1587件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会議−06月14日-05号

「令和2年度及び復興・創生期間後も国の『被災児童生徒就学支援等事業』の継続と被災児童生徒の十分な就学支援を求める意見書提出方について」の請願につきましては、採択すべきものと決定いたしました。  なお、この決定に伴い、当委員会所属議員による関係意見書に関する議案の提出を用意しておりますことを申し添えます。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(半沢正典) 経済民生常任委員長、21番。

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議−06月06日-02号

特に安心して子育てできる環境づくりのために、待機児童の解消が最も急を要する課題であったことから、待機児童対策緊急パッケージを推進したところであります。この緊急パッケージを推進し、各事業を展開したことにより、保育の受け皿の拡大、保育士の確保が図られ、待機児童数が大幅に減少したものであります。 ○議長(半沢正典) 佐々木優議員

福島市議会 2019-05-31 令和 元年 6月定例会議−05月31日-01号

福島市土湯地区温泉施設設置条例の一部を改正する条例制定の件       議案第66号 福島市印鑑の登録及び照明に関する条例の一部を改正する条例制定の件       議案第67号 福島市指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例制定の件       議案第68号 福島市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定の件       議案第69号 福島市放課後児童健全育成事業

須賀川市議会 2019-04-24 平成31年  4月 教育福祉常任委員会−04月24日-01号

こちら、入所児童数の推移という記載がございますが、こちらの最下段でありますが、31年の4月1日現在で申込児童数が1,607名、入所児童数が1,587名となっておりまして、待機児童数が20人ということになっております。  上段の表でございますけれども、昨年の10月に申込みのほうを締切りをさせていただいて、その後調整を図ってまいりました。

福島市議会 2019-03-22 平成31年3月22日予算特別委員会全体会−03月22日-01号

また、現在3カ国語に対応している生活ガイドにベトナム語ほか2カ国語を追加しました外国人にわかりやすいガイドを作成するほか、帰国した多文化出身の児童生徒に対する支援としまして、日本語指導などを行うサポーター派遣を拡充いたします。  周知方法につきましては、市ホームページほか、市国際交流協会作成の広報誌、ユニバースなどを通しまして、広く周知をしてまいりたいと思います。

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会文教福祉分科会-03月19日-01号

細目、待機児童解消促進事業費、事業名、児童福祉施設等整備事業費10億3,420万9,000円は、認可保育施設の新設2カ所や既存施設の改築等4カ所の整備費になります。  事業名、企業主導型保育支援事業費310万円は、企業が設置する企業主導型保育施設の経費、備品購入費等の一部を補助するものです。  

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日文教福祉常任委員会-03月19日-01号

◎こども育成保育認定係長 私どものほうも当初予算を今回計上させていただいて、やはり今後待機児童も解消されて、少子化ということでお子さんが減ってこられたというようなところにどうするかというような形で、86ページなのですが、附則の3のところに5年を経過した場合においてというところで、この条例施行の状況を勘案し、必要があると認めるときはこの条例の規定について検討を加えというような形で、内容を含め、貸し

須賀川市議会 2019-03-19 平成31年  3月 定例会-03月19日-06号

本案は、主に3つの改正点があり、1つには、児童館機能を市民交流センターに集約することに伴う須賀川市児童条例等の廃止、2つには、児童館で実施していた放課後児童健全育成事業を引き続き行うためのぼたん児童クラブ館及びうつみね児童クラブ館の追加、3つには、ぼたん児童クラブ館の位置の変更であります。  

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

木幡市長は、就任以来、人口減少対応や働きやすい、住みやすいまちの象徴的数字のあらわれであるという待機児童対策にイの一番に取り組まれてまいりました。その対応の速さ、また現に数字的な結果というものも残してまいりましたが、来年度予算編成においてもさまざまな待機児童解消の推進に向けた取り組みがなされております。  

須賀川市議会 2019-03-12 平成31年  3月 予算常任委員会-03月12日-01号

(当局答弁者入替え) ○委員長(安藤聡) 次に、144ページから147ページまでの3款2項児童福祉費、1目児童福祉総務費、2目児童措置費であります。  当局の説明を求めます。 ◎教育部長(佐藤忠雄) それでは、144ページを御覧願います。  2項児童福祉費、1目児童福祉総務費8,596万3,000円は、前年度と比較し3,351万5,000円の増であります。

福島市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会議−03月11日-04号

さらに、平成31年度待機児童解消に向けて、待機児童対策緊急パッケージの拡充事業及び保育士保育の質の確保事業の達成のための課題について伺います。  次に、東京オリンピック・パラリンピック推進事業観光連携事業について伺います。  本市は、これまで春の花見山おもてなし事業や街なか周遊バス運行連携事業でラッピングを施した周遊バスを運行してまいりました。

須賀川市議会 2019-03-11 平成31年  3月 教育福祉常任委員会-03月11日-01号

初めに、須賀川市児童クラブ館条例の一部改正関係でありますけれども、第1条は、子育て支援事業などこれまで児童館が担ってまいりました機能を、市民交流センター内こどもセンターに集約することとし、ぼたん、うつみね両児童館を廃止することから、児童館の一機能としてこれまで運営してきましたぼたん、うつみね両児童クラブを追加するものであります。  

福島市議会 2019-03-08 平成31年 3月定例会議−03月08日-03号

根強い風評など復興はまだ道半ばの状況ですが、面的除染道路側溝堆積物の除去が完了し、2021年度までには全ての除去土壌が中間貯蔵施設へと輸送される見込みとなったのをはじめ、待機児童対策緊急パッケージの成果による待機児童の半減、新しい夜間急病診療所の開設等による救急医療の充実、市内全地区での地域包括ケア体制の整備、トイレの洋式化やICTなど教育環境の整備、高速道路の広がりを生かした5件の企業誘致、インバウンド

福島市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会議−03月07日-02号

本年度は、待機児童数県内最多の223人を踏まえて、その解消を目指す施策としまして待機児童対策緊急パッケージが実行されたわけでありますが、保育の受け皿拡大と待機児童の解消、保育士確保対策の成果と新年度の施策の見通しを伺います。  次に、学校耐震化がこれまで他自治体と比べて進んでおりませんでした。

喜多方市議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年03月06日

大きな3つ目ですが、保育所等の待機児童の解消についてお伺いいたします。  私は、これは喫緊の課題であって、一刻も猶予ならない取り組みだと思います。それで、何点かお伺いいたします。  1点目ですが、ことし4月1日の待機児童、潜在的待機児童の見込み数についてどのように見込んでいるのか、まず第1点お伺いします。