運営者 Bitlet 姉妹サービス
325件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月10日-03号 IC機器の活用で児童生徒のどのような能力を育むのか、市の方針をお伺いいたします。 ◎教育長(本間稔) 議長、教育長。 ○議長(半沢正典) 教育長。 ◎教育長(本間稔) お答えいたします。   もっと読む
2018-09-27 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号 次に問われましたのは、県のIC企業等立地促進事業と本市企業立地奨励金の関連性についてであります。これに対し観光商工部から、県のIC企業等立地促進事業はIC企業等の事業開始時における支援制度として本年度より創設されるものであり、一方本市の企業立地奨励金については事業の安定運営を支援するための制度と位置づけており、両制度の併用も可能であるとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-25 会津若松市議会 平成30年  予算決算委員会-09月25日−04号 次に、サテライトオフィス誘致事業における入居者の費用負担のあり方について、企画政策部から、平成29年度においては、行仁町サテライトオフィスの建設及び市長公舎サテライトオフィス及び旧黒河内医院サテライトオフィスの運営に取り組んできたところであり、現在建設しているICオフィスビルへの移転を促す効果等について期待しているところである。 もっと読む
2018-09-18 会津若松市議会 平成30年  建設委員会-09月18日−02号 それ以外だっていろんなところに予算つけていますから、ICビル14億円、こんなのを考えれば、こんな予算なんて全然問題外です。やりましょう。 ○委員長(佐野和枝) 石田委員。 ◆石田典男委員 続けて質問をさせていただきます。記の事項の4番でありますが、私もここ何カ月で蛇口が2つふえていたからすごいなと思ったら、協会のほうでご自分でやられた。 もっと読む
2018-09-14 会津若松市議会 平成30年  産業経済委員会-09月14日−02号 また、IC専門大学であります会津大学の立地とオープンデータを推進している地域特性を生かしたアナリティクス産業、ICT関連産業の集積による新たな産業創出を目指し、ICオフィス環境整備事業に取り組んでおるところでございます。 もっと読む
2018-09-13 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−総括質疑−05号 ICオフィス環境整備事業の進捗に合わせて、早い段階で条例改正が望ましいというところでございましたが、県におきましても県内へのIC企業の立地促進を図るために優遇制度の創設を検討されてございまして、私どもといたしましては、そういった県の動き等も確認しながら検討してきたところでございまして、IC企業との意見交換等も踏まえまして検討を重ねた結果、この段階での提案となったところでございます。   もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日文教福祉常任委員会-09月13日-01号 6ページ中段、15款国庫支出金、2項国庫補助金のうち、中段の8目教育費国庫補助金1億2,209万円につきましては、市内小中学校に無線LAN環境を整備する学校IC環境整備事業費に係る総務省の公衆無線LAN環境整備支援事業による国補助金で、補助率については2分の1でございます。  10ページ、11ページをお開きください。 もっと読む
2018-09-12 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 次に、教育研修センターが独自に行っている研修の具体的な内容でありますが、平成29年度は、授業力向上のための各教科の講座、食育や健康教育、キャリア教育など学校課題解決のための講座、IC機器を活用した授業や問題解決型の授業実践の講座、いじめや不登校など生徒指導問題解決のための講座、幼稚園、こども園における幼児理解や質の高い保育の実践講座など31講座を実施し、延べ312人の受講者がありました。   もっと読む
2018-09-12 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−一般質問−04号 小中学校における教育へのIC技術の実用化についてであります。IC技術の活用につきましては、新学習指導要領において児童・生徒の情報活用能力が学習の基礎となる資質、能力と位置づけられていること、また電子黒板等の機器を利活用することで視覚的で多様な学習指導が可能となることから、ICT化に向けた環境整備を計画的に推進していくことが求められているものと認識しております。 もっと読む
2018-09-11 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月11日-04号 なかなかテーマとして取り上げるのは難しいと思いますので、現在目標とするところですとか今後のスケジュールの中で、その中で、このICありきでは当然ありませんので、その中でICTが使えそうでしたら、ぜひ組み込んでいただけたらというふうに思います。  次の質問に移ります。地域経済の活性化について質問いたしましたけれども、続いて都市間交流について、何点かお伺いしてまいります。   もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 最後に、本事業のIC事業の側面と事業性についてです。まず、IC企業の集積とIC事業の経済波及効果についてです。基本計画では、事業効果として、既存産業とIC技術の融合による新たな産業の創出、交流人口の増加とにぎわいの創出を挙げております。 もっと読む
2018-09-10 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−02号 中項目3つ目は、ICオフィス環境整備事業の進捗状況と今後の課題について幾つか伺います。最初に、8月23日現在11社の入居予定企業となったICオフィスビルですが、現段階での雇用予定人数や新規入居予定企業の可能性について市の認識をお尋ねしておきます。   もっと読む
2018-09-03 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月03日-01号 このほか、最新の洪水ハザードマップの全世帯、全事業所配布や祓川浸水対策の実施、小中学校耐震補強事業、学校IC環境整備事業等に係る経費を計上するものであります。  継続費の補正は、小中学校屋内運動場耐震補強設計を2カ年度にわたり実施するため追加するものであります。   もっと読む
2018-07-25 須賀川市議会 平成30年  7月 総務常任委員会-07月25日−01号 改定作業に当たりましては、広く意見を頂くため、外部に学識経験者、関係機関、団体の職員等及び公募市民から成る地域I懇話会を、また計画の見直しに伴い、主な施策の実績調査や見直し案の策定に係る検討を行うため、内部に関係各課の職員で構成するIワーキンググループをそれぞれ立ち上げました。 もっと読む
2018-06-26 福島市議会 平成30年6月26日議会運営委員会−06月26日-01号 こういったところにあって、そういうふうなタブレットのようなIC機器がそれに功を奏すというふうに言われているということになります。  では、民間企業どうしているのかという話をちょっとさせてください。これは、業務効率アップに向けてということで、百貨店業を営まれている会社さんの事例でございます。百貨店業です。デパートです。デパートでも会議を当然やっています。 もっと読む
2018-06-22 会津若松市議会 平成30年  文教厚生委員会-06月22日−05号 1、取得の理由、IC機器を活用し、児童・生徒の確かな学力の向上を図る基盤づくりを進めるため、電子黒板機能つきプロジェクター等を取得しようとするものです。  2、取得物件、今ほど申し上げたとおりでございます。  3、取得金額、2,680万7,760円でございますが、予定価格、3,910万9,392円、落札率、68.54%、契約方法、指名競争入札、8者指名、7者参加であります。   もっと読む
2018-06-20 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月20日−一般質問−04号 IC事業とオフィス整備事業として事業を再構築し、事業期間を40年間とすれば、市が賃料補助をしなくとも賃貸坪単価を1万2,000円から6,000円へと減額することができると考えます。見解をお示しください。  さらに、本市のスマートシティ、IC事業の展開についてです。オフィス整備事業と切り離しても、IC事業の展開は本市の多様な産業の事業性を高めると考えます。 もっと読む
2018-06-19 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−03号 私は、これまで、ICオフィスへの企業誘致はもとより、本市のさらなる活性化のため、今般の各派代表者会議等で説明しました49件も含め、全ての公務を適正かつ公正に遂行してまいりました。 もっと読む
2018-06-18 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−02号 特に学校教育分野におきましては、あいづっこ学力向上推進事業における学校図書館支援員の増員やIC機器の有効活用等により、本市の未来を担う子供たちの育成に努めてまいりたいと考えております。  次に、推進プランの位置づけと検証方法についてであります。 もっと読む
2018-06-15 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−02号 また、一方では、ロボット技術やいわゆるICとか、ドローン等の先進技術の導入によって、新規就農者が効率的にかつ高品質な農産物を生産できるような時代を迎えようとしております。  農業は本来、代々子供や孫、あるいはゆかりのある者に受け継がれてきたわけでありますが、こうした環境を維持していくためには、まずその子供たちが農業で暮らしが立ち行くような、そういうような経営にしていくことが必要である。 もっと読む