75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

矢祭町議会 2021-06-16 06月16日-02号

こちら、南相馬のほうで現実、LINEですか、そちらのほうで、LINE情報共有という形で、南相馬市の事例でございましたけれども、LINEを活用した災害情報共有事業を始めたということでございます。やはり市民らが近所の被害状況文書写真で投稿し、それがほかの利用者のためになるというようなことになっております。

いわき市議会 2021-03-18 03月18日-01号

これは、学生に伝えるのであれば学校とかの教育も必要でありますので、例えばそういったところはいわきアカデミア取組などを使って若い世代に伝えていくとか、それから、今LINEなどでいろんな情報を伝えるためのいわきサポータークラブというのをこれから立ち上げようとしていますので、そういった中で、少しずつ浸透させていくとか、いろんな方向から情報を伝えるような形をつくっていきたいと思います。

福島市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会議-03月12日-07号

次に、福島市公式LINEアカウントについてです。  昨年から開始された福島市公式のアカウントですが、年代を問わず利用者が多いLINEを使用していることと、登録時に関心のある情報を選択できることもあり、市民大変好評を得ているようです。  そこで、伺ってまいります。市のアカウント開設からどれくらい経過したのか、お伺いいたします。 ◎政策調整部長髙橋信夫) 議長政策調整部長

福島市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例会議-03月11日-06号

また、参加者からは感染防止策医療体制質問が多く、これらについても説明できましたこと、また説明会開催期間中に開始いたしましたLINEによる市政情報発信は、新型コロナウイルス情報分野発信するものでございますが、説明会終了後、会場ですぐに登録される方もおられたなど、多くの方々の不安解消につながったものと考えております。  

福島市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会議−03月10日-05号

本市では、窓口電話メールでの相談のほか、昨年4月から聴覚障害者言語障害のある方にLINEによる相談も実施しております。  また、県では2月24日から、心の健康に関する悩みをLINE相談できる取組をスタートさせております。  今後も市民皆さんが気軽に相談できるよう取り組んでまいります。 ○副議長尾形武) 根本雅昭議員。 ◆4番(根本雅昭) ありがとうございます。  

相馬市議会 2021-03-04 03月04日-02号

次に、受入れ方法について、市は、まず市役所窓口での受付の際に災害廃棄物状況写真等で確認の上で受け入れることとし、2月14日午前8時には市ホームページへ掲載するとともに、防災メールや市のツイッターへの投稿及びLINEで配信し、さらに全ての行政区長電話で連絡する方法により、災害廃棄物受入れ市民周知しました。 

会津若松市議会 2021-03-02 03月02日-一般質問-03号

しかしながら、カレンダーのような紙媒体では情報量に限界があり、より詳細な情報につきましては市ホームページや、人工知能ごみの捨て方や各地区のごみ収集日などを回答するLINE de ちゃチャット問い合わせサービスに加え、今後発行を予定しているごみ情報誌で補完してまいります。 次に、食品系ごみを減らすための対策についてであります。

矢祭町議会 2020-12-11 12月11日-04号

ページ、歳出のほうで18ページ、2款1項5目企画財政費のほうで12節の委託料LINEチャットポット等業務委託料、この具体的な説明をお願いしたいと思います。 それとともに総合戦略事業委託料が100万減額となっておりますが、これは地方創生という形で前からあったものですが、どんな形のものが委託料がなくなったのか、ご説明をお願いしたいと思います。 

福島市議会 2020-12-10 令和2年12月10日文教福祉常任委員会−12月10日-01号

佐原真紀 委員  細かいところなのですけれども、子供同士で小学生でも今携帯を持っている子はSNSとかLINEとかを使用していると思うのですけれども、そういったものも使えないようになっているのでしょうか。または、生徒同士でのメールのやり取りとかは可能なものなのでしょうか。

いわき市議会 2020-12-09 12月09日-04号

さらに、40歳代以降で罹患者数増加傾向にあります乳がんにおきましては、40歳時の無料クーポンの配布や、乳がん月間における市公式LINEによるSNSを活用した啓発などを実施し、受診率向上に向けた取組を進めているところでございます。 ◆28番(柴野美佳君) 様々な取組をされているということはよく承知しております。本市では、集団検診に加え、多くの医療機関およそ140か所で個別検診が受けられます。

いわき市議会 2020-12-08 12月08日-03号

さらには、人材還流をより一層促進するため、市公式LINE機能を拡張し、本市出身者等に対し、ニーズに応じたより効果的な情報発信を行いながら、継続的なつながりの強化を図るなど、ウィズコロナ時代に対応した、新たなシティセールス取組を進めてまいる考えであります。 ◆30番(塩田美枝子君) ありがとうございます。 大きな質問の3点目は、子育て家庭の応援についてであります。 

福島市議会 2020-11-30 令和 2年12月定例会議-11月30日-01号

また、市のLINE公式アカウントを新たに開設しました。登録者市政情報等を受信できる機能に加え、市道や公園の破損状況を通報できる機能を有しております。ポストコロナ社会を見据えた行政デジタル化を加速させてまいります。  次に、本定例会議に提出いたしました案件について申し上げます。  提出いたしました案件は、令和2年度福島一般会計補正予算等議案24件及び報告1件であります。  

福島市議会 2020-10-20 令和2年10月20日総務常任委員会-10月20日-01号

ただ、これは少ないのではないかと想定はしていますが、まだモデル的ですので、やってみないと分かりませんが、市からICTで届いたものをまた町内会の中でもSNSLINE、メール、そういったもので町内会の中、班長、会員の皆さんのほうに伝えていくという町内会があるのではないだろうかというのが①でございます。  

福島市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会議−09月18日-05号

本市では、昨年度より情報化を担う職員として、各所属から1名のICT推進員を選任し研修会等を実施しているとともに、本年6月からは、(株)LINEより社員の派遣を受け、ICT推進アドバイザーに委嘱し、業務改革事務改善市民サービス向上に対する助言を受けることとしており、今後の活用が期待されるところであります。  

郡山市議会 2020-09-09 09月09日-03号

ツイッターLINEなどのSNSによるトラブルで、学校に寄せられるものとしてどのような事例があるのか、お示しください。また、事例の多いケースについて、どのような対策を講じているのか伺います。 項目5、喜久田町遠北原地内の県道荒井郡山線歩道整備について。 県道荒井郡山線は、本宮市南西部から喜久田町を経由し、郡山中心部市街地へ南東に向かう路線であります。