3519件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-06-17 令和 元年  6月 生活産業常任委員会-06月17日-01号

      高 野 弘 幸         長沼市民サービスセンター所長      岩瀬市民サービスセンター所長                   佐 藤 幹 夫             大 森 英 夫         農政課長      角 田 良 一   商工労政課長    須 田 勝 浩         観光交流課長    岡 田 充 生   農業委員会事務局長 小 池 文 章 6 事務局職員

福島市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会議−06月14日-05号

会派一員として討論をします。  議案第58号令和元年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算について反対立場で討論します。  加入世帯世帯に1世帯が滞納せざるを得ない国保税は市民大きな負担となっていることは皆さんもおわかりだと思います。加入者は、所得200万円以下方が9割です。所得300万円、4人世帯では国保税が48万9,000円で、国保税が所得に占める割合は16%です。

福島市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会議−06月10日-04号

ですので、自治体市民生活向上を図る取り組みを進めていかなければなりません。ということから、SDGsというは世界全体で達成すべきものですが、そのためには世界各地自治体における取り組みが必要であるとともに、自治体各種計画等目標達成に活用できるツールとして役割も担っております。  

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

これに対して当局からは、6次化係は本市農産物消費拡大と農家所得向上を図るため設置したものでありまして、例えば規格外でありますことから価格低廉な農産物に付加価値を見出すため、既存6次化商品をベースにするなどし、その製品完成度を高くするといった6次産業化を行政として支援していくことを目的としていると、そういう答弁でした。

福島市議会 2019-05-31 令和 元年 6月定例会議−05月31日-01号

ふくしマーケットは、東北絆まつり2019福島においても、東北各地授産品出品もいただいて開催することとしております。今後も、こうした取り組みを通じて、障害者所得向上に努めてまいります。  次に、除染に伴う除去土壌現場保管解消について申し上げます。  除去土壌については、保育所幼稚園及び小中学校等からは今年度末を、住宅からは令和2年度末を目標に仮置き場へ搬出を進めております。  

福島市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議−03月26日-08号

市民には市民サービス向上すると説明を行い、昨年4月に中核市に移行しましたが、市民は何か明確にサービス向上したという実感にはなっておりません。貧困格差が広がる中、今こそ税応能負担原則、そして富再分配機能を強化し、安倍自民党、公明党政権悪政防波堤となり、市民暮らしを応援すべきときではないでしょうか。しかし、平成31年度予算は必ずしもそうなっているとは言いがたい内容です。  

福島市議会 2019-03-22 平成31年3月22日予算特別委員会全体会−03月22日-01号

公園緑地施設係長 公園施設長寿命化対策支援事業につきましては、公園施設更新を福島市公園施設長寿命化計画に基づき実施することで利用者快適性向上を図り、多く市民方々に利用していただけるよう努めておりますが、それに伴う利用率向上に対する指標設定はございません。今後も公園施設を計画的に更新することにより、公園利用者へ快適性及び利用率向上が図れるよう努めてまいります。

喜多方市議会 2019-03-20 平成31年第2回定例会(8日目) 本文 開催日:2019年03月20日

それに対して、今回消費税増税に当たっては、国で教育無償化や軽減税率実施などさまざまな対策を講じるところである。確かに消費税増税は市民に全く影響がないものではないと思っているが、ただ、国としては例えば低所得者へプレミアム商品券配付などさまざまな対策を考えているところである。本市としましては、そういった状況を見きわめていきたいという議論がありました。  

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日予算特別委員会文教福祉分科会−03月20日-01号

中段、細目、重度心身障害者医療助成費8億2,522万5,000円は、説明欄記載対象者に自己負担分を助成するものであります。財源に県補助2分の1がありますが、所得制限があります。制限対象者負担軽減対応としまして、市単独で所得制限を撤廃しております。  15ページをお開きください。

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日予算特別委員会経済民生分科会−03月20日-01号

◎国保年金課長 こちら嘱託職員費についてはそのとおりでございます。ただ、国保年金年金係とか窓口がありますので、そこではそういったご相談については常に対応するような形にしておりますし、職員増を図る、窓口対応トラブルということよりは職員対応仕方、そういったところを向上させていくというが重要かなというふうには考えております。

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日予算特別委員会総務分科会−03月20日-01号

                     小野 浩   市民税課課長補佐兼税制係長             須藤淳一   市民税課市民税第一係長               齋藤秀子   市民税課市民税第二係長               武藤吉信   市民税課市民税第三係長               久能孝幸   資産税課長                     美谷 岩   資産税課課長補佐兼償却資産係長

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日文教福祉常任委員会-03月20日-01号

民生委員定数については、中核市となる以前につきましては県主導により調整され、要望が必ず通るものではございませんでしたが、中核市に移行したことにより市において決定できることとなり、地域実情に合った配置が可能となったものでございます。  4条例改正による市民影響でありますが、増員によりきめ細やかな対応が可能となり、地域福祉向上に寄与するものと考えております。  

須賀川市議会 2019-03-19 平成31年  3月 定例会-03月19日-06号

年間所得が1億円を超えると所得負担率が下がる富裕層へ税制を改めることや、力ある大企業税率平均12%を中小企業と同じ課税率平均20%にすることで5兆円税収は可能であることから、社会保障財源確保を理由にして消費税増税には反対です。  よって、消費税及び地方消費税10%を見込んだこれら議案には反対をするものです。議員各位御賛同をお願いし、反対討論といたします。

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会建設水道分科会-03月18日-01号

市民協働によるまちづくりでは、地域住民提案中から事業効果即効性が見込まれる事業を行う地域生活基盤整備事業を引き続き実施いたします。  なお、内容等詳細につきましては次長から説明させますので、よろしくお願い申し上げます。 ◎建設次長 それでは、議案第2号平成31年度福島市一般会計予算うち、建設部所管分につきまして、分科会資料によりご説明いたします。  

須賀川市議会 2019-03-15 平成31年  3月 予算常任委員会−03月15日-01号

次に、3、学校教育推進主な事業でありますが、(4)研修バス活用事業1,159万1,000円は、研修バスぼたん号と牡丹エンゼル号運転業務委託等に要する経費であります。  271ページ説明欄を御覧願います。  (7)学力向上推進事業13万4,000円は、確かな学力育成を図るため学力向上研修会経費であります。

須賀川市議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算常任委員会-03月14日-01号

◎長沼市民サービスセンター所長(菅野芳治) 旧長沼庁舎について管理は、長沼市民サービスセンターほう管理です。所管です。予算ほうについても、長沼市民サービスセンターほう所管になります。今回積算中には、まだ契約になっておりませんので、積算ほう金額には含まれておりません。  以上です。

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

今後、現場活動基本である安全性、確実性、迅速性向上を図り、地域実情に合わせた車両整備と渋消方式消火法も参考にしながら研究、訓練を重ね、隊員スキルアップに努め、火災防御効率化に向け取り組んでまいります。 ○議長(半沢正典) 須貝昌弘議員。 ◆28番(須貝昌弘) ぜひとも市民命を守るために、しっかりと取り組んでいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。