ツイート シェア
  1. 岐阜市議会 2014-11-05
    平成26年第5回(11月)定例会(第5日目) 本文


    取得元: 岐阜市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-06-28
    ▼ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 開  議  午前10時2分 開  議 ◯議長(國井忠男君) これより本日の会議を開きます。  本日の日程はお手元に配付申し上げたとおりであります。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第1 会議録署名議員の指名 ◯議長(國井忠男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本日の会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において12番和田直也君、13番須賀敦士君の両君を指名します。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第2 第135号議案から第25 請願第20号まで ◯議長(國井忠男君) 日程第2、第135号議案から日程第25、請願第20号まで、以上24件を一括して議題とします。            ───────────────────              〔議 案 等 掲 載 省 略〕            ───────────────────            総 務 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規  則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │
    ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第135号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳入                     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第2款 総務費               │        │ │       │ 第3条 債務負担行為の補正           │        │ │       │  追加分中                   │        │ │       │   県議会議員選挙執行関連業務委託費      │        │ │       │   市議会議員選挙選挙公報印刷費        │        │ │       │   市議会議員選挙執行関連業務委託費      │        │ │       │   新庁舎建設基本・実施設計業務委託費     │        │ │第137号議案│市役所の位置に関する条例の一部を改正する条例制定 │原案のとおり可決│ │       │について                     │        │ │第138号議案│岐阜市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定に │原案のとおり可決│ │       │ついて                      │        │ │第139号議案│岐阜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を │原案のとおり可決│ │       │改正する条例制定について             │        │ │第140号議案│非常勤の特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例 │原案のとおり可決│ │       │の一部を改正する条例制定について         │        │ │第150号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳入                     │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第1款 議会費               │        │ │       │   第2款 総務費               │        │ │       │   第9款 消防費               │        │ │第151号議案│岐阜市職員の給与に関する条例及び岐阜市一般職の任 │原案のとおり可決│ │       │期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例 │        │ │       │制定について                   │        │ │第152号議案│特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条 │原案のとおり可決│ │       │例制定について                  │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘   平成26年12月9日                        総務委員長  高 橋   正  印    岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ───────────────────          総 務 委 員 会 請 願 審 査 報 告 書   本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第142条  第1項の規定により報告します。                     記 ┌───────┬──────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第16号                            │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │件     名│集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し立法化しない意見書について  │ │       │の請願                               │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │受理年月日  │平成26年11月25日                       │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │請願代表者  │岐阜市徹明通7-13 岐阜県教育会館302号            │ │住所・氏名  │新日本婦人の会岐阜支部 支部長 和田玲子              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │紹 介 議 員│井深正美、堀田信夫、原 菜穂子、中川裕子              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │審 査 結 果│不採択                               │ └───────┴──────────────────────────────────┘ ┌───────┬──────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第17号                            │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │件     名│特定秘密保護法の廃止を求める意見書の提出についての請願       │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │受理年月日  │平成26年11月25日                       │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │請願代表者  │岐阜市徹明通7─13 岐阜県教育会館302号            │ │住所・氏名  │新日本婦人の会岐阜支部 支部長 和田玲子              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │紹 介 議 員│井深正美、堀田信夫、原 菜穂子、中川裕子              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │審 査 結 果│不採択                               │ └───────┴──────────────────────────────────┘ ┌───────┬──────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第18号                            │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │件     名│治安維持法犠牲者の名誉回復実現の意見書採択を求める請願       │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │受理年月日  │平成26年11月25日                       │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │請願代表者  │岐阜市長良618-6                        │ │住所・氏名  │治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟 岐阜支部代表 上野芙美      │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │紹 介 議 員│堀田信夫、服部勝弘、田中成佳、井深正美、原 菜穂子、中川裕子    │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │審 査 結 果│不採択                               │ └───────┴──────────────────────────────────┘ ┌───────┬──────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第19号                            │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │件     名│消費税増税の中止を求める請願                    │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │受理年月日  │平成26年11月25日                       │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │請願代表者  │岐阜市則武西2丁目1-17                     │ │住所・氏名  │岐阜北民主商工会 会長 伊藤次雄 外1件              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │紹 介 議 員│堀田信夫、井深正美、原 菜穂子、中川裕子              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │審 査 結 果│不採択                               │ └───────┴──────────────────────────────────┘   平成26年12月9日                        総務委員長  高 橋   正  印
       岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ───────────────────            産 業 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規  則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第135号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第6款 農林水産業費            │        │ │       │ 第2条 繰越明許費               │        │ │       │   第7款 商工費               │        │ │       │ 第3条 債務負担行為の補正           │        │ │       │  追加分中                   │        │ │       │  (指定管理関係分)              │        │ │       │   岐阜産業会館運営管理業務委託費       │        │ │第148号議案│指定管理者の指定について(岐阜産業会館)     │原案のとおり可決│ │第150号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第5款 労働費               │        │ │       │   第6款 農林水産業費            │        │ │       │   第7款 商工費               │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘   平成26年12月9日                        産業委員長  須 田   眞  印    岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ───────────────────          産 業 委 員 会 請 願 審 査 報 告 書   本委員会に付託の請願は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第142条  第1項の規定により報告します。                     記 ┌───────┬──────────────────────────────────┐ │請 願 番 号│請願第20号                            │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │件     名│小規模企業振興の具体的施策を求める請願               │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │受理年月日  │平成26年11月25日                       │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │請願代表者  │岐阜市則武西2丁目1-17                     │ │住所・氏名  │岐阜北民主商工会 会長 伊藤次雄 外1件              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │紹 介 議 員│堀田信夫、井深正美、原 菜穂子、中川裕子              │ ├───────┼──────────────────────────────────┤ │審 査 結 果│不採択                               │ └───────┴──────────────────────────────────┘   平成26年12月9日                        産業委員長  須 田   眞  印    岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ───────────────────            厚 生 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規  則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第135号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第3款 民生費               │        │ │第136号議案│平成26年度岐阜市介護保険事業特別会計補正予算  │原案のとおり可決│ │       │(第2号)                    │        │ │第141号議案│岐阜市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及 │原案のとおり可決│ │       │び運営に関する基準等を定める条例等の一部を改正す │        │ │       │る条例制定について                │        │ │第142号議案│岐阜市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定に │原案のとおり可決│ │       │ついて                      │        │ │第143号議案│岐阜市小児慢性特定疾病審査会条例制定について   │原案のとおり可決│ │第145号議案│工事請負契約の締結について(寺田プラント設備改良 │原案のとおり可決│ │       │工事)                      │        │ │第150号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第3款 民生費(第3項 子ども・若者総合支 │        │ │       │          援費は除く)         │        │ │       │          (第7項 市民参画費は除く) │        │ │       │   第4款 衛生費               │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘   平成26年12月9日                        厚生委員長  松 原 和 生  印    岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ───────────────────            建 設 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規  則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第135号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第2条 繰越明許費               │        │ │       │  第8款 土木費                │        │ │       │ 第3条 債務負担行為の補正           │        │ │       │  追加分中                   │        │ │       │   道路整備工事費               │        │ │第144号議案│岐阜市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施 │原案のとおり可決│
    │       │設の用途及び規模を定める条例制定について     │        │ │第149号議案│市道路線の認定及び変更について          │原案のとおり可決│ │第150号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第8款 土木費               │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘   平成26年12月9日                        建設委員長  西 川   弘  印    岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ───────────────────            文 教 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規  則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第135号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第10款 教育費              │        │ │       │ 第2条 繰越明許費               │        │ │       │  第3款 民生費                │        │ │       │  第10款 教育費               │        │ │       │ 第3条 債務負担行為の補正           │        │ │       │  追加分中                   │        │ │       │   岐阜東幼稚園園児送迎業務委託費       │        │ │       │   スポーツ交流施設建設基本・実施設計業務委託 │        │ │       │   費                     │        │ │第146号議案│工事請負契約の締結について((仮称)岐阜中央中学 │原案のとおり可決│ │       │校給食共同調理場建築主体工事)          │        │ │第147号議案│工事請負契約の締結について((仮称)柳津体育館建 │原案のとおり可決│ │       │築主体工事)                   │        │ │第150号議案│平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)   │原案のとおり可決│ │       │ 第1条 歳入歳出予算の補正           │        │ │       │  歳出中                    │        │ │       │   第3款 民生費中              │        │ │       │    第3項 子ども・若者総合支援費      │        │ │       │    第7項 市民参画費            │        │ │       │   第10款 教育費              │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘   平成26年12月9日                        文教委員長  大 野 一 生  印    岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ───────────────────          議 会 運 営 委 員 会 審 査 報 告 書   本委員会に付託の事件について、審査の結果、下記のとおり決定しましたので、会議規  則第109条の規定により報告します。                     記 ┌───────┬─────────────────────────┬────────┐ │ 事件の番号 │    件               名    │ 議決の結果  │ ├───────┼─────────────────────────┼────────┤ │第153号議案│市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一 │原案のとおり可決│ │       │部を改正する条例制定について           │        │ └───────┴─────────────────────────┴────────┘   平成26年12月9日                      議会運営委員長  大 野 邦 博  印    岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ─────────────────── ◯議長(國井忠男君) これら24件の各委員会における審査結果の報告を求めます。産業委員長、14番、須田 眞君。    〔須田 眞君登壇〕 ◯14番(須田 眞君) おはようございます。    〔「おはようございます」と呼ぶ者あり〕  産業委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る12月8日及び9日の両日、委員会を開会し、付託されました議案3件、請願1件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会所管分についてであります。  まず、農林水産業費に係る質疑においては、個人情報保護の観点から、公開に向けた農地台帳システム運用方法を確認されたのであります。加えて、システム改修による効果及び活用方法に関する説明を求められたところであります。  次に、商工費の繰越明許費に係る日野地区街路灯撤去事業についてでありますが、繰り越しの理由をただされた上で、撤去工事の手法、撤去区間の総延長及び撤去後の状況を尋ねられたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、岐阜産業会館に係る第148号議案指定管理者の指定についてであります。  本市の公共施設においては、利用手続が施設ごとに異なっている現状に鑑み、利用者に混乱を招くおそれがあることに懸念を示され、手続方法の一本化に向けた当局の検討方を要望されたものの、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第150号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会所管分についてであります。  質疑においては、給与改定の具体的な内容を問われたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、請願第20号小規模企業振興の具体的施策を求める請願であります。  本請願審査の討論において、本件を是とする立場の一委員は、ことし6月に施行された小規模企業振興基本法の趣旨に沿った具体的施策を求めるものであり、請願の採択に賛成する旨を述べられたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択とすべきものと決しました。  以上が審査の大略でありますが、別途、本委員会所管に係る地域の中小企業振興策を求める意見書の発議手続をとりましたことを申し添え、産業委員長報告とします。 ◯議長(國井忠男君) 厚生委員長、22番、松原和生君。    〔松原和生君登壇〕 ◯22番(松原和生君) 厚生委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る12月8日及び9日の両日、委員会を開会し、付託されました議案7件につきまして慎重に審査いたしましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会所管分についてであります。  質疑では、日野恵光の民営化に関して、移管を受けた社会福祉法人が施設運営を途中で断念した際の当局の対応方を問われたほか、土地・建物の扱いに係る規定の有無等を尋ねられたところであります。  また、当局が民営化の目的の1つに行政資源の有効活用を挙げていることを指摘された上で、民営化により縮減される経費の見込みを確認されるとともに、縮減した経費の活用方法を問われたのであります。  その後、討論へと移行したところ、反対の立場の一委員は、平成25年度の決算状況に鑑み、日野恵光の運営は市の直営であるがゆえに成り立っていることに言及され、営利の追求を前提としていない社会福祉法人といえども、民間による経営には多大なリスクが伴うことに対し懸念を示されたのであります。また、民営化を前提とした事業推進に触れられ、福祉施設を行政のスリム化の対象としていることに疑問を呈されるとともに、今回の民営化は入所者の生活を優先して行うべきものであるとの観点から不安である旨を述べられ、本議案には賛成できないと主張されたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第136号議案平成26年度岐阜市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、第141号議案岐阜市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例等の一部を改正する条例制定について及び第142号議案岐阜市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についての以上3件は、いずれも異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第143号議案岐阜市小児慢性特定疾病審査会条例制定についてであります。  質疑では、議案に関連して、小児慢性特定疾病に係る医療費助成の現在までの申請件数を尋ねられたのでありますが、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、寺田プラント設備改良工事に係る第145号議案工事請負契約の締結についてであります。  質疑においては、当該プラント建設当時の施工業者を確認されるとともに、今回の業者選定に係る経緯及び設備改良の内容を問われたのであります。加えて、改良により縮減される管理費及び人件費の内訳等を尋ねられたものの、議案そのものには異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、第150号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会所管分については異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  このほか、本委員会は東部クリーンセンター一般廃棄物仮置場用地に関する調査の中間報告について所管事務調査を行ったところであります。  調査においては、環境事業部から当概用地内の建築物が違法物件であることを確認した旨の報告を受けた後、今後の進め方について種々議論が交わされた次第であります。  以上、厚生委員長報告とします。 ◯議長(國井忠男君) 建設委員長、32番、西川 弘君。    〔西川 弘君登壇〕 ◯32番(西川 弘君) 建設委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る12月8日及び9日の両日、委員会を開会し、付託されました議案4件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。
     初めに、第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会所管分についてであります。  質疑では、まず、繰越明許費中、道路橋梁費に関し早田正木線道路改良事業の繰り越し理由を問われたのであります。  次に、道路舗装及び側溝工事の平準化を図るための道路整備工事費に係る債務負担行為の追加について理解を示された上で、工事の平準化の観点から当初予算を編成することに対する当局の見解を求められたのであります。  また、道路舗装及び側溝工事に係る年間の予算総額を尋ねられたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第144号議案岐阜市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途及び規模を定める条例制定についてであります。  質疑では、本条例の規定に該当する、すなわち延べ面積1万平方メートル以上の工場、作業場及び倉庫の用途に供する施設の箇所数を問われるとともに、当該施設への指導監督を行う担当部局を尋ねられたのであります。  また、当該施設に係る延べ面積及び従業員の平均数値等を尋ねられたのであります。  加えて、当該施設が浸水対策整備を施工した際の支援に対する当局の見解を問われたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第149号議案市道路線の認定及び変更についてであります。  質疑では、今回、芥見139号線において寄附採納に伴い市道路線へ編入される道路予定地の編入理由を尋ねられるとともに、編入後の用途の位置づけを問われたのであります。  また、天候等の影響により建物が倒壊し、道路の通行が妨げられた際の当局の対応方を問われたのであります。  その後の討論においては、賛成の立場の一委員から、寄附採納により市道路線へ編入するためには一定の基準があることから、基準の見直しも含め現場の道路状況に即した対応方を当局に求められたのであります。  また、賛成の立場の複数の委員から、市道路線への編入における基準の緩和に向けた当局の努力方を要望されたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、第150号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会所管分についてでありますが、異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、建設委員長報告とします。 ◯議長(國井忠男君) 文教委員長、7番、大野一生君。    〔大野一生君登壇〕 ◯7番(大野一生君) 文教委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る12月8日及び9日の両日、委員会を開会し、付託されました議案4件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  まず初めに、第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会所管分についてであります。  質疑においては、まず、スポーツ交流施設に係る建設予定地を確認されたところであります。  さらに、用地購入に先行して地質調査及び基本・実施設計業務委託費を予算計上したことに対する当局の見解を尋ねられるとともに、周辺の土地取引事例に鑑み、適正価格での用地購入を要望されたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、(仮称)岐阜中央中学校給食共同調理場建築主体工事に係る第146号議案工事請負契約の締結についてであります。  本件審査において交わされました主な質疑の内容を申し上げます。  まず、供用開始までのスケジュール及び提供する給食配膳の予定数量を確認されるとともに、中学校区ごとに学校給食共同調理場を整備するメリット及び当該方針の決定方法を尋ねられたのであります。  また、学校給食共同調理場の整備に関する国庫補助制度及び国が定めた学校給食衛生管理の基準への当局の対応方について問われたのであります。  さらに、共同調理場化及びドライシステム化による建設経費及び管理運営に係るランニングコストを確認されたのであります。  大略、以上のような質疑を踏まえ、討論へと移行したところ、賛成の立場の一委員は、食の安全に対する当局の姿勢を高く評価され、今後も継続していくことを要望されたのであります。  また、別の賛成の立場の委員は、学校給食調理場のドライシステム化を評価した上で、以下の点について憂慮されたものの、今後の検討方を当局に求められたところであります。すなわち単独調理場から共同調理場への移行に伴い、異物混入や食中毒等が発生した際、広範囲に影響が及ぶこと。校区内の小中学校への配送が生じるため、調理終了から給食提供までの時間が長くなること。また、食物アレルギーに対するきめ細かな対応が必要となること。さらに、本市が教育立市を標榜していることから、今後の学校給食調理場の整備に当たっては、建設経費及び管理運営に係るランニングコストに加え、子どもたちへの安心、安全の観点も取り入れて選択すること。あわせて本会議において議論のありました公契約条例に関連して、安価な委託料は受託事業者等の従業員の非正規化など雇用が不安定となることが懸念されるため、調理業務委託等の実施に際しては適正価格での契約締結に十分配慮すること。以上、5項目にわたって要望されたのであります。  かかる議論を経て、本件を採決に付したところ、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、(仮称)柳津体育館建築主体工事に係る第147号議案工事請負契約の締結についてであります。  質疑では、当該地域における地盤の軟弱性を指摘された上で、施工に当たっては慎重な対応方を求められたものの、議案そのものに異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  最後に、第150号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会所管分についてでありますが、異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、文教委員長報告とします。 ◯議長(國井忠男君) 総務委員長、27番、高橋 正君。    〔高橋 正君登壇〕 ◯27番(高橋 正君) 総務委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は、去る12月8日及び9日の両日、委員会を開会し、現場視察も踏まえ、付託されました議案8件、請願4件について慎重に審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  初めに、第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会所管分についてであります。  本件の審査においては、岐阜大学医学部等跡地での新庁舎建設を前提とした補正予算が計上されていることに関し、地方自治法第4条第3項の規定により、出席議員の3分の2以上の同意を要する第137号議案市役所の位置に関する条例の一部を改正する条例制定についてと同時に提出されていることから、市役所の位置を決める際には、市民生活に及ぼす影響を考慮するとともに、当該議案の重要性及び議会の意思が尊重される必要性に鑑み、当該議案の可決後に、臨時会において関連する補正予算を提出すべきであるとの理由を付して、一委員から本議案に対する修正案が提出されたのであります。  すなわち本委員会に付託された歳出予算中、新庁舎建設に関する基本・実施設計事業者選定委員会設置に係る経費及びこれに対応する歳入予算を減額するとともに、平成26年度から平成28年度までを期間とし、限度額3億5,800万円とする新庁舎建設基本・実施設計業務委託費に係る債務負担行為を削除するものであります。  そこで、修正案と一括して質疑に入りましたところ、基本・実施設計事業者選定委員会における業者選定方法、委員会開催回数及び委員構成について問われたのであります。  また、修正案の提出者に対しては提案理由を確認されたのであります。  以上のような質疑を踏まえ、まず、修正案の討論へと移行したところ、修正案に賛成の立場の複数の委員から、提案理由は妥当であると主張されたところであります。  一方、修正案に反対の立場の一委員は、市民に事業概要等が十分周知されているか不安が残る中、本議案の議決により新庁舎建設の議論が終結するものではないと言及されたものの、新庁舎建設に関する本会議での質疑及び昨年11月定例会から本委員会で行っている所管事務調査に一定の議論が尽くされたこと、また、平成32年度までの新庁舎の完成を目指し、今後、事業展開する中、進捗状況を見守る立場であることから、修正案には反対する旨を述べられたのであります。  かくして、修正案を採決に付したところ、賛成者少数をもって否決すべきものと決しました。  その後の第135号議案そのものに係る討論においては、本件に反対の立場の複数の委員から、それぞれ次のような意見が述べられたのであります。  まず、一委員から、岐阜大学医学部等跡地への移転という結論ありきで新庁舎建設の議論が進められており、そのプロセスには問題があると言及されたのであります。  また、合併特例債を活用するために、平成32年度までに新庁舎建設を完了する必要があることに疑義を呈され、百年の大計であるならば合併特例債の期限にこだわらず、より慎重に議論を重ね、市民からも一定の理解を得た上で事業着手すべきであると主張されたのであります。  さらに、現庁舎から移転した場合の跡地利用や公共施設の適正配置など、庁舎移転に伴う数多くの課題を総合的に検討していないことから、現段階で移転を行うべきではないと述べられたところであります。  また、他の委員は、現庁舎はバリアフリーが不十分であるなど、さまざまな問題があるため、建てかえの必要性を否定するものではないと述べられたものの、新庁舎建設の議論が短期間であることや、市民が望む新庁舎の議論が尽くされているとは思えないとの理由から、百年の大計と言うべき新庁舎建設が将来に禍根を残す事業となるおそれに言及されたのであります。  さらに、現在建設中である「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の南側に一部を高層化した新庁舎を建設する想定であることから、景観及び周辺地域への配慮が欠けていると指摘されたのであります。  加えて、都市内分権の観点から、地域事務所のあり方に関する庁内の議論が不十分である現状を憂慮された上で、都市内分権の議論を尽くすことにより、岐阜市新庁舎建設基本計画(案)に示されている新庁舎の規模及び延べ床面積の見直しが可能であると主張されたところであります。  同じく、反対の他の一委員からは、修正案に付してある提案理由は妥当である旨を述べられたのであります。  一方、本件に賛成の立場の一委員から、基本・実施設計事業者選定委員会における外部委員からの意見聴取は重要であると指摘された上で、新庁舎建設に当たって、市民及び市職員の意見も十分反映できる仕組みを構築し、事業着手することを強く要望されたのであります。  以上のような討論を経た後、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第137号議案市役所の位置に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。  質疑においては、「ぎふメディアコスモス」南側に一部を高層化した新庁舎を建設する想定であることから、「ぎふメディアコスモス」の設計者への新庁舎建設に係る具体的な説明の有無を尋ねられたのであります。  また、新庁舎建設による近隣地域への日照時間等の影響を確認されるとともに、近隣市民に対する説明会の実施について問われたところであります。  さらに、新庁舎建設に当たり、本庁舎及び事務所機能のあり方に懸念を感じていることから、庁内検討会議の開催状況を尋ねられたのであります。  また、岐阜市庁舎のあり方検討委員会から市長へ提出された答申書に、現在の本庁舎の跡地利用に関する検討の必要性に関する付帯意見が付されていることから、移転後の跡地利用に係る今後の方針を確認されたところであります。  加えて、新庁舎建設予定地周辺の土地・建物所有者への交渉状況について説明を求められたのであります。  大略、以上のような質疑を踏まえ、討論へ移行したところ、本件に反対する立場の複数の委員から、それぞれ次のような意見が述べられたのであります。  まず、一委員から、合併特例債を活用することを目的に新庁舎の建設計画を進めている現状を指摘された上で、公共施設の適正配置、都市内分権のあり方及び新庁舎の建設位置の是非等、市民への説明及び周知が不十分な中、真に必要な新庁舎に関する議論を重ねることが求められると言及されたのであります。  また、他の一委員は、新庁舎建設決定までの経過は余りにも拙速であると指摘されたところであります。  さらに、別の一委員は、本議案は地方自治法第4条第3項に規定される特別多数議決を要する非常に重要な議案であり、第135号議案と同様の理由により反対すると主張されたのであります。  一方、本件に賛成の立場の委員からは、本庁舎は建設後48年が経過し老朽化が進む中、建てかえは極めて妥当であること、庁舎の分散化が市民サービスに支障を来していること、本会議及び市民説明会等でさまざまな観点から議論された経過を踏まえて、岐阜大学医学部等跡地において、合併特例債を活用することにより新庁舎建設に係る市民負担も軽減されることから、早期に新庁舎を建設する必要性を主張され賛意を表する旨を述べられたのであります。  また、賛成の立場の複数の委員からは、それぞれ次のような要望が述べられたのであります。  まず、新庁舎の規模及び機能等については、議員及び市民からさまざまな指摘があることから、今後十分に考慮した上で事業を進めることを強く要望されたところであります。  さらに、新庁舎建設基本計画(案)に示されている今後の検討課題の7項目について、スピード感を持って対応する必要があること、建設コストの削減努力は当然のことながら、現庁舎の跡地利用の計画案を早急に明示し、新庁舎建設までに市民の理解を得ること、岐阜大学医学部等跡地の環境整備を図ることを求められたのであります。  加えて、新庁舎建設における進捗状況を本委員会及び議会に報告することを要望されたところであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第138号議案岐阜市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定についてであります。  質疑において、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、いわゆるマイナンバー法に関連して改正するものであることから、同法の公布日及び導入に向けた今後のスケジュールを尋ねられたのでありますが、議案そのものには異議のないところであり、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第139号議案岐阜市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について及び第140号議案非常勤の特別職職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定については、いずれも異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第150号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会所管分についてであります。  討論において、反対の立場の一委員から、本年4月に消費税率が8%に引き上げられ、市民は厳しい生活を強いられているとともに、円安により物価の高騰が想定されることから、特別職及び市議会議員の期末手当の改定には市民の理解が得られない旨を主張されたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、第151号議案岐阜市職員の給与に関する条例及び岐阜市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、異議はなく、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  続いて、第152号議案特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。  討論において、反対の立場の一委員から、特別職の期末手当の改定に伴う条例改正であることから、第150号議案と同様の理由により賛成できない旨を述べられたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  次に、請願第16号集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し立法化しない意見書についての請願であります。  本請願審査の討論においては、本件を是とする立場の一委員から、集団的自衛権の行使容認は、戦争の放棄、戦力不保持及び交戦権の否認が明記された憲法第9条に反する行為であるとともに、戦争をする国へと突き進むことになると指摘されたところであります。  また、これまで給油及び給水に限られていた自衛隊の活動が集団的自衛権の行使容認により戦闘地域で活動ができることから、他国から攻撃対象となる危険性をはらんでいると危惧されたのであります。  さらに、多くの地方議会において、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書が可決されている現状に言及されたのであります。  同じく、本件を是とする立場の一委員は、請願の採択に賛成する旨を述べられたところであります。  その後、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択とすべきものと決しました。  続いて、請願第17号特定秘密保護法の廃止を求める意見書の提出についての請願であります。  討論において、本件を是とする立場の一委員から、「特定秘密の保護に関する法律」は多くの情報が秘密にされ、国民の知る権利を侵害する危険性をはらんでいると危惧されたところであります。  また、世論調査においても半数以上が特定秘密保護法には反対であるとの結果が出ているとともに、廃止を求める運動が国内各地で広がっていると述べられたのであります。  同じく、本件を是とする立場の別の一委員は、同法が施行された場合に起こり得る事例を紹介された上で、政府による恣意的な運用が可能であり、国民の知る権利を奪うおそれがあると指摘され、請願の願意は妥当であるとして採択を主張されたところであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択とすべきものと決しました。  次に、請願第18号治安維持法犠牲者の名誉回復実現の意見書採択を求める請願であります。  本請願審査の討論においては、本件を是とする立場の一委員から、治安維持法による言論、思想の弾圧は人権の侵害であり、反人道的であることは明らかであること。戦後、同法が反社会的であるとし廃止され、有罪判決を受けた人が無罪となっていること。諸外国においては強制収容者等への謝罪及び被害補償が行われているにもかかわらず、日本政府有罪判決を受けた人への謝罪及び補償を行っていないこと。名誉回復等がいまだに実現されていないことなどの問題を指摘され、また、全国多数の地方議会において、治安維持法犠牲者の名誉回復実現に関する意見書が可決されている現状に言及されたのであります。  同じく、本件を是とする立場の別の一委員は、治安維持法は特定秘密保護法の問題とも密接に関連があると指摘された上で、請願の願意に賛成し採択を主張されたところであります。
     その後、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択とすべきものと決しました。  最後に、請願第19号消費税増税の中止を求める請願であります。  討論において、本件を是とする立場の一委員は、消費税率8%への引き上げ及びアベノミクスの経済政策に伴う消費者物価指数の上昇等により勤労者の実質賃金は下がり続けているとともに、日本経済を支える中小企業においては、円安による原材料の高騰により経営が困難になり、倒産や廃業がふえている現状を指摘されたのであります。  また、内閣府発表の2014年7月から9月期の国内総生産の改定値は年率換算で前期比マイナス1.9%となり、四半期別で見ても4月から6月期に引き続き減となっていること、また、消費税率10%への引き上げを平成29年4月まで延長したことからもアベノミクスの破綻は明らかであると述べられたのであります。  同じく、本件を是とする立場の別の一委員は、請願の願意は妥当であるとして採択を主張されたのであります。  かくして、本件を採決に付したところ、賛成者少数をもって不採択とすべきものと決しました。  以上、総務委員長報告とします。 ◯議長(國井忠男君) 議会運営委員長、39番、大野邦博君。    〔大野邦博君登壇〕 ◯39番(大野邦博君) 議会運営委員長報告を行います。  今期定例会において、本委員会は去る12月9日に委員会を開会し、付託されました第153号議案市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について審査しましたので、以下、その経過及び結果を御報告申し上げます。  討論において、反対の立場の一委員は、2014年の7月から9月期四半期別の国内総生産の改定値において、年率換算で前期比マイナス1.9%、実質賃金も10月の時点で16カ月連続の下落、さらに、県内においては99%を占める中小企業の現状などに鑑み、議員の期末手当の支給月数を改定する本議案には賛意を表することはできないと述べられたのであります。  その後、本件を採決に付したところ、賛成者多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上、議会運営委員長報告とします。 ◯議長(國井忠男君) ただいま議題となっております議案19件中、第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)に対し、田中成佳君外5人から修正の動議が提出されております。            ───────────────────      第135号議案 平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)   上記の議案に対する修正案を地方自治法第115条の3及び会議規則第16条の規定に  より、別紙のとおり提出します。    平成26年12月9日         発議者  岐阜市議会議員   田   中   成   佳 印                        井   深   正   美 印                        原       菜 穂 子 印                        中   川   裕   子 印                        堀   田   信   夫 印                        服   部   勝   弘 印   岐阜市議会議長  國 井 忠 男 様            ─────────────────── (別 紙) ┌────────────────────────────────────────┐ │   第135号議案  平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)修正案   │ │ 平成26年度岐阜市の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。  │ │ (歳入歳出予算の補正)                            │ │第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ140,981千円を追加し、歳入歳出予算の │ │ 総額を歳入歳出それぞれ160,148,793千円とする。                 │ │2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出 │ │ 予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。              │ │ (債務負担行為の補正)                            │ │第3条 債務負担行為の追加は、「第3条 債務負担行為補正」による。       │ └────────────────────────────────────────┘ ┌───────────────────────────────────────┐ │ 第1表 歳入歳出予算補正                          │ │  歳  入                                 │ │                                (単位 千円)│ ├───────┬───────┬───────┬───────┬───────┤ │   款   │   項   │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────┼───────┼───────┼───────┼───────┤ │20 繰 越 金│       │       │    23,257│   3,987,689│ │       │       │   3,964,432│    23,404│   3,987,836│ │       ├───────┼───────┼───────┼───────┤ │       │1 繰 越 金│       │    23,257│   3,987,689│ │       │       │   3,964,432│    23,404│   3,987,836│ ├───────┴───────┼───────┼───────┼───────┤ │  歳  入  合  計   │       │    140,981│  160,148,793│ │               │  160,007,812│    140,128│  160,148,940│ └───────────────┴───────┴───────┴───────┘ ┌───────────────────────────────────────┐ │  歳  出                                 │ ├───────┬───────┬───────┬───────┬───────┤ │   款   │   項   │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   │ ├───────┼───────┼───────┼───────┼───────┤ │2 総 務 費│       │       │    37,299│   9,953,178│ │       │       │   9,915,879│    37,446│   9,953,325│ │       ├───────┼───────┼───────┼───────┤ │       │7 行政管理費│       │     2,299│   6,122,108│ │       │       │   6,119,809│     2,446│   6,122,255│ ├───────┴───────┼───────┼───────┼───────┤ │  歳  出  合  計   │       │    140,981│  160,148,793│ │               │  160,007,812│    141,128│  160,148,940│ └───────────────┴───────┴───────┴───────┘                       (上段は修正後の額、下段は修正前の額) 第3表 債務負担行為補正   追 加                                   (単位 千円) ┌────────────┬──────────────────┬───────┐ │    事  項    │       期  間       │ 限 度 額 │ ├────────────┼──────────────────┼───────┤ │ 新 庁 舎 建 設  │ 平成26年度から平成28年度まで │    358,000│ │基本・実施設計業務委託費│                  │       │ └────────────┴──────────────────┴───────┘                                   (上記は削除)   理  由  書  歳出予算第2款総務費、第7項行政管理費中、第2目財産管理費、新庁舎建設の14万 7千円は、岐阜大学医学部等跡地を前提とした新庁舎建設に係る経費であり、基本・実施 設計事業者選定委員会設置に必要な報酬(非常勤職員報酬)、旅費及び需用費(食糧費) を計上したものである。  本来、第135号議案に計上されている新市庁舎に係る基本・実施設計事業関連の予算 案は、第137号議案 市役所の位置に関する条例の一部を改正する条例制定についてが 可決された後に提案すべき予算案である。  第137号議案は、市民生活に多大な影響を及ぼす案件であるため、通常の議案と異な り、可決には出席議員の3分の2以上の同意を要することとされている。  議案の重みと議会の意思が尊重される必要がある。  ゆえに、第135号議案と第137号議案が今期定例会において議決に付されるならば、 新市庁舎に係る基本・実施設計事業関連の予算案は削除されることが妥当と考える。  新市庁舎に係る基本・実施設計事業に関連する予算案は、第137号議案が可決された のち、臨時会を開いて提出されるべきである。  よって、歳出予算を減額修正するとともに、これに対応する歳入予算第20款繰越金を 14万7千円減額修正する。また、債務負担行為の補正 追加分中、新庁舎建設基本・実 施設計業務委託費(限度額3億5,800万円)を平成26年度から平成28年度まで設
    定しているため、これを削除する。            ─────────────────── ◯議長(國井忠男君) この際、提出者の説明を求めます。25番、田中成佳君。    〔田中成佳君登壇〕(拍手) ◯25番(田中成佳君) 第135号議案に対する修正案について、僣越ですが、発議者を代表して、趣旨弁明をさせていただきます。  今議会に上程されている第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算(第5号)に含まれる歳出予算、第2款総務費、第7項行政管理費中、第2目財産管理費、新庁舎建設の14万7,000円は、岐阜大学医学部等跡地を前提とした新庁舎建設に係る経費であり、基本・実施設計事業者選定委員会設置に必要な報酬(非常勤職員報酬)、旅費及び需用費(食糧費)を計上したものであります。  本来、第135号議案に計上されている新市庁舎に係る基本・実施設計事業関連の予算案は、第137号議案市役所の位置に関する条例の一部を改正する条例制定についてが可決された後に提案すべき予算案であります。  第137号議案は市民生活に多大な影響を及ぼす案件であるため、通常の議案とは異なり、可決には出席議員の3分の2以上の同意を要することとされています。  議案の重みと議会の意思が尊重される必要があると思います。ゆえに第135号議案と第137号議案は今期定例会において議決に付されるならば、新庁舎に係る基本・実施設計事業関連の予算案等は削除されることが妥当と考えます。新庁舎に係る基本・実施設計事業に関連する予算案は、第137号議案が可決された後、臨時会を開いて提出されるべきであります。  よって、歳出予算を減額修正するとともに、これに対応する歳入予算第20款繰越金を14万7,000円減額修正します。また、債務負担行為の補正追加分中、新庁舎建設基本・実施設計業務委託費、限度額3億5,800万円を平成26年度から平成28年度まで設定しているため、これを除外するものです。  以上の理由に加えて、行政と議会は車の両輪によく例えられますが、私は両者の関係を四輪駆動車に例えたいと思います。4つの輪、すなわち行政という前輪と議会という後輪がお互いに力を出し合い切磋琢磨すればこそ、急峻な坂道でも駆け上がることができ、市民の願いにかなった岐阜市像ができると確信をしています。しかし、細江市政という車は四輪駆動車ならぬ前輪駆動車のように思えてなりません。前輪が行政、後輪が議会です。新庁舎建設計画や高島屋南再開発事業に係る公共施設の配置計画も、ともに多大な費用の問題もさることながら、岐阜市の将来計画に大きな影響を及ぼす大切な政策課題です。にもかかわらず、計画作成を論議する岐阜市庁舎のあり方検討委員会及び岐阜市高島屋南地区公共施設整備基本計画策定委員会などの委員会に市議会議員を全く関与させていません。まさに前輪だけで動かそうとしています。後輪は蚊帳の外。ただついてこればよいと考えているのでしょうか。  細江市政は期を重ねるごとにこうした傾向を強めています。結果、前輪駆動車の車がその特性としてカーブを曲がる際に大きく膨らみコースから外れやすくなりやすいように、細江市政も議会において次々に問題点を指摘され、計画の矛盾点も明るみに出されるなど、市民目線から大きくコースを外れる場合が多々出ているではないでしょうか。  今回、第137号議案の市役所の位置を変更するという出席議員の3分の2以上の同意が求められる特別多数議決と呼ばれる重要な案件にもかかわらず、議決もされていない前から新庁舎の基本・実施設計関連の予算案を含む第135号議案を同時に上程する姿勢に前輪主導の強い姿勢を端的に見ることができると思います。どうせ第137号議案も否決されることはない。後輪は黙っていても引っ張られてついてくるという思惑が透けて見えると感じるのは私だけでしょうか。議会を甘く見る議会軽視のなせるわざが2つの議案の同時上程だと私は思うのです。  今こそ私たちは四輪駆動車に立ち返る必要があります。今議会では、まずは特別多数議決という議会にとって重い意味を持つ第137号議案だけを採決することで、議会の決意を明確に示そうではありませんか。新庁舎関連の付随する予算案は、必要であれば第137号議案が可決された後に、速やかに臨時議会を開催し審議すればよいではないでしょうか。議案のけじめ、めり張りをはっきりつけることによって、案件の重要性と議会の意思を最大限に表現し、四輪駆動車の一翼をしっかりと担う議会の姿を行政と市民に示そうではありませんか。  以上の理由により、第135号議案について修正案を提出させていただきました。本修正案に各議員の御賛同を賜りまして議決いただきますよう心からお願いを申し上げ、趣旨弁明とさせていただきます。御清聴ありがとうございます。(拍手) ◯議長(國井忠男君) この際、しばらく休憩します。  午前10時54分 休  憩             ━━━━━━━━━━━━━━━━━  午前11時 7分 開  議 ◯議長(國井忠男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  委員長報告等に対する質疑の通告はありません。  これより討論を行います。  討論の通告がありますので、これを許します。10番、原 菜穂子君。    〔原 菜穂子君登壇〕(拍手) ◯10番(原 菜穂子君) それでは、日本共産党岐阜市議団を代表しまして、討論を行います。  まず初めに、第135号議案の修正案について賛成の立場で討論します。  新市庁舎に係る基本・実施設計事業に関連する予算案について、本来市役所の位置に関する条例が可決された後に提案すべきであり、同時に進める議案ではないと考え、修正案に賛成します。  次に、第135号、第137号、第150号、第152号及び第153号の議案5件に反対の討論をします。  まず、第135号議案平成26年度岐阜市一般会計補正予算についてです。  2点あります。  1点目、総務費の新庁舎建設基本・実施設計事業者選定委員会に14万7,000円の委員報酬、これは建設関係有識者7人、今年度で2回の会議を開くための費用とのことですが、私たち日本共産党岐阜市議団として、庁舎の建てかえについては現庁舎建設から48年が経過していること、バリアフリーとなっていないことなどから、建てかえについて考えていかなくてはならないとも認識しています。しかし、これまでの経過は初めから結論ありきで進められてきており、岐阜市百年の大計とも言える重要な事業である新市庁舎建設が将来に禍根を残す事業となりかねないと危惧しています。  今回建設が予定されている司町については、「ぎふメディアコスモス」の南側で新市庁舎の日陰になることから、新市庁舎の建物の一部を高層化することによって日陰の影響を最小限にしようとのことですが、そもそも日陰を考慮しなくてはならない場所、高層化することにより景観が損なわれる場所に新市庁舎を建てることに問題があると考えます。  規模についても都市内分権の観点から、新市庁舎のあり方について市庁舎のあり方検討委員会では議論したことだけにとどまっており、各部で真剣な議論が行われていません。  高齢化が進展する中にあって、車などの移動手段を持てなくなったお年寄りが身近にある地域事務所に相談できるように機能を充実させることによって、庁舎の規模ももっとコンパクトにすることも可能です。そのことこそが将来を見据えた姿と言えるのではないでしょうか。  また、新市庁舎の議論が始まってまだ1年余りしかたっておらず、市民レベルでの議論がまだまだ尽くされているとは思えません。合併特例債の期限があるからとして結論を急ぐことは、将来に禍根を残すことにつながります。よって、14万7,000円の委員報酬には反対します。  2点目、民生費の障害者支援施設岐阜市立日野恵光の民営化を前提とした事業者選定の委員会の費用ですが、日野恵光の平成25年度の決算状況を見ると、岐阜市から税の投入を行ってきたからこそ日野恵光の経営が成り立ってきた、行政だからこそやってこられたという側面があり、民営化できる事業ではないのではないかと思います。いかに営利を追求するものでない社会福祉法人といっても、この事業をやっていくには余りにもリスクが大きいのではないか、経営していくのは厳しいのではないかと率直に言って心配です。  また、今回民営化できるのかという観点だけで民営化ありきで進めていくというのは、福祉部の仕事ではない気がします。本来、市がやることは事業をもっとよくするためにどうしたらいいかという面で見直すというならよいと思いますが、お荷物だから民営化できるところは民営化してもらおう的な印象が拭い切れません。  福祉は行政改革の対象にするべきではありません。本来、やはり行政改革と言うなら、もっとここに入所している人が過ごしやすい、    〔私語する者あり〕 人間らしい生活ができるようにどうしたらよいだろうか、そこを追求していくという観点でやるべきです。よって、事業者選定の委員会の費用について反対します。  次に、第137号議案、市役所の位置を変更する条例改正ですが、第135号議案と同様の趣旨で反対いたします。  次に、第150号、第152号及び第153号議案についての反対討論です。  岐阜市役所の一般職の給与改定については、労働基本権が制約されている一般職員に対して、7年ぶりの引き上げの給与改定であることを鑑みると、    〔私語する者あり〕 給与改定は当然認めるべきものであり、この部分については賛成です。  ただ、特別職の給与、市議会議員の議員報酬の期末手当を0.15カ月分引き上げについては、今、消費の落ち込み、実質賃金の低下など、景気の悪化の状況の中で、私たち議員も日々市民が経済的に困窮している状態を目の当たりにしています。政治家などに身を削れという声もあったりします。この立場からすると、特別職、上に立つ者は憂う気持ちを持って後でという先憂後楽の考え方を持つべきだと私たちは考えます。よって、3議案について反対します。  続いて、請願についてです。  委員長報告では、5請願とも不採択でしたが、採択を求め反対の立場で討論します。  請願第16号集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し立法化しない意見書についての請願ですが、安倍首相は7月1日の閣議決定で、自民党政府が60年近く憲法上許されないとしてきた集団的自衛権の行使について容認しました。集団的自衛権は日本への攻撃ではなく、アメリカを初め、他国への攻撃に対し武力反撃して戦争参加するものです。これは戦争放棄、戦力不保持、交戦権否認をうたう憲法9条を破壊し、戦後日本の国のあり方を根底から覆すものです。したがって、集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、立法化しないことを求める意見書を国に提出することは、憲法の平和原則からして妥当であり、不採択とした委員長報告に反対します。  請願第17号特定秘密保護法の廃止を求める意見書の提出についての請願です。  総選挙さなかの昨日・10日、秘密保護法が施行されました。行政機関が保有する情報を軍事の観点から広範囲に秘密指定し、それに近づく国民とメディアを厳罰対象にするもので、国民の目、耳、口を塞ぐ希代の悪法です。秘密を漏えいした公務員に最高懲役10年の厳罰を科します。さらに、秘密を得ようとする国民やメディアの行為について、公務員をそそのかす──教唆、秘密を得ることを計画する──共謀、不特定多数に呼びかける──扇動だけで最高で懲役5年とするなど、非常に広範囲の国民の活動を処罰対象とします。  安倍政権は秘密指定の範囲が恣意的に拡大するという批判に対し、独立公文書管理監、保全監視委員会などの設置を持ち出しましたが、これらは内閣と首相のもとに置かれるもので自己チェックにすぎません。各種世論調査でも国民の5割から6割が反対しています。  以上のことから、願意は妥当であり、不採択とした委員長報告に反対します。  請願第18号治安維持法犠牲者の名誉回復実現の意見書採択を求める請願です。  治安維持法が制定されたのは1925年、敗戦により廃止となるまでの20年間、国民の思想、信仰の自由が奪われました。この法律は思想そのものを犯罪とするもので、戦争に反対し平和を求めたことで、逮捕、投獄、そして、拷問が繰り返され獄死を余儀なくされた犠牲者は2,000人余りとも言われています。  ポツダム宣言の受諾により治安維持法は人道に反するということで廃止になり、この法律で有罪判決を受けた人々は無罪とされました。しかし、今日に至っても謝罪、賠償がなされていません。ここが問題です。  ドイツでは連邦補償法でナチスの犠牲者に謝罪し賠償、イタリアでも国家賠償法でファシズム体制のもと実刑判決を受けた人に終身年金を払っています。  戦争犯罪と人道に反する罪に時効はないと国際法は定めています。犠牲者は多くが高齢、お亡くなりになられた方もあります。時間がありません。再び同じ過ちを繰り返さないためにも本請願に応え意見書を上げるべきです。よって、不採択とした委員長報告に反対します。  請願第19号消費税増税の中止を求める請願です。  かつてない異常な金融緩和などで経済を再生するとしたアベノミクスは、株高と円安を招き、大企業や大資産家の懐を豊かにしただけで国民の所得をふやしていません。ことし4月からは円安に消費税増税8%が加わり消費者物価が上昇、労働者の実質賃金はマイナス、中小業者も材料費の高騰に苦しめられています。地域経済や国民の暮らしは、いよいよ深刻さを増しています。  安倍首相は1年半の先送りをした後には景気がどうなっていようと消費税を10%にすると明言していますが、各種世論調査でも10%への増税そのものへの反対が多数であり、国民世論に応えて消費税増税はきっぱり中止するべきです。  以上のことから、願意は妥当であり、不採択とした委員長報告に反対します。  最後に、請願第20号小規模企業振興の具体的施策を求める請願です。  全国385万の中小企業、中でもその9割を占める小規模事業者、個人事業者への支援に光を当てる小規模企業振興基本法など、小規模2法案が、ことし6月20日、国会で成立しました。  小規模基本法第7条には、地方公共団体の責務として「地方公共団体は、基本原則にのっとり、小規模企業の振興に関し、国との適切な役割分担を踏まえて、その地方公共団体の区域の自然的経済的社会的諸条件に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。」とあり、岐阜市においても小規模基本法の趣旨に沿って住宅リフォーム助成制度など、具体的な施策を実施することを求めていることから願意は妥当であること、また、今議会では同趣旨の地域の中小企業振興策を求める意見書が産業委員会で全会一致で採択となったこともあり、この請願について不採択の委員長報告に反対します。  以上です。(拍手)    〔私語する者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 以上で討論を終結します。  これより採決を行います。  まず、第137号議案を、分離して採決します。  本件の採決については、大野 通君外5人から、会議規則第70条第1項の規定により、記名投票により行われたいとの要求が提出されております。よって、本件の採決は記名投票をもって行います。  なお、本件については、地方自治法第4条第3項の規定により、出席議員の3分の2以上の者の同意を必要とします。  議場を閉鎖させます。              〔議   場   閉   鎖〕 ◯議長(國井忠男君) ただいまの出席議員数は39人であります。  投票用名刺を配付させます。              〔投 票 用 名 刺 配 付〕    〔私語する者多し〕(笑声) ◯議長(國井忠男君) 投票用名刺の配付漏れはありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 配付漏れなしと認めます。  投票箱を改めさせます。              〔投  票  箱  点  検〕    〔私語する者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 異状なしと認めます。  念のため申し上げます。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君は白票を、反対の諸君は青票を点呼に応じて順次投票を願います。  点呼と出席議員の確認をとらせます。              〔氏 名 点 呼 、 投 票〕    〔私語する者多し〕(笑声) ◯議長(國井忠男君) 投票漏れはありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 投票漏れなしと認めます。  投票を終了します。  議場の閉鎖を解きます。              〔議   場   開   鎖〕 ◯議長(國井忠男君) 開票を行います。  会議規則第30条第2項の規定により、立会人に黒田育宏君及び原 菜穂子君を指名します。よって、両君の立ち会いを願います。              〔開           票〕    〔私語する者多し〕(笑声) ◯議長(國井忠男君) 投票の結果を報告します。投票総数40票、
       〔私語する者あり〕 投票数が出席議員数より1票超過しております。    〔私語する者多し〕  これは出席議員と照合の上、表決の結果に異動を及ぼさないときは、本投票による表決は有効とし、表決の結果に異動を及ぼすときは無効とすることとし、投票を点検します。              〔投   票   点   検〕    〔私語する者多し〕(笑声) ◯議長(國井忠男君) 点検の結果を報告します。超過している投票は大野邦博君の記名投票であり、同君は白票及び青票を投じられておりますので、無効であります。    〔私語する者多し〕  投票総数40票   有効投票38票   無効投票 2票  有効投票中   賛成 30票   反対  8票  以上の結果、表決の結果には異動を及ぼさないことになりましたので、表決は有効であります。  出席議員の3分の2は26人であります。本件に対する賛成は30票であり、所定数以上であります。よって、第137号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。(拍手)            ───────────────────                    賛成者(白票)  氏名   30人                       1番  石   井   浩   二 君                       2番  富   田   耕   二 君                       3番  石   川   宗 一 郎 君                       4番  黒   田   育   宏 君                       5番  若   山   貴   嗣 君                       6番  谷   藤   錦   司 君                       7番  大   野   一   生 君                       8番  小   堀   将   大 君                       9番  江   崎   洋   子 君                      11番  信   田   朝   次 君                      12番  和   田   直   也 君                      13番  須   賀   敦   士 君                      14番  須   田       眞 君                      15番  竹   市       勲 君                      16番  広   瀬       修 君                      17番  杉   山   利   夫 君                      18番  西   垣   信   康 君                      19番  辻       孝   子 君                      22番  松   原   和   生 君                      23番  柳   原       覚 君                      27番  高   橋       正 君                      28番  渡   辺       要 君                      29番  國   井   忠   男 君                      30番  林       政   安 君                      31番  山   口   力   也 君                      32番  西   川       弘 君                      34番  堀       征   二 君                      35番  浅   井   武   司 君                      36番  大   野       通 君                      38番  松   岡   文   夫 君            ───────────────────                    反対者(青票) 氏名    8人                      10番  原       菜 穂 子 君                      20番  中   川   裕   子 君                      21番  井   深   正   美 君                      24番  松   原   徳   和 君                      25番  田   中   成   佳 君                      26番  服   部   勝   弘 君                      40番  山   田       大 君                      41番  堀   田   信   夫 君            ───────────────────                    無効(白票・青票) 氏名    1人                      39番  大   野   邦   博 君            ─────────────────── ◯議長(國井忠男君) 次に、第135号議案を、分離して採決します。  まず、田中成佳君外5人から提出されました修正案について、起立によって採決します。  本修正案に賛成の諸君の起立を求めます。    〔私語する者多し〕              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立少数であります。よって、第135号議案の修正案は否決されました。  次に、第135号議案の原案について採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第135号議案については、原案のとおり決しました。  次に、第150号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第150号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第152号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第152号議案については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、第153号議案を、分離して起立によって採決します。本件に対する議会運営委員長報告は、原案のとおり可決であります。  本件については、これを議会運営委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、第153号議案については、議会運営委員長報告のとおり決しました。  次に、第136号議案、第138号議案から第149号議案まで及び第151号議案、以上14件を一括して採決します。これら14件に対する常任委員長報告は、いずれも原案のとおり可決であります。  お諮りします。これら14件については、いずれも常任委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、これら14件については、いずれも常任委員長報告のとおり決しました。  次に、請願第16号を、起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第16号については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、請願第17号を、起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第17号については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、請願第18号を、起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第18号については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、請願第19号を、起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。
     本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第19号については、常任委員長報告のとおり決しました。  次に、請願第20号を、起立によって採決します。本件に対する常任委員長報告は、不採択であります。  本件については、これを常任委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立多数であります。よって、請願第20号については、常任委員長報告のとおり決しました。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第26 第154号議案 ◯議長(國井忠男君) 日程第26、第154号議案を議題とします。            ───────────────────               〔議 案 掲 載 省 略〕            ─────────────────── ◯議長(國井忠男君) 本件に対する提出者の説明を求めます。市長、細江茂光君。    〔細江茂光君登壇〕 ◯市長(細江茂光君) ただいま上程になりました第154号議案人権擁護委員候補者推薦の同意方につきまして御説明をいたします。  現在、その任に御努力をいただいております小枝隆明さん、永井京子さん、溝口博司さんの任期が12月31日に満了いたしますので、引き続きこの3名の方を、また、平成17年7月に委嘱されて以来、長年にわたり御努力をいただいております岡田紘夫さんの後任に渡邉憲治さんを、それぞれ人権擁護委員候補者に推薦いたしたいと存じます。  以上、よろしく御同意のほどお願い申し上げます。 ◯議長(國井忠男君) これより質疑を行います。  本件について質疑を許します。質疑はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 質疑はなしと認めます。  お諮りします。本件については、常任委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、本件については、常任委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。  本件について討論を許します。討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 討論はなしと認めます。  これより採決を行います。  第154号議案を採決します。  お諮りします。まず、小枝隆明君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、小枝隆明君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、同意と決しました。  次に、永井京子君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、永井京子君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、同意と決しました。  次に、溝口博司君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、溝口博司君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、同意と決しました。  次に、渡邉憲治君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、これに同意するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、渡邉憲治君を人権擁護委員候補者に推薦するについては、同意と決しました。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第27 市議第17号議案 ◯議長(國井忠男君) 日程第27、市議第17号議案を議題とします。  議案はお手元に配付申し上げたとおりであります。            ───────────────────  市議第17号議案     地域の中小企業振興策を求める意見書   標記について別紙のとおり決議するものとする。    平成26年12月11日提出           提出者            岐阜市議会 産業委員長   須   田       眞            ───────────────────             地域の中小企業振興策を求める意見書  本年の円相場は、1ドル100円前後で推移してきたが、8月以降急速に円安が進行し、 11月20日には一時118円台と約7年3カ月ぶりの水準を記録した。  このところの過度な円安によって、多くを輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅 広い分野で価格が押し上げられ、中小企業の経営が悪化するなど深刻な影響が懸念されて いる。  生産拠点の海外移転などで為替変動の影響を吸収できる大企業と異なり、中小企業の多 くの経営現場は国内が中心である。そのような中小企業の経営基盤があるからこそ、多く の国内雇用が守られていると言える。一方、中小企業はコスト増を販売価格に転嫁するこ とが難しいことから、利益を削らざるを得ず、企業努力の範疇を超えた厳しい事業環境に 陥っていると考えられる。  現在のような過度の円安状況にあっては、政府及び日本銀行が協調して為替の安定に努 めることが重要であるとともに、政府・与党が目指す地方創生を進めるためには、地域経 済と雇用を支えている中小企業の活性化策や振興策が不可欠である。  よって、国におかれては、地域の中小企業を守る振興策を強力に推進するよう、下記の 事項について強く要望する。                     記 1 中小・小規模事業者が持つ技術、アイデアを製品化し、販路開拓までを一貫的に支援  するため、地域の公設試験場等と連携した研究開発、独立行政法人中小企業基盤整備機  構等と連携した販路開拓など、切れ目のない支援体制を構築すること。 2 地域産業資源を活用した事業活動を支援するため、消費者ニーズに沿った「ふるさと  名物」の開発・販路開拓支援を通し、都市部や海外の需要を大きく取り込むなど、地域  発のビジネスモデル構築に向けた積極的な支援を展開すること。 3 地域の中小企業と人材をマッチングさせる地域人材バンクの創設など、人手不足の抜  本的解消のための施策を講じること。  以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   平成  年  月  日                                岐 阜 市 議 会  国会及び関係行政庁宛            ─────────────────── ◯議長(國井忠男君) お諮りします。本件に対する趣旨弁明は、これを省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、本件に対する趣旨弁明は、これを省略することに決しました。  これより質疑を行います。  本件について質疑を許します。質疑はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 質疑はなしと認めます。  これより討論を行います。  本件について討論を許します。討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 討論はなしと認めます。  これより採決を行います。  市議第17号議案を採決します。  お諮りします。本件については、これを原案のとおり決するに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、本件については、原案のとおり決しました。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 第28 市議第18号議案から第30 市議第20号議案まで ◯議長(國井忠男君) 日程第28、市議第18号議案から日程第30、市議第20号議案まで、以上3件を一括して議題とします。  議案はお手元に配付申し上げたとおりであります。            ───────────────────  市議第18号議案     有害鳥獣被害対策を求める意見書   標記について別紙のとおり決議するものとする。    平成26年12月11日提出            提出者  岐阜市議会議員  中   川   裕   子            賛成者  岐阜市議会議員  柳   原       覚            同    同        松   原   和   生            同    同        田   中   成   佳            同    同        和   田   直   也            ───────────────────              有害鳥獣被害対策を求める意見書  近年、農作物に被害を与える野生鳥獣(以下、「有害鳥獣」という。)による被害が増 大し、深刻な事態となっており、平成24年度における全国の有害鳥獣による農作物被害 額は230億円に及んでいる。また、本年11月6日には、岐阜県内で熊に襲われ男性が 死亡する事故が発生するなど、人への被害もふえている。本市においてもツキノワグマの 出没が相次いでおり、今年に入り2頭が捕獲された。  野生鳥獣が人里に出没するようになった原因は、農林業従事者の減少等により野生鳥獣 の生息分布が拡大し、人間と野生鳥獣の緩衝機能を果たしていた里山が減少したことなど にある。  各地域において、侵入防護柵の設置や捕獲活動に取り組んでいるが、十分な効果が上が っているとは言えず、被害の深刻化、広域化の進行に対応するためには、有害鳥獣対策の 抜本的な強化が求められる。  野生鳥獣による被害を防ぐことは農林業の振興に不可欠であり、国や地方自治体は有害 鳥獣対策を強力に推進することが必要である。  よって、国におかれては、以上の現状を踏まえ、適切な措置を講ずるよう、下記の事項 について強く要望する。                     記 1 野生鳥獣の生息数等を的確に把握し、これに基づく計画的な個体数管理体制を確立す  ること。 2 各地域が連携した広域的な被害防止対策への支援を行うこと。 3 有害鳥獣対策技術の開発、普及、専門家の育成等を推進すること。 4 有害鳥獣対策関連予算の拡充、地方財政措置の充実を行うこと。 5 野生鳥獣の生息環境づくりに配慮し、人と野生鳥獣のすみ分け対策を推進すること。 6 森林の整備や里山の管理を適正に行うこと。  以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   平成  年  月  日                                岐 阜 市 議 会  国会及び関係行政庁宛            ───────────────────  市議第19号議案     国民健康保険における国庫負担の増額を求める意見書   標記について別紙のとおり決議するものとする。    平成26年12月11日提出            提出者  岐阜市議会議員  中   川   裕   子            賛成者  岐阜市議会議員  柳   原       覚            同    同        田   中   成   佳            同    同        堀   田   信   夫            同    同        井   深   正   美            同    同        原       菜 穂 子            ───────────────────         国民健康保険における国庫負担の増額を求める意見書  国民健康保険は国民皆保険の基礎をなすものであるが、制度設計された当時と比べ加入 者層が大きく変わり、無職者、年金生活者などの低所得者の占める割合が増加している。 近年、加入者の所得は低下しているにもかかわらず、年々保険料は上がり支払いが困難と なっている世帯がふえ、国保加入世帯の所得に占める保険料の負担割合は2011年度全 国平均で10.1%と過去最高を更新し、2012年度も同水準で推移している。  国民健康保険の主な財源は、国、都道府県及び保険者の負担金並びに被保険者の支払う 保険料である。被用者保険の事業主負担に相当する制度がないため、国庫負担が定められ ているが、この国庫負担率を引き下げたことが医療給付費の増加とともに、保険料が高く なった大きな要因である。  1984年の国民健康保険法改正で国保会計全体に占める国庫負担の割合が49.8% に引き下げられて以降、市町村国保の事務費負担金の国庫補助が一般財源化されるなど削 減が続いている。このため多くの市町村は、自治体独自の減免などに一般会計からの法定 外繰り入れを行っているが、保険財政は恒常的に厳しい状況となっている。  よって、国におかれては、国庫負担割合の低下が保険料を押し上げる結果となっている ことを踏まえ、国民健康保険制度を真に社会保障として存続させ、加入者が安心して必要 な医療を受けられるようにするため、国保負担を増額するよう強く要望する。  以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   平成  年  月  日                                岐 阜 市 議 会  国会及び関係行政庁宛            ───────────────────  市議第20号議案     企業のインターネット・バンキング不正送金の被害防止に係る監督強化を求める     意見書   標記について別紙のとおり決議するものとする。    平成26年12月11日提出            提出者  岐阜市議会議員  和   田   直   也            賛成者  岐阜市議会議員  西   垣   信   康            同    同        柳   原       覚            同    同        中   川   裕   子            同    同        松   原   和   生            ───────────────────           企業のインターネット・バンキング不正送金の           被害防止に係る監督強化を求める意見書  インターネット・バンキング利用者の預金口座からの本人の意思に基づかない預金等の 不正な払い戻し、いわゆるインターネット・バンキング不正送金被害は近年急激に増加し、 インターネット・バンキングを利用する企業の経営にも大きな打撃を与えている。本年7 月には岐阜県においても過去最悪の被害が発生し、とりわけ中小企業の多い地方に大きな 衝撃を与えた。  こうした法人の利用者における被害については、一般社団法人全国銀行協会における申 し合わせにより、各金融機関が個別判断に基づき補償の有無を検討するものとされている。 見方を変えれば金融機関も被害者であり、昨今のIT技術の発達とともに、巧妙化するネ ット犯罪の動向について注視していく必要がある。既に「ワンタイムパスワード」を初め
    とする金融機関による未然防止策等の献身的な努力も見受けられるものの、被害の発生を 根本的に抑制するには至っていないのが現状である。  今後、巧妙化かつ複雑化するネット犯罪の被害を防ぎ、企業の円滑な経済活動に支障を 来さぬよう、安全な金融取引が可能な制度構築と監督強化を図るよう、国において、より 適切な対応に努められることを願うところである。  よって、国におかれては、下記事項について実現されるよう強く要望する。                     記 1 各金融機関に対するインターネット・バンキング不正送金の未然防止に万全を期すた  め、国による監督強化を図ること。  以上 地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   平成  年  月  日                                岐 阜 市 議 会  国会及び関係行政庁宛            ─────────────────── ◯議長(國井忠男君) お諮りします。市議第20号議案に対する趣旨弁明は、これを省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、市議第20号議案に対する趣旨弁明は、これを省略することに決しました。  市議第18号議案及び市議第19号議案に対する提出者の趣旨弁明を求めます。20番、中川裕子君。    〔中川裕子君登壇〕(拍手) ◯20番(中川裕子君) ただいま上程されました市議第18号議案有害鳥獣被害対策を求める意見書、市議第19号議案国民健康保険における国庫負担の増額を求める意見書の趣旨を一言申し上げたいと思います。  その前に、まず、この提出に当たって賛成者の方々に御同意をいただけたことに感謝申し上げたいと思います。  まず初めに、有害鳥獣被害対策を求める意見書です。  野生動物の生息数の増加とともに被害が拡大して、農作物における被害金額というのは年間200億円にも上っています。経済被害のみならず、農業者の意欲の減退や耕作放棄地の増加をもたらしております。捕獲や防除というのは    〔私語する者あり〕 当面の対策として必要だと思いますが、森林の荒廃が人と動物のすみ分けを成り立たなくさせている問題も深刻です。  本意見書は、野生動物の生息数を把握し森林の適正な管理体制をとること、そして、地方自治体における被害対策の取り組みの支援を求めるといった内容です。  本会議後も、私、いろいろ勉強させていただいたのですが、ただいま行われている総選挙でも自民党公約に同様の内容が盛り込まれており、    〔私語する者あり〕(笑声) これは党派を超えて共通する課題でもあるということを認識しまして、    〔私語する者あり〕 意見書を提案させていただきました。被害がふえつつある岐阜市から発信する、この意味は大変大きいものと思います。  続きまして、市議第19号議案国民健康保険における国庫負担の増額を求める意見書です。    〔私語する者あり〕  非正規雇用の増加や年金の引き下げで国保加入者の所得は年々減っています。一方、保険料は今年度平均1万円引き下げられたとはいえ、10年前と比較すると増加。約2,700世帯には資格証明書、6,800世帯には短期の保険証が交付されているという異常な事態の原因に、支払い能力を超える高い保険料があるということは明白です。  保険料の増額幅を抑えるために、岐阜市では毎年10億5,000万円を独自に一般会計から繰り入れています。しかし、一方、国保事業を支えている国庫支出金の割合は、1980年に56.8%だったものが現在では26.1%。この10年間だけを見ても10ポイント以上下がっており、国庫負担の割合の低下が結果として岐阜市の負担をふやす、    〔私語する者あり〕 また、市民の保険料を押し上げることにもなっているのです。  国庫負担割合の引き上げは全国市長会からも要望されているように、地方自治体にとって切実な要求です。よって、岐阜市議会からも同様の意見書を国に出すものです。  以上、2つの意見書の趣旨を申し上げましたが、ぜひ御理解の上、御賛同いただきますよう、よろしくお願いいたします。(拍手) ◯議長(國井忠男君) これより質疑を行います。  これら3件について質疑を許します。質疑はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 質疑はなしと認めます。  お諮りします。これら3件について、常任委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、これら3件については、常任委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。  これら3件について討論を許します。討論はありませんか。    〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 討論はなしと認めます。  これより採決を行います。  まず、市議第18号議案を、起立によって採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立少数であります。    〔「ちゃんと数えな。」と呼ぶ者あり〕 はい、はい。(笑声)    〔私語する者多し〕 よって、市議第18号議案は否決されました。    〔私語する者多し〕  次に、市議第19号議案を、起立によって採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。    〔私語する者多し〕              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立少数であります。よって、    〔私語する者多し〕(笑声) 市議第19号議案は否決されました。  次に、市議第20号議案を、起立によって採決します。本件については、これを原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。    〔私語する者多し〕              〔賛  成  者  起  立〕 ◯議長(國井忠男君) 起立少数であります。    〔私語する者多し〕(笑声) よって、市議第20号議案は否決されました。    〔私語する者多し〕  なお、可決されました意見書の取り扱いについては、これを議長に一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(國井忠男君) 御異議なしと認めます。よって、そのように取り計らいます。             ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 閉 議 閉 会 ◯議長(國井忠男君) 以上で今期定例会に付議された事件は全て議了しました。よって、本日の会議はこれで閉じ、平成26年第5回岐阜市議会定例会を閉会します。  午前11時58分 閉  会    〔閉会後、市長及び議長から次のような挨拶があった。〕 ◯市長(細江茂光君) 本会議を終了するに当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。  今期定例会におきましては、新庁舎建設に向けた条例及び補正予算を初め、スポーツ交流施設建設に係る経費など、諸議案を提案いたしましたところ、慎重な御審議の上、それぞれに適切な御決定を賜り、厚く御礼を申し上げます。  審議におきましては、来年度の重点政策の基本方針や中心市街地の活性化など、多方面にわたり貴重な御意見、御提言を賜りました。今後の施策や市政運営に十分生かしてまいりたいと考えておりますので、一層の御指導を賜りますようお願い申し上げます。  さて、平成26年も残すところあとわずかとなりました。振り返りますと、本年4月には究極の教育立市岐阜を目指す本市の中核施設として子ども・若者総合支援センター「エールぎふ」が開設いたしました。また、岐阜大学医学部等跡地では来年7月のオープンに向け、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の建設工事が着々と進んでおります。そして、今議会におきまして議員各位の御賛同をいただきまして、岐阜市百年の大計である新市庁舎建設が新たな段階に向けて大きく歩を進めることができました。本市にとって豊かな未来への礎を築く上で、着実に多くの芽を育むことができた1年であったことを大変喜ばしく思っております。  来年度におきましても、これまでに培ってきた財政基盤を人や未来に投資をし、子育て・教育立市や医療・健康立市など本市の魅力に、より一層磨きをかけてまいります。そして、人々を引きつける地場を形成する政策を推し進め、持続可能な活力ある都市の実現に向け、さらなる高みへと果敢に挑戦をしてまいりますので、御理解と御協力をお願いしたいと思います。  一方、国政の場におきましては、去る11月21日に衆議院が解散され、消費税率引き上げを含む安倍政権の経済政策等を争点として選挙戦が戦われており、3日後の12月14日には投開票が行われます。住民に最も身近な基礎自治体である本市では、今後の国政の動向に最大限の注意を払いつつ、安定的で質の高い住民サービスの提供に努めてまいる所存であります。  最後になりましたが、年の瀬を迎え寒さも一段と厳しくなってまいります。議員各位におかれましては、健康に十分御留意をいただきまして、健やかな新年を迎えられますことをお祈りいたしまして、閉会の挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手) ◯議長(國井忠男君) 閉会するに当たりまして、私からも一言御挨拶を申し上げます。  今期定例会は、去る11月25日から本日までの17日間にわたり開会し、付議案件の審議を議了し、ここに閉会するに至りました。  今議会におきましても補正予算、条例制定などの諸議案及び請願について、終始熱心に御審議いただき、お礼を申し上げる次第でございます。特に新庁舎に係る議案につきましては議論が集中したところであります。議員各位の本市に対する熱き思いに心から敬意を表するとともに、円滑な議会運営に御協力いただきましたこと、皆さん方の御指導、御鞭撻に対しまして厚くお礼を申し上げます。  これから総選挙、年末年始を迎え、皆さん方におかれましては何かとお忙しい時期となりますが、どうかお体に十分御留意いただき、輝かしい新年をお過ごしされますよう御祈念申し上げまして、簡単でございますが、閉会の御挨拶とさせていただきます。まことにありがとうございました。(拍手)  岐阜市議会議長      國 井 忠 男  岐阜市議会議員      和 田 直 也  岐阜市議会議員      須 賀 敦 士 Copyright (c) Gifu City Assembly. All Rights Reserved. ページの先頭へ▲...