運営者 Bitlet 姉妹サービス
1496件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−委員長報告・質疑・討論・採決−06号 1点目は、無償に対する考え方であります。確かに日本国憲法第26条第2項において、「すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする」として義務教育の無償について規定しています。 もっと読む
2018-09-26 福島市議会 平成30年9月26日議会運営委員会-09月26日-01号 次に、(3)からですが、議案第126号多面的機能支払対策制度の継続と制度の更なる充実強化を求める意見書、(4)、議案第127号幼児教育・保育の無償措置等の円滑な実施に向けて十分な支援策を講じるよう求める意見書、(5)、議案第128号地方財政の充実・強化を求める意見書、これらは議員提出議案として、会派からの提案により、提出が決定された意見書でございます。 もっと読む
2018-09-26 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月26日-08号 憲法の義務教育の無償の原則に立てば、無償は国や自治体の責務ですし、貧困と格差拡大の中で、貧困状態にある子供たちは空腹を満たすため安価なジャンクフードや炭水化物を多く摂取し、野菜不足が常態している傾向があり、栄養バランスがとれた唯一の食事が学校給食になっているなど、子供たちの育ちを平等に保障するためにも切実な課題です。 もっと読む
2018-09-25 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月25日−03号 それから、もう一つ委員おただしのように、幼児教育の無償ということで来年の4月に5歳児、それから10月消費増税後には当然、全ての未就学児を対象とした幼児教育の無償が今検討されているところでございますので、そういった経緯を見つめながら、市としても適正に対応してまいりたいと考えております。  以上です。 ○委員長(大寺正晃) ほかにありませんか。 ◆委員(丸本由美子) 2点お伺いいたします。   もっと読む
2018-09-25 会津若松市議会 平成30年  予算決算委員会-09月25日−04号 今後については、通院や買い物だけではなく、娯楽施設や温泉施設へ出かけるなど、楽しみ目的で乗車する方をふやし、地域住民の生活の質の向上や地域活性につなげていくとともに、湊地区については、さらなる需要の掘り起こしを行い、空白地有償運行に向けて地域活性協議会の法人等の検討など、地域活動の活性に取り組んでいきたい。 もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会総務分科会−09月19日-01号 ◆阿部亨 委員  実際本当に女性が活躍、推進していくということでの事業なので、そういう部分、この後の調査というのですか、それはやっぱりやっていかなくてはならないと思うのだけれども、女性にこれはもちろん特した事業であるのは十分わかるのです。 もっと読む
2018-09-18 会津若松市議会 平成30年  文教厚生委員会-09月18日−06号 ◆鈴木陽委員 今ほど前段にアンケート調査のことが出されましたけれども、義務教育の無償という観点から考えたときに、これは当然教材費の無料のほうが優先するのではないか、同じ財政負担という私は側面もあると思うのです。 もっと読む
2018-09-14 福島市議会 平成30年9月14日文教福祉常任委員会-09月14日-01号 1番、条例制定の趣旨ですが、女性の社会進出及び少子の進行など家庭及び地域を取り巻く環境の変化に伴い、多様している子育て支援に関する需要に対応し、小学校就学前の子供に対する教育及び保育並びに保護者に対する子育て支援の総合的な提供を推進するため、福島市立認定こども園を設置するものです。   もっと読む
2018-09-14 会津若松市議会 平成30年  総務委員会-09月14日−06号 こうした状況にもかかわらずということでありますが、社会保障の圧縮、公的サービスの産業など地方財政をターゲットとした歳出削減に向けた議論が加速をしているということであります。特に、トップランナー方式の導入については、民間委託を前提とした地方交付税算定を容認するものということでありますし、地方財政全体の安易な縮小につながるということが危惧されるものというふうになっております。 もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日議会運営委員会−09月13日-02号 続きまして、(2)、幼児教育・保育の無償措置等の円滑な実施に向けて十分な支援策を講じるよう求める意見書(案)、真政会さんから出していただきました。  それでは、各会派の皆さんからのご意向をお伺いいたします。  市民21さん。 ◆石原洋三郎 委員  賛成です。 ○後藤善次 委員長  共産党さん。 ◆佐々木優 委員  賛成です。 ○後藤善次 委員長  創政クラブ結さん。 もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日経済民生常任委員会-09月13日-01号 国のそういった交付金事業で取り組んでこういった施設の長寿命を図っていく中で、長寿命は今回で一応1つの事業が区切りつくような話を伺っているのですけれども、ぜひ市としてもこの長寿命に対する交付金事業という部分を国のほうに強く求めていただきたいなというような思いで質問させていただきました。わかれば後ほどでもいいですから。  以上です。 ○石原洋三郎 委員長  ほかございますでしょうか。       もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日文教福祉常任委員会-09月13日-01号 小学校、中学校の学校施設耐震補強につきましては、平成32年度の耐震率92%を目途に事業を進めているところでございますが、平成30年4月1日現在の耐震率は77.6%でございます。 もっと読む
2018-09-12 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月12日-05号 細目1、待機児童は男性も女性も働くことを前提とした社会への転換に保育の受け皿が対応できなかったことにより生じたとすると、女性の就業率アップに向けた社会構造の変化や幼児教育の無償などによるさらなる待機児童の変化に対して、子育ての環境整備についてどう対応するのかお伺いいたします。 ◎こども未来部長(永倉正) 議長、こども未来部長。 ○議長(半沢正典) こども未来部長。 もっと読む
2018-09-11 福島市議会 平成30年9月11日議会運営委員会-09月11日-02号 8番、国に対し学校給食費の無料を求める意見書提出方について。提出者は記載のとおりです。紹介議員は羽田房男議員、村山国子議員。9月4日受理。文教福祉常任委員会でございます。  続いて、9番、県に対し学校給食費の無料を求める意見書提出方について。提出者は同様です。紹介議員は羽田房男議員、村山国子議員。9月4日受理。文教福祉常任委員会。  10番、学校給食費の無料を求めることについて。 もっと読む
2018-09-11 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月11日-04号 対応する組織の一本、役割の明確、指揮命令系統の一元を図る必要がありますが、お伺いをいたします。 ◎市民安全部長(横田博昭) 議長、市民安全部長。 ○議長(半沢正典) 市民安全部長。 ◎市民安全部長(横田博昭) お答えいたします。   もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 事業継続の考え方といたしましては、事業の目的が夜間における犯罪防止及び通行の安全を図るため実施していること、またLEDによって灯具の長寿命や電気料金の削減が図られること、地球温暖対策にも寄与することから、今後も継続してまいります。   もっと読む
2018-09-07 須賀川市議会 平成30年  9月 教育福祉常任委員会-09月07日−01号 請願の趣旨でございますが、学校給食は教育活動の一環であり、日本国憲法第26条に、義務教育はこれを無償とすると規定されていることから、学校給食費の無料を求めるものであります。  福島県内では、貧困対策、子育て支援、少子対策として、小中学校の給食費を全額無料又は一部補助する自治体が急速に増えており、自治体予算で学校給食費を全額無料にしている市町村は、相馬市、金山町、下郷町などがあります。   もっと読む
2018-09-03 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月03日-01号 残りの区画の分譲に向けましても、引き続き、私のトップセールスをはじめとする企業誘致活動を積極的に展開することによって、地域の物的、知的資源を生かした福島らしい産業の集積と振興を図り、地域経済の活性と雇用の創出に努めてまいります。  次に、福島大学農学群食農学類の設置について申し上げます。   もっと読む
2018-09-03 福島市議会 平成30年9月3日文教福祉常任委員会−09月03日-01号 4番、財産取得スケジュールは、譲渡特約つき賃貸借契約を締結し、平成31年4月から平成36年3月までの5年間賃貸借しまして、平成36年4月1日に無償譲渡を受けるものです。  5番、事業スケジュールにつきましては、平成30年9月から平成31年3月に増築工事を実施いたします。なお、増築部分の整備にあわせまして、既存園舎の改修について設計業務及び工事を実施いたします。   もっと読む
2018-06-19 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−03号 次に、4つの施設の利活用が具現され、約束どおりの成果が見られましたが、栄町第一、第二庁舎の利活用は構想どおりにならないことを前提に、県立会津総合病院跡地を含めた形で鶴ケ城周辺公共施設利活用構想を改定すべきと考えますが、見解をお示しください。  次は、国の幼児教育無償と本市の子育て支援についてです。まずは、幼児教育無償への評価と認識について2点質問します。 もっと読む