845万円を差し引いた実質収支額は25億5,800万円となっています。なお、決算上生じたこの剰余金のうち、13億円につきましては、地方自治法第233条の2ただし書きの規定により、7億円を財政調整基金に、6億円を公共施設等整備基金に積み立てています。  決算額を前年度と比較しますと、歳入につきましては26億218万円の増で、6.5%の増加、また歳出につきましては19億3,959万円の増で、5.2%の増加となっています。  4ページの歳入決算額の主な構成比では、市税が31.6%、地方交付税が22.1%、国庫支出金が9%、寄附金が5.6%、市債が6.8%などとなっています。  前年度決算額と比較して増減率の大きいものとしましては、繰入金が70.6%の増加、寄附金が57.7%の増加、市債が23.5%の増加、一方、財産収入が64.6%の減少、株式等譲与所得割交付金が41.6%の減少、分担金及び負担金が22.3%の減少となっています。  増減額では繰入金、寄附金が大きく増加し、財産収入が大きく減少しています。増減の主な内容は5ページに記載のとおりです。  次に、6ページの歳出決算額の主な構成比では、総務費が17%、民生費が28%、教育費が13.8%などとなっています。  前年度決算額と比較して増減率の大きいものとしましては、災害復旧費が905.7%の増加、商工費が22.5%の減少となっています。増減の主な内容は、7ページに記載のとおりです。  以上で、一般会計の説明を終わります。  続きまして、認定第2号、平成30年度関市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について御説明申し上げます。  261ページをお願いします。  事業勘定の歳入決算額は94億9,805万円、前年度より18.4%の減です。  次に、歳出決算額は93億6,844万円、前年度より14.4%の減です。  事業勘定の歳入歳出差引額は1億2,961万円となっています。  続きまして、269ページをお願いします。  直診勘定の歳入決算額は3億6,013万円、前年度より0.1%の増です。  次に、歳出決算額は3億3,548万円、前年度より0.1%の増です。  直診勘定の歳入歳出差引額は2,465万円となっています。  次に、認定第3号、平成30年度関市下水道特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  275ページをお願いします。  歳入決算額は33億9,041万円、前年度より19.1%の増です。  次に、歳出決算額は33億6,791万円、前年度より19.6%の増です。  下水道特別会計歳入歳出差引額は2,250万円で、翌年度へ繰り越すべき財源1,400万円を差し引いた実質収支額は851万円となっています。  次に、認定第4号、平成30年度関市財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  288ページをお願いします。  歳入決算額は1,035万円、前年度より3.3%の減、歳出決算額は819万円、前年度より8.5%の増です。  財産区特別会計の歳入歳出差引額は215万円となっています。  次に、認定第5号、平成30年度関市中小企業従業員退職金共済事業特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  294ページをお願いします。  歳入決算額及び歳出決算額はいずれも1億2,390万円、前年度より6.3%の増です。  次に、認定第6号、平成30年度関市食肉センター事業特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  296ページをお願いします。  歳入決算額及び歳出決算額はいずれも6,538万円、前年度より18.2%の増です。  次に、認定第7号、平成30年度関市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  299ページをお願いします。  歳入決算額は9億783万円、前年度より6.9%の増、歳出決算額は9億3,737万円、前年度より10.4%の増です。  農業集落排水事業特別会計歳入歳出差引額は2,955万円の不足で、翌年度へ繰り越すべき財源の1億1,435万円を差し引いた実質収支額は1億4,390万円の不足となり、翌年度繰上充用金をもって補填しました。  次に、認定第8号、平成30年度関市公設地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  304ページをお願いします。  歳入決算額及び歳出決算額はいずれも1,530万円、前年度より38.3%の増です。  次に、認定第9号、平成30年度関市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  306ページをお願いします。  歳入決算額は77億370万円、前年度より2.8%の増、歳出決算額は73億2,821万円、前年度より3.7%の増です。  介護保険事業特別会計歳入歳出差引額は3億7,549万円となっています。  次に、認定第10号、平成30年度関市有線放送事業特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  315ページをお願いします。  歳入決算額及び歳出決算額はいずれも529万円、前年度より67%の減です。  次に、認定第11号、平成30年度関市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてです。  317ページをお願いします。  歳入決算額は10億5,030万円、前年度より10.4%の増、歳出決算額は10億2,716万円、前年度より22.5%の増です。  後期高齢者医療特別会計歳入歳出差引額は2,314万円となっています。  次に、認定第12号、平成30年度関市水道事業会計決算の認定についてです。  水道事業会計決算書の1ページをお願いします。  収益的収支では、事業収益が消費税込みの総額で18億9,476万円、事業費用が17億2,920万円となり、消費税を整理しました当年度純利益は、4ページの損益計算書にありますとおり1億3,815万円となっています。  また、2ページの資本的収支では、資本的収入が消費税込みの総額で3億6,832万円、資本的支出が8億1,762万円となっています。  なお、収入額が支出額に対して不足する額4億4,930万円は減債積立金、建設改良積立金過年度分損益勘定留保資金及び消費税資本的収支調整額で補填しています。  また、地方公営企業法第26条の規定による翌年度への繰越額は5,282万円です。  11ページをお願いします。  平成30年度関市水道事業報告書、1概要の(1)総括事項にございますように、安心安全かつおいしい水道水を安定して供給するため、水道施設の改良及び水道管の更新等を行いました。給水人口は前年度と比較しまして0.58%の減となりましたが、給水戸数は0.59%の増、年間給水量は1.36%の増となっています。  続きまして、報告第6号から第8号までの財政指標等の報告について御説明申し上げます。  議案書の74ページをお願いします。  報告第6号、平成30年度決算に基づく関市健全化判断比率の報告についてです。  地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、平成30年度決算に基づく関市の財政の健全化判断比率を監査委員の意見をつけて報告するものです。  まず、実質赤字比率及び連結実質赤字比率につきましては、算定の結果が赤字でないため「-(バー)」と表示しています。  次に、実質公債費比率につきましては3.9%で、前年度より0.7ポイント減少しました。  次に、将来負担比率につきましては、将来負担する額より基金などの償還可能財源のほうが多く、比率がマイナスであるため、「-(バー)」と表示しています。  なお、いずれの比率につきましても、括弧内に記載しています関市の早期健全化基準の数値を下回っています。  続きまして、75ページの報告第7号、平成30年度決算に基づく関市資金不足比率の報告についてです。  地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、平成30年度決算に基づく関市の公営企業会計の資金不足率を監査委員の意見をつけて報告するものです。  関市の水道事業会計を初めとする5会計の資金不足比率につきましては、資金不足が生じていないため「-(バー)」と表示しています。  最後に、76ページの報告第8号、平成30年度決算に基づく関市財政運営判断指標の報告についてです。  関市健全な財政運営に関する条例第16条第2項の規定により、平成30年度決算に基づく関市の財政運営判断指標を算定したので、次のとおり報告するものです。  経常収支比率は87.2%で、前年度より3.2ポイントの減少、財政調整基金比率は35.9%で、前年度より6.5ポイントの減少、地方債残高比率は122.4%で、地方債残高の減少により、前年度より7.3ポイントの減少、債務償還可能年数は3.7年で、前年度より0.3ポイントの減少、公債費の普通交付税算入率は69.3%で、前年度より1.7ポイントの増加、地方債残高普通交付税算入率は80%で、前年度より3.9ポイントの増加となっています。  これらの財政指標につきましては、本市の財政状況を経年変化と比較により客観的にあらわす意義を持つものとして、市民の皆さんに広く公表させていただくとともに、今後とも健全性を持った行財政運営を図っていきたいと考えております。  以上で提案説明を終わります。  御審議のほどよろしくお願い申し上げます。    (降  壇) ○議長(村山景一君)   次に、日程第49、諮問第11号から日程第51、諮問第13号までの3件を一括議題といたします。  これら3件は、直ちに当局の説明を求めます。  尾関市長、どうぞ。    (市長 尾関健治君登壇) ◎市長(尾関健治君)   それでは、議案書の59ページをお願いします。  諮問第11号、関市公平委員会の委員の選任につきましては、関市公平委員会の委員に次の方を選任したいから、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、議会の同意を求めるものです。  同意を求める委員は、住所、関市栄町3丁目2番4号、氏名は掛布真代さんで、生年月日は記載のとおりです。  掛布さんは現在1期目、再任で任期は令和元年10月9日から4年間です。  60ページをお願いします。  諮問第12号、関市固定資産評価審査委員会の委員の選任につきましては、関市固定資産評価審査委員会の委員に次の方を選任したいから、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものです。  同意を求める委員は、住所、関市関口町1丁目2番22号、氏名は安田政生さんで、生年月日は記載のとおりです。  安田さんは現在1期目で、再任で任期は令和元年10月22日から3年間です。  61ページをお願いします。  諮問第13号、人権擁護委員の推薦につきましては、人権擁護委員に次の方々を推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものです。  意見を求める委員は、関市下之保2133番地3、福田弘子さん、関市池尻1515番地、後藤章嘉さん、関市富之保3990番地3、土屋貴世さん、関市稲口1062番地、小川久子さん、関市前山町16番3号、本田正司さんの5名で、生年月日はそれぞれ記載のとおりです。  福田さんは再任で現在4期目、後藤さん、土屋さんは再任で現在3期目、小川さんは再任で現在2期目、本田さんは現委員の奥村克則さんが令和元年12月31日をもって任期が満了となり、その後任として推薦したいというもので、任期は令和2年1月1日から3年間です。  以上、諮問3件につきまして、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。    (降  壇) ○議長(村山景一君)   説明が終わりましたので、これより質疑を行います。  質疑のある方はございませんか。    (「なし」と呼ぶ者あり)  質疑もないようですので、質疑を終わります。  これより討論を行います。  討論のある方はございませんか。    (「なし」と呼ぶ者あり)  討論もないようですので、討論を終わります。  これより採決いたします。  採決は区分して行います。  最初に、諮問第11号、関市公平委員会の委員の選任についてを採決いたします。  本件は、これに同意することに御異議ございませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  よって、諮問第11号はこれに同意することに決しました。  次に、諮問第12号、関市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてを採決いたします。  本件は、これに同意することに御異議ございませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  よって、諮問第12号はこれに同意することに決しました。  次に、諮問第13号、人権擁護委員の推薦についてを採決いたします。  本件は、これを可とすることに御異議ございませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  よって、諮問第13号はこれを可とすることに決しました。  次に、日程第52、選第4号、岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を議題といたします。  本選挙は、関市選出の岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の任期満了に伴い、地方自治法第291条の5第1項及び当連合規約第8条第1項の規定により、広域連合議会議員1名の選挙を行うものであります。  お諮りいたします。  本選挙は、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思いますが、御異議ございませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  よって、選挙の方法は指名推選にすることに決しました。  お諮りいたします。  指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  よって、議長において指名することに決しました。  それでは指名させていただきます。  本件は、あらかじめ会派代表者会議で御協議をいただいておりますので、規約第8条第1項に規定する議員に、関市長、尾関健治君を指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま指名しました関市長、尾関健治君を岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人とすることに御異議ございませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  御異議なしと認めます。  よって、関市長、尾関健治君が岐阜県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。  ただいま当選されました関市長、尾関健治君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。  次に、例月現金出納検査報告書2件につきまして、皆様に配付してございますので、御承知おき願います。  以上で本日の日程は全て終了いたしました。  次の本会議は、来る10月7日の午前10時から開きます。議事日程は、議案質疑及び代表質問、一般質問でございます。  本日は大変御苦労さまでございました。  これにて散会いたします。     午前10時55分 散会上会議の顛末を記録し、相違ないことを証するために署名する。          関市議会議長       村   山   景   一          関市議会議員       栗   山       守          関市議会議員       土   屋   雅   義...