運営者 Bitlet 姉妹サービス
590件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会文教福祉分科会−09月20日-01号 これは何をやったかといいますと、中学3年生の卒業前にパンフレットといいますか、それをつくりまして、市内全域の中学3年生に配付、それから各中学校、それから市内の高校に対してポスターをつくりまして、それを配付していくといった事業にこのお金を使ったというところでございます。 もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会文教福祉分科会−09月19日-01号 その下、20番、学力向上サポート事業費1,643万1,228円は、中学2年生の数学の学力向上を図るため、各中学校に数学科教員及び学習指導に取り組む学習支援員10名を配置するとともに、民間事業者による復習プリントの作成と添削等を実施するなど、民間のノウハウも生かし、きめ細かな学習指導を行ったものでございます。   もっと読む
2018-09-07 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月07日-02号 最高気温が35度Cを超える猛暑日、最高気温が30度C以上を超える真夏日、それから夜間が最低25度C以上の夜を熱帯夜といいますが、福島市は9月2日現在で昨年と比べて猛暑日が6日から24日と4倍に、そして熱帯夜は6日から16日の2.7倍に、猛暑日を含む30度C以上の日は40日から60日と1.5倍になりました。  そこで、質問です。昨年とことしの熱中症の救急搬出の件数について、人数も含めて伺います。 もっと読む
2018-06-18 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−一般質問−02号 また、平成30年3月現在の本市の小学校1年生から中学3年生までの不登校児童・生徒数は170人、このうち中学3年生は60人で、その進路はほとんどが決まっていますが、未定のまま卒業する生徒もいます。学校は、在学中課題がある生徒に対して生活の相談、進路の相談など、丁寧に対応しています。 もっと読む
2018-03-12 福島市議会 平成30年 3月定例会議−03月12日-05号 国による学校における働き方改革に関する緊急提言や県による超過勤務の調査結果を受けまして、本市では全小中学校長に対しまして、各校の校務や行事等を精選するとともに、いわゆるノー残業デーを設けること、教頭の時間外勤務が多いことから、最終退勤、施錠者の体制等を見直すように指導してきているところであります。 もっと読む
2018-03-08 白河市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−04号 話を聞くと、夜間、特に救急車が来て患者を乗せても、担当医がいない、受け入れ先の病院が決まらないということで、なかなか動かない。その様子を周りで見ていてやきもきをするといったような話をお聞きします。  救急搬送の受け入れ向上のために、医師の確保に向けしっかりと取り組んでいるということは承知をしておりますが、そういう中で、白河市の現在の救急医療体制について、市当局の考えをお伺いしたいと思います。 もっと読む
2018-03-06 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−02号 また、中学1年生、2年生、3年生の各人数ともお伺いします。 ○議長(渡辺由紀雄君) 教育部長。 ◎教育部長(後藤章君) まず初めに、中学生の人数ということでございますが、平成30年2月末現在での数字を申し上げさせていただきます。市内の中学1年生が314人、2年生が310人、3年生が287人、合計で911人という状況でございます。   もっと読む
2017-12-20 福島市議会 平成29年12月定例会議-12月20日-04号 また、中学3年生に対し、青少年のためのインターネット対策ガイドブックを配布し、各家庭における被害対策等の話し合いを促すきっかけづくりをしております。あわせまして、市ホームページに青少年のためのインターネット対策ガイドブック、保護者のためのインターネット対策ガイドブックを掲載し、市民の意識啓発に努めております。 ◆3番(丹治誠) 議長、3番。 ○議長(半沢正典) 3番。 もっと読む
2017-12-15 会津若松市議会 平成29年  文教厚生委員会-12月15日−06号 中学、高校生につきましては学区内で過ごせというような指導もございませんので、西七日町児童館のほうに機能が移ったとしても、自転車ないし徒歩で利用することは可能だというふうには考えてございます。   もっと読む
2017-12-14 須賀川市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−05号 また、本事業においては、夜間や休日など県配置のスクールカウンセラーでの対応が困難な場合や緊急時に備え、緊急時スクールカウンセラーを市において独自に1名委嘱しております。   もっと読む
2017-12-13 会津若松市議会 平成29年 12月 定例会-12月13日−一般質問−04号 また、平成28年12月に義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律が成立し、全ての地方公共団体に夜間中学等の就学機会の提供等の措置を講ずることが義務づけられました。夜間中学とは、公立の中学校の夜間学級のことで、さまざまな年齢、国籍の生徒が中学校の卒業を目指して学ぶ場所であり、さらに不登校などの理由で十分に学校に通えなかった場合でも申し込むことができるようになっています。 もっと読む
2017-12-13 須賀川市議会 平成29年 12月 定例会-12月13日−04号 定住自立圏は、中心市と近隣市町村との協定により形成されるものでありますが、中心市の要件は、原則として人口5万人以上、そして、昼夜間人口比率が1以上であります。本市の昼夜間人口比率は0.94であり、その要件を満たしていないことから、具体的な検討には至っておりません。  以上であります。 ◆2番(水野透) ただいま答弁にあったとおり、定住自立圏構想の中心市要件は2つです。 もっと読む
2017-09-13 会津若松市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−一般質問−04号 しかし、学校が施錠されている時間帯、休日、早朝や夜間に学校の校庭や体育館を利用される児童・生徒や地域の各種団体は多く、学校が施錠されていたとしても使用できるAEDが必要と考えます。各小中学校に複数台設置に向けての課題は何か、見解をお示しください。   もっと読む
2017-09-08 福島市議会 平成29年 9月定例会議−09月08日-03号 また、産後世話をしてくれる家族がいない、夜間など子供を見てくれる家族がいないなどの相談があり、産婦と乳児を医療機関等でケアをする産後ケア事業や児童を児童養護施設で一時的に養育する子育て短期支援事業を実施しておりますが、産後ケアや子育て短期支援を利用したいが、経済的に厳しい等の相談もございまして、さらに利用しやすくするため、今年度から低所得者の自己負担分の減免を実施しております。   もっと読む
2017-06-16 福島市議会 平成29年 6月定例会議−06月16日-05号 「福島市教育委員会の夜間中学の担当に学校教育課を加えることについて」の陳情につきましては、採択すべきものと決定いたしました。  以上、ご報告申し上げます。 ○議長(高木克尚) 経済民生常任委員長、22番。 ◎22番(梅津政則) 議長、22番。 ○議長(高木克尚) 22番。       もっと読む
2017-06-14 伊達市議会 伊達市議会 会議録 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月14日−03号 ただ、これから高齢者が多くなっていって、その中でもサービス付き高齢者向け住宅とか、あと認知症対応型共同生活介護(グループホーム)とかそういうのが結構たくさんできて、多分そういうところは夜間とかの常駐者というのが非常に少なくなってくると思います。 もっと読む
2017-06-14 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−04号 また、発生時間帯につきましては、午前中に27.9%、午後に55.0%、夜間に17.1%発生しております。  なお、発生場所につきましては、自宅室内が32.1%と最も高く、そのほか、学校などの公共施設や屋外の作業現場でも発生しております。 もっと読む
2017-06-13 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月13日−03号 次に、市民の皆様の役割としましては、かかりつけ医を持つこと、受診に当たっては、医師などの医療の担い手に信頼と感謝の気持ちを持ち、その指導と助言を尊重すること、夜間または休日の安易な受診をしないことなどに努めていただくこととしております。   もっと読む
2017-06-12 福島市議会 平成29年 6月定例会議-06月12日-04号 福島国体で使用いたしましたメイングラウンドは、平成5年の整備から20年以上が経過し、一部老朽化が見られるものの、ダッグアウトのほか、フラッグポール、固定の観客席300席、また夜間照明設備8基を設置し、毎年春から秋へかけて各種大会や練習などに多く利用され、本市のソフトボール競技の振興に寄与しているものと考えております。   もっと読む
2017-06-09 福島市議会 平成29年 6月定例会議-06月09日-03号 また、水道局では、毎年小学校中学年を対象に出前講座を開催して、蛇口をひねれば当たり前に出てくる水なのでありますけれども、それがどのようにしてつくられて、市内くまなく届けられているのかというような、不断に安全でおいしい水の水道事業に対する理解を深めるために、諸事業に努められているものというふうに理解するところですが、次の質問です。   もっと読む