115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

立地適正化の計画区域の設定につきましては、本市の都市構造の課題を人口減少に伴う市街地の低密度化の抑制、身近な商業、医療などの生活サービス施設の維持、持続可能な公共交通の構築と捉え、今後人口が減少する中においても一定の人口密度を維持し、身近な生活サービスが受けられる区域を居住誘導区域と設定するとともに、中心市街地に必要な商業、医療などの高次の都市機能の集積を図る区域として、都市機能誘導区域と設定したところでございます

福島市議会 2018-09-21 平成30年9月21日決算特別委員会全体会−09月21日-01号

◆大平洋人 委員  では、次ですが、途中で離農した場合のペナルティーはあるのでしょうか。これについてお伺いします。 ◎農業振興室農政企画係長 委員長、農政企画係長。 ○須貝昌弘 委員長  農政企画係長。 ◎農業振興室農政企画係長 交付金交付対象期間中の途中で離農した場合、資金の交付が停止となりますが、ペナルティーについては特にございません。

福島市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会議−03月12日-05号

今回保険料を算出するにあたりまして、積み立てを行っておりました介護給付費準備基金より平成28年度末現在の残高9億8,000万円余を取り崩し、介護保険料の上昇抑制に充てております。 ○副議長(粟野啓二) 小熊省三議員。 ◆8番(小熊省三) 今の答弁について介護サービスがふえるということでございました。

福島市議会 2017-12-19 平成29年12月定例会議−12月19日-03号

夢と希望が持てる新しい福島の創生に向けて、緊急度、優先度を勘案した事業への効率的な経費配分、市債依存度の抑制に意を用いた市債の適正な運用などにより、中長期的視野に立った健全な財政運営の維持に努めてまいります。  次に、将来に夢が持てる新ステージヘ5つの挑戦の具体的な中身につきましては、まず1つ目はひと、暮らしいきいき福島の実現です。

喜多方市議会 2017-09-13 平成29年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年09月13日

(2)離農する農家の主な理由とその後の農地の管理状況についてお伺いいたします。  (3)新規就農者の過去5年間の推移と就農状況についてですが、新規就農者の過去5年間の推移について伺います。また、就農状況について主な生産品目とその作付面積を伺います。  (4)本市の新規就農者や農業法人等の農業生産組織に対する支援の現状と所得向上に結びつく支援策としての有効性の検証とその課題について伺います。  

本宮市議会 2017-03-06 本宮市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号

風評被害による米価の下落や離農や高齢化による耕作放棄地の増加により、負担金が賄えないなどの理由で改修が進まない地域もあります。こういった現状を何とか行政の力で調整を行っていかなければ、条件の悪いところはますます耕作放棄地になっていくのではと考えておりますが、本市の考えを伺います。 ○議長(渡辺由紀雄君) 産業部長。

伊達市議会 2016-09-08 伊達市議会 会議録 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月08日−04号

結果、放射性セシウムは低減し吸収抑制効果は見られたものの、その牧草を食べた牛の足腰が立たなくなって死亡する事例が相次ぎました。私が6月の第4回伊達市議会定例会で一般質問をしてから3カ月たちましたので、カリ過剰の牧草で牛死亡事故関連の調査の実態把握を伺っていきたいと思います。  質問します。牧草について直近の放射能の抑制効果、それから牧草の給餌許可となる放射性物質の基準値を伺いたいと思います。

伊達市議会 2016-09-07 伊達市議会 会議録 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月07日−03号

今後につきましては、人口減少や節水意識などにより、収入の継続的な増加が見込めない中、安全で安価な水を継続的に届けることを目指し、かかる費用の抑制など企業努力を継続し、水道料金の低廉化や受水単価の統一化に向け、福島地方水道用水供給企業団を中心に、今後とも構成団体と協議を重ねてまいりたいと、このように考えているところでございます。 ○議長(安藤喜昭) 八巻議員。

会津若松市議会 2016-09-07 平成28年  9月 定例会-09月07日−一般質問−04号

それから、国においても重点事業で上げている男性にとっての男女共同参画ということで、ここについては育児休業等の取得推進で男性も長時間労働を抑制する、そして育児休業等の取得を推進するというような観点があったと思います。この2つが平成26年度から進めております第4次男女共同参画推進プランに掲げられたという内容でございます。これが新しい視点かなと思っております。  

福島市議会 2016-09-07 平成28年 9月定例会議-09月07日-02号

大雨等が予想されます場合には、河川から取水する主要な農業用かんがい用水堰の管理者に対しまして、市担当者から電話連絡によりまして、適切な水門調整をお願いするとともに、その後、市職員の巡回によりまして、水門調整状況等の確認を行っており、管理者等のご協力を得ながら、下流域の浸水等被害を抑制するよう努めてございます。 ◆13番(白川敏明) 議長、13番。 ○議長(高木克尚) 13番。

本宮市議会 2016-09-06 本宮市議会 会議録 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月06日−01号

養父市では、人口減少が進んでおり、高齢化や離農による担い手不足によって耕作放棄地がふえ、地域の農業を守っていくことが困難となっておりました。その状況で、第二次安倍政権が進めてきた世界で一番ビジネスがしやすい環境を創出する国家戦略特区を活用し、耕作放棄地の解消や規制緩和による産業の活性化、それに伴う人の移住を目指し、国家戦略特区に手を挙げたとのことでした。  

会津若松市議会 2016-09-06 平成28年  9月 定例会-09月06日−一般質問−03号

そのため人口減少社会においては、市街地の拡大を抑制し、都市機能の集約を図りながら、効率的でコンパクトな市街地形成を進めていく必要がものと考えております。また、神指城周辺地域で整備が進められている会津縦貫北道路や阿賀川新橋梁は、他都市との連携を強化し、広域的な交流、連携軸として整備されるものであります。

二本松市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月07日−04号

いかに本市の活性化や人口流出の抑制がなければ絵に描いた餅にすぎません。全人口の3割以上が65歳以上の老齢人口では、活性化どころか衰退の一途に至ってしまうというふうに考えられます。  適齢期には、やはり結婚ができ、子どもが何人でも持てるような環境を創出しなければならないと思っております。それらの協力が、推進先がないものか、再度伺うところでございます。

須賀川市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会-03月07日-04号

県内でも、米農家、酪農家の離農が進むことも明らかではないでしょうか。  TPP発効直後は、農林水産物で既にゼロになっているものも含めて全体の51%が関税ゼロになり、最終16年目には81%の関税が撤廃されてしまいます。TPP協定は、農家が困るだけではありません。消費者の食の安全も脅かす不安があります。

会津若松市議会 2016-03-01 平成28年  2月 定例会-03月01日−一般質問−03号

実は、平成26年6月定例会で同種の質問をしましたが、その後になって昨年12月に財務状況悪化に伴い、人件費抑制を柱に財政再建計画案を作成した指定管理団体があります。それは、2年前に会津若松市観光公社と会津若松観光物産協会が会津まつり協会を分離して統合して発足した一般財団法人会津若松観光ビューローです。

郡山市議会 2016-03-01 郡山市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号

これらを受け、本市においても昨年3月、化石燃料由来のエネルギー消費を減らし、温室効果ガスの排出を抑制することを目的として、省エネの推進、新エネの利用拡大、さらにはエネルギー関連産業の集積等による活力ある地域づくりの取り組みの指針を示す「郡山市エネルギービジョン」を策定したところであります。  

いわき市議会 2015-12-09 いわき市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月09日−04号

一方、空き家等の有効活用につきましては、空き家そのものの発生を抑制するために、リフォームを行った空き家への住みかえや、店舗等への用途変更など、既存ストックとしての空き家等を有効に活用していただくための施策について調査・研究を進め、福島県や庁内関係部署、さらには不動産業団体等の関係機関との連携を図りながら取り組んでまいりたいと考えております。

郡山市議会 2015-12-09 郡山市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月09日−05号

農業人口初の10万人割れ、原発事故で離農加速の大見出しの記事が11月28日付福島民報新聞で報じられました。東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故後、初の平成27年の農林業センサス、速報値が農林水産省により発表されたことを受けてです。  前回調査を行った平成22年に比べ、29%減少しています。