運営者 Bitlet 姉妹サービス
56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-06-19 会津若松市議会 平成29年  総務委員会-06月19日−03号 9月8日に敵に囲まれまして、奮戦いたしましたが、敵の襲撃に遭いまして、山本帯刀以下43名の方がここで斬首、殉職されて、その後飯寺地区町内の方々によって、遺体を飯寺の本光寺におさめた。以来、9月8日を記念として、毎年弔霊祭をやっております。 もっと読む
2017-06-14 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−04号 ◆8番(田頭弘毅君) 津波時の水門の操作については、大変な危険を伴い、東日本大震災時には、水門閉鎖に従事した消防団員が殉職されたことを踏まえ、国において水門操作の自動化・遠隔操作化を推進しているところであります。  そこで、4点目として、津波や高潮の発生時における水門の操作方法についてお伺いします。 もっと読む
2017-03-06 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成29年  2月 定例会-03月06日−07号 東日本大震災では、住民の避難や水門の閉鎖などで被災地全体でおよそ250人の方が殉職しました。このことも忘れてはなりません。  また、消防団のこの時期の活動の1つと言えば、火災予防の夜警です。昨夜も痛ましい火災がありましたが、私も班の方々とシフトを組んで夜警をしています。ちなみにきょう、私、夜警の当番日です。 もっと読む
2016-12-07 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−04号 なお、東日本大震災では、ほかの自治体の消防団員が津波避難広報活動中に殉職しておりますことから、本市では、震災時における消防活動マニュアルを策定し、この中に津波避難広報を実施する際の活動要領を定めております。   もっと読む
2016-03-02 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成28年  2月 定例会-03月02日−04号 一方で住民の避難誘導や水門閉鎖等の活動中に198人の消防団員が殉職し、命がけの職務であることが全国に知られるところとなりました。通常は、他の職業等についている市民で団員が構成されております。消防団は地域に密着し、災害が発生した場合には消火活動や救助活動など、即時に対応できるという地域防災の中核的役割を担っています。   もっと読む
2016-03-01 会津若松市議会 平成28年  2月 定例会-03月01日−一般質問−03号 しかし、現場に入ってみた途端に冷蔵庫が流れてきて、テレビが流れてきて、その現場で消防士が1人殉職しているわけです。私は、思うのですけれども、やはり大雨が降る直前って少し雨がやむ時期がちょっとあります。でも、そのときに避難勧告は出ていなかったのです。 もっと読む
2015-12-08 相馬市議会 平成27年 12月 定例会-12月08日−04号 その犠牲の上に、私たちは生かされておることを、そのことに思いをはせ、改めて殉職者各位の、その御みたまにご冥福の祈りをささげるものであります。その後の時間の経過とともに、復興、復旧等が進み、曲がりなりにも本市の今日の姿があり、市民生活があります。当時の消防団員の活動を顧みれば、その想像を絶する職務の遂行、そしてその活動があって、今の本市の姿があるものと考えております。 もっと読む
2015-06-18 二本松市議会 平成27年  6月 定例会(第5回)-06月18日−06号 安倍首相は、これまでも1,800人の自衛隊員が殉職をしており、今までも自衛隊は危険な任務を担ってきているとも言っています。この数字は、災害派遣や訓練によるものであります。海外での戦闘で殉職した自衛隊員は1人もおりません。しかし、戦争法案が成立をすれば、事態は一変いたします。 もっと読む
2014-11-06 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成26年 11月 総務常任委員会-11月06日−01号 ◎総務課長(篠原常美君) 指揮隊につきましては、指揮隊の設置されていない消防本部においては、消防職員の殉職事案が当時、平成16年、平成17年前後にありまして、国において平成17年の6月に明確な指揮隊の配置基準が示されました。いわき市においても、指揮隊といいますのは3名体制ぐらいで、現在のところは各署長、主幹なりが日中であれば、火災があれば指揮車に乗って出動します。 もっと読む
2014-03-10 福島市議会 平成26年 3月定例会-03月10日-03号 その一方で、住民の避難誘導や水門の閉鎖などで198人が殉職し、命がけの職務であることが改めて全国的に知れ渡りました。しかし、その実態は厳しいものがあります。全国的には団員数の減少が顕著になってきており、1965年に130万人いた団員は、2012年には約87万人に落ち込んでおります。 もっと読む
2014-02-25 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成26年  2月 定例会-02月25日−03号 その一方で、住民の避難誘導や水門の閉鎖などで198人が殉職し、命がけの職務であることが全国的に知られました。しかし、その実態は厳しく、全国的に団員数の減少が顕著になっており、1965年に全国で130万人以上いた団員は、2012年には約87万人に落ち込んでいるということであります。その背景には、高齢化に加えサラリーマンが多くなり、緊急時や訓練の際に駆けつけにくい事情も団員減の要因とされております。 もっと読む
2013-09-06 相馬市議会 平成25年  9月 定例会-09月06日−03号 また、敷地内には東日本大震災で殉職された消防団員の功績をたたえるために顕彰碑が建立されていることから、市は訪問者が殉職消防団員への敬意の念を抱くとともに、災害に対する心構えを強く持つなど、防災意識の啓発に寄与する施設として、広く活用してまいりたいと考えております。  その他の質問は、担当部長に答弁いたさせます。 ○議長(佐藤満君) 建設部長。 もっと読む
2013-09-05 相馬市議会 平成25年  9月 定例会-09月05日−02号 市といたしましては、今後復興事業の進捗を踏まえて、1つ、防災備蓄倉庫、磯部コミュニティセンター、防災集合所、防災行政無線屋外拡声子局、監視カメラなどの防災施設をテーマとしたコース、2つ、漁労倉庫、殉職消防団員顕彰碑、磯部、原釜の慰霊碑や鎮魂記念館などの復興、鎮魂をテーマとしたコース、3つ、中村城跡を囲む新たな和風建築の市庁舎、市民会館、歴史資料収蔵館、郷土蔵などの和風建築物をテーマとしたコースなどによる もっと読む
2013-09-02 相馬市議会 平成25年  9月 定例会-09月02日−01号 また、敷地内には東日本大震災で殉職された消防団員の崇高な消防精神をたたえた顕彰碑も建立されました。市では、この倉庫を本市の防災拠点として、今後、被災者1万人規模の災害対応を想定して各種物資の備蓄を進めるとともに、平常時には災害時応援協定締結自治体との地域間交流や防災関係者の防災教育研修に活用してまいります。  次に、地区防災集合所について申し上げます。   もっと読む
2013-06-13 相馬市議会 平成25年  6月 定例会-06月13日−02号 まず1点目として、殉職消防団の顕彰碑建立の概要についてお伺いします。殉職された団員の崇高な消防精神と功績を永久にたたえるとともに、現役の消防団員が地域の消防防災のため、日々の精進を誓うための顕彰碑建立ということで、市内はもちろんのこと全国からの支援をお願いしていることはご承知のとおりでありますが、現在の寄附金の状況と碑文等の進捗状況についてお伺いします。   もっと読む
2013-03-14 福島市議会 平成25年 3月定例会-03月14日-07号 消防団の装備につきましては、県内相双地区の24名をはじめ、多くの消防団員が不幸にして殉職されたことを受けまして、発災直後から昼夜の別なくさまざまな現場活動にあたる消防団員の安全を確保する装備といたしまして、今年度43個分団全分団に発電機及び投光機、それから155台ある消防団の消防車両にトランシーバー、ヘッドライト、救命胴衣を配備しております。 もっと読む
2012-12-07 相馬市議会 平成24年 12月 定例会-12月07日−03号 非常に心配したのは、消防団が、殉職された方がいらっしゃったので、私は危険だからやめようと、消防団員のPTSDもあったのです、死体の捜索なんかやっていただきましたから。大変ご苦労をかけたわけです。しかしながら、消防団員が磯部で10人も少なくなったにもかかわらず、全体でふえているわけですから、本当に頭が下がる思いということであります。 もっと読む
2012-12-06 相馬市議会 平成24年 12月 定例会-12月06日−02号 市は、東日本大震災により発生した大津波から地域住民の避難誘導に当たった10人の消防団員が殉職されたことを受け、残された団員の子供11人を含め、この震災で親を亡くした子供たち51人を対象として、孤児等が18歳になるまでの経済的負担の一部を市の責任で担うことを目的として、昨年4月に相馬市震災孤児等支援金支給基金を創設しました。   もっと読む
2011-12-15 川内村議会 平成23年12月 定例会(第4回)-12月15日−02号 それから負担金補助及び交付金の中の消防団公務災害補償金でございますが、407万7,000円でございますが、これは震災によって殉職した消防団員に見舞金を出す観点で、こういった観点で負担金の増額が求めておられますが、県内では24名が殉職したということでございます。  それから一番下になります。 もっと読む
2011-12-15 川内村議会 平成23年12月 定例会(第4回)-12月15日−02号 それから負担金補助及び交付金の中の消防団公務災害補償金でございますが、407万7,000円でございますが、これは震災によって殉職した消防団員に見舞金を出す観点で、こういった観点で負担金の増額が求めておられますが、県内では24名が殉職したということでございます。  それから一番下になります。 もっと読む