大垣市議会 > 2014-02-24 >
平成26年議会運営委員会 本文 2014-02-24
平成26年議会運営委員会 名簿 2014-02-24

ツイート シェア
  1. 大垣市議会 2014-02-24
    平成26年議会運営委員会 本文 2014-02-24


    取得元: 大垣市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-22
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1              午前10時      開 会 ◯委員長(石田 仁君)  ただいまから、議会運営委員会を開会いたします。  最初に平成26年第1回定例会の招集について議長から発言があります。 2 ◯議長(林 新太郎君)  市長から、第1回定例会を3月3日に招集したい旨の要請がありましたので、御審査願いたいと思います。 3 ◯委員長(石田 仁君)  ただいま議長から発言がありましたように、定例会を3月3日に招集したいということでありますが、提出を予定されている議案の説明を願います。 4 ◯総務部長川合幸典君)  それでは、平成26年第1回大垣市議会定例会に提出を予定いたしております議案につきまして、お手元に配付させていただきました資料に基づき、説明させていただきます。  今回提出予定の議案は、予算関係としまして、平成26年度予算が1の平成26年度大垣市一般会計予算から21の平成26年度大垣市水道事業会計予算までの21議案で、土地開発公社健全化のため3の公共用地先行取得事業会計を新設しておりますため、昨年度より1会計増となっております。平成25年度補正予算が22の平成25年度大垣市一般会計補正予算(第4号)から24の平成25年度大垣市水道事業会計補正予算(第2号)までの3議案を、条例関係としまして、一部改正が25の大垣市職員の修学部分休業に関する条例等の一部改正についてから41の大垣市消防団条例の一部改正についてまで17議案、廃止が42の大垣市福祉施設等徴収金助成条例の廃止についての1議案の合計18議案でございます。その他としまして43の平成25年度大垣市病院事業会計資本剰余金の処分についての1議案人事議案等としまして、44の大垣市名誉市民の称号を贈り、名誉市民章を授与することについてから50の大垣市時財産区管理委員の選任についてまでの7議案、専決処分の報告が51の1議案の合計51議案をお願いするものでございます。なお、1の平成26年度大垣市一般会計予算から21の平成26年度大垣市水道事業会計予算までにつきましては、去る2月20日に概要を説明させていただきましたので、省略させていただきます。3ページをお願いします。  まず初めに、補正予算関係につきまして、平成25年度3月補正予算概要に基づき御説明申し上げます。  一般会計は、31億3,770万円を補正し587億9,960万円とするもので、特別会計は、公共下水道事業会計において2,200万円を補正し476億4,680万円に、企業会計は、水道事業会計において1億4,720万円を減額し348億3,780万円とするものでございます。  主な補正内容につきましては、まず初めに、去る2月6日に成立しました国の補正予算国庫補助採択に伴う補正予算につきまして御説明申し上げます。恐れ入りますが、6ページをお願いいたします。この補正は、消費税率引き上げによる景気の落ち込みを回避し成長の流れを維持するための経済対策として、防災・安全対策等を実施するもので、詳細は後ほど御説明申し上げますが、一般会計において1の交通安全施設安全対策事業から9の幼稚園外壁改修事業まで9事業で事業費は14億6,980万円、財源のうち地方債は補正予算債として充当率100%、交付税算入は50%でございます。公共下水道事業会計においては、鶴見ポンプ場整備雨水処理建設事業など2事業で1億円を補正するものでございます。なお、6の宇留生小学校屋内運動場改築に係る設計委託料1,400万円を除きました諸事業につきましては、年度内完成が見込めませんので、繰越明許費を設定いたしております。恐れ入りますが、3ページにお戻りください。  主な補正内容でございますが、先ほど御説明申し上げました国の補正予算に伴う補正につきまして、右欄に「補」と記載いたしております。  22一般会計の総務費では、退職手当1億5,630万円は、随時退職者の増加により補正するものでございます。なお、後ほど御説明申し上げます教育費においては、定年退職者の早期退職による不用額5,770万円を減額いたしており、総務費と教育費を合わせた補正額は9,860万円でございます。公共施設整備基金積立金7億円は、本庁舎改築のための資金として積み立てるもので、平成25年度末の基金残高は約35億5,800万円でございます。財政調整基金積立金10億4,000万円は、後年度の支出に備えるため積み立てるもので、平成25年度末の基金残高は約42億8,800万円でございます。水都大垣ふるさと応援基金積立金210万円は、お寄せいただきました寄付金を寄付の御趣旨に沿いまして、福祉、環境保全などさまざまな分野において活用するため、基金に積み立てるものでございます。大垣駅周辺自転車駐車場管理委託料1,000万円、大垣駅西自転車駐車場建設事業費900万円のそれぞれの減額は、事業費確定による不用額を減額するものでございます。また、大垣駅西自転車駐車場の建設につきまして、年度内完成が見込めないため4億5,100万円を翌年度に繰り越すものでございます。交通安全施設安全対策事業費700万円は、国の補正に係る補助事業として幹線1級市道やバス路線の街路灯などの道路付属物横断歩道橋4橋の第1次安全点検を実施するものでございます。なお、年度内の完成が見込めませんので、全額を翌年度に繰り越すため繰越明許費を設定いたしております。また、冒頭に御説明申し上げましたように、国の補正予算等に伴う補正予算につきましては、設計委託費を除きまして同様に繰越明許費を設定いたしておりますので、今後の説明は省略をさせていただきます。  民生費の配食サービス事業委託料配送単価等の減により640万円を、また受給者の減により児童手当3,300万円、児童扶養手当1,890万円をそれぞれ減額するものでございます。さらに、12月補正いたしました子ども・子育て支援制度システム開発事業につきまして、年度内に事業完了が見込めないため、620万円を翌年度に繰り越すものでございます。  農林水産業費市民農園用地取得費は、大垣市土地開発公社保有地高齢者健康農園として利用しております当該用地につきまして、公社健全化の一環で再取得するものでございます。県営ため池等整備事業負担金1,880万円の減額は、新堀川の改修事業費の減額と負担率の低減により、減額するものでございます。4ページをお願いします。  土木費では国の補正予算によるものとして、道路安全対策事業費道路ストック点検委託料1,100万円は、幹線1級市道やバス路線に架かる橋長2m以上10m未満の橋りょう60橋の点検を実施するものでございます。なお、10m以上の橋りょう189橋につきましては24年度までに実施済みで、2級市道上の橋りょう67橋につきましては平成27年度の調査予定でございます。準用河川改修事業費1億4,800万円は、江西川の護岸改修事業費右岸改修を完了するものでございます。また、事業費の確定に伴い道路安全対策事業費1,300万円、道路新設改良事業費6,500万円、浸水対策事業費1,400万円をそれぞれ減額いたしております。  教育費の退職手当5,770万円の減額は、25年度定年退職予定者の24年度退職による不用額でございます。国の補正予算によるものとして、小学校トイレ改修事業費4,400万円は安井小学校南舎東トイレ全階を全面改修するものでございます。小学校外壁改修事業費4,400万円は小野小学校南舎及び青墓小学校北舎外壁改修費でございます。小学校屋内運動場改築事業費5億2,400万円は宇留生小学校屋内運動場の改築に係る実施設計及び工事費を計上いたしております。なお、設計委託料1,400万円につきましては平成25年度の債務負担行為で執行いたしておりますので、予算繰越につきましては当該事業費を除きました5億1,000万円を繰り越すものでございます。中学校トイレ改修事業費3,900万円は興文中学校北舎の東トイレを全面改修するもので、中学校校舎改築事業費6億3,400万円は東中学校北舎西改築事業費でございます。なお、小中学校につきましては26年度で耐震化が完了するものでございます。幼稚園外壁改修事業費1,880万円は小野幼稚園外壁改修を小学校と同時に実施するものでございます。
     災害復旧費農林施設災害復旧費林業施設災害復旧事業費につきましては、24年度災害の林道幾利線につきまして工程見直しにより25年度と26年度の2ヵ年に分け実施することとしたため、26年度実施分の8,070万円を減額するものでございます。また、当該林道幾利線及び25年度災害で12月補正いたしました林道時山多賀線及び林道下山線につきまして、一部が年度内完成ができませんので、9,560万円を翌年度に繰り越すものでございます。5ページをお願いします。  以上、一般会計の主な財源といたしましては、市税12億3,000万円、国庫支出金4億9,591万円、県支出金1億3,219万円、寄附金210万円、繰越金3億3,200万円、市債9億7,690万円を充当し、諸収入3,140万円を減額いたしております。市税の内訳につきましては、個人市民税3億円、法人市民税7億円、固定資産税1億9,000万円、市たばこ税4,000万円でございます。  特別会計の23公共下水道事業会計では、国の補正予算に伴う補助事業として、雨水処理施設建設事業費として鶴見ポンプ場土木建築工事費6,000万円及び期間26、27年度、限度額2億5,200万円の債務負担行為並びに終末処理施設整備事業費として、浄化センター管理本館耐震改修事業費4,000万円及び期間26、27年度、限度額5億7,350万円の債務負担行為を補正いたしております。なお、いずれの事業も年度内完成が見込めませんので、同額を翌年度に繰り越すものでございます。また、事業費の確定等により下水管布設事業費7,200万円、終末処理施設整備事業費600万円を減額いたしております。  次に、企業会計の24水道事業会計では、事業費減少に伴う課税仕入れ控除額の減少に伴い消費税及び地方消費税を2,100万円増額する一方、事業費の確定に伴い仮設配管及び給水管布設替等事業費4,600万円、配水管布設事業費1億2,220万円を減額するものでございます。  以上、平成25年度補正予算関係につきまして御説明申し上げました。 5 ◯委員(高畑 正君)  補正で、いかにも繰り越しが多い。異常ですよね、これ。それは何か建設資材かなんかが納入が遅れているというか、手に入れるのが困難だというか、少し聞いたがそういうこと。 6 ◯総務部長川合幸典君)  今回の国の補正によりますものは、最初から繰り越しを予定したものでございます。 7 ◯委員(高畑 正君)  これ全部そう。 8 ◯総務部長川合幸典君)  全部でございません。一部、12月補正したものにつきましては、工期等が十分でなかったためということで繰り越すものでございます。 9 ◯委員(高畑 正君)  補正のついたのは教育費のほうでしょ。ほとんど。違うの。 10 ◯総務部長川合幸典君)  6ページで一覧にしておりますが。 11 ◯委員(高畑 正君)  4ページのこれなんか全部繰り越しでしょ。これのこと言ってるんでしょ、補正ですからね。補正が繰り越しなの。 12 ◯総務部長川合幸典君)  「補」と書いてありますものが、国の補正でございます。 13 ◯委員(高畑 正君)  そうやな。子育てなんかなんで繰り越しするの。システムとか。 14 ◯総務部長川合幸典君)  この子育てシステムにつきましては、そのシステムの開発が十分まだ進めておりませんので、これも繰り越しがはなから想定されたものであります。 15 ◯委員(高畑 正君)  ほかは全部補正か。繰り越しは。 16 ◯総務部長川合幸典君)  林道なんかにつきましては、12月補正したものを繰り越ししております。 17 ◯委員(高畑 正君)  とにかく、今、僕の南校下の竹島の美濃路街道整備、もちろん工期は年度内なんだろうけど、それにしても長い間、本当に交通を遮断して、水道やって、下水やって、ガスやって、掘って埋めて掘って埋めて、それでようやく舗装に入っておる、これが舗装が1週間たってもできぬという、至るところ田町の路地、寺内の路地、至るところやっておって、私ら家から出てくるのに本当に迷路になって、そういうような状況なんやけど。  僕が言いたいのは、要は、業者さんがきわめて工期内に納めてくれればいいというものの、それをたっぷり御利用される必要もないです。市民の迷惑、ましてや、御商売やってらっしゃるところの迷惑等も考えてなるべく手早く。土日やってるところでも、きのう、一昨日入れなくて、学生服を扱っているところだけれども。新年度を迎えるけれども、新入学生を、もうギブアップですって、今朝も話に来たけれども、そういうこともあるし、それから、僕は行政の各部署に発注も、年度末にいかにも集中しすぎ、なんでいつもいつも同じ体制、それで、そういうふうにやればいいと思い込んでいらっしゃる皆さんの担当の方々の。年初からどんどん出せるように、そういうシステムをちょっと構築していただいたらどう。一遍にやられると本当に迷惑になっちゃうよね。各地区が。いろんなところで苦情がきてると思ってますがね。 18 ◯総務部長川合幸典君)  新年度予算、また執行する段階になると思いますので。 19 ◯委員(高畑 正君)  業者さんのほうにもやっぱり、手早く、もう今の時代は早く安く、おろそかではあかぬけど、頑強なものをやってもらいたいけれども、とにかく、両あいまって、もう少し工期を短縮とか、そういうことに心がけてもらいたい。発注するほうにも問題ある、受けるほうにも問題があると思いますので、よろしくお願いします。 20 ◯委員長(石田 仁君)  続きをお願いします。 21 ◯総務部長川合幸典君)  7ページをお願いいたします。続きまして、条例関係等につきまして御説明申し上げます。  25の大垣市職員の修学部分休業に関する条例等の一部改正につきましては、地方分権を進めるための第3次一括法による地方公務員法の一部改正に伴い、職員の修学部分休業の期間を現行と同じ2年と、また高齢職員の部分休業の対象年齢の上限について55歳から定年までと、条例で規定するものでございます。施行は平成26年4月1日から施行するものでございます。  26の大垣市に常時勤務を要する特別職の給与の特例に関する条例の一部改正につきましては、市長及び副市長の給料月額について、市長15%、副市長7%を減額する特例を平成26年度も継続して実施するものでございます。公布の日から施行するものでございます。  27の大垣市職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、年金支給年齢引き上げに対応するため、再任用職員の給料表の一部を見直すほか所要の改正を行うものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  28の大垣市特別会計条例の一部改正につきましては、大垣市土地開発公社経営健全化を図るため、国の指定を受け土地開発公社が保有する公共用地の一部について特例の地方債が発行できるため、当該用地の管理のための会計を設けるものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  29の大垣市基金条例の一部改正につきましては、墨俣地域公共下水道事業基金につきまして、墨俣地域下水道整備に全額を充当しましたので廃止するものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  30の大垣市社会教育委員条例の一部改正につきましては、地方分権を進めるための第3次一括法による社会教育法の一部改正に伴い、社会教育委員の委嘱の基準を定めるものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。8ページをお願いします。  31の大垣市スイトピアセンター条例の一部改正につきましては、市史編さんの終了に伴い4階の執務室を会議室として貸し出すため、利用料金を規定するものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  32の大垣市老人医療費助成金条例の一部改正につきましては、国において、平成26年4月から70歳から74歳までの高齢者の医療費の一部負担金が1割から2割に引き上げになることに伴い、本市独自の医療助成制度である67歳から69歳の高齢者の医療費助成につきまして、平成28年度までにつきまして年齢を2歳引き上げ69歳以上の高齢者について一部負担金が1割負担となるよう助成をするよう改正するものでございます。なお、国、市の制度ともに経過措置として、平成25年度中に給付を受けている者は引き続き同様の給付を受けられるものでございます。  33の大垣市国民健康保険条例の一部改正につきましては、国民健康保険法施行令の一部改正に伴い、保険料の負担の公平を図るため保険料の賦課限度額引き上げ及び低所得者の保険料軽減の対象範囲を拡大するため、所要の改正を行うものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  34の大垣市障害程度区分認定審査会委員の定数を定める条例等の一部改正につきましては、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援する法律の一部改正に伴い、障害程度区分認定審査会名称変更等を行うものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  35の大垣市障害者福祉年金条例の一部改正につきましては、障害福祉サービスの重点が現金給付から現物給付に移り充実したことに伴い、給付額につきまして見直しを行うものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  36の大垣市立保育所設置条例の一部改正につきましては、安井保育園につきまして、耐震補強工事のため工事期間中、旧北保育園に移り、工事終了後、現地に戻るため園舎の位置について改正を行うものでございます。規則で定める日から施行するものでございます。  37の大垣市育英資金助成に関する条例の一部改正につきましては、高校生の奨学給付金制度の創設に伴い、高校生に対する奨学助成金及び奨学資金貸付制度を廃止するものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  38の大垣市景観条例の一部改正につきましては、景観資源の保存を拡充するため、景観遺産に準ずる建築物等を景観自慢として指定する制度を新設するものでございます。公布の日から施行するものでございます。  39の大垣市道路占用料徴収条例の一部改正につきましては、道路法の一部改正に伴い、国有林野事業について占用料が徴収できないとされたため所要の改正を行うものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  40の大垣市準用河川流水占用料等徴収条例の一部改正につきましては、平成26年4月1日からの消費税の引き上げに伴い、引き上げ分を転嫁するため土地占用料等について改正するものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  41の大垣市消防団条例の一部改正につきましては、消防団員の確保を図るため消防団の入団要件を拡大し市内に勤務するものを対象とするものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。  42の大垣市福祉施設等徴収金助成条例の廃止につきましては、福祉施設利用者負担金の一部を助成する制度につきまして、法整備等により利用者の経済的負担の軽減が図られたことに伴い廃止するものでございます。平成26年4月1日から施行するものでございます。10ページをお願いします。  43の平成25年度大垣市病院事業会計資本剰余金の処分につきましては、平成2年度に寄附金を財源の一部として取得した超音波診断装置及び平成7年度に国庫補助金を財源の一部として取得した同じく超音波診断装置につきまして、本年度に更新したため、寄附金及び補助金を持って取得した資産の除却に伴う除却損を資本剰余金の取り崩しにより補てんするものでございます。  44の大垣市名誉市民の称号を贈り、名誉市民章を授与することについてから50の大垣市時財産区管理委員の選任についてまでの7議案につきましては、後ほど企画部長から御説明申し上げます。  51の専決処分の報告につきましては、平成25年12月13日午前11時10分ごろ、大垣競輪場内において、本市公営競技事務所職員が運転する公用車が発進のため後退した際、駐車中の自動車に接触し損害を与えた事故、過失割合100%につきまして、平成26年1月20日に損害賠償金33万5,245円を支払うことで示談いたしましたので、地方自治法第180条の規定に基づき、専決処分の報告をするものでございます。なお、賠償額の全額が保険金で補てんされるものでございます。  以上、平成26年第1回大垣市議会定例会提出予定の議案につきまして、御説明申し上げました。よろしくお願い申し上げます。 22 ◯企画部長(澤 達彦君)  それでは、44の大垣市名誉市民の称号を贈り、名誉市民章を授与することについてから50の大垣市時財産区管理委員の選任についてに至る7議案につきまして御説明させていただきます。  初めに、44の大垣市名誉市民の称号を贈り、名誉市民章を授与することにつきましては、今回、セイノーホールディングス株式会社代表取締役会長であります田口義嘉壽さんを大垣市名誉市民として表彰するものでございます。大垣市名誉市民は、本市発展のために貢献し、市政に特別功労のあった方、経済等の進展に貢献され、市民の敬仰を受けている方など、大垣市功労者表彰条例第3条第2項の規定により議会の御議決をいただきまして、名誉市民として表彰するものでございます。田口義嘉壽さんは、10人目の名誉市民受賞者となります。  去る2月7日金曜日に、大垣市功労者表彰審査委員会に、45の功労賞を授与することについてとともに、功労者表彰候補者の諮問をさせていただき、御承認をいただいているところでございます。お手元の平成26年度大垣市功労者表彰候補者の資料に基づいて説明させていただきます。1ページをごらんください。  田口さんの功績は、資料1ページから5ページまでのとおりでございますが、セイノーホールディングス株式会社代表取締役会長として、現在も御活躍をいただいておられ、これまでに、大垣商工会議所会頭、岐阜県トラック協会会長等を歴任され、本市の産業経済の発展に多大なる御貢献をいただいております。また、本市でこれまで行われました決戦関ケ原大垣博日本まんなか共和国、文化首都、おおがき芭蕉生誕360年祭の大きなイベントでは中心的な役割を担っていただき、中心市街地活性化、広域観光の促進、地域文化の振興等に御貢献いただきました。そして、公益財団法人田口福寿会理事会長として、地域振興福祉事業等に多大な御支援をいただいております。そのほかにも、本市のスポーツ振興を初め、多方面で広く御活躍いただいており、広範にわたり本市並びに地域の発展に特別の功績を残されていることはいうまでもありません。それに加え、大垣市民として2人目となる岐阜県名誉県民に選定されたことなど総合的に検討した結果、大垣市名誉市民として御推挙したいと存じます。今後の日程につきましては、3月3日議会初日に議案を上程し、御議決を賜わりましたら、小川市長と林議長様が西濃運輸本社にお伺いいたしまして、田口さん御本人に受賞の伝達をさせていただく予定でございます。また、表彰式は4月1日の市政記念日に行う予定です。なお、議会の御議決を賜わり正式に決定するわけではございますが、名誉県民の推挙の時点で県が発表されたことも参考にし、本日、市長から田口さんへの推挙について発表させていただく予定でございますので、よろしくお願いいたします。  続きまして、45の大垣市功労賞を授与することについては、本市の公益及び地域振興に尽力し功労顕著な方5名に、功労賞を授与するものでございます。  候補者と主な功績について御説明いたします。お手元の資料の6ページをごらんください。  山中 穰様は、大垣市連合自治会連絡協議会副会長として自治会組織の充実と円滑な運営に努めるなど住民自治の振興に御貢献されました。また、大垣市市税等口座振替推進協議会副会長として、自主納付体制の確立を図るなど税務行政の推進にも寄与されました。  加藤 茂様は、行政相談委員として住民から行政全般にわたる意見、要望等を公正・中立の立場から解決を図るなど本市行政の発展に御貢献されました。また、大垣市レクリエーション協会会長として、社会教育の振興にも寄与されました。資料の7ページをお願いします。  清水 進様は、大垣市史編さん室長として、郷土史の調査・研究を進め、郷土の歴史を後世に継承するため、「大垣市史」全編の編さんに尽力されました。また、奥の細道むすびの地記念館企画展示委員会委員長などを務められ、地域文化の振興にも御貢献されておられます。  北野和子様は、大垣市教育委員及び大垣市教育委員長職務代理者として、本市の教育振興に御貢献されました。また、大垣商工会議所女性会会長として、本市や商工会議所の事業に積極的に参画され、地域産業の振興にも御尽力されました。8ページをお願いします。  平林佳郎様は、イビデン株式会社取締役等を歴任され、地域経済の振興に御貢献されました。また、大垣商工会議所副会頭として、会議所運営の充実強化、中小商工業者経営支援事業に積極的に取り組まれ、地域産業の振興にも寄与されました。  なお、今回から市の幹部職員の表彰を取りやめいたしました。以上の功労賞の授与につきまして、大垣市功労者表彰条例第3条第2項の規定により、市議会の議決をお願いするものでございます。また、功労賞の授与につきましては、44の名誉市民賞の授与とともに、市政記念日スイトピアセンター文化ホールにて行いますので、よろしくお願い申し上げます。  続きまして、人事案件につきまして御説明申し上げたいと存じます。  46の大垣地域公平委員会委員の選任につきましては、現在、‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 西脇史雄様が平成26年3月31日付で任期満了を迎えられます。  また、47の大垣市固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 山本敦子様が平成26年3月6日付で任期満了を迎えられます。  次に、48の大垣市牧田財産区管理委員の選任につきましては、管理委員‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 小谷松久様を含め7名の方々が平成26年5月9日をもって任期満了を迎えられます。  次に、49の大垣市一之瀬財産管理委員の選任につきましては、管理委員‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 金山善吉様を含め7名の方々が平成26年5月9日をもって任期満了を迎えられます。  次に、50の大垣市時財産区管理委員の選任につきましては、管理委員‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 伊藤佳美様を含め7名の方々が平成26年5月9日をもって任期満了を迎えられます。  それぞれの人選につきましては、議長さんを通じてお願いいたしたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。  以上、44の大垣市名誉市民の称号を贈り、名誉市民章を授与することについてから50の大垣市時財産区管理委員の選任についてに至る7議案につきまして御説明申し上げました。よろしく御審査賜わりますようお願い申し上げます。 23 ◯委員長(石田 仁君)  議長から発言があります。 24 ◯議長(林 新太郎君)  ただいま企画部長から説明のありました大垣地域公平委員会委員の選任、大垣市固定資産評価審査委員会委員の選任及び牧田・一之瀬・時の財産区管理委員の選任につきましては、その人選が私の手元に参り次第、各会派の代表者にお話し申し上げますので、名誉市民章及び功労章の授与とともに各会派で御協議をいただき、その結果を2月27日(木)までに私のもとへお知らせいただきますよう、お願いいたします。その結果を踏まえ、初日、本会議冒頭に先議という運びにいたしたいと思います。なお、一部会派の了解が得られない場合は、挙手採決でお願いいたしたいと思います。 25 ◯委員長(石田 仁君)  ただいまの提出予定議案について、また議長から名誉市民章及び功労章の授与並びに人事案件について発言がありましたが、御意見はありませんか。─── ないようですので、提出予定議案について、並びに名誉市民章及び功労章の授与並びに人事案件については議長から発言のありましたとおり取り扱うことで御異議ありませんか。            (異議なし) 26 ◯委員長(石田 仁君)  御異議ありませんので、さよう決定いたします。  議長から発言があります。 27 ◯議長(林 新太郎君)  お手元に資料を配付しておりますが、陳情が1件、意見書議決の要請が3件提出されておりますので、御報告いたします。  事務局長から、件名等の説明を願います。 28 ◯議会事務局長(金森 守君)  まず、陳情についてでありますが、陳情第1号 ウルトラ・オーファンドラッグ開発支援の法整備に向けた意見書に関する陳情が、遠位型ミオパチー患者会 中部地区リーダー 浅川ひろ子氏から提出されております。  次に、意見書提出の要請についてでありますが、食の安全・安心の確立を求める意見書及び微小粒子物質(PM2.5)に係る総合的な対策の推進を求める意見書が市議会公明党さんから、また、雇用の安定を求める意見書が民主ネットクラブさんからそれぞれ提出されておりますので、御報告いたします。 29 ◯委員長(石田 仁君)
     議長から発言があります。 30 ◯議長(林 新太郎君)  ただいまの陳情第1号については、文教厚生委員会において御審査願いたいと思います。また、意見書については、それぞれ各会派で御検討願い、御了解が得られれば、議会運営委員会委員全員意見書提出といたしたいと思いますので、御協議の結果を、3月10日(月)までに、私のもとへ御返事をいただきますよう、お願いいたします。 31 ◯委員(高畑 正君)  陳情は、うちだけに出てるの。県下全都市に出てるの。 32 ◯議会事務局長(金森 守君)  県内は、県議会、岐阜市、各務原市、本巣市、県を合わせて四つでございます。 33 ◯委員(高畑 正君)  どうしてそんなばらばらなことやるの。こういうことは、一斉にやってくれたほうがいいわね。陳情者のほう。出さない都市はあるの。 34 ◯議会事務局長(金森 守君)  今のところこちらで把握しているのは、県議会、岐阜市、各務原市、本巣市と大垣市でございます。そのほかの都市については、いっているのかどうか申し訳ございませんちょっと。 35 ◯委員(高畑 正君)  確認して返事ください。 36 ◯議会事務局長(金森 守君)  わかりました。 37 ◯委員長(石田 仁君)  ただいまの陳情並びに意見書につきましては、それぞれ議長から発言がありましたとおり取り扱うことで、御異議ありませんか。            (異議なし) 38 ◯委員長(石田 仁君)  御異議ありませんので、さよう決定いたします。  次に、日程について事務局長から説明願います。 39 ◯議会事務局長(金森 守君)  お手元の日程案をごらんいただきたいと思います。  第1回定例会の日程につきまして、先ほど説明のありました議案に従い日程案を作成いたしましたので、御説明申し上げます。  3月3日(月)、9時30分、議員総会、10時、本会議、提案説明を受けます。5日(水)10時までに一般質問申し込み、直ちに抽せんをお願いいたします。10日(月)10時、本会議、一般質問。12日(水)9時、子育て支援日本一対策委員会、13時、市民病院に関する委員会。13日(木)9時、建設環境委員会。14日(金)9時、経済産業委員会。17日(月)9時、文教厚生委員会。18日(火)9時、企画総務委員会。19日(水)9時、議会運営委員会、10時、本会議。以上のようにお願いいたしたいと思います。 40 ◯委員長(石田 仁君)  日程につきましては、ただいま説明があったとおりですが、御意見はありませんか。─── ないようでありますので、第1回定例会は、3月3日から19日までの17日間と決定することに御異議ありませんか。            (異議なし) 41 ◯委員長(石田 仁君)  御異議ありませんので、さよう決定いたします。  議長から発言があります。 42 ◯議長(林 新太郎君)  海外行政視察にかかる議員派遣についてですが、12月定例会終了後に、会議規則(第86条)の規定により、議長において田中議員を2月9日から15日までの7日間の日程でイギリス・ドイツ・フランスに派遣いたしましたので、御報告いたします。また、本件につきましては、初日、本会議冒頭に諸般の報告といたしますので、よろしくお願いいたします。 43 ◯委員長(石田 仁君)  ただいまの議員派遣については、御了承いただきたいと思います。  議事日程等について事務局長から発言があります。 44 ◯議会事務局長(金森 守君)  それでは、初日、3月3日の議事日程について、御説明させていただきます。  開会後、会議録署名議員の指名、会期の決定後、まず諸般の報告をいただき、次に、名誉市民章の授与について上程し、採決。続いて、功労章の授与について上程し、採決をお願いいたします。次に、大垣地域公平委員会委員の選任について、大垣市固定資産評価審査委員会委員の選任について及び牧田・一之瀬・時の財産区管理委員の選任についての合わせて5議案を一括上程し、採決をお願いいたします。次に、提出予定の44議案を一括上程し、施政方針並びに提案説明を受け、散会という運びでお願いしたいと思います。 45 ◯委員長(石田 仁君)  定例会初日議事日程につきましては、ただいまの説明のとおり御了承いただきたいと思います。  事務局長から発言があります。 46 ◯議会事務局長(金森 守君)  既に御案内しておりますが、2月27日、午前9時から合同委員会室において予算説明会が開催されますので、御参加いただけます方は予算書並びに予算明細書を御持参いただきますようお願いいたします。  次に、議案等の配付についてですが、名誉市民章及び功労章並びに人事案件の議案につきましては、定例会初日、議席に配付させていただきたいと思います。また、議案の付託表につきましては、一般質問日に議席へ配付させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  次に、出資法人大垣土地開発公社の経営状況に関する書類でございますが、定例会初日に配付させていただきます。  次に、議員総会についてですが、閉会中の委員会報告議会運営委員長からお願いいたします。また、海外行政視察に参加されました田中議員から視察報告をいただきたいと思います。また、粥川議員から会葬御礼の挨拶の申し出がありますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。 47 ◯委員長(石田 仁君)  予算説明会、議案等の配付、議員総会の運営につきましては、ただいまの説明のとおり御了承いただきたいと思います。  本日の予定は以上のとおりでありますが、そのほか御意見はありませんか。 48 ◯副委員長(野田のりお君)  前からお願いしております、一般質問での一問一答方式の採用とテレビ及びインターネットでの中継放送を、来年度、26年度からお願いしたいのですが、御返答お願いします。 49 ◯委員長(石田 仁君)  今、野田副委員長のほうから一問一答並びにインターネット等での放映という、26年度からはじめてほしいという御意見でございましたが、一問一答については、各会派、前向きに検討しましょうということでしたので。 50 ◯委員(高畑 正君)  返事する必要ないだろ。改めて提案したんだから。俺が言ったから返事しろという横柄な態度はないよ。 51 ◯副委員長(野田のりお君)  御検討を願います。 52 ◯委員長(石田 仁君)  それでは今、副委員長のから2点、発言がありましたので、お持ち帰りいただいてまた御検討いただきたいと思います。  以上で議会運営委員会を閉会いたします。              午前10時49分   閉 会            ────────────────── ○傍聴議員8名 長谷川つよし 中田ゆみこ 粥川加奈子 日比野芳幸 山口和昭 笹田         トヨ子 丸山新吾 岡田まさあき Copyright © Ogaki City Assembly Minutes, All Rights Reserved. ↑ ページの先頭へ...