運営者 Bitlet 姉妹サービス
2896件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月12日-05号 しかし、現状では障害手帳の発給の対象にならない、生活保護受給の対象にもならない、そして指定難病にも当たらないという現状にあります。現在は、障害年金だけは受給することができ、何とか生活を営んでおります。 もっと読む
2018-12-11 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月11日-04号 また、火山専門家や福島県、山形県、本市を含む関係市町村、自衛隊及び福島地方気象台などで構成される吾妻山火山防災協議会において、相互連携協力により住民や観光客、登山などの避難対応がとれる体制を講じております。 ○議長(半沢正典) 大平洋人議員。 もっと読む
2018-12-10 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月10日-03号 まず、平成29年度のガラスバッジ測定にあたり、配付数等の状況をお伺いいたします。 ◎健康福祉部長(加藤孝一) 議長、健康福祉部長。 ○副議長(粟野啓二) 健康福祉部長。 ◎健康福祉部長(加藤孝一) お答えいたします。  平成29年度の申し込みによるガラスバッジ配付数は5,527人で、そのうち3カ月間測定数は4,854人となっております。 ○副議長(粟野啓二) 萩原太郎議員。 もっと読む
2018-12-07 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月07日-02号 また、災害時におきましては、消防や警察、自衛隊などの公的支援が到着するまで、被害の軽減を図るため、消火活動や救出、救助、避難誘導などを行うことなどが挙げられます。  そして、災害発生後においては、自治体など公的組織や防災ボランティアと協働で避難所運営や被災支援活動などを行うことが防災士に期待する役割と考えております。 ○議長(半沢正典) 小野京子議員。 ◆19番(小野京子) 次の質問です。   もっと読む
2018-09-27 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号 最後に、陳情第4号 学校給食費の保護負担の軽減についてであります。本陳情については、学校給食費の保護負担の軽減など、2点について市に働きかけてほしいという内容でありまして、会津若松市議会基本条例第5条第4項の規定に基づき、陳情に出席を依頼し、陳情の趣旨説明と意見陳述を求めたところであります。 もっと読む
2018-09-26 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月26日-08号 敬老祝金は、高齢が外出をしていくきっかけにもなり、健康寿命の延伸や地域経済への貢献にもつながってきました。多くの高齢のささやかな楽しみが削減をされた敬老祝金、2年間で約4,900万円、これは福島市の財政を見渡してみても多くの市民にプラスの影響を直接与えることができる貴重な施策でした。 もっと読む
2018-09-25 会津若松市議会 平成30年  予算決算委員会-09月25日−04号 各地区における住民や各地区で運営している運行事業との協議調整については、地域活性化協議会や各地域づくり委員会内に設置された専門部会等が中心となり、利用である地域住民や交通事業等が定期的に協議を重ねるとともに、女性などの利用へのアンケートやヒアリング等を実施し、運行計画の見直し等を行ってきた。 もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会建設水道分科会−09月20日-01号 3番の中心市街市活性化交通支援事業費でございますが、中心市街地活性化施策として、市内循環ももりん100円バスの運行に対して、バス事業に補助を行ったものであります。  4番の路線バス等高齢利用促進事業費でございますが、75歳以上の市民と広域避難が無料で路線バス及び福島交通飯坂線を利用できる乗車証を交付し、公共交通の利用と高齢の積極的な社会参加を促進したものであります。   もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会経済民生分科会-09月20日-01号                渡辺孝典   除染施設整備課仮置場対策係長         香野貴則   除染施設整備課収集運搬係長          遠藤圭一   市民安全部長兼危機管理監           横田博昭   市民安全部次長                高橋善則   生活課長                   岡部敬子   生活課課長補佐兼安全安心係長         渡邉 史   生活課避難支援係長 もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会文教福祉分科会−09月20日-01号 12、重度心身障害医療助成費7億5,539万2,000円は、身体障害手帳1級、2級の所持、療育手帳のAまたは精神障害保健福祉手帳1級の所持など、重度の障害の入院、外来の保険診療における自己負担分を助成する制度で、これにより重度心身障害の経済的負担の軽減を図ったものであります。   もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会総務分科会-09月20日-01号 派遣したことに対する福島県消防防災ヘリコプター運航連絡協議会からの人件費助成金895万6,537円及び派遣助成金71万円、また福島県消防学校教官として本市消防本部職員1名を派遣したことに対する福島県からの職員給与助成金874万2,332円、また東北中央自動車道栗子トンネル内に整備した消防無線設備の費用を置賜広域行政事務組合消防本部と折半することによる負担金として637万2,000円、また原子力災害避難指示区域消防活動費交付金 もっと読む
2018-09-20 会津若松市議会 平成30年  建設委員会-09月20日−03号 ◆渡部認委員 駐車場というか、避難所みたいなところに抜けるというイメージ。 ○委員長(佐野和枝) 道路建設課長。 ◎道路建設課長(小林英俊) そうです。トンネルのほうが今回県のほうでできましたので、様子が昔の図面とちょっと変わっているかなと思うのですが、高坂の集落のすぐ脇のところ。 ○委員長(佐野和枝) 石田委員。 ◆石田典男委員 図面をもとに質問よろしいですか。 もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会経済民生分科会−09月19日-01号 また、指定管理導入施設の収支状況等につきましては、主要な施策の成果等報告の際にご説明いたします。なお、平成27年度から指定管理制度に関する基本方針におきまして、指定管理制度導入施設の管理運営状況について、指定管理管理運営委員会による評価を実施し、結果を公表することといたしましたが、平成29年度の評価結果につきましても当該施設の説明の際にあわせて説明いたします。   もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会文教福祉分科会−09月19日-01号 細目、小学校教育振興費のうち、65番、学校教育就学援助・就学奨励費4,306万7,233円、66番、保健体育就学援助・就学奨励費6,493万8,750円、あわせまして細目の復興事業費、避難支援分の69番、学校教育就学援助・就学奨励費195万3,731円、70番、保健体育就学援助・就学奨励費293万6,497円でありますが、要保護、準要保護児童、特別支援学級児童並びに東日本大震災、原発事故による区域外就学児童 もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会総務分科会−09月19日-01号 あと、さんかくBookにつきましてでございますが、こちらのほうは復興費、避難支援分も入っております。こちらにつきまして、印刷代といたしまして52万1,478円で、あと市政だより折り込みになりますので、34万7,004円でございます。 ◆小野京子 委員  トップセミナーは68人ということだったのですけれども、どのように市民の方に周知されまして、人数は何人ぐらい入る場所だったのですか。 もっと読む
2018-09-18 須賀川市議会 平成30年  9月 生活産業常任委員会-09月18日−01号 避難所につきましては2か所を開設し、最大で28世帯60人の方が避難をなされましたが、電力復旧に伴い、9月8日の午前9時にこちら2か所の避難所のほうは閉鎖したというようなことです。  こちら、締結先の長沼町に対する支援でございますが、先の豊中市に続きまして100万円のほうを渡すという考えでございます。   もっと読む
2018-09-18 福島市議会 平成30年9月18日経済民生常任委員会−09月18日-01号 【「異議なし」と呼ぶあり】 ○石原洋三郎 委員長  ご異議ございませんので、そのように進めさせていただきます。  市民安全部の審査を行います。  議案第122号平成30年度福島市一般会計補正予算中、市民安全部所管分についてを議題といたします。  当局の説明を求めます。 もっと読む
2018-09-14 福島市議会 平成30年9月14日経済民生常任委員会-09月14日-01号                渡辺孝典   除染施設整備課仮置場対策係長         香野貴則   除染施設整備課収集運搬係長          遠藤圭一   市民安全部長兼危機管理監           横田博昭   市民安全部次長                高橋善則   生活課長                   岡部敬子   生活課課長補佐兼安全安心係長         渡邉 史   生活課避難支援係長 もっと読む
2018-09-14 福島市議会 平成30年9月14日文教福祉常任委員会-09月14日-01号 ◎こども育成課長 もともと子ども・子育て支援法の仕組みというのがすごくわかりづらいと思うのですけれども、例えば費用が10かかるとなっていて、10かかる分は、本当は保護に全部負担、こっちがお金を渡して保護が納めるよというのが本来の形になっていて、本当だと10のうちの、全部かかる費用が10あって、そのうちの全部を保護が負担しなくてはいけないのだけれども、保護に補助して、それが保護が負担しなくてはいけないのだけれども もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日文教福祉常任委員会-09月13日-01号 なお、平常時につきましては教育での活用を行いますが、災害発生時に学校が避難所となった場合におきましては、学習系のサーバーと切り離し、災害対応用に使用するというものでございます。  補正予算書の27ページにお戻り願います。 もっと読む