239件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2029-12-10 12月10日-一般質問-03号

昨今の旅行者行動範囲が拡大し、旅行ニーズが多様化しており、特に外国人観光客、いわゆるインバウンドについては旅行日程が長いことから、広域的に観光地を回す必然性が生じています。そこで、広域観光の目指すものとして、従来の観光地という点単位での観光から面、エリアや軸、ルートを意識して、より魅力とインパクトのある圏域をつくっていくという観光戦略を持って臨むべきと考えますが、認識を示してください。 

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

観光では、極上の会津プロジェクト協議会を初めとした広域連携による周遊観光促進や平成29年のJR東日本の「TRAINSUITE 四季島」の会津若松駅への停車、東武鉄道の新型特急リバティ会津」の会津鉄道への乗り入れ、昨年の戊辰150周年などを契機とした誘客促進、また、インバウンド対策として台湾、タイ王国等への観光プロモーションや受け入れ態勢の整備などに取り組んでまいりました。

白河市議会 2020-06-18 06月18日-01号

このような情勢を踏まえ、白河観光物産協会事業主体となり、羅漢山霊園内に昨年6月に工事を着工し、本年4月に完成をしたところであります。 ○菅原修一議長 室井伸一議員。 ◆室井伸一議員 次に、(2)の合葬墓使用料は誰がどのように協議をして決めていくのか、協議はいつ行われるのかお聞かせください。 ○菅原修一議長 邊見市民生活部長

郡山市議会 2020-03-18 03月18日-09号

初めに、委員より、環境保全費に関し、地球温暖化対策事業について環境家計簿アプリの詳細な内容とアプリに係る費用についてただしたのに対し、当局から、従来、紙で環境家計簿を配布していたが、アプリでは光熱費等を継続的に入力することにより自分の行動が省エネに結びついたかなどが実感できるものである。今年度は家庭部門を重点的に啓発したが、来年度は中小企業等業務部門に取組を拡大する考えである。

喜多方市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年03月05日

観光協会と契約している理由でございますけれども、今回の観光案内等おもてなしの関係という観光案内業務も結構あるものですから、そういったことも含めまして、おもてなしなど、観光に通じているという意味もありまして、観光協会に委託しているというような中身になってございます。 ◯議長齋藤勘一郎君) 答弁を求めます。  

会津若松市議会 2020-03-05 03月05日-総括質疑-05号

初めに、論点でございますが、ICTを活用して、地域飲食店を中心に地元の商店がさらに消費の活性化市民観光客のまち歩き、周遊性活性化につながっていくかどうかを視点、論点としては持っております。考えでございますが、地域のよさを引き出すことや、今回のアプリ使用から見ても、最も重視しなければならない点というのがこの利活用が活発になされるかどうかだと思います。

会津若松市議会 2020-03-04 03月04日-一般質問-04号

次に、持続可能な観光の推進についてであります。観光は宿泊や交通、観光施設をはじめ、あらゆる分野に波及する裾野の広い産業であり、地域雇用創出に寄与するだけでなく、新たな観光資源の掘り起こしは地域文化的価値の創造に寄与するものであります。また、訪日外国人観光客を含めた観光誘客による交流人口の拡大は、多様な文化を持つ人々と市民との相互理解地域活性化につながるものと考えております。

会津若松市議会 2020-03-03 03月03日-一般質問-03号

また、情報伝達につきましては、防災情報メール緊急速報メール、テレビのデータ放送コミュニティーFM市ホームページ、SNS、防災速報アプリによる情報発信に加え、広報車消防団による広報などの手段により伝達を図りましたが、一部の市民の方からは避難対象区域などが分かりにくかったとの声も伺っており、情報提供の在り方について今後対応を検討してまいりたいと考えております。